ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード

2018-04-19

栃木県小山市で開催された第10回おやま思川マラソンに参加してきました

f:id:itotto:20180408081517j:plain

栃木県小山市で開催された第10回おやま思川マラソンに参加してきました。


f:id:itotto:20180313001618p:plain

おやま思川ざくらマラソン大会



今回初参加でしたが、フルマラソンを走ってきました。



結果

10kmごとのサマリーは以下のとおり。


(サマリー[10km])

距離時間合計時間備考
-10km45:18(4:32/km)00:45:18スタートロス1秒
-20km47:54(4:47/km)01:33:12-
-30km46:30(4:39/km)02:19:42-
-40km48:02(4:45/km)03:07:44-
-ゴール10:33(4:48/km)03:18:18-

(サマリー[ハーフ])

距離タイム累計タイム
-中間点1:38:19(4:39/km)01:38:19
-ゴール1:39:59(4:44/km)03:18:18


タイム種別タイム
グロスタイム3時間18分18秒
ネットタイム3時間18分17秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.05[m]201[歩/分]

合計:42.2km/03:18:18(4分40秒/km)


順位は総合1217人中80位、種目別(40代男子)で390人中36位でした。


結果


まずはコースと高低差図です。


コース図

f:id:itotto:20180409231805j:plain:w250


高低差図

f:id:itotto:20180409231740j:plain:h250




スタート前


スタート場所がわからなくて右往左往していると遠くに人が集まっているのが見えました。

スタート20分前でしたが既にたくさんの人が並んでいました。何順で並んでるんだろう?と思いながら近くまで行ってみると、目標タイムが書かれたプラカードがあってそこを目安に並んでいるようでした。どのあたりに並ぼうかとプラカードに近づいて見てみると「4時間20分〜30分」とかそんな感じでかなり細かく分類されているようでした。

いままで出た大会は3時間以内とか3時間〜3時間30分とか結構ざっくりしたグループわけが多かったのですごい細かいなとびっくりしながら前のほうへと移動しながらプラカードを確認したのですが、一番前のプラカードには「4時間以内」と書かれていました。


え?


4時間以内より速い人はぜんぶいっしょというあまりに雑すぎる分類に思わずおどろきの声を上げてしまいました。4時間以上はめちゃくちゃ細かく分けてたのになんで...。


あまりにあまりな分類に呆然としていたのですが、ふと横を見たら同じ会社の元上司であるMさんがいたので挨拶をしてスタートまで雑談して過ごしました。

フルマラソンは全部で1500人くらいとかなり少なかったものの、道路がそこまで広くなかったので結構ごちゃごちゃとしていました。さらに前のほうにしれっと並んだ人とずっと並んでるんだから前に入るなという人のプチバトルもあったりして参加人数のわりには混乱しているように見受けられました。それもこれも「4時間以内はぜんぶいっしょ」と言わんばかりの適当なスタート区分がよくないんだと思いながらスタートを待ちます。


とくにやりたいこともなかったので心を無にしてスタートを待っていたら予定どおり9時にスタートしました。



スタート - 10km (45:18[4:32/km])


スタートロスは1秒。めっちゃ前からのスタートだ...。スタート直前にMさんと「がんばりましょう」と声を交わして走り出しました。


走る前に立てた今日の目標は30kmまでは4'30/kmで押していって残り12kmは5'00/kmで走るというものでした。

というわけでとりあえず4'30/kmを目安に走り出したのですが、最初の1kmは人が多くてなかなか前に進めなくてどのくらいのペースで走れているのかさっぱりわかりませんでした。それでも自分なりに4'30/kmを想定して走り続けたらあっという間に1km地点を通過。

今回も時計を見るつもりはなかったのですが、走ってみた感じは悪くなかったです。おそらく4'30/kmより遅いということはないだろうと思いながら走り続けていたのですが、2kmを過ぎて3kmの目前あたりからどんどん後ろの人に抜かれだしました。自分はまったくペースを落としているつもりはないし実際に落ちてないと思っていたのですが、次々と抜かされたしぬかされた後もあっという間に離されてしまいました。思い切ってペースを上げて抜かした人たちについて行こうかと思ったりもしたのですが、明らかに抜かしていた人たちは自分が走りたいペースよりも速そうだったのでぐっと我慢して自分のペースを維持しました。


ここでたくさんの人に抜かされた理由について走りながら考えたのですが、「最初の1kmは混雑してて速く走れなかった人たちがペースを上げた」「自分のペースが落ちた」のどちらかかな?という結論に達しました。じゃあ実際どっちなの?と考えても、こればかりは考えてわかるものでもないなと考えるのをあきらめてこのまま走り続けることにしました。ただ、なんとなく自分の体感としては「自分のペースが落ちてる」というのがすごくありそうな気がしていました。マスクをしていたこともそう思った一因ですが、それ以上に体のずっと奥のほうに倦怠感の種と言えばいいのか小さな疲れの塊みたいなものがあることを感じていてそれがわたしを不安にさせていました。


果たして最後まで走りきれるのかどうか。スタートからわずか3kmでこんなに不安になったのは初めてでした。


とりあえずここで4'30/kmを目標にするということは諦め、なるべく無理のないペースを維持することを心がけて走ることにしました。3kmで記録はもうあきらめました(笑)



そして3km以降はひたすら堤防の上を走って渡良瀬遊水地を目指すのですが、4kmあたりから向かい風に悩まされることがかなり増えました。

過去に風にやられた大会としては2016年の大田原マラソンを思い出すのですが、あそこまで強烈ではありませんが常に風に押し返されているのを感じる程度には厳しい向かい風でした。風はかなり苦手ですがあまりに無風だと体温があがってつらいので、それよりはマシだと自分に言い聞かせて走り続けました。おやま思川のコースは基本往復コースなので行きが向かい風なら帰りは追い風になるだろうという目算もあって、ここは我慢だと自分に言い聞かせてました。

さらにもうひとつつらかったのは堤防への上り下りが結構頻繁にあったことです。

堤防の上は眺めもよくて気持ちよく走れたのですが、大きな道路と交差するところに差し掛かるとそこを迂回するために一度堤防の下に下りなければならず、そのために何度も堤防を上り下りすることになりました。これがなかなか厳しかったというか、ひとつひとつの上り下りはたいしたことがないのですが繰り返されることで肉体的にも精神的にも消耗してしまいました。



そんな上り下りの途中に10km地点がありました。



10km - 20km (47:54[4:47/km])


10kmを過ぎても堤防の上を走るのは変わらず、ひたすら走り続けます。

自分がどのくらいで走れているのかさっぱりわかりませんが、2km以降に追い越していった人たちの多くがまだ見える範囲を走っていたのでそこまで遅くはなっていないだろうと思っていました。

12kmを過ぎたあたりから周囲の風景は渡良瀬遊水地っぽい感じ*1が漂い始めます。そして周囲に風をさえぎるものがまったくなくなったせいなのかいよいよ強風がつらくなってきました。


どんなにつらくても折り返せば追い風になるんだと言い聞かせながらがんばって走り続けていたのですが、15kmを過ぎたところでほぼ折り返しのようなカーブがあったので「あそこを折り返せば追い風になる!」と思っていたのにいざ折り返してみてもぜんぜん追い風にならなくてめっちゃイライラしました。その理由はかんたんで、向かい風とは言っても真正面から吹いていたわけではなかったので、折り返しても角度の違う向かい風のままという状況は変わらなかっただけです。ちょっと泣きそうになりました(笑)


そんな中、そろそろお腹が空いてきたので16km地点で補給食を食べようと思って準備をしていたのですが、16km地点を過ぎてゼリーのふたを開けたところで突風で帽子が吹っ飛ばされてしまいました。ついてないな...と思いながら10mほど戻って帽子を拾って再度走り出し、今回はじめての補給食を食べました。


今回は補給食を2つしか持参していなかったのですが、最初に食べたのはそのうちのわりと食べ慣れているほうです。あまりおいしくないしカロリーも高くないタイプのゼリーでして、走る前に食べることはあっても走りながら食べたことはありませんでした。やっぱり何度食べてもおいしくないものはおいしくなかったです...。


12km付近から周囲の風景はだいぶ渡良瀬遊水池っぽい感じになっていたのですが、18km地点を過ぎたところでいよいよ遊水地本体へと入っていきます。やっとここまできたーとちょっとはしゃいでしまいました。ここから何度かコーナーがあったのですが、走る方向によっては追い風になる場所も出てきて、いよいよ向かい風の呪縛から逃れられそうな予感がしてきました。


ここにきてようやく見覚えのある道路になったのでちょっとわくわくしながら走っていくと、ウォッチングタワーのある道路に曲がったところで20km地点でした。


f:id:itotto:20170430155432j:plain

# ウォッチングタワー


20km - 30km (46:30[4:39/km])


20kmを過ぎるといつも止めている駐車場の前を通り、レンタル自転車のコーナーの前を通って谷中湖の真ん中を爆走します。

ここには何度も遊びに来ましたし一人で走ったこともありますが、まさかマラソン大会のコースの一部として走ることになるとは思ってもいませんでした(笑)


遊水地内は自転車に乗ったり散歩したりしている人たちで結構にぎわっていましたが、思ったほど人は多くはありませんでした。この日は遊水地内でのイベントがいくつかあると聞いていたのでもっとたくさんの人がいるのかとドキドキしていました。


渡良瀬遊水地内は風がわりと追い風になることが多くて走りやすかったのですが、そんな幸せな時間はあっという間に終わりを告げます。


23kmを過ぎて少し走ると遊水地を抜けて復路が始まります。

25km地点近くのエイドにゲストの増田さんがいてランナーに声をかけてくれていたのですが、この時点で自分はもうだいぶ疲れていて残り17kmも走れるの?というくらいふらふらでした。補給食が足りてないのか、それとも単純に疲れただけなのかわかりませんがどうしたもんかというレベルで脚が重くて動きません。

とりあえずエイドで多めに水分を取りつつ走ります。


25kmから28kmまでは未舗装というわけではないのですが、ちょっと走りにくいところを走ることになります。ところどころ水たまりがあってそれを避けつつ走ったので余計足が疲れて動かなくなるという悪循環。なるべく残り何kmとかそういうことは考えないようにして走り続けます。ペースを維持しようとかそういうことはもうどうでもよくて、とにかく無心で走り続けたかったのでいろいろと考え事をしながら走りました。


一番よかったのは前を走っている人の歩数と自分の歩数を同時に数えることでして、本当に走るつらさを忘れて数え続けました(笑)


気付けば道路は住宅地へと入っており、ふと横に目をやると30km地点の看板が立っていました。


30km - 40km (48:02[4:48/km])

30kmを過ぎたところで毎度恒例となっている「まだ12kmある...」と思うのか「もう12kmしかない」と思うのかという質問を自分に投げてみたのですが、今回は一切の迷いなく「まだ12kmもある...」でした(笑)

足だけでなく全身が異様に重くてなかなか動かなくてつらくてしょうがなかったです。


16kmで補給食を食べてから14kmも走ってきたのでそろそろいいかなとここで2つめの補給食を食べて最後の元気をゲットします。

ここで食べたのはふだん食べている補給食ではなく、以前スポーツショップで見かけてなんとなくおもしろそうだからという理由で買って車に放置していた補給食でしたが、わりとおいしく食べられました。このエネルギーであとは最後まで走るんだなと思うとちょっと物足りなさはありましたがなんとしても走るんだと覚悟を決めました。


30kmを過ぎて少し走ると土手をのぼってまたもや堤防の上を走ります。

上ってみるとここは往路でも走ったところでして、しかも向かい風ではなかったのでかなり走りやすいと感じました。補給した直後だというのもあったと思いますが、残り12kmくらいなら走れるなと改めて自信をもてました。


33kmを過ぎるとすぐに堤防を降り、下を通って大きな道路を迂回します。そしてすぐに堤防へと上るのですがここからは先ほど迂回した大きな道路沿いを走ることになります。このまま往路を戻る感じで走るのかと思い込んでいたのでちょっと不意をつかれました。


コースは大きな橋の上を走ることになったのですが、橋の上に差し掛かったところで右足親指の先に小さな石が入ったような違和感をおぼえました。着地すると何か硬いものを踏みつけたときのようなピリッとした痛みがあったのですぐに靴を脱いで取り除きたかったのですが、橋の上はかなり狭くてここで立ち止まってしまうと後ろがつかえてしまいます。しょうがないので橋を渡ったところまで我慢するか...と思って走っていると橋の先で手を振っている人がいました。地元の応援の方かな?と思っていたのですが、名前を呼ばれて思わずびくっとしてしまいました。


よく見てみると同じ大会で5kmのほうに出ていた知人が34km地点で応援してくれていました。

いつも総長練習会で会ってるのにすぐに気づかないなんてよほど疲れてたんだな...と反省しつつ、手を振って走りぬけました。


と、走り抜けたところでそういえば靴の中の石をまだ取ってなかったぞと思い出してここで歩道に座り込んで靴と靴下を脱いで確認しました。全部脱いでひととおり確認してみたのですが石は出てこなくて「??」となったのですが、不意に「そういえば最近似たようなことがあったぞ?」と思い出しました。考え込む時間ももったいなかったので靴下と靴を履きながら考えていたのですが、それが昨年の10月に須賀川で走った円谷ハーフだったことを思い出しました。


昨年走った円谷ハーフでは、15kmまで順調だったものの15kmを過ぎたところで靴に石が入ったような痛みを感じたために靴や靴下を脱いで確認してみました。ところが石はまったく見当たらずしょうがないので靴を履きなおして走り出したらまたもや同じ場所が痛くなりました。

痛みを感じる→靴を脱いで確認する→何もない ということを3回ほど繰り返したわたしは、そこでやっと石が入って痛みを感じているのではなく、単に負傷している可能性に思い至ったのです。


今回痛みを感じたのはつまさきでしたが、おそらく円谷ハーフのときと同じだろうとあたりを付けてここからゴールまでは我慢して走りぬくことにしました。あと10kmもないしがんばるしかないです。


そこから住宅街をひた走って35kmを過ぎると、またもや向かい風が強くなってきました。しかもコースはまっすぐなのでしばらくは向かい風が続くことは間違いなく、さらにその先には坂道まで見えてきました。

35km付近にいた沿道で応援していた人が「ラスト4kmは追い風だからあと少しがんばって!」と言っているのが聞こえたので、逆に考えると38kmまでは向かい風か横風なのか...と少し落ち込みました(笑) あと3kmはがんばるしかないんだなと覚悟を決めてここからは心を無にして淡々と走り続けます。37km付近は向かい風+きつめの上り坂ということでここが今回一番きつかったところでしたし、ここは歩いている人がかなり多く見受けられました。あと5kmというゴールが見えかけてきたここでこんな壁が出てきたら心が折れるのも仕方ないよなと思わずにはいられませんでした。


37kmの坂を上りきり、右折して堤防の上を走り続けていると最初は向かい風に近い横風だったのがいつの間にか追い風になっていました。

うわさどおり残り4kmは追い風基調になったので、ここからは少しずつペースを上げてタイムを削りにかかります。前半もまったく飛ばしていませんでしたが、それに輪をかけて後半は向かい風やアップダウンでペースが落ち込み気味だったのでここからの4kmでできるだけタイムを縮めようとがんばってみることにしました。


ただ、そうは言ってもここまで38km以上走ってきているうえに普段のフルよりも補給食が足りていないのでそこまで元気でもありません。というわけで「できるだけ速く」という程度でしたがここからはラストスパートをかけはじめました。4kmをもっとも効率的に走るペースを模索するため、「自分の中に残っている体力+足の調子」と「走るペース」を天秤にかけながら走り続けます。


給水を取りつつ淡々と走っていると、あっという間に40km地点を通過しました。


40km - ゴール (10:33[4:48/km])


ここまでくるとスタート地点の近くまで戻ってきているので、何となく見覚えのある風景が遠くに見え始めます。40kmを過ぎて少し走ると堤防を降りるための折り返しがあるのですが、その手前にあった看板が強風のせいなのか思いっきり折れてて思わず吹き出してしまいました。

どんだけ風強いんだよ...(笑)


堤防を降りるともう目と鼻の先にスタート地点のあった総合公園が見えたので一層「あと少し感」が強くなります。まだ41kmにも到達していないのにここまで来てしまったと思ったら、急に「ここからゴールまで1kmもないんじゃないの?」と距離不足の不安が出てきました。とは言え、そんなことを考えてもどうしようもないので沿道から応援してくれている人たちに手を振ったりお礼を言いつつ、ペースはなるべく落とさないように走り続けます。


40km以降は沿道で応援してくれている人も多かったのでわいわいしながら走っていたらあっという間にゴールのある総合公園に到着。あと少しだーと思ってここからはぐっとペースを上げてみたのですが、走れども走れどもなかなかゴールは見えてきません。走路間違ってないよなあと不安になったのですが、公園内をかなり大回りしてからゴールへと向かうコースになっていただけだったようでして道を間違うことなく無事ゴールへとたどり着きました。


