ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

子持ちししゃもといっしょ RSSフィード

2012-08-13

夏の一人旅三日目

朝は少し部屋でゆっくりして10時くらいから活動開始。

まずは歩いて大阪駅へと移動し、そこでお土産を購入。

とは言っても、あんまりめぼしいものが見つからず子どもたち向けのものくらいしか買えなかったので、残りは帰る日に新大阪で新幹線に乗る前に買うことにしました。大阪のおみやげって難しいなあ...。


お土産購入という用事を済ませたのちにrinoさんとの待ち合わせ場所である時空の広場へと移動。

f:id:itotto:20120812115018j:image

これ「時空」って書いて「とき」って読むんですよ...。別に時空でいいじゃんって思ったのは内緒ですが、でも冒険心あふれるネーミングセンスにはささやかですが心が躍りました。


f:id:itotto:20120812115756j:image

さらに行ってみておどろいたのが、この「時空の広場」が意外にもおしゃれな場所だったということです。もっと何もない閑散とした場所を想像していましたが、待ち合わせ場所として使われることが多いようで、あちこちで誰かと待ち合わせている人の姿が見られました。

さすが大都市!


そして予定どおり12:10の待ち合わせ時間に到着したrinoさんと向かったのは甲子園。

今日は第三試合の光星学院と遊学館の試合をいっしょに見に行きました。


f:id:itotto:20120812130306j:image

実は行くまでは1塁側特別自由席に座ろうということで意見が一致していたのですが、行ってみるとなんとその席が全部売り切れているという大変悲しい状況となっておりまして、やむを得ず1塁側アルプス席で観戦することに。

実はこれまで3回ほど甲子園で試合を観戦しているのですが、実はアルプス席は今回が初めてでした。

座る前までは「屋根がないから日差しがあたりそうだけど入場料が安いし高校生の応援を間近で見られてすごくよさそう」なんて思ってました。でもこれがもう全然そうじゃなかったんですね....。日差しの強さは予想の3.8倍くらいひどかったし(当社比)、その強い日差しにさらされたベンチがまた尋常じゃなく熱くてお尻がやけどしそうなくらいに熱されていました。

お尻の皮がむけそうな勢いで熱かった...。

ただ、その暑さも座って20分もすれば慣れてしまうものでして、3時間くらい楽しく野球観戦をしてきました。

試合は一塁側の光星学院が勝利をおさめてくれまして、大変気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました。やっぱり応援している方が勝つとそれだけでうれしいですよね。


その後、甲子園からスカイビルまで戻り、あややさんを加えた3人でかき氷を食べに行ってきました。

行ったのはアジアンデザート冰冰花(お店のサイト)というお店でしたが、なかなかのボリュームでした。


f:id:itotto:20120812180034j:image

このお店はマンゴーがおいしいらしいのですが、昨日マンゴープリンを食べたばかりだったのでいちごを頼んでみました。味は?というとわたしにはちょっと酸っぱ過ぎる味でしたがおいしかったことは間違いありません。

そんなかき氷を食べながら映画の話をしたりして楽しい時間を過ごしました。


さて。

楽しいことづくめの一日も終わりが近づいてまいりまして、本日最後のイベントとしてrinoさんとシネ・リーブルに「ヴァージニア」を観に行くことにしました。エル・ファニングが出ているということしか知らなかったのですが、おもしろそうだし観に行こうと映画館に行ってみるとりょんりょんさんを発見。

偶然観る映画が被っただけでなく、さらに席も隣の席を取られていましたので3人並んで「ヴァージニア」を観てきました。

f:id:itotto:20120811155632j:image

映画の感想はまたあとで書きますが、大変個性的で凡人には理解の難しい作品でして、楽しいところをひとつも見つけられないという久しぶりの完全敗北を味わう羽目になりました。それは横のお二人も同じだったようで、帰る道中、肩を落としながら「ヴァージニア」の話でひととおり盛り上がって帰途につきました。


13日は朝の新幹線で帰るだけなので一人旅のイベントはこれですべておしまいとなりました。

昨日の飲み会も今日も、rinoさんがいろんな方と調整をして会う機会を作っていただきました。さらに今日も野球に映画にと一日お付き合いいただきまして、とても楽しい一日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。


