ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード Twitter

2011-11-21

2011年10月に観た面白かった作品

2011年10月鑑賞分の面白かった作品をまとめます(日付は感想へのリンクになっています)。

[面白かった作品一覧]

1. モテキ

f:id:itotto:20110929192912j:image

2011/10/01


2. 監督失格

f:id:itotto:20110929192916j:image

2011/10/03


3. 猿の惑星:創世記

f:id:itotto:20110929192917j:image

2011/10/07


4. ツレがうつになりまして。

f:id:itotto:20111009205949j:image

2011/10/10


5. 探偵はBARにいる

f:id:itotto:20111009205954j:image

2011/10/10


6. アジョシ

f:id:itotto:20111015001541j:image

2011/10/14


7. カウボーイ&エイリアン

f:id:itotto:20111022184534j:image

2011/10/22


8. エンディングノート

f:id:itotto:20111023052642j:image

2011/10/23


9. ライオンキング3D

f:id:itotto:20111030134909j:image

2011/10/30


10. ミッション:8ミニッツ

f:id:itotto:20111030134910j:image

2011/10/30


[一言]

2011年10月に鑑賞した作品は19本でした。

全体的に邦画がおもしろかった一か月間でして、特に「監督失格」と「エンディング・ノート」の2つはかなりよかったです。身近な人を題材にしたドキュメンタリーがこんなにおもしろいとは知りませんでした。セルフドキュメンタリーがおもしろいというのは今月の収穫です。

あとは「アジョシ」と「ミッション:8ミニッツ」がかなり気に入りまして、観ていない方がいれば熱烈におすすめをしておきたいと思います。(おしまい)


(関連リンク)