ゴール直前にゴール脇にあった時計が見えて、覚悟していたほど悪いタイムではなかったなとホッとしながらゴールへと駆け込みました。



まとめ

f:id:itotto:20180408135528j:plain


というわけで風と小刻みなアップダウンに泣かされた42kmでしたが、無事シーズンの最終戦を走り終えてきました。

走る前はぜったいまともなタイムでゴールできないだろうなと思っていたので、ひとまずそこそこのタイムで歩かずに完走できたことがすごくうれしかったです。


風の強さについては具体的なデータがないので実際に風速何mあったのかわかりませんが、当日は折り返し地点である渡良瀬遊水地で予定されていた気球を飛ばすイベントが強風のため中止になったくらいの強風です。走りながら「今日は気球がとぶっていったのにぜんぜん飛んでないなあ...」とは思いましたが、まさか中止になっていたとは思いませんでした。天気がよかったし風くらいいいんですけどね...。


コースは前述のとおり最大肯定差は小さいけれど小刻みにアップダウンが続く苦手なタイプでして、過去に走ったことのあるコースだと足利ハーフのコースに少し似ていました。

渡良瀬遊水地に近いところだと遠くまで見渡せるような見通しのよいところもあって走りにくい場所ばかりではなかったし、桜と菜の花が彩る並木道の美しさや渡良瀬遊水地近辺の風景のおもしろさはこの大会の誇るべきところだと思います。めちゃくちゃ眺めがよかったです。


さて。今年に入ってからは、5kmを18分台、10kmを39分台で安定して走れるようになってきていたので調子のよかった2月の下旬あたりには「フルは3時間前後で走れるんじゃないかな」という漠然とした期待が持ち上がりました。ただ、その後の花粉症による体調不良っぷりは走り始めて以来というくらいひどくてまったく練習ができなくて、結局こんなタイムになっちゃいました。

昔から春先のレースは苦手なんですが今回はそのことを改めて思い出させられました。春先にいいタイムを出そうなんて思いあがりでした。すいません。


とは言え、それでも今回のタイムは4月に走ったフルマラソンとしてはもっともいいタイムでしたし不調を抱えていてもこのくらいで走れたということはすごく自信にもなりました。怪我をせずに1年間走り続けられたことがちゃんと力になっていることを実感できたので、次のフルマラソンまで怪我をせずに走り続けられるように気をつけようと思います。



(過去に参加したフルマラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第1回加賀温泉郷マラソン2013/04/213時間42分45秒-
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-17分8秒
第24回かすみがうらマラソン2014/04/203時間32分04秒+6分23秒
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+32分4秒
第1回はが路ふれあいマラソン2014/12/213時間29分36秒-34分32秒
第63回勝田全国マラソン2015/01/253時間35分08秒+5分32秒
第34回佐倉朝日健康マラソン2015/03/293時間50分17秒+15分42秒
第25回かすみがうらマラソン2015/04/193時間52分25秒+2分8秒
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-25分20秒
第5回神戸マラソン2015/11/153時間46分20秒+19分15秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第2回はが路ふれあいマラソン2015/12/203時間15分24秒-10分36秒
第3回前橋・渋川シティマラソン2016/04/173時間40分00秒+24分36秒
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-13分42秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第12回さのマラソン2016/12/113時間29分33秒+9分8秒
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/04/233時間27分11秒-2分22秒
第5回榛名湖マラソン2017/09/243時間32分5秒+4分54秒
第15回柏崎マラソン2017/10/293時間28分56秒-3分9秒
第30回大田原マラソン2017/11/233時間11分41秒-17分15秒
第4回はが路ふれあいマラソン2017/12/173時間11分32秒-9秒
第10回おやま思川マラソン2018/04/083時間18分18秒+6分46秒


(関連リンク)

*1:実際に行ったことがない人には伝わりにくいと思いますが、一度行けばわかると思いますw

2018-03-09

今年度のフルマラソンを振り返る(2017年度版)

f:id:itotto:20171123084919j:plain

もう3か月近くたってしまいましたが、12月中旬のはが路ふれあいマラソンをもってわたしの2017年度のフルマラソンシーズンは終了しました。

世間的にはまだまだフルマラソンシーズンでして3月末までフルマラソンの大会予定が入っている人もたくさんいると思いますが、わたしは1月中旬くらいから3月末あたりまでは杉とヒノキの花粉症で調子を崩すことが多いので1月以降はフルはなるべく入れないことにしています。実際に今年も1月下旬から鼻水が止まらなくなっていて、3月に入ってからは日常生活にも支障が出るくらいかなり悪化しています。


年度ではなくシーズンという括りで言えば4/8に小山市でフルを走る予定ですが、RUNNETの全日本マラソンランキングは年度単位での集計なので今後は年度単位でこういったまとめを書こうと思います。



サマリー

まずはサマリー。

  • 2017年度に走ったフルマラソンは5本
    • 4/23 第4回前橋・渋川シティマラソン
    • 9/24 第5回榛名湖マラソン
    • 10/29 第15回柏崎マラソン
    • 11/23 第30回大田原マラソン
    • 12/17 第4回はが路ふれあいマラソン
  • 年間ベストははが路でワーストは榛名湖
    • ベスト 3:11:32(第4回はが路ふれあいマラソン)
    • ワースト 3:32:05(第5回榛名湖マラソン)
  • 2018年度の目標
    • フルマラソンは3本以内におさめる
    • フルマラソンのタイム目標はないけど3時間15分は切っておく(ボストンマラソンのため)
    • 最低1つはいままで走ったことのない大会に出る
    • ウルトラ(100km)は2本完走が目標

走行データ


まずは大会ごとの走行データをざっくりとまとめてから個々の大会についてまとめます。


大会名開催日タイムペーススプリット
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/4/233:27:114'54/kmイーブン
第5回榛名湖マラソン2017/9/243:32:055'01/kmポジティブ
第15回柏崎マラソン2017/10/293:28:564'58/kmポジティブ
第30回大田原マラソン2017/11/233:11:414'32/kmイーブン
第4回はが路ふれあいマラソン2017/12/173:11:324'32/kmポジティブ

まずペースは1kmあたりの速さです。


次にスプリットは「ポジティブ」「ネガティブ」「イーブン」に分けています。

ポジティブはポジティブスプリットのことで前半ハーフのほうが後半ハーフより速いケースです。

ネガティブはネガティブスプリットのことで逆に後半ハーフのほうが前半ハーフより速いケースです。

イーブンはイーブンペースのことで、前半ハーフも後半ハーフも同じペースで走ったケースです。


前半と後半のタイム差が43秒以内であればイーブン、それ以上あればポジティブ、ネガティブに分類しました。一般的にこういう決まりがあるわけではないのですが、ペースをキロあたりの時間に換算したときに秒単位で差が出るのが43秒以上なのでそれで分類しています。


そしてピッチとストライドもまとめました。


大会名平均ピッチ平均ストライド
第4回前橋・渋川シティマラソン198歩/分1.03m
第5回榛名湖マラソン197歩/分1.01m
第15回柏崎マラソン199歩/分1.02m
第30回大田原マラソン199歩/分1.11m
第4回はが路ふれあいマラソン200歩/分1.11m

ストライドが短いのはまあしょうがないとして、よくこのピッチでフルを走り切るよなと我ながら感心します(笑)


個々の大会の感想


ここからは大会ごとの感想をまとめます。


第4回前橋・渋川シティマラソン

f:id:itotto:20170423074543j:plain


距離タイム(平均)累計タイム
-5km24:40(4:56/km)00:24:40
-10km23:58(4:48/km)00:48:38
-15km24:40(4:56/km)01:13:18
-20km24:51(4:58/km)01:38:09
-25km24:51(4:58/km)02:03:00
-30km24:34(4:55/km)02:27:35
-35km24:22(4:52/km)02:51:57
-40km24:31(4:54/km)03:16:28
-ゴール10:43(4:53/km)03:27:11

f:id:itotto:20170423201620j:plain:w250


合計:42.2km/03:27:11(4分54秒/km)


2年連続2回目の参加です。

レースの2ヶ月前に怪我をしてしまい、直前2ヶ月は150km程度のジョグしか走ることができなかったのでどのくらい走れるのか不安でしたが意外なくらいいい感じに走れました。適度にアップダウンがあるところや前橋、渋川市の風景がすばらしいところ、そして沿道からの応援がとても温かいところなどいいところを挙げればきりがないくらいたくさんありますがほんとうに楽しかったです。


第5回榛名湖マラソン

f:id:itotto:20170924064610j:plain


距離タイム(平均)累計タイム
-5km25:56(5:11/km)00:25:56
-10km24:26(4:53/km)00:50:22
-15km24:54(4:59/km)01:15:17
-20km24:25(4:53/km)01:39:41
-25km24:39(4:56/km)02:04:20
-30km25:37(5:07/km)02:29:57
-35km24:52(4:58/km)02:54:49
-40km26:16(5:15/km)03:21:05
-ゴール11:00(5:01/km)03:32:05

f:id:itotto:20180310002007j:plain:w250


合計:42.2km/03::(5分01秒/km)


今回初参加でした。

アップダウン地獄だという噂を聞きつけて参加してみましたが、噂にたがわぬサディスティックなコースでした。もう最初から最後まで坂、坂、坂そればかりでした(笑)

f:id:itotto:20180310002706j:plain:h250

かなり厳しい結果になりましたが、ここでひどい目にあったおかげでかなりメンタルは鍛えられました。ここに比べたら他の大会のアップダウンなんてかわいいもんですし、榛名湖を歩かずに走り切れたんだからどんなコースだって走れるはずだという自信をもてたのはとてもよかったです。


第15回柏崎マラソン

f:id:itotto:20171028142931j:plain

距離タイム(平均)累計タイム
-5km22:36(4:31/km)00:22:36
-10km22:45(4:33/km)00:45:21
-15km23:39(4:44/km)01:09:00
-20km23:38(4:44/km)01:32:38
-25km23:24(4:41/km)01:56:02
-30km24:48(4:58/km)02:20:50
-35km27:21(5:28/km)02:48:11
-40km28:09(5:38/km)03:16:20
-ゴール12:36(5:44/km)03:28:56

f:id:itotto:20180310003852j:plain:w250


合計:42.2km/03:28:56(4分58秒/km)


6年連続6回目の参加です。

フルは3年連続3回目でしたが、3回目にしてコースワーストタイムを記録してきました。


大会名開催日時タイム前年差
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-47秒
第15回柏崎マラソン2017/10/293時間28分56秒+2分38秒

中間地点のタイムが1時間37分でしたので3時間20分は余裕で切れると思っていたのですが、30kmを前にして脚が上がらなくなりました。

1週間前に30kmを走っていたことによる疲労がかなり影響していたと思うのですが、それ以上に大きく効いたのが雨でした。

1週間前に30kmを走ったと書いたのですが、そのときに膝を痛めてしまい日常生活にも影響が出るほどでした。ひさしぶりに痛くて歩けなくなったのですが、1週間養生したおかげで柏崎を走るときにはもう痛みはだいぶ無くなっていました。ただ、この日はものすごい雨が降っていたので「この雨で膝が冷えてまた痛くなったら困る」と思い、いつもはハーフパンツで走るのにこの日はその上からフルレングスのジャージを履いて走りました。

その結果ジャージが雨で濡れて重くなってしまったのですが、その重さがもう半端ではなかったのです...。

走っている途中からかなり重くなっているのは感じていて脱いで持って走ろうかと思ったのですが、何となく躊躇してしまい結局最後まで履いたままで走っちゃいました。いま思えばあのとき(28kmくらい)脱いでいればもう少し走れたと思うし、もっと言えば最初からあんなのを履いて走らなければ...と後悔しかありません。


前の週に30kmを走っている時点でだいぶダメだったのですが、それを差し引いても今シーズン一番いいタイムを狙えたのは柏崎ではないかと思っています。そのくらい調子がよかったので本当にもったいなかったです。


第30回大田原マラソン

f:id:itotto:20171123084708j:plain


距離タイム(平均)累計タイム
-5km23:50(4:46/km)00:23:50
-10km22:11(4:26/km)00:46:01
-15km22:24(4:28/km)01:08:25
-20km22:28(4:29/km)01:30:53
-25km22:14(4:26/km)01:53:07
-30km22:56(4:35/km)02:16:03
-35km23:13(4:38/km)02:39:16
-40km22:40(4:32/km)03:01:56
-ゴール09:45(4:26/km)03:11:41

f:id:itotto:20180310010715j:plain:w250


合計:42.2km/03:11:41(4分32秒/km)


5年連続5回目の参加です。もう5回目なのか...。


大会名日付タイム前回差
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+38分27秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第30回大田原マラソン2017/11/233時間11分41秒-17分15秒

初めて3時間30分を切ったのもこの大会ですし、唯一4時間を超えてしまった大会もこの大会です。

いい思い出もあれば思い出したくない思い出もある大会ですが、トータルだと思い出したくない方が多いかも(笑)

去年は強風で散々な目にあったのでかなりビビっていましたが、雨が降っていたものの風も強くなければ気温も高くならずわりとよいコンディションで走れました。

f:id:itotto:20180310011902j:plain:h250

前半下りで後半上りといういやらしいコースなんですが、今年はここを完全にイーブンペースで走り切りました。しかも自己ベストというおまけつき。


このタイムは3週間後のはが路であっさりと抜かれてしまうのですが、個人的に今シーズンのベストバウト(よく走れた大会)は大田原だと思っています。

そのくらい走っていて気持ちがよかったし、おそらくここまで「走り切った」という実感をもてたフルマラソンは初めてだと思います。そのくらい最後までもっているものを出し切れたフルマラソンでした。30km地点を過ぎたときに「まだまだぜんぜんいける」と思えたあのみなぎってくるような感じは本当に気持ちがよかったし、あれ以上に気持ちよく走れるフルマラソンが今後あるのかちょっと自信がもてないくらい最高の42kmでした。


第4回はが路ふれあいマラソン

f:id:itotto:20171217083717j:plain



距離タイム(平均)累計タイム
-10km42:24(4:15/km)00:42:24
-20km45:02(4:30/km)01:27:27
-30km45:56(4:36/km)02:13:23
-40km47:05(4:42/km)03:00:28
-ゴール11:03(5:02/km)03:11:32

f:id:itotto:20180310012724j:plain:w250

合計:42.2km/03:11:32(4分32秒/km)


2年ぶり3回目の参加です。

去年ボランティアで参加したのですが、応援していたら走りたくなったので今年はランナーとして参加しました。


タイムは自己ベストですが、とにかく終始つらい思いでしか残らなかったフルマラソンでした。

もちろん道中で応援してもらえたこととか楽しいこともあったのですが、サブ3のペースランナーと張り合うというあほなことをしてしまったために前半ハーフでつぶれてしまい、後半は本当につらい旅になりました。あのときはどうしてもそうしたかったので後悔はしていませんが、フルマラソンのペース設定を考えればとてもよくない走り方だったと反省しています。


それにしてもはが路はほんとうにタイムが出やすいというか、ここで走ったときは必ずここのタイムがシーズンベストになります。

3年前はシーズンベスト、2年前と今年は自己ベスト(もちろんシーズンベスト)です。ぜんぜん走りやすいコースとは思えないのですが、なぜかいいタイムが出ちゃうのはやはり沿道からの応援だとかこのアップダウンが何だかんだ楽しいからなんでしょうか。



まとめ


2017年度は2年ぶりにフルマラソンの自己ベストを更新することができました。


f:id:itotto:20180310013945j:plain:w250


上でも少し書きましたが、2017年は1月から2月にかけて怪我をしてしまったために2月と3月は150km程度のジョグしかできませんでした。前年度の終わりがそんな調子でしたので2017年度は特別スタートがよかったというわけではないのですが、それ以降は怪我をすることもなく、さらに貧血に見舞われることもなく走り続けられたおかげでしっかりと練習を積み重ねることができ、過去最速の自分になることができました。


結局のところ、自分程度の走力であれば練習内容がどうこうよりもまずは怪我をしないことが本当に大きく影響してくることがわかったし、怪我をしなければ過去の自分を超えることなんてぜんぜんむずかしくないんだなと身に染みて実感しました。


さて。今年度はフルマラソンのタイム目標を3時間10分と掲げていましたが残念ながらそれは達成できませんでした。

自己ベストは3時間11分32秒。あとたった1分32秒、でも超えられなかった大きな1分32秒でした。


じゃあ来年度こそ3時間10分を切れることを目標にするのか?というと、それはもうするつもりはありません。フルマラソンの目標タイムは3時間15分以内維持を目標にします。


もともとなんで3時間10分以内を目標にしていたのかというとボストンマラソンへの参加資格が欲しくてそこを目標にしていました。


年齢資格タイム(男)資格タイム(女)
18 - 343時間 5分3時間 35分
35 - 393時間 10分3時間 40分
40 - 443時間 15分3時間 45分
45 - 493時間 25分3時間 55分
50 - 543時間 30分4時間 0分
55 - 593時間 40分4時間 10分
60 - 643時間 55分4時間 25分
65 - 694時間 10分4時間 40分
70 - 744時間 25分4時間 55分
75 - 794時間 40分5時間 10分
80+4時間 55分5時間 25分

# 公式サイトを参照



上の表をご覧いただくと分かりますが、39歳以下は3時間10分以内が資格タイムなのですが40歳以上は3時間15分以内が資格タイムになります。つまりもう3時間10分は切らなくてもいいんです(笑)


というわけで、これ以上フルマラソンを速く走る必要はないので2018年度はフルの自己ベスト更新は目標にはせずいまくらいを維持できたらいいなと思っています。


あとは出たことのないフルマラソン大会にも出てみたいので、それも来年度のひとつの目標に掲げます。


大町アルプスやいびがわのような極悪なコースも走ってみたいのですが、今しか走れないであろう別大か延岡を優先して狙ってみようと思っています。個人的には2月1週目が別大で2週目が延岡と立て続けに開催されるので、会社を一週間休んで九州を旅行しつつそのコンボが決められたら最高だなと思っています。予算の都合上、却下されそうな予感しかしませんが制限時間が3時間30分前後の大会をハシゴするなんてすごく贅沢で楽しそうです(笑)


というわけで、フルについては目標らしい目標を立てないことになった来年度ですがその代わりにウルトラマラソンをしっかり走り切りたいと思っています。出る大会が決まらずやきもきしていますが、とにかくどこの大会でもいいのでそこで満足のできる走りができるような練習をしてのぞみたいです。フルはその練習としてがんばります!