あっという間でしたが大変楽しい3日間でして、思い出深いよい夏休みになりました。

2012-08-12

夏の一人旅二日目

朝は5時に起きて鈍行で大阪まで...という予定を立てていたのですが、初日に張り切りすぎたせいか朝はまったく起きることができず、目が覚めたら6時半でした。


しょうがないので鈍行移動はあきらめて新幹線で移動することに...。

当初の旅の目的の一つに「のんびりと移動を楽しむ」というのがあったのですが、それがもうないがしろにされているというか、目的のひとつであった移動が完全に手段になってしまうのはとてもさみしい限りです。


とは言え、寝坊したせいで新幹線以外の選択肢はなくなったためにさっそく新幹線のチケットを取って新大阪へ。

すっかり忘れていましたが11日から帰省ラッシュが始まっておりまして、名古屋駅は混雑していたし、新幹線もなかなかの混みっぷりでした。毎年帰省ラッシュに巻き込まれないように時期をずらして帰省するほど気を遣っていたのですが、まさか旅行先で帰省ラッシュにまきこまれるとは...。


さて。

鈍行だと3時間かかる道のりも新幹線に乗れば1時間で着きまして、あっという間に新大阪に到着。

すぐさま大阪駅まで移動して荷物をコインロッカーに預けて阪神電車に乗って甲子園に直行し、何とか第二試合から第三試合を見ることができました。

f:id:itotto:20120812092628j:image

第二試合の聖光学院と日大三高の試合は最初から最後まで均衡したたいへんすばらしい試合でしておもしろかったです。

日大三高の金子君が9回に放ったホームランはすごかった!

続く第三試合の富山工と宇部鴻城の試合は、4点を先行した富山工を宇部鴻城が追いかけるという展開がこれまた熱くてかなりおもしろかったです。


ちなみにお昼は球場で売っているアメリカンドッグを食べました。

f:id:itotto:20120812092627j:image

300円という値段の割には...という味でしたが、でもそこそこおいしかったです。

これ以外にもホルモンカレーとから揚げを食べたらおなかいっぱいになりましたが、このホルモンカレーが550円の割にすごくおいしくてびっくりしました。


その後大阪駅まで戻ってホテルへチェックインして、大急ぎで走ってスカイビルへ*1


ロビーで待ち合わせていたrinoさんと合流し、さらにyosinoさんも加わっていっしょに「テイク・ディス・ワルツ」を鑑賞。

f:id:itotto:20120812094124j:image

かわいらしいポスターからは想像もつかないなかなかおそろしい作品でして、ひさしぶりに映画みてこんなブルーになったわ...と思うくらいどんよりとした気分に。なんという破壊力!


そんな「テイク・ディス・ワルツ」のおそろしさについてあれこれ話しながら移動して近くのマレーシア料理でりょんりょんさんとだらくさんと合流。「お前らおせーよ!」といういきなりのdisにもめげずに一年ぶりの挨拶を済ませ、少し遅れてきた殺風景さんを加えてさっそく食べ始めることに。

今回行ったのは「マレーシア・ボレ」というお店(お店のサイト)。

行く前はマレーシア料理ってなんだろう?って思ってたのですが、生春巻きやココナッツカレー、ナシゴレンなどアジアンフードとして名高い料理の数々が出てまいりましてどれも大変おいしかったです。


そしてrinoさんが「昨日から連絡がとれない」「DMにも返信がない」と参加どころか生存すら危ぶまれたふもっふさんもやや遅れたものの無事に参加されました。前日の合コンがかなりハードだったらしいのですが、ひとまずご無事で安心しました。


そんなこんなで3時間ほど楽しい時間を過ごして解散となりました。

本当にたくさんのお礼を申し上げたいのですが、特にお店の予約をはじめ、いろいろと手配をしていただいたrinoさんにはとても感謝しています。そういえばお土産もたくさんもらったんだった....。

*1:走ったのは遅刻しそうだったからです...