2017-12-26

栃木県真岡市で開催された第4回はが路ふれあいマラソンに参加してきました


f:id:itotto:20171217083714j:plain


栃木県真岡市で開催された第4回はが路ふれあいマラソンに参加してきました。



f:id:itotto:20171211225621p:plain



2年ぶり3回目の参加です。



結果

10kmごとのサマリーは以下のとおり。


(サマリー[10km])

距離時間合計時間備考
-10km42:24(4:15/km)00:42:24スタートロス10秒
-20km45:02(4:30/km)01:27:27-
-30km45:56(4:36/km)02:13:23-
-40km47:05(4:42/km)03:00:28-
-ゴール11:03(5:02/km)03:11:32-

(サマリー[ハーフ])

距離タイム累計タイム
-中間点1:32:51(4:24/km)01:32:51
-ゴール1:38:41(4:40/km)03:11:32


タイム種別タイム
グロスタイム3時間11分32秒
ネットタイム3時間11分22秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.11[m]200[歩/分]

合計:42.2km/03:11:32(4分32秒/km)


フルマラソン全体では2036人中125位、年代別(30代)では407人中54位でした。


3週間ぶりに自己ベストを更新しました。


結果


まずはコースと高低差図です。


コース図


f:id:itotto:20151219021359g:plain


高低差図


f:id:itotto:20151219021411g:plain



スタート前


スタートエリアは目標タイム30分ごとに区切られていたので3時間〜3時間30分のエリアに並びました。

最前列の2時間〜2時間30分のところには誰も並んでおらず、2時間30分〜3時間もそんなにたくさんの人は並んでいませんでした。わたしのいた3時間30分以内もそこまで多いという感じではなくて、スタートした後もすぐにいいペースで走れそうだなとか思いながらボーっとスタートを待っていました。


f:id:itotto:20171217083715j:plain

そしてスタートまであと10分というところで不意に隣にいた人から「いとっとくん」と声をかけられびっくり。

おそるおそる横を見ると先日大田原マラソンでも会った会社の同期でした。


会社ではまったく会わないので話すこともないんですが、今日は先日の大田原の話や今後出る大会の話をしてスタートを待ちました。

同じ会社に15年いるとは言え、いままでこんなふうに話すことがぜんぜんなかったのでいろんな話が聞けて楽しかったです。彼はわたしより数段速いランナーでスピード面ではいい目標になりそうなので、今後も定期的に情報交換したいです。


とスタート前から楽しく過ごしましたが、気づけばもうスタート目前。急に靴紐のことが不安になったので慌てて結び直して深呼吸をしたらスタートの号砲が鳴りました。


号砲に続いてすぐさま鳴り響いた大きな花火の音に興奮しながらスタートラインを超えました。



スタート - 10km (42:24[4:15/km])


今回のスタートロスは10秒。そこから50mほどは混んでてペースが上がりませんでしたが他の大会のようにめちゃくちゃ遅いのに前に並んでた人がほとんどいなかったためか、すぐに好きなペースで走れるようになりました。このスタート直後のストレスのなさははが路のいいところだよなと思いながら一気にペースを上げます。


さて。今回のはが路ですが、走るにあたって大きく2つの目標を立てました。



  • 沿道で応援してくれている人たち全員にありがとうとお礼を言う
  • 最初の21.0975kmを90分以内に走る


ひとつめの「沿道で応援してくれる人たち全員にありがとうとお礼を言う」という目標を立てた理由は、2年前に走ったときに全員にお礼を言えなかったリベンジをしたかったからです。

2年前もかなりの人にお礼を伝えたりハイタッチをしたりできたのですが、30km以降はその余裕がなくなってしまってお礼を言えない区間もあって、とくにラスト2kmは声がかすれてしまってまともに反応することもできず悔しい思いをしました。今回はぜったいに最後まで全員にお礼を言いたかったのでこれを目標にしました。

そして2つめの「最初の21.0975kmを90分以内に走る」というのは、走る前日にも書いたとおり今年ハーフで90分を切ってないのでここで切っておきたいと思って目標にしました。このコースの前半はわりとアップダウンの多いコースですがいまの自分ならそのくらいで走れるだろうと思っていたのですが、この見立てが甘かったことは走り出して1時間もしないで思い知ることになります(ネタバレ)


そんなわけで今回はこの2つを目標に掲げて走り出したわけですが、肝心のタイムについては中間点を過ぎた時点でどうするのか考えようと思っていました。90分を切るペースでハーフを走ったあとにどのくらいでもう一度ハーフを走れるのか想像もつかなかったので、中間点を過ぎたときに考えようかなと。とりあえず走り出した時点では3時間15分程度で完走できるだろうと思っていましたが、これは目標というよりもただの予想です。



そんなわけでスタート直後からペースはキロ4'15を目安に走りました。

ただ、時計を見てペースを確認しながら走るのはいまの自分にはしんどかったので今日も体内時計を頼りにペースを組み立てて走ります。時計を見ていないので正確なペースはわかりませんが、風景の流れ方や体に当たる風の強さから明らかに先日の大田原のペースよりはだいぶ速いと感じていました。もちろん大田原よりもキロ15秒以上速いペースで走るつもりだったので当然といえば当然なのですが、でもいまだかつてフルマラソンでこんなペースで走ったことがなかったので「まだ40km以上あるのにこんな速さで走っちゃって大丈夫なの!?」とめちゃくちゃドキドキしたし興奮しました。


1km、2kmとあっという間に過ぎていきます。この速さ...。おれの知ってるフルマラソンじゃない!(笑)


さすがに飛ばしすぎかなと思いつつも楽しくてペースを下げる気になりません。

沿道で応援していただいているかたがたにお礼をいいながら走っているとどんどんテンションがあがってしまうのですが、さすがにこれ以上ペースをあげるのはまずいぞと思ってペースをキープ。今日は10kmの大会じゃねえんだぞ...。


さすがにこれだとすぐつぶれると思ったのでペースを落として走っていると、後ろから大きな集団の足音が聞こえてきました。

最初はたくさんの人が来たなくらいにしか思わなくてとくに気にせず走っていたのですが、あまりに集団が大きそうだったので振り向いて確認すると3時間のペースランナーとそれに着いていく集団でした。


いまさらというか改めてこんなことを書くのは本当に恥ずかしいのですが、走る前からハーフを90分切って走ると決めていたもののそれがサブ3のペースであることに気づかずにいました。

つまり前半ハーフを90分以内で走るということがハーフまでは3時間のペースランナーよりも速く走ることと同じであるとは思っていなかったのです。まさか自分がサブ3のペースランナーの前を走るととは思ってなかったのでかなり動揺したのですが、でもすぐに「これはこれでいい経験になるんじゃないか?」とも思いなおしました。


いままでフルを走っていてサブ3の集団を見かけたことは何度かありますが、こんなふうに近くを走ったことは一度もありません。

一番近づいたのは先月の大田原で1.5km前を走るサブ3集団とすれ違ったときだと思いますが、あれだって10分くらい離されていていたしすれ違ったのは一瞬だったのでその速さを体感することはありませんでした。でも今日ならハーフまでなら並んで走ったり場合によっては自分のほうが前を走ることだってできる。そう思ったら、もう少しこの3時間ペースの集団の前を走ってたいと思ったわたしはここからまたペースを上げました。

今思えば完全に頭がおかしいんですが、人生で初めてサブ3の集団に近づくことができてほんとうに興奮してたんだと思います。

そこからはペースランナーに追い越されたり逆に自分が追い越したりしながら10kmまではほぼ併走を続けました。

ペースに着いては無理をしていたつもりはまったくなくて、むしろ3時間ってこんなペースでいいのかという気持ちのほうが大きかったです。いままでサブ3というのは自分にとっては遠すぎて目標にしたことすらありませんでしたが、こうやってそのペースで走ってみたら無茶なペースでもないなと感じていました。


時折、向かい風や小さなアップダウンでペースは多少変わりましたが、3時間のペースランナーとはつかず離れずの距離を保って走っているうちにあっという間に10kmに到着しました。ここは去年わたしがボランティアをした給水所です。



10km - 20km (45:02[4:30/km])


給水所には寄らず、そのままのペースで走り続けます。

ペースランナーもまったく給水する様子もなく淡々とペースを刻み続けます。が、10kmを過ぎて11kmの手前まできたところで、突如「このままペースを維持したらまずいかも...」と思い始めました。そう思ったその場所で何かあったわけではないのですが、このまま走ったら足も体力もハーフで終わるだろうという確信に近い予感がしたのです。

ハーフまでならこのペースでもぜんぜんいけたと思うし本当にハーフ以降に走れなくなるのかと言うと正直わからなかったので、もっと3時間のペースランナーに着いていきたいという思いも強くてめちゃくちゃ葛藤しました。ただ、今日はハーフマラソンではなくフルマラソンですからハーフで終わるわけにはいかないぞということでそのことを自分に言い聞かせてここでペースダウンをすることにしました。とりあえず呼吸が楽にできるペースまでグッと落として様子見することにしました。

ペースを落とすとあっという間に50mほど離されてしまったのですが、その集団を眺めながら走っていると横を抜けて走って行ったランナーの姿が目に入りました。


なんか見たことあるな...と思ってしばらく後ろを走りながら見てみたら先週同じ大会に出ていて10kmで2位になった会社の知り合いでした。

彼は学生時代から陸上をやってた筋金入りのランナーでしてめちゃくちゃ速いのでもっともっと前にいると思っていたのですぐには気づけませんでした。こんなところで知り合いに会えたのがうれしくて自分から話しかけてみたものの、ここまで走ってきて既に疲れていてあまり長話をする気分でもなかったので「がんばって3時間の集団に着いてって!」と無理やり集団へと送り出しました

自分から話しかけておいてさっさと前に走ることを促すなんて対応が適当過ぎていま思い出すと本当に申し訳ないのですが、彼はあっという間に3時間の集団に追いついてそのペースで走り続けてしまいました。さすが!

そんな彼の姿を見届けたことで「無事に彼を3時間の集団に送り届けた」というよくわからない達成感を得てしまったわたしは、そこからペースがグッと落ちてしまって3時間の集団は徐々に遠くなっていきました。最後に3時間の集団を目視で確認できたのは17kmあたりで500mほど前を走っているところでした。そこから先では3時間の集団を見かけることは一度もありませんでした。


そんなわけで12km以降は目標のキロ4'15ペースは諦めて、いつものフルマラソンのペースに戻して走り続けます。目標はキロ4'30ペース。


さて。そんなわけで楽しいレースは12kmで終わりましたが、12kmと言えばそのあたりで念願の貝のペンダントをいただくことができました。


f:id:itotto:20171223172159j:plain


はが路ふれあいマラソンでは毎年12km付近で地元の方々が手作りしてくれた貝のペンダントを配っています。1年目はその存在に気づかず、2年目は気づくのが遅れてもらうことができなかったのですが、今年は走る前からぜひいただきたいと思って心の準備をしていたので受け取ることができました。

果たしてどのくらいのペンダントを用意していただいていたのかわかりませんが、わたしが見た限りではかなりたくさんの数を用意していただいていたようでした。ほんとうにうれしいしありがたいです。沿道で手渡ししてくれたみなさんほんとうにありがとうございました。念願のペンダントだ!


お目当てのものを手に入れてホクホクしながら走っていましたが、15kmを過ぎると時折向かい風にさらされることも増えてきて先行き不安な気分になります。風自体はそこまで強くはないもののとても冷たくて体温と走る気力をどんどん奪っていきます。追い討ちをかけるように地味にアップダウンも出てきたのですが、3時間のペースランナーに置いてけぼりにされてこれといった目標もなく暇だったのでこのアップダウンはちょうどいい気分転換になりました。


15kmを過ぎたところで本日ひとつめの補給食をとりました。


そして19km直前から始まるこの大会で一番目立つ上り坂ですが、記憶にあった激坂というイメージからは程遠い斜度も距離もへっぽこな坂でして想定していた以上にペースを落とすことなくあっさりと走り抜けます。

坂を上りきった後は一度下ってからまた少し上り、最後は傾斜12度の下り坂を駆け下りました。最後の下り坂はなかなかの斜度、距離でして見たときは吹き出してしまったのですが、でも今年は路面が凍ってなくてすべることもなかったのでそこまできついという印象は残りませんでした。


坂を下りきって少し走ったところが20km地点でしたが、この中盤のアップダウンが自分の中では一番の気がかりだったのでそれがあまりにあっさりと終わってしまったことでもうゴール直前みたいな気分でいっぱいでした(笑)



20km - 30km (45:56[4:36/km])


20kmを通過して少し走るとこの大会一番のエイドがある道の駅 茂木へと到着。

ここにはいちごだとかおしるこだとかおいしそうなものがたくさんありましたが、食べたら走れなくなるわたしは何も口にするわけには行かず、おいしそうな食べ物を横目に見ながら道の駅は完全にスルー。いつの日かここのエイドを楽しみながら走りたいです...。


そして道の駅を抜けて左折し、セブンイレブンの前を過ぎるとそこからしばらく上りが続きます。

坂を上り始めて少し走るとすぐに21km地点があり、そのすぐその先にはこのコース唯一の計測ポイントである中間点があります。


ここまで一度もタイムを確認していなかったのでどのくらいで走れているんだろうと思って走路脇の時計を見てみたら1時間32分50秒でした。

目標より3分以上遅い...。


3時間の集団に後れをとっているわけですから90分を切れているとは思っていませんでしたが、でもあと1分以上は速く走れているつもりでした。


走る前は後半はキロ5'00でいいやと思っていましたが、前半がこの体たらくだったので後半はもうちょっとがんばらないと...と思いなおしてここからもふつうどおり走ることにしました。後半はおいしいものを食べながらのんびり走りたかったけどその夢はここで費えることになりました。


中間点を過ぎてしばらくは上り基調です。斜度は大したことがないのですが、これがまた結構長い坂なんですよね。ダラダラ長くてうんざりしました。

上り切った後も下ったり上ったりが細かくあって中間地点以降の消耗は想像以上でした。


それでも沿道ではたくさんの人たちが応援してくれていて、おじいちゃんやおばあちゃんは椅子を持ち出してずっと座りながら応援してくれてたりとほんとうにありがたかったです。ここまでもずっと応援の声に背中を押してもらいながら走ってきましたが、少しずつきつくなってきたこのあたりからは余計に応援が身に染みてありがたく感じる機会が増えました。


応援してくれていた人たちにはもれなくお礼を言いながら、そして手を振り返しながら走ることでこの難区間を走り抜けます。


22kmを過ぎたあたりから前半の無理が少しずつ効いてきたのか足がかなり重くなっていることは感じていたものの、あと20kmくらいならふつうに走れるでしょうとまだまだ楽観的でしたし、中間地点のタイムを基準に考えれば3時間10分は切れるだろうと高をくくっていました。ここで中間点以降のタイムを確認していればこの見込みが甘過ぎることが分かったと思うのですが、40kmまでは一度もタイムを確認せずに走ったためにそこまで自分が走っているペースがかなり落ちていることに気づくことはできませんでした。

たとえペースの遅れに気付いたとして対処できたのかというとなかなか難しい問題ではあるし、ペースの遅れで焦るよりは知らずに走ってマイペースを貫けたことのほうがよかったのかも知れませんが、今回のレースをトータルで見直して一番反省したのは22km〜24kmの区間でタイムを確認しなかったことでした。


24km地点を過ぎたところで大田原でも応援しにきてくれていた早朝練習会の知人が走りながら応援してくれました。


f:id:itotto:20171219002634j:plain


この時点では自分でもまだまだ走れると思ってたし、実際に元気だったので手を振る余裕もありました。

まだ元気なうちに会えてよかったです(笑)


25kmを過ぎたところで2つ目の補給食を取り出して少しずつ食べます。

以前は補給食は一気に食べていたのですが、一度に分解できる糖分ってそんなに多くないので時間をかけて食べたほういいと聞いたので最近は3kmくらいかけてのんびりと食べてます。26km地点を過ぎると左折していよいよ市貝町方面へと向かいます。

左折後も27kmまではそこまでと変わらず走り続けていたのですが、28kmあたりから腰に痛みが出始めます。

最初はそこまで痛いとは感じてなくて違和感に近い痛みでしたが、ふと気付くと目が覚めるような痛みになっていました。違和感から痛みに変わった境目が何だったのかはわかりませんが、28kmを過ぎて少しするともう痛みを無視できなくなっていました。こういうときは腰に手を当てて走ると少しは楽に走れるのですが、経験上、一度腰に手を当ててしまうともう手を当てない状態では痛くて走れなくなることを知っていたのでせめて35kmを過ぎるまでは手を当てることを我慢することにします。

とりあえず軽く腰を伸ばしてみたりしながら走り続けますが、まったくよくなることはないまま30km地点を通過しました。


30km - 40km (47:05[4:42/km])


絶え間なく続く沿道からの応援に気持ちを支えてもらいながら走り続けていたのですが、32km地点を前に目の前に白いものがちらほらと舞い始めました。

最初は沿道の人が何かしてくれているのかと思ったのですが、どうやら舞っているのは雪のようでした。道理で寒いわけだ...(笑)

雪だと気づいたのは沿道にいたおばちゃんが「雪に負けないでがんばれー」と応援してくれたからなのですが、それまではまさか雪が降ってるとは思ってもいませんでした。たしかに空気の冷たさは雪が降ってもおかしくないくらいでしたけど、フルマラソン中に雪というのは初めてのような気がします。

ただ、雪が舞っていたのは10分ほどでそれ以降は見ることはありませんでした。

そして33kmを過ぎて少し走ったところで本日3つ目の補給食を食べ始めました。

先月の大田原マラソンと同じで15km/25km/33kmで補給食を食べるという流れを試してみましたが、空腹を感じることもなくてすごくよかったです。33kmを34kmにしようかどうか迷ったのですが、34kmだと遅すぎるような気がしたので今回は33kmにしてみました。32kmと34kmも一度ずつ試してみたいなと思っています。

この補給食を食べながら気付いたのですがいつの間にか腰の痛みはだいぶ和らいでいました。

思い返せば雪を見てびっくりしたあたりから痛みが気にならなくなったような気がするのですが、実際どの時点で痛みが改善されたのかはちょっとわかりませんでした。ただ、痛くないというわけではなく軽減されたという程度でしたのでもしかしたらただ痛みに慣れただけなのかも知れません。

そのまま走り続けると36km地点で見覚えのある田園風景が目に入ってきます。

ここはひたすら田んぼ道を走るところでして、前回ここを走っているときが一番つらかったのでよくおぼえています。2年前は疲れすぎて目を開けているのもつらくて半分目をつぶりながら走りました。これは一切の誇張抜きで本当にところどころ目をつぶったまま走ったのですが、目を開けずに走っても転んだりしないくらいひたすらまっすぐな道で走りやすい道路なのです。

今回も既にだいぶ余力を失ってはいましたが、28km〜33kmあたりまでのつらさに比べればだいぶ回復していたのでここはそこまでペースを落とすことなく走り続けられました。


39kmを過ぎて右折したあたりから頭の中は40kmの坂のことで頭がいっぱいになり始めます。

もう2年走っていないのでどのくらいすごい坂だったのかだいぶうろおぼえになっていますが、本気で心を折られるくらいきつかったことだけはよくおぼえています。そんな坂まであと1km...。心にどんどん余裕がなくなっていきます。

そんなことを考えながら走っていくと40km地点の300mほど手前にある坂もなかなか厳しくてここを上り切った瞬間に右足のふくらはぎが攣ってしまいました。

まさかの伏兵がここに!(笑)


40kmの坂を前にここで1分近くロスしてしまいました。

少し休んでから再度走り出し、なんとか40km地点に到達。目の前には期待以上の坂がありました。



40km - ゴール (11:03[5:02/km])


40km地点には時計が置いてあったのですが、その時計は12:32を指していました。

瞬時に逆算したら残り2.195kmを10分ちょっとで走れば3時間10分を切ることができることがわかりました。それであればそこまで速いペースではないしそのくらいなら走れそうだなと思うのと同時に、目の前にある坂を果たして自分は歩かず上り切れるのかという疑問もありました。とはいえ、走れるかどうかで悩んでいる暇があるはずもなく、すぐに坂へと突入。

ペースはがくんと落ちましたが、上り始めてみればそこまできつい坂でもなく無事完登。

もう走る前にビビりすぎました(笑)

坂を上り切ればあとは2km弱のフラットなコースを走るだけです。

ここからは一気にペースを上げたのですが、上げて30秒で右足ふくらはぎが攣りそうになって慌ててペースダウン。もう足は完売してしまったようです。終わった...。


とは言え、3時間10分を切るにはペースを落とすわけにはいかないのでちょいちょいペースを上げてみるのですが上げるたびにふくらはぎが悲鳴を上げます。しょうがないので無理にペースは上げずにひたすらゴールへと向かいます。


41km地点を過ぎ、観光いちご園の前まで行くとここでは本当にたくさんの方々が大きな声で応援してくれていました。この応援してくれてる姿を見ていたら、2年前の大会ではここで沿道からの応援にこたえようとしたけどもう喉が枯れてて何にも返せなかったことを思い出しました。あのときもスタートからゴールまで沿道からの応援にお礼を言いながら走っていたのですが、あまりに応援が多すぎたので声がもうでなくなっていたのです。


あーあー


試しに声を出してみたらスタートと変わらぬ大きさで声が出せました。大丈夫。今年こそちゃんとお礼を言えそうだと思ったら3時間10分を切れないかもしれないということがどうでもいいことに思えてきました。もともと今回は自己ベストを出そうなんて思ってなかったことを思い出してここでタイムは諦めました。それよりもちゃんと最後まで沿道の人たちにお礼が言いたい。

で、ありがとうと伝えながら走ったわけですがここの応援がまためちゃくちゃ多いんですよ。予想よりめっちゃ多くて最後は声が枯れてまたでなくなるんじゃないかっていうくらい長かったです。こんなにたくさんの人たちがみんな笑顔で応援してくれるなんて本当にうれしかったしありがたかったです。

ここを抜ければゴールまであと少し。

井頭公園脇を走りながらあと500mくらいだしさすがにラストスパートをかけるぞ!とペースをグッと上げたその100m後にまたもや右足ふくらはぎが攣りかけてしまいました。瞬時にペースを落として攣るところまではいかなかったのですが、たまらず走路脇に避けて座り込んでしまいました。最後の最後までダメだったな...とあきらめかけたそのときに、横を走っていく後続のランナーが「あと少しだから行くぞ!」と声をかけてくれました。


声をかけてもらうそのときまでは少し休んでから歩いてゴールしようと思っていたのに、声をかけてもらった瞬間にゴール直前まできて弱気になっている自分に気づいてものすごい恥ずかしく感じられました。本当に情けなくてそんな自分のことを思わず笑ってしまいました。

すぐに立ち上がり、歩くようなゆっくりペースから少しずつペースを上げながらゴールを目指しました。

何度も何度もふくらはぎはけいれんしそうになってゴール前最後の200m弱の直線でも何度も足が攣りそうになりましたが、立ち止まることなくゴール。


タイムは大田原で出した自己ベストより9秒よかったのですが、でも大田原とは対照的に走り切ったという実感はまったくなくてただただ恥ずかしさと情けなさでいっぱいでした。


まとめ

f:id:itotto:20171217083224j:plain

今年度最後のフルマラソンをなんとか完走しました。これで大田原から4週連続で自己ベスト更新となりましたが、正直思っていた以上に体のダメージが大きくて驚いています。最近調子が良すぎるのでそろそろ怪我をしそうだと思っていたのですが、予想以上に疲れが溜まっていて少し休まないとまずいということを強く実感しました。

わたしの場合、疲れが溜まっているかどうかを確認するときは「白髪が増えたかどうか」と「爪が柔らかくなっていないかどうか」を確認します。

今回は白髪はまだ大丈夫そうでしたが爪がひどくて足の爪のほとんどがソフトシェルクラブの殻のようにペコペコでした(笑)

しばらく触ってなかったので気付かなかったのですがこれはほんとうにひどかったです。おそらく大田原が終わった時点でかなり柔らかくなっていて、その後の那須烏山(5km)としおや(10km)で走ったことが大きな負担になって軟化を加速し、最後ははが路でとどめを刺したという感じだと思います。いままでも「あれ?爪が柔らかい?」と思うことは何度かありましたが、ここまで柔らかくなったのは初めてでした。

9月の榛名湖マラソン以降、1か月ごとにフルマラソンを走っていましたがそれが効いたんだろうなと思うし、そう考えるとフルマラソンを月一ペースで走るのは自分にはオーバーペースなのかなとも考えています。これから来年の予定を立てるにあたり、出る大会の選定については大会と大会のインターバルをもうちょっと長くとる工夫が必要かも知れません。


そしてもうひとつ気になるのは2年前にはが路を走ったときも大会で怪我をしてしまってしばらく走れなくなっていて、今回と同じく一週間走れなかったことです。

はが路は「シーズンベストが出る大会」という印象、つまりものすごいタイムが出やすい大会だというイメージがあったし、少なくともわたしは相性がいい大会だとずっと思っていたのですが、走り終えた後に怪我を抱えてしまうことも多いことを考えると自分の走り方とコースの相性は決してよくないのかなと考えてしまいます。ただの偶然かも知れませんが、走り終えて毎回怪我をするというのは他の大会ではないことなのでちょっと気になっています。


とは言え、大会自体が楽しかったことは間違いなくて2年ぶりのはが路はほんとうにすばらしい大会でした。

アップダウンはともかく、参加者数が多くないので走路が広く取れてスタートからゴールまでずっと走りやすかったし、給水もエイドも十分すぎるくらい十分あって補給食をもっていかなくてもいいんじゃないかというくらいのボリュームです。そして沿道からの応援はほんとうに温かくて、足が重くなったときやコースの厳しさに負けそうになったときに何度も背中を押してもらいました。

それ以外にもシャトルバスの多さだとか荷物預かりの手際の良さだとかほんとうによかった点を挙げるときりがありません。

来年はランナーとしてなのか、それともボランティアとしてなのか分かりませんが、大会には関わりたいと思っています。


(過去に参加したフルマラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第1回加賀温泉郷マラソン2013/04/213時間42分45秒-
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-17分8秒
第24回かすみがうらマラソン2014/04/203時間32分04秒+6分23秒
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+32分4秒
第1回はが路ふれあいマラソン2014/12/213時間29分36秒-34分32秒
第63回勝田全国マラソン2015/01/253時間35分08秒+5分32秒
第34回佐倉朝日健康マラソン2015/03/293時間50分17秒+15分42秒
第25回かすみがうらマラソン2015/04/193時間52分25秒+2分8秒
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-25分20秒
第5回神戸マラソン2015/11/153時間46分20秒+19分15秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第2回はが路ふれあいマラソン2015/12/203時間15分24秒-10分36秒
第3回前橋・渋川シティマラソン2016/04/173時間40分00秒+24分36秒
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-13分42秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第12回さのマラソン2016/12/113時間29分33秒+9分8秒
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/04/233時間27分11秒-2分22秒
第5回榛名湖マラソン2017/09/243時間32分5秒+4分54秒
第15回柏崎マラソン2017/10/293時間28分56秒-3分9秒
第30回大田原マラソン2017/11/233時間11分41秒-17分15秒
第4回はが路ふれあいマラソン2017/12/173時間11分32秒-9秒

(関連リンク)

2017-11-29

栃木県大田原市で開催された第30回大田原マラソンに参加してきました

f:id:itotto:20171123084501j:plain


栃木県大田原市で開催された第30回大田原マラソンに参加してきました。


f:id:itotto:20171118234200p:plain



5年連続5回目の参加です。今年もフルマラソンを走ってきました。



結果

5km、10kmごとのサマリーは以下のとおり。


(サマリー[5km])


距離タイム(平均)累計タイム
-5km23:50(4:46/km)00:23:50
10km22:11(4:26/km)00:46:01
15km22:24(4:28/km)01:08:25
20km22:28(4:29/km)01:30:53
25km22:14(4:26/km)01:53:07
30km22:56(4:35/km)02:16:03
35km23:13(4:38/km)02:39:16
40km22:40(4:32/km)03:01:56
42.195km09:45(4:26/km)03:11:41

(サマリー[10km])

距離タイム累計タイム
-10km46:01(4:36/km)00:46:01
-20km44:52(4:29/km)01:30:53
-30km45:10(4:31/km)02:16:03
-40km45:53(4:35/km)03:01:56
-ゴール09:45(4:26/km)03:11:41

(サマリー[ハーフ])

距離タイム累計タイム
-中間点1:35:42(4:32/km)01:35:42
-ゴール1:35:59(4:32/km)03:11:41


タイム種別タイム
グロスタイム3時間11分41秒
ネットタイム3時間11分18秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.11[m]199[歩/分]

合計:42.2km/03:11:41(4分32秒/km)


フルマラソン男子全体では391位、年代別(30代)では121位でした。


2年ぶりに自己ベストを更新しました。


結果


まずはお決まりのコースと高低差図です。


コース図

f:id:itotto:20151124234313g:plain



高低差図


f:id:itotto:20151124234314g:plain


スタートまで

外は雨が降ってて寒かったのでしばらく体育館でのんびり過ごしていたのですが、スタート30分前にスタート地点に向かいました。

当日の朝に見た天気予報ではスタート時間には雨は止むはずでしたが、9時30分の時点ではまったく止んでおらずむしろ徐々に強くなっていました。しかも気温も結構低くて寒い...。

トイレに行ったり軽くジョグをして時間をつぶしてスタートの10分前にスタートブロックに移動。今回も去年と同じくBブロックからのスタートでした。

申告タイムが去年と同じ2015年のはが路のタイム(3:15:21)なので当然といえばそのとおりです。

雨がひどくて寒いせいかスタート10分前になってもまだ並んでいない人が結構いたのでBブロックのかなり前のほうに並ぶことができました。

早くスタートしないかな...と思いながら並んでいると、後ろにいた人たちが「先月の水戸も雨がひどかったけど今日も同じくらい雨がひどいし、水戸よりも気温が低くて寒いからもう最悪だ...」と愚痴っているのが聞こえてきました。そういえば今年の水戸もかなりの大雨だったと聞いていましたがこんな大降りだったのかと今さらながら水戸を走った人たちや運営の人たちの頑張りのすごさを思い知りました。

スタート5分前。

既にTシャツはびしょ濡れ状態でしてもう嫌な予感しかしません。

ため息をつきつつ、その場で足踏みをして体を動かすことで少しでも体温を上げようとしましたが寒いのはまったく変わらず(笑)


靴ひもやチップの最終確認をしたあとはしボーっと遠くを眺めていたらいつの間にかスタートしていました。

大田原って号砲の音小さすぎて毎年聞こえないんだけど、あれはわざとなのかな?