2012-08-10

夏の一人旅初日

朝、5時に起きだして6時半前のバスで駅に向かい、宇都宮→上野→東京と移動して9時半発の新幹線で名古屋に向かいました。こんなに早起きして移動したの久しぶりだわ...。


お昼には名古屋に着いたので名古屋駅にあったラーメン屋さんに適当に入って昼ご飯。

お昼ご飯は和風海鮮トマト冷麺。

f:id:itotto:20120810172618j:image

なんだか物珍しくて頼んだのですが、いまいち過ぎてどんよりしてしまいました...。

最初から冒険しなきゃよかった。


ご飯を食べた後は東山線で栄まで移動してホテルに荷物を預け、さっそく映画館めぐりをしてきました。


最初は名演小劇場。

f:id:itotto:20120810172617j:image

こうやって写真を撮っている間にも次々とおじいちゃんとおばあちゃんが劇場に吸い込まれていきました。

人気スポット過ぎる!

ここはあとで映画を見に来るつもりなので場所だけ確認してそそくさと退散。


そして次に行ったのがセンチュリーシネマ。

f:id:itotto:20120810172616j:image

ここはPARCOの8階にあるのですが、名前から想像していたのとは違ってやけにおしゃれでちょっと気後れしそうに。

とりあえず夜に観る「ゴッド・ブレス・アメリカ」のチケットをゲットして後にしました。


地下鉄で移動して次に行ったのが「伏見ミリオン座」。

f:id:itotto:20120810172615j:image

ミリオン座は前から一度行ってみたかった映画館でしたので、何だかとても感動しました。

ここも思ってた以上におしゃれな映画館でびっくりしました。もっとボロイとこを想像してたよ。


そしてすぐに栄まで戻って名演小劇場で「屋根裏部屋のマリア」を観てきました。

これはおもしろかった。なんかね、いろいろと思うところのある作品でうぐぐとしちゃいました。


朝も早かったせいで少し疲れたので、休んでから「ゴッド・ブレス・アメリカ」を観に行ってきます。

そういえば明日は朝早いことを思い出したので、早めに帰ってこないと...。

2012-05-05

山形へ遊びに行ってきました

5月4日と5日の2日間を使って、マコ*1とハホ*2、アオ*3とわたしの4人で山形に遊びに行ってきました。今回の旅行の目的は、桜がまだきれいに見られるという山寺に行って頂上まで歩いて登ることです。4歳児のアオにはちょっと荷の重い目的でしたが、とりあえずなんとかなるだろうという軽い気持ちで連れて行って見ることにしまいた。


5月4日

前日、なかなか寝付けなくてなんとか寝たのが4日の朝2時半過ぎというかなり微妙な状況でしたが、翌朝6時前に起きだしました。とっくに起きている3人に急かされつつ、なんとか6時半前には車で宇都宮を出発。今回は車に乗って高速を使っての旅行です。


比較的早めに出たものの、やはり一部区間では渋滞のようなものが起こっていました。

ただ、それでもほぼ問題なく移動することが出来たために10時前には山形市内に到着しました。3時間くらいかな。

さっそく天気予報を調べてみると、どうやら4日の午後からと5日は雨らしいということが分かったために、その足で山寺まで行くことにしました。一番の目的が山寺に行くことだったので、行けるうちに行こうという意気込みだったわけですが、なにごとも勢いって大事ですよね。


さて。

山寺まで車で行くのもおもしろくないなと思い、車を山形市内に置いて山形駅から仙山線で行こうと思い立ったのですが、どうやら3日の大雨の影響で直前まで(9時くらいまで?)運休していたらしく、運行ダイヤはグダグダに。ところがグダグダになってたおかげでほぼ待ち時間無しで電車に乗れるというミラクルが発動してあっという間に電車に乗ることが出来ました。


揺られること20分。

電車はあっという間に山寺駅に到着しました。


f:id:itotto:20120504105615j:image


f:id:itotto:20120504105939j:image

有名な山寺ホテルの前をスルーして登山口へと向かいます。


f:id:itotto:20120504110146j:image

f:id:itotto:20120504110158j:image

昨日の大雨の影響で川はかなりの勢いで流れていました。すごい濁流。


f:id:itotto:20120504110235j:image

f:id:itotto:20120504110252j:image

天気はいまいちですが、観光客はたくさんいまして山寺の人気の高さを実感しました。


f:id:itotto:20120504110641j:image

歩くこと10分。やっと登山口に到着。


f:id:itotto:20120504110932j:image

超きれい!


f:id:itotto:20120504111118j:image

娘二人がおみくじを引きたいというの引かせてみましたが、小吉と末吉というたいへん微妙なものを引き当ててしまいました。大吉だったらほめたたえ、凶だったらはげませばいいのですが、小吉と末吉だとほめるのもけなすのも難しくて扱いに困ってしまいました。


f:id:itotto:20120504111318j:image

おみくじを引いたあたりもなかなかの混みっぷりでした。


f:id:itotto:20120504111629j:image

松尾芭蕉の像が2体かざってありました。


f:id:itotto:20120504111740j:image

ふだんはおだやかな池なのでしょうが、前日までの雨の影響で氾濫せんばかりに水がたくさん入ってました。


f:id:itotto:20120504111849j:image

これから登る場所を教えてくれるおおざっぱな地図です。

これを見るといつも気が引き締まります(おおげさ)。



f:id:itotto:20120504111924j:image

f:id:itotto:20120504111931j:image

登る前にここで拝観料を払います。大人が300円で小学生は200円でした。


f:id:itotto:20120504112211j:image

いざ、山の頂上へ!


f:id:itotto:20120504112735j:image

さっそく休憩...。これは辛い!


f:id:itotto:20120504113953j:image

f:id:itotto:20120504114009j:image

何度か休みながら頂上を目指しました。

最初の3分の1くらいはみんなへばっていましたが、慣れてくると徐々に気持ちが盛り上がってきてかなり楽しくなってきました。


f:id:itotto:20120504114044j:image

上の方を歩いている人がまぶしく見えました。早くあそこに行きたい...うらやましい!



f:id:itotto:20120504114613j:image


こういう美しい風景に癒されつつ、最後の方は疲れなどどこへやら、みんなでワイワイ話ながら頂上を目指して歩きました。


f:id:itotto:20120504114808j:image


そして頂上の本堂に到着。

ハホもアオも楽しかったと喜んでいました。自分の足で歩きとおしたことが嬉しかった様子。


f:id:itotto:20120504115549j:image

頂上まで歩いたことを記念して、ジュースを飲むことに。

山の上にあるだけあって価格は比較的高めに設定されているのですが、登りきった満足感をおもえば全然高くありません。ちなみにこの日は長女と二人で250円のオロナミンCを飲みました。


f:id:itotto:20120504120459j:image

f:id:itotto:20120504121049j:image

その後、もう一ヵ所のはずれにある建物を観てから下山しました。

すごいいい眺め!


f:id:itotto:20120504122741j:image

山を降りて出た目の前には案内表示があってとても分かりやすいです。


f:id:itotto:20120504130219j:image

そして帰り道で念願の玉こんにゃくを食べて帰ってきました。


山寺の頂上まで全員出歩けたことと念願の玉こんにゃくを食べられて満足でした。


その後も、栄屋本店で冷やしラーメンを食べたりととても充実した山形初日を過ごしました。



5月5日

朝起きてからご飯を食べ、マコが山形に住んでいたときの知人と会ったあとに霞城セントラルへ行きました。

霞城セントラルの24F展望台を楽しんだ後は駅ビルでお土産を購入し、そのまま帰途につきました。

# 霞城セントラルの写真はあとでアップします


高速に乗ったのがお昼過ぎだったために、福島トンネルや矢板のあたりで渋滞にはまって5時間近くかかったものの、無事に宇都宮に戻ってくることができました。ずっと運転しっぱなしだったので足が痛くてしょうがありません...。車の移動ってめんどくさいよねー。


というわけで、あれこれやったわけではありませんでしたが、当初の目的は達成できたのでなかなか充実した2日間となりました。楽しかったです。

*1:妻

*2:長女

*3:次女

2009-09-10

2009年夏休みまとめ

今年は5日間という比較的短い夏休みでしたが、当初は夏休みをとれずに終わるんじゃないかと思っていたのと、終わってみればとても充実した休みだったために非常にリフレッシュすることが出来ました。

終わって一ヶ月近く経ちますが、忘れないうちにまとめておきます。



2009年8月15日()

今回の帰省について、一番大事な「秋田まで何で帰ろうか」ということをマコ*1と話し合ったのですが、高速料金が1000円で済むという餌に釣られて4年ぶりに車で帰ろうということになりました。

宇都宮市から男鹿市はおおよそ550kmくらい離れているため、おおよそ7時間くらいかかるだろうと計算し、混む時期でもあることから朝の5時くらいには出ようと決めて前日就寝しました。