スタート〜10km - 45:38(4:33/km)

「え?スタートしたの?」「毎年、号砲は聞こえないんだよね」

そんな周囲の会話を聞きながら歩きだし、徐々にペースを上げていきます。

スタートロスは23秒と去年とほぼ同じですが、混雑はいつもよりも緩やかに感じられました。競技場を4分の3周してから公道へと抜けるのですが、競技場の出口が少し狭いため毎年ここで少し詰まります。今年も例年同様詰まったものの、これまたいつもに比べると詰まり具合は大したことがなかったです。

公道に抜けると走路が広くなるためかかなりばらけるので一気に走りやすくなったのでここからは走りたいペースまで上げてそれを維持することを心掛けました。

そして今回はタイムは気にせず走ろうと思っていたので時計を見ずに走ってきました*1。見たのは中間地点とゴール地点の2か所だけです。


さて。

1km地点を通過したときにもいつもよりも走りやすいと感じたのですが、2kmを通過したところでそれは確信に変わりました。例年は4kmくらいまでは油断するとぶつかるくらいランナー密度の高い状態が続いていましたが、今年はそういったことはまったくなくてかなりストレスのない状態で走れました。運営の工夫のおかげなのか、それともいつもよりも前のほうを走っているので人が少ないだけなのかわかりませんでしたが、この走りやすさが何に起因しているのかはさておいてとにかくいつもより走りやすい環境だということは間違いないなと確信しました。

これで気持ちよく走れるぞーと思いきや、ひとつ気になることがありました。それは右足のふくらはぎに違和感が出ていたのです。

走り出しから脚がやや重いような気がしていたのですが、3km地点を過ぎたあたりで張りを伴う違和感があることをはっきり認識しました。去年のさのマラソンで7km地点で脚がつりそうになったのですが、そのときと似たような違和感でしたのでひとまずペースを上げ過ぎないように気を付けながら走ることにしました。


最初に書いた高低差図のとおり、大田原は前半23.5kmが下り基調で後半19kmが上り基調というコースですので下りの多い前半はどうしてもペースが上がり気味になります。

去年は前半飛ばし過ぎて後半しんどかったことを思い出し、今年は前半もペースを上げ過ぎないように気を付けながら走ることにしました。時計は見ていないのでタイムはわかりませんが、呼吸はまったく乱れていなかったのでそのまま走り続けます。体感だと4分40秒くらいでした。


5km地点を過ぎたときには雨は弱くなっていましたが完全に止んではおらず、路面にはところどころ水たまりができていて走りにくさを感じました。


スタート直後から続くふくらはぎの違和感は残っていたものの、大きくペースを崩す要因はなかったのでそのまま走り続けてあっという間に8kmを突破。

このくらいのペースであれば下りが続く23.5km地点までは走れそうだなと思いながら走っていましたが、8.5kmあたりで100mほど前を走っていた人が補給食を落とすのが見えました。本人も落としたことには気づいていたようですが、戻るのは無理だと判断したのか諦めてさっさと走って行ってしまいました。

周りを見るとわたしの周囲にはほとんど人もいなかったので、他のランナーの邪魔をすることなく落ちた補給食を拾い上げ、落としたランナーに渡そうと追いかけることにしました。100m程度であればすぐに追いつけるだろうと思って思いっきりペースを上げたのですが落としたランナーも結構いいペースで走っていたのかなかなか追いつくことができません。

最後はほぼ全速力で走り、なんとか追いついて渡すことができました。めちゃくちゃ疲れた。


f:id:itotto:20171126002056j:plain:h250


これは今大会を通してのペース配分のグラフなんですが、全体的に安定しているように見えますが左側に一か所だけ大きなピークができています。瞬間的に速く走ったという証左なのですが、これは補給食を渡すために追いかけたときのピークです。走り終えた後にすべてのデータを見返したときにこのピークの存在に気付いたのですが、あまりに異様なピークだったので「これは何のピークだろう?」としばらく悩んでしまいました(笑)


その後も特に問題なく走り続けて10km地点に到着。

最初の10kmはあっという間だったなという印象を受けました。


10km〜20km - 44:52(4:29/km)

10km地点を通過後も気持ちよく走り続けていたのですが、そういえばここまで3時間30分のペーサーを見ていないことに気付きました。

例年、時間が経過すればするほど3時間30分のペーサーは大集団を作って追い越しにくくなるので早い段階で越しておかないとあとでひどい目にあいます。だからなるべく早いタイミングで追い越しておきたかったのですが今回はまったく見かけておらず、前のほうを見てもそういった集団がある気配はまったくありませんでした。

ここまで走ってきたペースが3時間30分ペースだとは思っていませんでしたが、でも3時間30分の集団に追いつくなら早めがいいなと思ったので10kmを過ぎたあたりから下りの力を使って少しずつペースを上げてみました。体感ではキロ4分30秒くらいになるように意識していたのですが、そのペースでいくら走っても前にはペーサー集団を見つけることができませんでした。ここでやっと3時間30分のペーサーは最初から後ろにいるということを知りました。


もうあの大集団と関わらなくて済むと思ったらほっとしました(笑)


13kmの打ち切りポイントを過ぎた先にいい感じの下り、そして14kmを過ぎたところにいい感じの上りがあった影響なのか結構な人を抜いて気持ちよく走れました。まだまだ序盤なのでペースを上げすぎないように気をつけつつ、でもいけると思ったときはなるべくペースを上げるよう心がけました。

14km過ぎの坂を上って左折してしばらく走るとその先が15km地点です。左折してから道路が少し狭くなったので走路はやや混んでいましたが、人数もそこまで多くなかったのでうまくペースを維持しながら走り続けます。そしてこの15kmで最初の補給食をとりました。今回は15km-24km-34kmでとろうと決めていたのでここは予定どおりです。


しばらく直進してから再度左折。緩やかな下りが続きますがその途中で16km地点に到達。なんだかあっという間だなと思いながらそのまま走っていると、一気に視界が開けてものすごいいい風景が広がっていました。風が強く吹き始める予兆が出始めていてそれはすごくいやだったのですが、ここの眺めのよさはほんとうにすばらしくて最高でした。ここで写真撮りたいなーと毎年思います。

そしてそのまま直進すると交差点があり、そこが17km地点です。


この交差点の右方向が最終的な進行方向なのですが、ここの交差点を曲がる前に一度奥まで走って折り返さなければなりません。ここが大田原マラソン唯一の折り返しとなっています。

交差点には既に折り返して曲がっていく人たちが多くいたのですが、自分が交差点に差し掛かったときにちょうど大きな集団が曲がっていくのが見えました。何の集団だろうと見てみると3時間の文字が見えました。3時間の集団がここにいるとなるとやはり3時間30分の集団は既に後ろにいるんだなという確信を得、そして3時間の人たちがそこまで遠くない場所にいることにちょっと驚きました。折り返しまでどのくらいの距離があるのかわかりませんが、往復2kmくらい離れていると仮定すると3時間の集団と8分ほどしか離れていない計算になります。


ここまで一度も時計を見ていなかったので自分のペースがまったくわからなかったのですが、ここで初めてわりといいペースで走れていることを意識しました。


とはいえ、まだまだ序盤ですのであまりタイムのことは考えずにこの交差点を直進して折り返しを目指します。

折り返しまでは1kmもなかったと思うのですが、少しアップダウンがあって走りにくさを感じましたが、ここも一定ペースを心がけたおかげで上りで結構な人を抜きました。フラットな場所であればペースを上げなければ前の人は抜けませんが、上りだと自分はペースを変えないだけで周囲の人をたくさん抜けるので楽しいです。


折り返しからもひたすらペースを保ちつつ走っていると、交差点に戻る200mほど手前で3時間30分の集団とすれ違いました。


やはりというか、集団はかなり大きくなっていてここまで大きくなると後ろから追い越すのはすごい大変そうに見えました。あれに追いつかれないように気を付けないと。


そして交差点まで戻ったら左折して少し直進すると19km地点に到着。

このあたりから走る向きによっては風が気になりだしたのですが、それでも雨がすっかり止んだおかげで走りやすくなっていたので走る上でそこまで困るというものではありませんでした。


風にもめげずそのまま走り続けるとあっという間に20km地点に到着。

この時点でふくらはぎの違和感はあるものの、それ以外には疲れらしい疲れも無くてかなり気持ちよく走ることができていました。


ちなみに10kmごとに区切ったときにこの区間のタイムが毎年一番いいのですが、今年もその例に漏れずここが一番タイムのいい区間となりました。


20km〜30km - 45:10(4:31/km)

20kmを過ぎるといよいよ上りに転じる23.5km地点のことが気になり始めます。

前半はかなりペースを抑えて走ったおかげで20kmの時点ではかなり足の負担も少なくてまだまだ走れそうでしたが、思い返せば去年も23.5kmまでは本当に調子がよくて23.5kmまでは「このままずっと走っていられそう」と思うくらい走れていたのですが、その後は向かい風でボロボロになり、後半ハーフは前半ハーフよりも6分以上遅いタイムを出してしまいました。それを思うと20kmまで楽に走れたと言っても絶対にまだまだ気が抜けないなと思っていました。


そんなことを考えながら走っていると中間地点が見えてきたのでここで時間を確認すると、11:35:40の文字が見えました。

大田原マラソンは10時からスタートなので中間地点の通過は1時間35分40秒ということになります。去年が1時間36分45秒なので1分ほど去年より速い計算になりますが、これはかなり意外でした。

去年は今年に比べるとかなりがんばってペースを上げて走っていたつもりだったというか、1kmごとにペースを確認してペースが落ちないように慎重にタイムコントロールをしながら走っていたのですが、その去年のペースよりも抑え気味に走った今年のほうが速いというのはかなり意外でした。


「え?ほんとにこのタイムなの?」ととても驚いたのと同時に、自分自身がものすごいホッとしていることにも気づきました。



「3時間20分を切るだけなら残りのハーフはキロ5分でも十分なんだ」



今回の大田原マラソンの目標タイムは3時間10分でしたが、その目標とは別に最低限このくらいのタイムは出したいと思っていたタイムがあってそれが3時間20分でした。去年の大田原マラソンのタイムです。

直近の状況を鑑みると3時間10分はなかなか難しいというのはわかっていましたが、さらに去年あの強風の中で出した3時間20分でさえもちょっと怪しいのではないかという心配もありました。榛名湖のタイムや柏崎での失敗レースなどあって、ただでさえなけなしの自信を完全に喪失していたためなんですが、そんな自信喪失状態だったこともあってハーフの通過タイムが思ったよりもよかったことはものすごい励みになりました。

そして中間点から下りが終わる23.5kmまでの2.5kmをキロ4分30秒で走れば、残り19kmをキロ5分で走れば十分3時間20分を切ることは可能だという計算になります。たとえ23.5km地点以降で強風が吹いたり上りでつぶれたとしてもキロ5分が維持できればそれで十分だと思えたおかげでここからは走ることがまったく苦ではなくなりました。


そして、もうひとつ中間点でこのタイムを見たときに思い出したのが3週間前に走った那須塩原ハーフのことでした。


はてなブログ


今年の那須塩原ハーフは前半9kmをキロ5分、後半12kmはキロ4分までビルドアップしながら走ったのですが最終的なタイムは1時間36分00秒でした。

那須塩原ハーフの大会当日は柏崎マラソンから4日しか経ってなかったのでペースは抑え気味に走ったのですが、とは言え、ゴールしたときには思っていた以上に余裕があって走る前とほとんど変わらないんじゃないかというくらい足も呼吸も落ち着いていてそのことが自分でもとても意外でした。もしかしたらここからもう一回ハーフを走っても同じくらいのタイムは出せるんじゃないか?と思ったのですが、中間点までのタイムがまさに那須塩原ハーフのタイムと同じで、そして中間点を過ぎた瞬間の自分の足の状況や心境はまさにそのときと同じで「ここまで走ってきたのと同じペースだったらもう一回ハーフを走れそう」というものでした。


大田原マラソンの前半は下り基調ですが後半は一転して上り基調になります。

冷静に考えれば後半もまったく同じペースで走るのはかなり厳しいし、去年もハーフまで順調だったので同じようなことを考えていてけど結局風にやられてダメだったことを考えるとなとやはり後半も同じペースというのはなかなか厳しいのは間違いありません。ですが、たしかに難しいとは分かったうえで、でもなんとなくこのままのペースであればいけるんじゃないかという期待も捨て切れませんでした。


とにかく中間点でのタイムがわりとよかったことでかなり前向きな気持ちがわいてきたので、まずは中間地点から23.5km地点まではペースを意識的に上げて走りました*2


そしていよいよ23.5kmの2つ目の打ち切りポイントの交差点を左折したところで上りが始まります。

上りが始まるとペースが少し落ちたような感覚があったのですが、ここからはピッチを意識的に上げていまのペースを維持しにかかります。前半はピッチを抑えていたのですが、後半はいつもどおりのピッチに戻しました。体感では200spmくらいを維持するよう心がけましたが、ここまでかなり楽に走ってきたので多少ピッチを上げてもまったく苦しさは感じず、むしろいつものピッチに戻したことで走るリズムはかなりよくなりました。


さて。大田原マラソンは後半上り基調であることは何度も書いていますが、この上りは上りと言っても「言われると上っているような気がする」という程度の上りです。

ところどころ足を止めるようなきつい上りも数ヶ所*3ありますが、基本的には上りであることを意識するようなところはあまりありません。ただし上りが延々と続くためなのかいつの間にか足が重くなっていて走れなくなるとはよく言われていて、28kmあたりから歩いている人が目立つようになります。去年のように向かい風が強かったりするともっと早い段階から歩いている人が増えますが、今年は例年と同じで28kmあたりから歩いている人をポツポツと見かけました。


上でも書いたとおり23.5km以降は走り方をピッチ寄りに変えてのぞみましたが、そのおかげなのかまったくつらいと感じる瞬間もなく不思議なくらいペースを維持できました。予定では24km地点で補給食を取る予定でしたので、24kmを過ぎたところで補給食を摂取。

中間点以降は一度もタイムは確認しなかったのですが、上りが始まってからも前半とまったく同じペースを刻んでいるという実感があったし、上りだからといって足が重くなることもぜんぜんなくて淡々とゴールに向かってペースを刻み続けました。それでも去年のつらい思い出があるので、「いまはいくら楽に走れていたとしても次の瞬間には足が上がらなくなるんじゃないか」という恐怖は常に頭にあってビクビクしながら走っていたのですが、25kmを過ぎ、28kmを過ぎ、30km目前となっても呼吸が乱れることすらありませんでした。

スタート当初からあった右足ふくらはぎの違和感だけは存在感を示していましたが、それもこのペースであれば最後まで付き合っていけるだろうというめどは立っていました。


300mほど先に30km地点が見えたところで、今回初めて「これはもしかしたらこのまま最後までいけるかも知れない」と思い始めました。


30km〜40km - 45:53(4:35/km)

30km地点を過ぎたところで、フルマラソン恒例の「あと12kmもある」と思うのか、それとも「あと12kmしかない」と思うのかを考えてみたのですが、今回はこのどちらでもなく「あと12kmなんだ」という感じでした(笑)

この時点でまったく疲れていなかったのでまだまだ走れそうでしたが、一方ではここからも上りが続くことも知っていたのでさらにペースアップしてもっとタイムを縮めたいという気持ちにもなれず、ただただ事実を事実として受け止めるだけという感じでした。それでも、走りながら感じていたのは「今回のフルマラソンはいままで走った20回のフルマラソンの中で一番楽に走れている」という実感であり、「このまま最後までペースを落とさずに走りきれるかも知れない」という期待でした。

30km走ってもなお、走るのが気持ちよくて楽しくて最高の時間が続いていました。


30km地点を過ぎると風が少し出てきたのですが、その風に煽られる形で前を走っていた人がどんどん歩き出したのでここからはかなりの人を抜きながら走りました。

わたし自身も3年前の大田原で大きくペースを崩してしまい、25km以降は走っては足が攣ってを繰り返すという経験があります。遅くてもいいから走りたいのにまったく走れず、歩くことさえかなわないというあの状況はあまりにつらくて泣きたくなるほどでしたし、歩いている人を追い越しながら「歩かざるを得なくなったときの心境」を想像してしまい勝手にブルーになっていました。


風は吹けども今日のわたしにはまったく効かず、むしろ「体温を下げてくれる気持ちいいもの」にしか感じません。

そのままペースを落とさず32km地点を通過したのですが、ここで最後の補給食を取ることにしました。ラストスパートができるようにもうちょっと遅めに取ろうかとも考えたのですが、いったんエネルギーが切れてしまうとあとからいくら食べてももう元のペースでは走れなくなることを経験済みだったので*4念のために早めに補給することにしました。これで最後の補給食です。


33kmあたりで補給食を食べ終え、そのまま直進していくと道の駅の那須与一の郷が見えてきます。


ここはやや上り気味できついところなのですが、毎年たくさんの方が応援してくれる場所でもあります。今年もたくさんの方が沿道で応援してくれていてほんとうにありがたかったです。


そしてここでは早朝練習会でいっしょに練習していた知人が応援してくれているという話を聞いていたので探しながら走っていたのですが人が多くてなかなか見つけられず。しばらく探しても見つけられなかったので「せっかく応援してくれてたのに見つけられなかったな...」と思ったそのときにやっと見つけることができました。知っている人がいるだけでとても元気になるというかとてもうれしいものだなと思いました。


応援をもらったことで気合を入れなおしてさらに直進。すると33.5kmあたりからこの大会一番のきつい坂が登場します。

例年のわたしであれば足を消耗しきった状態で坂を上るわけですからそれなりに覚悟を決めて無理をせずに坂を上ろうとしたはずですが、今年はまったく疲れを感じてなかったこともあって「このくらいの坂なら一気に駆け上ってやろう」とここでペースアップを試みてしまいました。それでも最初の500mはたくさんの人を抜かせたことで気持ちよく走っていたのですが、34km地点を過ぎてあと100mで上りきるというところで急に足が上がらなくなりました。これはまずいと一気にペースを落としたのですが、すぐには足は戻りません。


ペースを落としつつ深呼吸をしながら上半身を軽く動かしていると、徐々に足は軽くなり坂を上る前と同じくらいの状態になりました。ただ、無理をした影響なのか坂を上る前まであった余裕はまったく無くなり、ここからはフルマラソンのラスト8kmらしいつらい状況に陥りました(笑)

ここまでめちゃくちゃ楽に走ってたのにな...。無理に坂を駆け上らなければよかったと悔やみながらできるだけペースは落とさないように走り続けます。


坂を上りきるとそこはひたすら眺めのよい直線道路でした。長い...。

この長い長い直線を走るのかーとうんざりしながら走り続けていたのですが、そんな何もない場所でも沿道にポツポツと応援している方がいて声をかけてくれました。ひとりひとりの応援がうれしくてありがたくてしみじみしていたのですが、35km付近で国際医療福祉大学の学生さんたちが応援してくれていました。


わたしは大田原マラソンのコースでいくつか好きなところがあるのですが、その中でもダントツで好きなのがたくさんの学生さんたちが応援してくれるこの35km地点です。

ここでは毎年学生のみなさんが応援してくれているのですが、この応援がほんとうに熱くて最高にうれしいのです。今年は雨と風の中、去年は立ってるのもままならない強風の中、そして一昨年は大雨の中で応援してくれていました。フルマラソンも35kmくらいまでくると体は疲れきっているし、だけどあと7kmもあるしと結構ボロボロの状態なんですが、その弱りきったところであの応援をしてもらうとほんとうに元気が出ます。

今年もうれしくて応援してくれてた方々に手を振りながら、そしてお礼を言いながら走ったのですが、最後は応援の力強さにものすごくグッときてしまい泣きそうになりながら走りました。応援がうれしくて胸が苦しくなってペースが落ちたのは今年が初めてでした(笑)


もう大丈夫。


一度は疲れ果ててペースの維持が難しいかなと思ったのですが、ここでたくさんの学生さんから応援してもらって最後まで走る気力がわいてきました。ふくらはぎの違和感も消えてないし、足は疲れてきたし、呼吸も苦しくなってきたけれどでももうゴールまでこのままのペースで走リきる覚悟はできました。応援の力ってほんとうにすごい。


35km地点の先の坂道を下り、少し走って36km地点手前まで走ったところで前方に会社の同期が走っているのを見つけました。

見ると結構つらそうだったので話しかけようかどうか迷ったのですが無視するのもどうかと思い、思い切って声をかけてみました。


彼とは公私を問わずあまり話をしたことがないのですが、お互いに顔は知っているので県内の大会に出たときにたまに会うことがあったら軽く挨拶をしたり話したりはします。負けず嫌いなわたしは大会で会うたびに今回はどっちのタイムがよかったのかと比べていたのですが、毎回わたしよりもぜんぜん速くて*5勝負にならないレベルだと思い知ったのでいまは勝負を挑むこともなくなりました。


走りながら話を聞くと、どうもかなり体力を消耗してしまってペースがもう上がらないということでしてたしかに話していてもかなり厳しそうな状況でした。まるで先日の柏崎マラソンのときの自分を見ているようでした。

別れ際に「まだ行けそう?」と聞かれたので「もうちょっとがんばってみる」とだけ答えて先に進みました。


わたしは今回で20回目のフルマラソンですが、いまだに走る前は完走できないんじゃないかと不安になります。30km以下の距離であればそこそこのタイムを出した上で走りきる自信がありますがフルはダメです。

わたしが思うフルマラソンの怖さは後半の展開の読めなさにあると思っています。

エネルギー不足だったり疲労で足が動かなくなってしまったりと理由はさまざまですが、前半いくら調子よく走っていても後半まったく走れなくなるということはめずらしくありません。そんなふうに後半は常につぶれてしまうリスクがつきまとうフルマラソンですが、とくに後半で上りが続いて向かい風に悩まされることの多い大田原ではその傾向が強くなります。


だから同期の状況は決して他人事とは思えなかったし、だからこそ彼の悔しさだとかつらさは自分のことのように感じました。


応援でもらった気力を大事にしつつ、でも途中でつぶれないように自分自身の体の変化に注意を払いながらひたすら走り続けます。

38kmを過ぎ、39kmを過ぎて最後の関門を過ぎたところでひとまず完走できるめどが立ったことにホッとしました。


39kmを過ぎるとだいぶ市街地へと入ってきて周囲には大きなお店や飲食店が出てきます。やっと帰ってこれたという安堵から気を抜いてしまいそうになるのですが、まだまだ3km近くあるので気を抜くのは早すぎます。沿道からの応援を励みに歩を進め、なんとか40km地点を通過。


あと2km!(+195m!)


40km〜ゴール - 9:45(4:26/km)

残り2.2km。

中間点以降、どのくらいのペースで走ってこれてるのかわかりませんが、まったくペースが衰えてなかったのでおそらく自己ベストの出せるペースだろうという確信はありました。少なくとも3時間15分を切れないということはないだろうと思っていましたが、一方でまだ2.2kmあるんだという不安もありました。もしここで足が攣ったら一発で自己ベストがご破算になるくらいの余裕しかないだろうとも思っていたので、ペースを無理に上げることなく、でも今よりも落とすことはせずに走り続けることを目標にしました。

ここまでもたくさんの応援を沿道からいただいていましたが、ゴールに近づくほどたくさんの応援をいただきました。

できるだけたくさんの方にお礼を言いたかったのですが応援の人が多すぎてなかなか伝えきれません。

こんな大きな道路を止めているにも関わらず、たくさんの地元の方から応援していただいて本当にありがたかったです。


ペースはまったく衰えず、むしろスパートをかけたいと思うほど余裕もあったのですがふくらはぎの違和感がどうしても不安でそのまま巡行。

大通りを左折して少し進むとすぐに41km地点を通過。あと1km!こんなに最後の最後まで走るのが楽しいフルマラソンは初めてだと思うくらい、心肺も脚も余裕たっぷりでした。あと1kmだということや自己ベストを確信しながら走っているということに興奮しながら最後の1kmを噛みしめるように走ります。


残り600m。

走路を右折して前に目をやるとゴールのある美原公園陸上競技場が見えてきました。ここまでくればもう何があっても大丈夫だと確信して、ふくらはぎの様子を見つつ少しずつペースを上げてみることにしました。陸上競技場へと入り、4分の3周してゴールなのであと300m。

徐々にペースを上げていき、一人、二人と前の人を抜きながらゴールへと向かったのですが、あと100mというところでふくらはぎが攣りそうになったのでペースを戻します。完全に攣る一歩手前でした。危なかった...(笑)


ゴールする直前にゴール脇にある時計に目をやると13時11分37秒の文字が見え、2年ぶりの自己ベスト更新は4分の更新だったことを知りました。


ゴール後

f:id:itotto:20171123084918j:plain

ゴール後にフィニッシャータオルと水をいただいて体育館に戻ろうとしたらゴール脇で知っている人を見かけたので少し立ち話をしました。

楽しく話しているときは走っているときと変わらず元気だったのですが、話し終えて競技場を出てあんぱんやジュース、そして完走証をいただいてから体育館に戻ろうとしている途中からものすごい疲労に襲われました。めまいはするし足は痛いし、さっきまでの元気はいったいどこに...と思いながら歩いていると、向こうからマコ*6が歩いてきました。


今回は応援naviというアプリを使ってわたしの状況を見てくれていたので、ゴールしたことを知って迎えに来てくれたのでした。


あれこれ話しながらひとまず体育館に戻ろうという話になったので歩いて行ったのですが、一歩歩くごとに体のあちこちが痛くなってきてだんだんまっすぐ歩くのも難しくなってきました。それでも何とか参加賞のTシャツを受け取って体育館に入ろうと靴を脱ごうとしたところで靴が真っ赤に染まっていることに気付きました(笑)

急いで靴下を脱いでみると指の一部が擦れて流血していて、さらに足の裏の皮も数か所めくれていました。

荷物のある所までは何とか歩いて移動したものの、一度座ったらもう疲れ切っていてしばらく立ち上がれなくなっちゃいました。


そんなわけで余裕で走り切ったのかと思いきや、実は満身創痍だったというわけでして帰りの運転は妻にお願いしちゃいました。いままで走ったことのないペースでフルを走り抜けたわけですからこのくらいはありますよね...。


まとめ

f:id:itotto:20171123084709j:plain

そんなわけで2年ぶりの自己ベストを更新してきました。

大田原で自己ベストを出すのは2013年の初大田原以来2度目でしたが、高速コースとは決して言えない大田原で自己ベストを出せたことは本当にうれしいし、自分の走力が予定していたところまで引き上げられていたことを実感できたのも喜ばしい限りでした。「タイムはいま身についている実力を数値化しただけのものなのでそれに一喜一憂するもんじゃない」なんてかっこつけて言ってしまったこともありますが、やっぱりいいタイムが出るのはそれだけでうれしいものです。

当初の目的だった3時間10分には及ばなかったことはとても悔しいなと思う一方で、あと1分42秒を縮めるためにはキロ2.5秒速く走らないといけないと考えるとこれはそんなに簡単なことではないぞと思いました。もう少しで手が届きそうだけどそんな容易に届く距離にはないということは肝に銘じておこうと思います。


毎年走る前はいいタイムを出す自信がなくて出るのを止めたいと何度も考えてしまう大田原マラソンですが、振り返ってみると2014年以外は安定してそこそこの結果が出せていることに気づきました。初めて走ったときからずっと、大田原マラソンのコースとは相性がよくないというか苦手だなと思っていましたが、結果だけを見ればそこまで苦手なコースではないのかも知れないなといまさら思いました。

去年のシーズンベストも大田原でしたし、このままいけば今シーズンのベストも大田原になる可能性が高いですし、何だかんだ大田原のコースが自分には合っているのかなと思っていますが、一方でいわゆる高速コースを走ったら自分はどのくらいのタイムを出せるのか?という部分に急に興味がわいてきました。

いままでは自分の走力の底というか下限を知りたくて柏崎や大田原、榛名湖のような比較的タイムの出なそうなコースを選んで走っていましたが、逆にタイムの出そうなつくばや佐倉のような大会にもそろそろ挑戦してみたいなと思い始めました。次に出る予定のはが路もタイムが出やすいとは言えないコースだと言われているので、来年はそういう大会に出て自分の上限を知りたいです。


(過去に参加した大田原マラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+38分27秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第30回大田原マラソン2017/11/233時間11分41秒-17分15秒

(関連リンク)

*1:柏崎で1kmごとのラップを確認して走ったらその区間のタイムに振り回されてしまったので今回は見ないことにしました

*2:走っているときはタイムは確認していませんでしたが、いま見ると22kmまでが4'20、23kmまでが4'18と結構いいペースで走れていました

*3:記憶にあるのは34kmと38kmのところ

*4:ちなみにその失敗をしたのが2年前のはが路でして、あの失敗がなければ今回のタイムくらいは間違いなく出せていたはずです

*5:10kmだとわたしが42分くらいで彼が38分とかそういうレベルで差があります

*6:妻

2017-11-01

新潟県柏崎市で開催された第15回柏崎マラソンに参加してきました


f:id:itotto:20171028132241j:plain


新潟県柏崎市で開催された第15回柏崎マラソンに参加してきました。



f:id:itotto:20171027225532p:plain

柏崎マラソン


大会への参加は6年連続6回目ですが、今回は3回目のフルマラソンに挑戦してきました。



結果


手元の時計で測ったネットタイム(5km、10kmごとのサマリー)は以下のとおり。


(サマリー[5km])


距離タイム(平均)累計タイム
-5km22:36(4:31/km)00:22:36
-10km22:45(4:33/km)00:45:21
-15km23:39(4:44/km)01:09:00
-20km23:38(4:44/km)01:32:38
-25km23:24(4:41/km)01:56:02
-30km24:48(4:58/km)02:20:50
-35km27:21(5:28/km)02:48:11
-40km28:09(5:38/km)03:16:20
-ゴール12:36(5:44/km)03:28:56

(サマリー[10km])

距離タイム累計タイム
-10km45:21(4:32/km)00:45:21
-20km47:17(4:44/km)01:32:38
-30km48:12(4:49/km)02:20:50
-40km55:29(5:33/km)03:16:20
-ゴール12:36(5:44/km)03:28:56

(サマリー[ハーフ])

距離タイム累計タイム
-中間点1:37:18(4:36/km)01:37:18
-ゴール1:51:38(5:17/km)03:28:56


タイム種別タイム
グロスタイム3時間28分56秒
ネットタイム3時間28分54秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.02[m]199[歩/分]

合計:42.2km/03:28:56(4分58秒/km)


ひさしぶりの後半大失速でした。



走った感想


まずはコースと高低差図です。


コース図+高低差図


f:id:itotto:20161028220706p:plain


コースは柏崎陸上競技場発着の往復コースです。

途中に大きな峠がひとつ、小さな峠がひとつあり、それぞれにトンネルが1つずつあるのが特徴です。



スタート前

ブロック分けは最前列が「陸連登録者」でその後ろは「3時間以内」「3時間〜3時間30分」...と30分間隔で分けられていました。

わたしは陸連登録しているので最前列からスタートできるのですが、今回も3時間〜3時間30分のゾーンに並びました。余裕でサブ3レベルの人たちの前から走る勇気がないというのもあるんですが、そもそもの人数がめちゃくちゃ少ないので3時間30分のところに並んでもスタートロスがほとんどないためそんなに張り切って最前列に並ぶ必要がないというのが正直なところです。


スタート15分前には整列し、雨の中でスタートを待ちます。

雨はパラパラ降っていましたが、気温がそんなに低くなかったので待つのはさほどつらくはありませんでした。


スタート1分前には最前列の人たちがスタートラインまで詰め、さらにその後ろに並んでいた人たちもそれに合わせて前に詰めるとスタートラインまで5m程度のところまで進んでしまいました。


これほぼ最前列じゃん...。


1分前、30秒前、20秒前とカウントダウンされるとじょじょにみな口数が少なくなっていき、カウントダウンの声以外に聞こえてくるのは雨音とだけになっていきます。


張り詰めた緊張の中、10秒前のコールがかかり、みな走り出す準備に入ります。


わたしも時計を見ながら心の中でカウントダウンをし始めました。


スタートまであと5秒というところでスターター脇に立っている人から「いちについて!」と大きな声がひびいたのですが、なんとその直後に号砲が鳴ってしまいました。


あれ?なんか号砲鳴るの早くない?みたいな空気が一瞬漂いましたが、そんな空気は瞬時に消え去り、あっという間にみな走り出しました。


わたしもすぐに走り出したのですが、ふとスターターのほうに目をやるとスターターの脇にいた人とスターターの人がなにやらあたふたした感じで身振り手振りでやり取りしているのが見えました。これは号砲を鳴らすタイミングを間違っちゃったな...と気づいたのですが、やり直しというわけでもなさそうだったのでそのままスタートラインを超えて走り出しました。


スタートロスは3秒程度でした。


※ ちなみに時計で確認した限りでは、このスタート時間の差異はちゃんとタイムに反映されていたようでした


スタート〜10km(45分21秒[4:32/km])

柏崎陸上競技場を4分の3周してから競技場をあとにしてまずは柏崎駅方面へとすすみます。

人数が少ないとは言え、このあたりは走路も狭くて走りにくく感じました。


駅方面へ300mほど進むと今度は海のほうへと曲がるために右折してそこから2kmほどまっすぐ走ります。

今回も時計を見ずに走ろうと思っていたのですが、1km地点を過ぎたときに前を走っていた人の携帯から「1km通過、タイムは4分30秒」という大きな声が聞こえました。便利なのはわかるけどそんな大きな音出さなくても...と思いつつ、とりあえず予定どおりのペースで走れていることにほっとしました。

そこからしばらくは直進し、坂を下って海沿いの道路に出て少し走ったところが3km地点でした。例年であればこの道路に出たところで強い風に晒されるのですが、今年は雨は降っているものの風はほとんどなくてかなり走りやすいと感じました。ペースは確認していませんでしたが、最初の1kmと変わらず走れているという実感はあったので安心して走り続けました。


そのまま海沿いを直進して4km地点でスタート/ゴールのある陸上競技場近くまで戻ってきます。

柏崎マラソンは基本的に往復コースなのですが、スタートから4km地点までは距離調整のために追加された往路にしか存在しない部分です。つまり4km〜42kmが完全な往復コースとなっているのですが、そんなこともあって毎年4km地点まで走ってきてやっとスタートした気分になります。


4km地点あたりから雨が強くなってきたような気がしたものの、走れないほどでもなかったのペースは変えず。風はときおり吹くものの、走る邪魔に感じるような強さはなくて気持ちよく走り続けます。スタート前後に水分をとっていなかったので最初の給水(5km地点)で軽く給水を取り、そこからもひたすらペースを維持して先へとすすみます。


ここから10kmまでは平坦な走路なので走りやすかったのですが、それに加えて沿道からたくさんの声援をいただけてものすごい元気をもらえました。雨にもかかわらずスタート直後から沿道には地元の方々がたくさんいて応援してくれていたんですよね。めちゃくちゃうれしかったです。


このコース最大の難所である山越えの直前が10km地点でした。


10km地点の給水所に置いていたスペシャルドリンクを片手に山越えへとのぞみます。



10km〜20km(47分17秒[4:44/km])

10km〜12kmまではずっとのぼりが続きます。スペシャルドリンクを飲みながらのぼったのですが今回のドリンクはおいしかったです。

高低差は60mほどなので実際にはそこまできつくもないのですが、距離の長さがなかなか手ごわいのです。のぼってものぼっても目の前から坂がなくならないというのはメンタルへのダメージが大きいです。


今回、この山越えをするにあたってひとつだけ決めていたことがありました。それはキロ4分30秒ペースにこだわらないことです。


一定ペースにこだわり過ぎて上りでも無理をしてしまうことで疲れをためてしまって後半つぶれてしまうことは避けたいと思っていました。そのためここの上りでは無理にペースを上げずに走ったのですが、そのおかげなのかさほどつらさを感じずに上りきることができました。


12kmあたりで上りが終わりそこを過ぎるとハーフは折り返し地点があります。そしてそこを過ぎて少し走ると今度は山を下ることになります。


下りは13kmあたりから始まって15km過ぎまでダラダラと続きます。

途中でトンネルを走るところがあるのですがここはこのコースの中でも指折りに好きな場所です。トンネルの中から出口を見るとその先に日本海が見えてめちゃくちゃ興奮します。海が荒れてると「THE 日本海!」という感じがしてさらに興奮度が増すのですが、今年は風が無いためかまったく海は荒れてなくてその点はちょっと残念でした。


15km過ぎの給水所で水をいただいたのですが、このあたりからやたらと足が重く感じられることが気になりだしました。


さすがに疲れるには早過ぎると思ったのですが、でも気のせいとは言えないくらいの重さではあったので少しペースを落として様子を見ることにしました。体感でキロ4分40秒くらいまで落としたのですが、そのおかげなのか重さは徐々に気にならなくなってそのまま走り続けることができました。


いまこのときのことを思い返してみると、このタイミングでもっと自分の体と対話して発生している事象に気付いていればまた別の結末があったのかも知れないなと思っています。残念ながらこのときはこのまま走りきることしか頭になく気づくことができませんでしたが、今回犯した一番の失敗はこのときの対応だったと確信しています。


16kmから19kmの区間はアップダウンがあまりなく、小さな坂がいくつかあるだけの走りやすい区間です。


19km地点が2つ目のトンネルの入り口にあり、そのトンネルを抜けた先が20km地点です。

このトンネルは約1km続く下りなのですが、帰りはこれを上らないといけないのかと思うとちょっと気がめいってしまいました。



20km〜30km(48分12秒[4:49/km])

20km地点を過ぎたところで2つ目のスペシャルドリンクをゲット!