ところが...。


深夜2時を過ぎたところで、子どもたち二人がなぜか目を覚まして起きだしてしまったのです。

どうやら前日に「車で帰省するよ」と伝えたことで興奮してしまったようでして、どうひいき目に見てもあと数時間は眠くならなそうな雰囲気が漂っていました。布団から抜け出してお茶飲んだりしてるし....。


時計を見るとまだ2時半。

でも予定の5時までもう一眠りできるかと言われるとたぶん無理だろうということで、予定よりもだいぶ早いのですがすぐに準備を始めて出発することにしました。そして、その直前まで本を読んでた私は徹夜が決定しました。


徹夜で運転か...死ぬかも知れないな...とか思いながら、でもまあ家族全員で一緒に死ぬならそれはそれでいいかなとか考えながら車に荷物を運んだりして準備をし、3時には宇都宮を後にしました。

高速までは15分くらいで到着してあとは延々と高速を突っ走ったのですが、夜から朝に移り変わる空がすごくきれいだとか、夜中の3時過ぎなのに結構たくさんの車が走っているとか、PAとかSAで寝ている人がものすごく多いとか、とにかく普段あまり見られない光景をたくさん見ることが出来ました。


普段は車の運転なんて大嫌いで、映画館までの30分の道のりだってめんどくさくて気乗りがしないくらいなのですが、こういう遠出もたまにはいいななんてウキウキしてしまいました。子どもたちが郡山を過ぎたあたりで眠り始めてからは静かなもので、思わず一緒に寝てしまいそうになりながら何とか運転を続けました。


途中で仮眠を取りつつ、何とか実家に着いたのは午前10時。おおよそ7時間のロングドライブでした。


運転でヘロヘロのわたしをさておいて、子どもらと父さん(子どもたちから見たら爺ちゃんか)はさっそくカニを採りに海へと旅立って行きました。数分歩いたところにある海では、この時期小さなカニがワサワサと沸いているのです。

疲れたわたしはそんな余興には付き合わず、部屋でゴロゴロとプレステをしていました。鉄拳3なつかしいなあ。


1時間もするとたくさんのカニを携えて子どもたちが帰還。


f:id:itotto:20090815124705j:image


f:id:itotto:20090815124719j:image


いくらなんでもこれは採りすぎだろう...。わたしだってこんなに捕まえたことはありません。

とりあえず窓辺においたのですが、常に「シャカシャカ」とカニが動き回る音がしてきて非常にうるさかったです。


結局、その日は本屋に本を買いに行ったり、鉄拳3をやり込んだりして一日を過ごしました。


ただ、やはり移動の疲れが残っていたのか、22時くらいには眠くて目が開けていられずあっという間に寝てしまいました。




2009年8月16日()

帰省二日目。


今日でお盆は終わりだということに気付き、急いで朝から墓参りへと直行しました。

その足で親戚の家にお土産を置きに行ったりして、帰りがけに自宅近くに出来た観光案内所に寄りました。


ここには背丈15mの巨大ななまはげが立っています。


f:id:itotto:20090816103706j:image


これが出来て数年が経ちますがいつ来ても観光客が写真を撮っている光景を目にします。なまはげの造形そのものは大して目新しくもないのですがやはりこれだけ大きいと何となくありがたみが感じられるのでしょうか。幼いころからなまはげには何度も泣かされているので、いまさらありがたみなど感じるわけもありませんが、でもなまはげ人気が高まること自体はとても嬉しいことだと感じます。


20分ほど滞在したのちに帰宅し、すぐに子どもたちを両親に預かってもらってマコと二人で秋田市まで出かけることにしました。

わたしはどうしても映画が観たかったのでマコを説得して「路上のソリスト」を一緒に見に行ったのですが、前日の疲れが残っていたのか半分寝ながらの鑑賞でした。自分から誘っておいてこの体たらく...。


その後、駅前のフォーラスで本や服を見て回り、マコが好きなナガハマコーヒーで一休み。

このナガハマコーヒーというのは秋田ローカルなコーヒーチェーン店なのですが、気軽に入れる割に落ち着いた雰囲気もあってとても好きです。


といいつつ、わたしはコーヒー飲めませんけど...。


ここは店員さんがもれなく全員かわいいというすばらしいところでして、たぶん顔も採用基準に入ってると断言できます。秋田に行くことがあればぜひ行ってみていただきたいです。秋田美人という言葉にさほど信憑性を感じないわたしでも、このお店に来たときだけは信じられるような気がします。