1つ目のスペシャルドリンクを飲み終えたばかりなのでお腹が重くてまったく飲む気になれず、しばらく手にもったまま走ります。


22kmを過ぎたあたりでは沿道でたくさんの人たちが踊って応援してくれていてものすごいテンションが上がったのですが、その前後にちょっとしたアップダウンがあって一気にトーンダウン。


22.7kmあたりが折り返しでしたのでそこで折り返して復路へと入ります。

このあたりの風景もほんとうに大好きで、例年であればテンションが上がるところなのですが疲れがたまってきたためかいまいち元気が出てきません。悲しすぎる...。



そして25kmの給水所で水をもらって走りながら飲んだのですが、このあたりから本格的に足が重くて上がらなくなってきました。

いよいよ足が疲れたのか?と思って足を触ってみたのですが、思わず「あ!」と声が出てしまいました。


話はスタート前に戻るのですが、スタート前に車でウェアに着替えていたときにどうしても右ひざのことが気になっていました。

先週の栃木30kを完走した後に急に痛くなってしばらく歩けなくなったのですが、またあのときのように痛くなったらどうしようかと不安でいっぱいでした。雨でひざが冷えてしまうのはどうしても避けたいと思い、今回はスポーツタイツを履いて走ることにしたのですがそれだけで十分かというとまだ不安が残っていました。


ひざを冷やさずに済む方法がなにかないか考えていたときに、不意にいつも着ているジャージが目に入りました。


このジャージはジョグをするときや寒いときにウェアの上に着るようなジャージでして、大会で着るようなものではありません。

ただ、このジャージのズボンを重ね着すればひざに直接雨が当たることがないので冷えないのではないかと考えてこれを履いて走ることにしました。下着の上にスポーツタイツを履き、その上にランパンを履いてさらにその上からジャージを履くというどんだけ重ね着するんだよというくらい重ねて今回は走っていたのです。


たしかに走り出してしばらくはひざ周りも温かくて走りやすいなと感じていたのですが、10km、20kmと走っているうちにいつの間にか雨を存分に含んでいたようでちょっと触っただけでこれはまずい思うくらい冷たくて重くなっていました。


脚が重くなった原因はこのジャージのせいで間違いないと確信したのですが、ではすぐに脱ぐのかというとなかなかそれを決断することができません。脱いだジャージは置いていくのかそれとも持って走るのか?とか脱ぐまでにかかる時間は許容できるのか?とかあれこれ考えているうちに、脱ぐタイミングを逸してしまいました。


たしかに重いし冷たいけどもうこのままでも行けるはずだと走り抜く覚悟を決めて走り続けましたが、これがこの日ふたつめの判断ミスだと思っています。ここでジャージのズボンを脱いで走るべきだったことはゴール後にお風呂に入りに行ったときに思い知ることになります。


27km地点を前に足はもう自力ではほとんど上がらなくなったのですが、沿道で多くの方が応援してくれていたので歩くまいとがんばって走り続けます。気持ちとしてはもう走るの無理!って感じなのですが、この雨の中で応援してくれていることを思うととても歩こうとは思えませんでした。


肉体の限界を気持ちで乗り切ろうというその心意気はたいへんかっこいいと私自身も思うわけですが、現実はとても厳しくてそんな無理は長続きしません。28km地点を過ぎた時点でもうゴールまで走り続けるのは限界だと悟り、とりあえず30kmの給水所で少し休もうと決めました。ただし、30kmまでは休まず走ろうということでひたすら我慢を重ねて30km地点を目指しました。


30kmを過ぎればすぐに山越えが始まるというのは知っていましたが、そんな嫌なことは頭の片隅に追いやってとりあえず30kmを目標に走り続けました。


念願の30km地点が見えたときはうれしかったです。これで少し休める。そう思いました。

スペシャルドリンクを受け取り、その先の給水所で水を2つ受け取ってここで少し休憩を取りました。時間にして1分も休んでいないと思うのですが、ここで立ち止まって飲んだ水はほんとうにおいしかったです。もうずっと雨が降ってたので別に喉なんて乾いてないと思うのですが、でもおいしかった。


あまりにおいしそうに飲んでいたのか、横にいたスタッフのおじさんから「うまそうに飲むねえ」と感心されました(笑)


少し休んだ。

水は飲んだ。

最後のスペシャルドリンクは手に入れた。


あと12km!


30km〜40km(55分29秒[5:33/km])

と意気込んでみたものの、やはり体力の限界はすでに訪れていてもはやまとも走れません。この時点で既にキロ5分を維持するのがやっとという感じでしたが、30kmからは山登りが始まるためペースはさらに落ち込みます。それでも1kmはがんばって走ったのですが31km地点のトンネルの入り口でたまらず立ち止まり休憩。


そしてそこからも500m間隔で休んではまた走るということを繰り返してなんとか最後の難関である山登りを終えました。

5回くらい立ち止まったかな...。


33kmを過ぎるともう上り坂はなく、33kmから36kmあたりまでは下り坂なのですがそれでも続けて1km以上を走ることができません。

1km走る→30秒休むを繰り返しながら走り続けます。走りながらスペシャルドリンクを飲んでいたのですが、味はともかくどこまで効果があったのかは結局最後までわかりませんでした。


35km地点の給水所ではまた立ち止まって水をいただきましたが、スタッフの方々からいろいろと声をかけていただけてだいぶ元気が出ました。

ありがとうございますくらいは言えたのですが、寒さのせいなのか頭がボーっとしていてあれこれ考える余裕がなくてちゃんとしたお礼を言えなかったことがほんとうに悔やまれます。


35kmを過ぎればあとはひたすら直進して住宅地→市街地を抜けていきます。

下りが終わったせいなのか休憩をとる感覚が500mから300mと短くなりましたが、その分、走るときはペースがキロ4分30秒くらいまで上がっていたのでタイムにはそこまで影響は出ませんでした。この区間(30-40km)は1kmあたり6分を超えたところが2か所*1しかなかったので思いのほか走れていたことがわかります。


1kmあたり30秒の休憩を3回入れたらそれだけで1分30秒ですからね。それを含めて6分くらいで走っているわけですからがんばったと思います。


39km地点の先の交差点を右折してしばらく走ると40km地点を発見。ここの給水所で最後の給水をとってラスト2kmちょっとを走ります。



40km〜ゴール(12分36秒[5:44/km])

あと2km。


このくらいなら最後まで走れるかな?と思っていましたがやはりだめでした。300-400mごとに休憩を入れながら走ります。

そして41kmを過ぎたところであまりのつらさに立っていられず、歩道側に移動して座り込んでしまいました。あと1kmなのに足がぜんぜん上がりません。100kmを走ったときでさえ経験したことのないつらさでした。


もう半分泣きたい気持ちでいっぱいになったのですが、あるランナーが追い越し際に「あと少しがんばろう」と声をかけてくれたのをきっかけにまた走り出しました。その後も休憩を入れながらではありましたがなんとかゴールのある柏崎陸上競技場へとたどり着き、無事ゴール。


あまりにボロボロでしばらく呆然と座り込んでしまいました。


まとめ


f:id:itotto:20171028142929j:plain


ゴール後、チップを返却して荷物を受け取りに行こうとしたのですが突然めまいがして立っていられず、ゴールわきのテントで20分ほど休憩してから荷物を受け取りに行くことができました。走り終えた後の体調は過去最高に絶不調でした。


その後、荷物を受け取って目の前にあるアクアパークへ行ってお風呂に入ったのですが、そのときに2つのことに気づきました。


最初に気づいたことはジャージのズボンが予想以上に重かったということ、そしてもうひとつの気づいたことは体温が異常に低くなっていたことです。


お風呂に入ろうと服を脱いだときにジャージのズボンも脱いだのですが、脱いで持ち上げたときにそのあまりの重さに愕然としました。

水分を含んでいたとは言え、こんなにジャージが重くなるとは思ってもいませんでした。ジャージは足にぴったりと張り付いていたので足を上げるたびにこの重さを持ち上げていたのかと思うとそりゃ足も上がらなくなるよなと納得したのと同時に、こんなのを履いて走るべきではなかったし気づいた時点で脱ぐべきだったと反省しました。


両足にパワーアンクル着けて走ったのと同じですね...。


その後お風呂へと入ったのですが、ここでお湯を浴びて初めて自分の体がめちゃくちゃ冷えていることに気づきました。

走り続けることができず途中で歩いてしまったせいなのか、それともジャージがずっと足に張り付いていたせいなのかわかりませんが体が異様に冷えていました。湯船に浸かっただけで生き返ったような心地でしたし、あとで妻から「お風呂に入る前と後で顔色がぜんぜん違う」と言われたのでたぶん低体温症みたいな状態になってたのかなと思いました。


そんなわけでひさしぶりにさんざんなフルマラソンでした。


今回失敗した原因については日曜日からずっと考えているのですが、原因と対策を含めて自分の中で整理ができました。

そのあたりについて明日またまとめるつもりですが、今回の失敗についてはすべて自分が原因であるとわかったのでホッとしています。これが外的な要因のせいだとなるとなかなか対策を立てづらいのですが、原因はすべてわたし自身にあるわけですからすべてに対策がとれます。



こんなふうに失敗をするのは本当に嫌なんですが、でも失敗と向き合うと自分に足りないものが見えてくるし目標の場所までたどり着くためにはどのくらいがんばればいいのかはっきりするのでそれはすごくいいなと思います。


大田原は無理だとしても、せめてはが路までには今回の失敗を受けてとった対策の効果を出していければいいなと思っています。


(過去に参加したフルマラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第1回加賀温泉郷マラソン2013/04/213時間42分45秒-
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-17分8秒
第24回かすみがうらマラソン2014/04/203時間32分04秒+6分23秒
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+32分4秒
第1回はが路ふれあいマラソン2014/12/213時間29分36秒-34分32秒
第63回勝田全国マラソン2015/01/253時間35分08秒+5分32秒
第34回佐倉朝日健康マラソン2015/03/293時間50分17秒+15分42秒
第25回かすみがうらマラソン2015/04/193時間52分25秒+2分8秒
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-25分20秒
第5回神戸マラソン2015/11/153時間46分20秒+19分15秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第2回はが路ふれあいマラソン2015/12/203時間15分24秒-10分36秒
第3回前橋・渋川シティマラソン2016/04/173時間40分00秒+24分36秒
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-13分42秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第12回さのマラソン2016/12/113時間29分33秒+9分8秒
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/04/233時間27分11秒-2分22秒
第5回榛名湖マラソン2017/09/243時間32分5秒+4分54秒
第15回柏崎マラソン2017/10/293時間28分56秒-3分9秒



(関連リンク)

*1:トータルだと3か所くらい

2017-09-29

群馬県高崎市で開催された第5回榛名湖マラソンに参加してきました


f:id:itotto:20170924065543j:plain


群馬県高崎市で開催された第5回榛名湖マラソンに参加してきました。


f:id:itotto:20170911224018p:plain


今回初参加ですがフルを走ってきました。



結果


手元の時計で測ったネットタイム(5km、10kmごとのサマリー)は以下のとおり。


(サマリー[5km])


距離タイム(平均)累計タイム
-5km25:56(5:11/km)00:25:56
-10km24:26(4:53/km)00:50:22
-15km24:54(4:59/km)01:15:17
-20km24:25(4:53/km)01:39:41
-25km24:39(4:56/km)02:04:20
-30km25:37(5:07/km)02:29:57
-35km24:52(4:58/km)02:54:49
-40km26:16(5:15/km)03:21:05
-ゴール11:00(5:01/km)03:32:05

(サマリー[10km])

距離タイム累計タイム
-10km50:22(5:02/km)00:50:22
-20km49:19(4:56/km)01:39:41
-30km50:15(5:02/km)02:29:57
-40km51:08(5:07/km)03:21:05
-ゴール11:00(5:01/km)03:32:05



タイム種別タイム
グロスタイム3時間32分05秒
ネットタイム3時間31分34秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.01[m]197[歩/分]

合計:42.2km/03:32:05(5分1秒/km)


種目別順位は214人中49位、総合順位は1100人中187位でした。ひさしぶりに3時間30分を超えてしまいました。



走った感想


まずはコースと高低差図です。


コース図


f:id:itotto:20170924200639j:plain:w250


高低差図

f:id:itotto:20170924200649j:plain:h250


予定どおり9時ちょうどにスタート。今回はBブロックからのスタートでしたが、並ぶのが遅くて最後列から走り出しました。

スタートロスはちょうど30秒。


と、いつもであれば10kmごとのタイムとその区間の内容について書くのですが、今回は書くことができません。

というのもふだん大会でフルマラソンを走るときは「いま自分が何km地点にいるのか?」「ゴールまであと何kmあるのか?」ということを常に意識しながら走るのですが、今回はスタートから37kmまではまったくこのことを意識せずに走ってきました。

では何を考えながら走っていたのかというと「あとあの坂を何回上ればいいのか?」「あの坂まであと何kmあるのか?」ということだけです。

ちなみにこの坂というのは1kmで80mを上るメロディラインの坂のことですが、実際にはこの坂だけではなくてそれ以外にも大きく4つの坂がありました。坂の勾配や長さで言えばメロディラインの坂とは比べ物にならないくらい短くて緩い坂なのですが、場所によってはメロディラインの坂以上にきつく感じるところもあって*1頭の中は常に坂、坂、坂でした。

そんなわけで思考の中心は常に坂のことばかりでそれ以外のすべてがどうでもいいことでして、普段であれば大きなチェックポイントになる25kmや30kmを超えたときですらまったく何も思いませんでした。

「ああ、25km過ぎたな」とか「もう30kmか」とかそんな感じでした。今思い返すと本当にどうかしてたと思います(笑)


5回目のメロディラインの坂を上り切ってその先を下り切った37km地点の距離表記を見たときに、初めて自分の走っている位置を理解して「残りはもう5kmなんだな」ということを意識しました。そこからはなるべくペースは上げたつもりでしたが、既に何度も坂を上って下っていたためにペースはキロ5分を超えることも多くて結局最後までペースはさほど上がりませんでした。


それでもゴールに駆け込む瞬間は走り終えることができるのがうれしくてついつい両手をあげて喜んでしましました。


まとめ


f:id:itotto:20170924065137j:plain


例年、シーズン最初のフルマラソンはあまりタイムは望めないので、タイムが出せないならば思いっきりきついコースで走って練習にしようと思ってこの榛名湖マラソンにエントリーしました。以前からコースがめちゃくちゃきついという噂は聞いていたのですが、あちこちできついコースを走っている自分であれば走り切れるだろうと高をくくっていました。


で...この結果です。


大会のアピールポイントのひとつに公認コースでは一番厳しいコースであることを挙げていたので他の大会で走るよりもタイムが落ちるのはしょうがないとは思うんですが、それでもこのコースの高低差図を見た時点では3時間30分を切る自信はありました。走り出したら一瞬で自信は消えてなくなりましたが(笑)