そういえば、このお店には久しぶりに行ったのですが、店内で無線LANが使えるようになっていてびっくりしました。駅前なんだし、このくらいはあって当然かも知れませんがお店の雰囲気からは想像出来なくてちょっとびっくりしました。今度帰省したときにはここにパソコンを持ってこよう。


その後は両親や子どもたちと合流して晩御飯を食べ、帰宅。

みんなに隠れて鉄拳3をやっているうちに夜が更けてしまったのでした。なんで鉄拳3がこんなにおもしろいんだろう...。わたしの両親は、31歳にもなって鉄拳3に昼夜いそしむ息子を見てとても不憫そうな顔をしていました。


でもおもしろいんだからしょうがない!!



2009年8月17日(月)

今日から平日なので、両親は朝から仕事へと行ってしまいました。

取り残された私たち一家は、朝から日差しが痛いくらいの快晴だったので全員で海へと行って見ました。


f:id:itotto:20090817102721j:image


f:id:itotto:20090817102644j:image


ちょっとは日焼けしたいなと思ったわたしは上半身裸になってウロウロとしていたのですが、あまりに紫外線ビームが強過ぎて1時間もいるとヘロヘロになってしまいました。何という暑さ...。秋田のことを北東北だし日差しもたいしたことないだろうと舐めていましたがとんでもありませんでした。

せっかく移動の疲れが抜けたばかりなのに、またもや疲れ果ててしまったわたしはお昼前には実家へと逃げ帰りました。


戻ってみると置いていった携帯に着信あり、見てみると今日遊ぶ予定だった友達(以下ナマハゲ)からでした。

折り返し電話をすると今からこっちに来るよということでしたので20分ほど鉄拳3をして待つことにしました。3日目でやっと隠し要素の8割を出すことが出来たのですが、キャラクターでさえも全部出ていない状況なのでまだまだやり込める要素が満載です。これは秋田を帰る日までには全部終わらないだろうなと思いながらサバイバルモードをこなしていました。全然勝てなくてうんざりしてきました。


ナマハゲが来たのでまずはお昼ご飯を食べようということで、男鹿焼きそばを食べに観光案内所へと足を運びました。ここは前日も来た大きななまはげの像が立っているところです。

お盆明けということもあってかなり人は少なくて非常に寂しい様子ですが、そんなのはさておいてとにかく男鹿焼きそばを頼んでみました。スープとコーヒー付きで750円でした。


f:id:itotto:20090817130546j:image


男鹿焼きそばというのはしょっつるで味付けをした焼きそばらしいのですが、ここのはしょっぱさが先立っていたのでしょっつるの味は正直さほど感じませんでした。味が濃いのは好きなのでいいけど。

具には海産物がたくさん入っていて、麺と会わせるとそのボリュームは十分満足できるものであり、味も期待どおりのおいしさでした。


焼きそばにはとても満足したのでじゃあどこか行こうかと立ち上がった矢先、不意に「わかめ昆布味のソフトクリーム」という単語が目に入ってきました。秋田にはババヘラアイスという東北界隈では名の知れたアイスや、角館の醤油ソフトクリームというのがあり、どちらもそこそこおいしいのですが、このわかめ昆布味のソフトクリームというのは初めて見るものでしてとても興味を惹かれました。


f:id:itotto:20090817132810j:image


いそいそと注文して食べてみるとわかめの磯っぽい香りがさわやかで、さらに昆布のダシが効いているのかとてもコクがあっておいしいのです。絶対ネタアイスだと思ってたのにこんなにおいしいなんて...。

もし近くを通ることがあればぜひ食べてみることをお勧めしたいくらいおいしかったです。


その後、特にやりたいこともなかったわれわれはマンガ倉庫へと遊びに行くことにしました。


マンガ倉庫というのは中古ゲームやマンガ、DVDなどいろいろなものが売られているお店なのですが、ここでぶらぶらして2時間くらいを過ごしました。DVDもゲームも中古の割に高かったので全然買おうとは思わなかったのですが、唯一プレステのアーケードコントローラーだけは欲しくて買おうかどうかと悩んでしまいました。