唯一よかったなと思っているのは一度も歩かずに走り切ったことです。それ以外は何もいいところがありませんでした。


そんなわけで本当に完敗としか言いようのない結果でしたが、自分の走りはさておいて、大会自体の感想としてはこちらもうわさどおり大変素晴らしい大会でした。周回コースというと「同じ場所を走るので風景が変わらなくてつまらない」なんてネガティブな印象があったりするのですが、速い人と遅い人の給水を左右で分けたり、時間帯でエイドの内容を変更したりして走りやすいような工夫がされていたのがとても好印象でした。

そもそもアップダウンがハードすぎてコースがおもしろいとかつまらないとかそんなことを考える余裕はなかったです(笑)


参加費が4000円と格安な上に、参加賞として現地のお店や会場の売店で使える1000円の買い物券が付いてくるという気前の良さ。この買い物券を使えば家族にお土産を買ったりお昼ご飯を買うこともできてたいへんお得です。

さらに走り終えたあとには会場から最寄りの温泉まで送迎バスが出ていてすぐにお風呂に入れますし、しかもパンフレットに付いている半券を持っていくとなんと250円でお風呂に入れます。


コースはたしかに厳しいし場所も当日移動をするのはちょっと厳しいところですが、それでもこの値段でこれだけ楽しませてもらえる大会は他にはみたことがありません。コースは好みもあるので誰にでもおすすめできるわけではありませんが、大会自体は本当にすばらしい大会なので、アップダウンが嫌いじゃない人であれば積極的にこの大会をおすすめしていこうと思います。



(過去に参加したフルマラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第1回加賀温泉郷マラソン2013/04/213時間42分45秒-
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-17分8秒
第24回かすみがうらマラソン2014/04/203時間32分04秒+6分23秒
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+32分4秒
第1回はが路ふれあいマラソン2014/12/213時間29分36秒-34分32秒
第63回勝田全国マラソン2015/01/253時間35分08秒+5分32秒
第34回佐倉朝日健康マラソン2015/03/293時間50分17秒+15分42秒
第25回かすみがうらマラソン2015/04/193時間52分25秒+2分8秒
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-25分20秒
第5回神戸マラソン2015/11/153時間46分20秒+19分15秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第2回はが路ふれあいマラソン2015/12/203時間15分24秒-10分36秒
第3回前橋・渋川シティマラソン2016/04/173時間40分00秒+24分36秒
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-13分42秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第12回さのマラソン2016/12/113時間29分33秒+9分8秒
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/04/233時間27分11秒-2分22秒
第5回榛名湖マラソン2017/09/243時間32分5秒+4分54秒


(関連リンク)

*1:わたしは第二給水所が途中にあるゴールの2km手前にあるところの坂が一番苦手でした

2017-04-28

群馬県前橋市で開催された第4回前橋渋川シティマラソンに参加してきました


f:id:itotto:20170423074602j:plain

群馬県前橋市で開催された第4回前橋・渋川シティマラソンに参加してきました。



f:id:itotto:20170417222257p:plain



去年に続いて2回目の参加ですが、今年もフルマラソンを走ってきました。



結果


手元の時計で測ったネットタイム(5km、10kmごとのサマリー)は以下のとおり。


(サマリー[5km])


距離タイム(平均)累計タイム
-5km24:40(4:56/km)00:24:40
-10km23:58(4:48/km)00:48:38
-15km24:40(4:56/km)01:13:18
-20km24:51(4:58/km)01:38:09
-25km24:51(4:58/km)02:03:00
-30km24:34(4:55/km)02:27:35
-35km24:22(4:52/km)02:51:57
-40km24:31(4:54/km)03:16:28
-ゴール10:43(4:53/km)03:27:11

(サマリー[10km])

距離タイム累計タイム
-10km48:38(4:48/km)00:48:38
-20km49:31(4:57/km)01:38:09
-30km49:26(4:55/km)02:27:35
-40km48:54(4:54/km)03:16:28
-ゴール10:43(4:53/km)03:27:11


(サマリー[ハーフ])

距離タイム累計タイム
-中間点1:43:40(4:54/km)01:43:40
-ゴール1:43:31(4:54/km)03:27:11


タイム種別タイム
グロスタイム3時間27分11秒
ネットタイム3時間27分03秒

平均ストライド(m)平均ピッチ(歩/分)
1.03[m]192[歩/分]

合計:42.2km/03:27:11(4分54秒/km)


ギリギリですがサブ3.5でした。種目別順位は53位、総合順位は207位でした。



走った感想


まずはコースと高低差図です。


コース図


f:id:itotto:20160415230740p:plain:w400


高低差図

f:id:itotto:20160415230744p:plain:w400



今回も陸連登録の部での参加でしたので最前列からのスタートでした。

参加者は少ないものの、スタートする場所が狭いためか走り出しはかなり混み合うので最前列から走り出せるのはとてもありがたいです。



スタート〜10km - 48:38(4:48/km)

予定どおり8:00にスタート。スタートロスは8秒程度。


スタート前から抜けるような青空があまりに美しくて見入っていたのですが、走り出しても空が気になってしまい200mくらいは周囲のペースに合わせて流されるように走りました。この日の前橋の空はほんとうに言葉にならないくらいきれいでした。沿道にマコ*1を見つけるまでは呆けたように空を見ながら走りました。


走る前に立てた目標は前半30kmがキロ5分で後半12kmはキロ6分以内でした。トータルだと3時間42分以内です。


ただ、いざ走り出してみたらもうタイムはどうでもいいやという気持ちになっちゃいました。

2月、3月と怪我や体調不良で思うように走れなくて毎日落ち込んでた自分が、今日はこんなすばらしい環境の中で元気にフルマラソンに挑めることがうれしくてうれしくて仕方なかったのです。


今日ばかりは1kmごとにタイムを気にして走るようなことをしたくないなと思い、間違って時計を見てもいいようにガーミンの表示をLAP表示から時計に変えました。


そこからは沿道で応援してくれている方やスタッフの方に手を振り返したりありがとうございますと声をかけたりハイタッチしたりしながら苦しくならないペースで走り続けました。普段であれば10kmくらい走らないとなかなかペースが安定しないのですが今日は不思議なくらい一定ペースで走ることができました。

たぶんうれしくてテンションが上がりっぱなしだったんだろうなと思います。


4kmあたりまでは利根川沿いを走り、そこから上毛大橋方面へと曲がっていって橋を上って超えるのですがそのあたりがこのコース最初の大きな上りとなっています。1kmくらいかけて50m上るのですが、傾斜がそこまできつくないうえに序盤なのでここはわりと楽に上ることができました。

橋を上り切ってから下り、そして今度はスタート方面に一度戻るのですがその戻る道中は風が追い風になるためかなり気持ちよく走ることができました。スタートから風の強さは感じていましたが、向かい風と追い風の両方を経験したことで風が走りやすさに大きな影響を与えていることをここで嫌というほど思い知りました。


追い風を気にしていたらあっという間に10km地点に到着。疲労はまったくありませんでした。




10km〜20km - 49:31(4:57/km)

10km地点は橋の上でしたが、距離表記の看板を見たときに「あー、これ去年も見たな」と思い出しました。

ここまでも何となく記憶にある風景はあったのですが、10kmの表記が一番去年を思い出しました。去年はここでタイムを確認してそのあまりの遅さに落ち込んだんですよね(笑)


そんなことを思い出しながら今回は時計は見ずにペースを維持して走り続けます。


11km〜13kmあたりは2km〜4km地点と同じ場所を走るのですが、ここがまたすごいいい眺めなんですよね。

ここの眺めはすごく好きなので「2回走れてラッキー」と思いながら走りました。


そのまましばらく直進して14kmを過ぎたあたりで折り返し、少し戻ってから国道17号線に合流して道の駅よしおか温泉方面へと向かいます。

このあたりで最初の補給食を食べました。

国道17号線上は風を遮るものが少なくて大変でしたが、でもその大変さ以上に眺めがすごくよくて思わず「おぉー」という声が出てしまいました。道路が高所にあるので遠くまで見渡せるのが最高です。


17号を下りて道の駅よしおか温泉の前を通ると、今度は利根川沿いにあるサイクリングロードのような道を走ります。

ここに入ってすぐ気づいたのですが、そういえば前回はこのあたりで貧血の症状が出て走れなくなったのでした。そのせいか23kmあたりまで続くこの道に対してすごく苦手意識があるというか、気付いた瞬間に「ここ狭いし苦手だ...」と思ってしまいました。


とは言え、とくにできる対処もないので心を無にして走り続けます。


コースは小さなアップダウンがあったり急に風が強くなる場所があったりしましたがおおむねフラットで覚悟していたほどの走りにくさは感じませんでした。狭いので圧迫感があるというか走りやすいとは言えませんが、川沿いの風景が非常に美しかったのでそれを見てたら気が紛れてストレスは緩和されました。


給水所ではなるべく走路から外れて立ち止まってしっかりと水を飲むようにしていたのですが、そのおかげか疲れはほとんど感じませんでした。


気付けばあっという間に20km地点を通過しました。



20km〜30km - 49:26(4:55/km)

最初に気づいたのは8kmあたりだったと思うのですが、ここまでわたしとほとんど同じペースで走っている人が2人いました。


一人は男性でバタバタと足音が大きい人でした。

ペースはかなり安定していなくて追い越されたかと思ったらペースががくんと落ちるので今度はわたしが追い越し返しちゃうという感じでした。1kmスパンで見るとペースはかなり違うのですが、5kmスパンで見ればたぶん同じくらいのタイムだと思います。

そしてもう一人は女性でペースがめちゃくちゃ安定している人でした。

その方は常にわたしの10mくらい先を走っていてその距離はまったく変わることがなかったので、なんだかんだとずっと同じペースで走っていました。上りでも下りでもペースがほとんど変わらないのがすごいなと感心してしまいました。


今回みたいにタイムを見ないで走っているとずっと同じくらいのペースで走っている人がいるだけで励みになります。


さて。24kmを前にここまで続いた川沿いのサイクルロードに別れを告げ、そこから大通りへと抜けて渋川駅方面へと向かいます。

渋川駅と言えばこのコース最大の坂がある場所です。


f:id:itotto:20170423202437j:plain:h250

# 右側の大きなピークのほうです


去年はこの坂に力負けしたので今回はこの坂をしっかり走って上り切ることを楽しみにしていました。

坂は25km地点から徐々に始まるのですが、ここでサブ3のペーサーとその集団とすれ違いました。そして去年もまったく同じ場所でサブ3のペーサーとすれ違ったことを思い出しました。去年とまったく同じ...。

思わず暗算でペースを計算しそうになったので補給食を食べてごまかし、そこから2kmはメインディッシュである坂を楽しんできました。


最初の1kmで渋川駅まで上り、次の1kmで渋川市役所のちょっと先まで上って最高到達点(210m)に達して折り返します。


去年は風が強かったせいもありますが坂がとにかくきつくて苦笑いしながら上った記憶がありましたが、今年はまったく苦労せずにひょいひょいっと上っちゃいました。去年の苦労はいったい...。去年は体調がよくなかっただけなんでしょうか。


予想外にあっさりと上り切ってしまったことに拍子抜けしましたが、気を取り直して下りを楽しんで下りてきました。

このコース一番の楽しみだった坂が終わったことで気が抜けたのか、下り切って29kmの表記を見たとたんにまるでゴールをしたような気分になってしまいペースが保てなくなりそうになりました。

おれはどれだけ坂を楽しみにしてたんだ...。


そんなことを考えながら走っていたらあっという間に30km地点を通過しました。



30km〜40km - 48:54(4:54/km)

フルマラソンを走ったときにいつもすることがあって、それは30km地点で「あと12kmもある」と思うのか、それとも「あと12kmしかない」と思うのかを確認することです。大抵は前者なのですが、調子がいいときは後者のときもあります。


今回も30km地点の表記を見たときに自問してみたのですが今回はめずらしく後者でした。


楽しみにしていた坂が終わったことでもうさっさとゴールしたいなんて思ったりもしたのですが、こんな楽しい時間があと1時間くらい*2で終わってしまうのかと思うとそのことがすごく寂しいと感じました。


29kmあたりから追い風基調になったために走るのはだいぶ楽になったし、沿道で応援してくれる人が増えてきたことで気分も盛り上がってきたので30kmを超えてもペースはほぼ変わらず。しばらくは沿道の応援やスタッフの方にお礼を言いながら楽しく走っていたのですが、35kmあたりで急に空腹を感じてさらに疲れも出てきたので急いで補給食を食べました。


走るのが楽しくて補給食を食べるのを忘れてました。


補給が遅れたせいなのか37kmあたりからは急に疲れが出始めて給水所で水を飲むときに立ち止まる時間が少し長くなりました(笑)

ここまでくるとタイムのことはすっかり忘れてしまい、給水所にいるスタッフの人と談笑したりして疲れを癒しながら走りました。


その後も何度となく繰り返される小さなアップダウンが地味に効いて腰が痛くなってきたりしたのですが、歩くことなく40km地点を通過しました。



40km〜ゴール - 10:43(4:53/km)

事件は40km地点を少し過ぎたところで起こりました。


残り2kmちょっとだということで感傷に浸って油断していたところ、路上に設置された時計を見てしまったのです。

不意に40.1km地点で11時17分という時間を知ってしまったわたしは思わず暗算をしてしまい、残り13分で2kmを走れば3時間30分を切れるということを知ってしまいました。ここまで一切時計も見ずに走ってきたのでタイムのことを忘れて楽しく走っていたのに...。


タイムにこだわらずに走りたいという気持ちに偽りはありませんでした。

本当はこの最後のエイドでおいしいものを食べてゆっくり休んでからゴールへ向かうつもりだったのに、ここにきて「このまま走れば3時間30分を切れる」という事実を知ってしまったがためにエイドでのんびりなんてしていられないという気持ちへと一瞬で切り替わってしまいました。

もちろん「ここまでタイムなんて気にしてなかったんだし自己ベストでもないんだから気にしなくてもよくない?」とも思ったのですが、でも知ってしまった以上は3時間30分を切りたくなっちゃいました。



タイムなんて知らなければよかった...。


そんなことを思いながらエイドの横を駆け抜け、そのままペースを維持してゴールへと向かいました。


ゴール直前の橋の上では強風に煽られてフラフラしましたがきっちりラストスパートもかけて無事ゴール。

タイムは3時間27分11秒でしたので今シーズンのフルマラソンのタイムとしてはさのマラソンに次いでセカンドワーストでしたが、去年走ったときよりも13分も速くゴールできたことやいまの状況で最後までペースを崩さず走り切れたことはうれしかったです。




まとめ


f:id:itotto:20170423071452j:plain


去年前橋で走ったときは18kmでダウンした挙句、ゴール前のダッシュで足がつりそうになって最後はふらふらでゴールするというありさまでしたので今回も走る前からちょっと苦手意識をもっていました。

さらに4か月前に走ったフルマラソン(さのマラソン)は7回も歩いた挙句最後は足がつって走れなくなるというさんざんな結果でしたし、追い打ちをかけるように2月以降は怪我でほとんどまともに走ることもできていませんでした。1月下旬以降は30kmを超える距離を走っていなかったので後半つぶれることは間違いないと思っていたし、2月と3月は走行距離自体が少なすぎて*3そもそも30kmまでも走れるのか?という不安でいっぱいでした。


ところがふたを開けてみれば本当に楽しい42kmでして、何一つ後悔のない走りができました。


いくつかよかったことはありますが、前半ハーフと後半ハーフでタイムが10秒と違わないことが個人的には一番よかったです。どんなコースでもイーブンペースで走るというのがわたしの目標とする走りなので、それができたことはすごくうれしいし速くなってないけど強くはなっている実感を得られました。


来年もまたここで走りたいです。


(過去に参加したフルマラソンの結果)


大会名日付タイム前回差
第1回加賀温泉郷マラソン2013/04/213時間42分45秒-
第26回大田原マラソン2013/11/233時間25分41秒-17分8秒
第24回かすみがうらマラソン2014/04/203時間32分04秒+6分23秒
第27回大田原マラソン2014/11/234時間4分8秒+32分4秒
第1回はが路ふれあいマラソン2014/12/213時間29分36秒-34分32秒
第63回勝田全国マラソン2015/01/253時間35分08秒+5分32秒
第34回佐倉朝日健康マラソン2015/03/293時間50分17秒+15分42秒
第25回かすみがうらマラソン2015/04/193時間52分25秒+2分8秒
第13回柏崎マラソン2015/10/253時間27分05秒-25分20秒
第5回神戸マラソン2015/11/153時間46分20秒+19分15秒
第28回大田原マラソン2015/11/233時間26分00秒-20分20秒
第2回はが路ふれあいマラソン2015/12/203時間15分24秒-10分36秒
第3回前橋・渋川シティマラソン2016/04/173時間40分00秒+24分36秒
第14回柏崎マラソン2016/10/303時間26分18秒-13分42秒
第29回大田原マラソン2016/11/233時間20分25秒-5分43秒
第12回さのマラソン2016/12/113時間29分33秒+9分8秒
第4回前橋・渋川シティマラソン2017/04/233時間27分11秒-2分22秒


(関連リンク)

*1:妻

*2:キロ5分で走ると12kmは1時間かかります

*3:2月は170kmで3月は140km