アーケードコントローラーがあれば、鉄拳3もかなりスムーズに進められるなあとか、ぷよぷよもコントローラーがゲーセン気分で楽しめるなあとか欲しくていろんな理由で買うことを正当化しようと思ったのですが、結局実家にアーケードコントローラーを置いていったら怒られそうだなと買うのはあきらめました。

さほど安いものでもないしねえ...。


見るだけ見て特に何も買わずに出ようかとした矢先、入り口のところにPS2の福袋と書かれたコーナーを見つけました。

ゲームが5本入ってますと書かれたポップと1500円という値段を見てから顔を見合わせたわたしたちは、「せっかく*2だし2人でお金を半分ずつ出し合って買ってみようぜ」と視線で会話を済ませ、適当なのを選んでそそくさとレジへと向かいました。


お金を払い終えたわたしたちはもう一刻も早く開けてみたくてお店の外にあった休憩所へと駆け込んでバリバリと袋を破ってみました。

出てきたのはこの5本。


    1. 犬夜叉 -呪詛の仮面-
    2. アンリミテッド:サガ
    3. イース -ナピシュテムの匣
    4. アルネトリコ2
    5. 忘れた...

5本のうち、1本は忘れてしまったのですが、とりあえずどうでもいいゲームだったことは間違いなくて、覚悟していたとはなかなか衝撃的な内容にしばし打ちひしがれてしまいました。

そりゃまああの値段ですからそうだろうとは思いますが、さすがにいまさらアンサガ出されても...。


そしてものすごく凹んでいるわたしを横に、なぜだかノリノリで「もうひとつ買おうぜ」と言い始めたナマハゲを何とかなだめてそのまま帰途に着きました。いくら1500円程度の出費とは言え、これ以上精神的ダメージを受けたら宇都宮に帰る気力まで失われてしまいそうです。


とても楽しかったのにクソゲーを掴んでしまったことですっかり意気消沈してしまったわけですが、こんなものは処分してしまおうということになりました。やりもしないゲームを手元に置いておいてもしょうがないですし、何より持っているだけで開封したときの落胆ぶりを思い出してしまうのでさっさと手放したかったのです。


さすがに買ったお店にそのまま買い取りで持っていくのはまずそうだったので、実家近くにあるゲオへと持ち込みました。

ただ、せっかく買った5本をすべて売るのもこれまたどうかと思い直し、わたしとナマハゲそれぞれ1本ずつ手元に残すものを選ぶことにしました。

わたしはイースを選び、ナマハゲはアルネトリコ2を選び、そして残りはゲオで処分したのです。

他店で投売りされていたゲームを転売して儲けが出るとはさすがに思っていなかったのですが、お店の人から買い取り金額を告げられたときはあまりの金額にしばし固まってしまい、その後は笑いが止まりませんでした。


ゲーム3本売って160円ってねえ....。


その後自宅まで送ってもらい、とりあえず手元に残したゲームはクリアしようぜと約束してナマハゲは帰って行きました。


夜は親戚が遊びに来てくれたおかげで何となくお盆っぽさを味わえて楽しい時間を過ごしました。


もちろんそんなイベントがあったために鉄拳3はあまりできず、結局隠しキャラは全部出せずじまいでした。

次の帰省の楽しみにとっておこうと強がってみましたが、たぶんもうやらないだろうなあ...。


2009年8月18日(火)

午前中に秋田を後にして一路山形へと向かいました。

せっかく車で来たんだから寄り道して帰ろうとわたしが言い出して実現したわけですが、予想外に山形が遠くてびっくりしました。

今回は男鹿から湯沢までは高速を使って、そこからひたすら13号線を南下するだけなのですが、4時間近くもかかってしまいました。距離にして250kmくらいなので大した距離じゃないと思っていましたが、全然そんなことはなかったです。


途中、村山にある道の駅でお昼ご飯を食べた以外はほとんど休憩を取らずに移動したので、運転し慣れていないわたしは疲れきってしまいました...。参った。


4時間弱で山形市に到着し、すぐにホテルにチェックイン。6年間住んだ場所とは言え、既に離れて7年経っているので迷ってしまいました...。

その後はわたしは子どもたちを連れて市内を周遊し、山形がいかにすばらしい場所なのかということとわたしが学生の頃によく行った本屋やお店がどんなところなのかを説いて回りました。おいしい食べ物で釣ったおかげで2人とも山形がとても好きになってくれたようでよかったです。


この日は移動が長かったこともあり、わたし以外みな一様に疲れ果てていて早めに寝てしまいました。

ここ数日間は常に寝る前には鉄拳3をやっていたために、それがないことがとても寂しくてわたしはなかなか寝付けませんでした。


2009年8月19日(水)

この日は朝から移動をしてさっさと宇都宮に帰ってきました。全部高速に乗って4時間くらいで到着。

運転チョーめんどくさい!!


まとめ

    1. 車の運転めんどくさい → 来年の帰省は新幹線で!!
    2. やっぱり海はいい   → 来年は泳いで対岸に渡る!!
    3. 男鹿焼きそばがおいしかった → 別のお店のも食べてみたい!!
    4. 鉄拳3がおもしろかった → 次に帰省したときも鉄拳3!!

来年も楽しい夏休みになりますように。

*1:嫁

*2:何がせっかくなのかは微妙ですが

2009-05-03

山寺散策

とりあえず奥の院まで登りました。

f:id:itotto:20090503093256j:image

f:id:itotto:20090503093418j:image

f:id:itotto:20090503094317j:image

f:id:itotto:20090503095748j:image

f:id:itotto:20090503100020j:image

山寺散策

ふたたび麓までおりてきました。

疲れた〜(=_=;)

登っている時は全然余裕だと思っていたのですが、おりてきたら足がプルプルしてしまい、震えが止まりません。


さて。id:aki-moriは山寺のお土産を手に入れ、仙台へと帰って行きました。今はひとりになってちょっと寂しい感じです。

私もあと少ししたら、山形行きに乗って戻り、そこから宇都宮を目指します。


それにしても、今日は好天に恵まれたおかげなのか、かなりの人出です。山寺人気には少々驚きました。

f:id:itotto:20090503102635j:image

f:id:itotto:20090503102945j:image

f:id:itotto:20090503102925j:image

f:id:itotto:20090503103139j:image

f:id:itotto:20090503103700j:image

宇都宮に到着

やっと宇都宮に到着しました。

電車は結構混んでいて座れない区間がありましたが半分くらいは何とか座席を確保出来たのでよかったです。


さて家に帰るか〜。

f:id:itotto:20090503172836j:image

2009-05-02

ゴールデンウイークの始まり

さて。今日からゴールデンウイークということで今年も山形にやってきました

今年もid:aki-moriと一緒です!

f:id:itotto:20090502113545j:image

まずはお昼

七日町にある栄屋本店にやってきました

冷たいラーメンの元祖と言われているお店です

かなり混んでいて並びましたがおいしかったです


文翔館にて

街中には昔、県庁だった建物があります。

文翔館という名前なのですが非常にきれいに管理されていてこの時期はとてもよい感じです

f:id:itotto:20090502125542j:image

f:id:itotto:20090502125212j:image

f:id:itotto:20090502125641j:image

馬見ヶ崎川にやってきた

馬見ヶ崎川にやってきました

葉桜がとてもきれいです

f:id:itotto:20090502131341j:image

f:id:itotto:20090502131330j:image

馬見ヶ崎川にある山形名物

馬見ヶ崎川では年に一度、日本一の芋煮大会があります。

写真はそのイベントで使われる大鍋です。

2枚目に写っているのはid:aki-moriです。

彼は身長185cmの大男なのですが、そんな彼もこの大鍋の前ではこんなに小さく見えてしまいます。

f:id:itotto:20090502131640j:image

f:id:itotto:20090502131704j:image

ソラリスにやってきました

山形駅西口にあるソラリスと言う映画館にやってきました。

これからコナンを観てきます。

f:id:itotto:20090502150702j:image

f:id:itotto:20090502150933j:image

f:id:itotto:20090502151312j:image

霞城セントラル

ソラリスがある、霞城セントラルを散策してみました。

おくりびとのロケ地情報がまとめられていたのでそれを眺めたり、芋煮の鍋をイメージしたベンチがあったりとなかなか見どころが多くて楽しかったです。

来年は月山トレッキングもいいなあ。


ちなみにどうでもいい話ですがおっぱいの大きな子が転びそうになっていたので助けてあげました。

下心満載でしたが、普通に感謝されたのでとても申し訳ない気分になりました。

f:id:itotto:20090502155725j:image

f:id:itotto:20090502155933j:image