Hatena::ブログ(Diary)
ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

愛知県津島市の司法書士いとやんの徒然草 このページをアンテナに追加 RSSフィード

名古屋市、津島市、稲沢市、愛西市周辺にて活動している司法書士のブログです。相続手続き、成年後見、会社登記、債務整理、残業代請求などを取り扱っております。ブログを通して、お困り事がございましたら、お気軽にご相談ください^^

+Google

いとう司法書士事務所 TOP 会社登記 お問合せ 残業代請求 遺言相続特設サイト いとやんブログ

follow us in feedly

2016-09-06

娘が電話の真似をする

自営業なので、自宅でも仕事の電話をとる事が、ままあります。

電話で話してて、子供の声が相手に聞こえないように、隣の部屋に行ったり来たり。

なかなか上手くいかない。なんか子供の声が入ってきちゃうなぁ、と振り返ってみると・・・

f:id:itousihousyoshi:20160906142749j:image:w450

電話の真似をしながら、後をつけてくる娘。



津島市稲沢市愛西市司法書士事務所
いとう司法書士事務所
TEL:0567-55-7383
Mail:itou.legal@gmail.com


右下のB!はてなブックマークをクリックして頂くと、もっと嬉しいです!
にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ
人気ブログランキングへ
ブログランキングならblogram

2016-09-04

名古屋が行きたくない街ナンバーワンだそうだ。

朝日新聞ー「行きたくない街」は名古屋 市自ら調査、つらい結果に
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z51Q9J8ZOIPE01N.html

残念ながら、今、僕は名古屋に住んでいます。
愛知県の田舎で生まれ、茨城、東京、名古屋と移ってきましたが、まあ、この結果は何となく分かる気がします。地元ということで、可愛さ余って・・・という感情があるのかもしれないけど。

大都市圏で住んだ事があるのは、東京しかないので、「東京と比較」した名古屋しか分からないけれど、名古屋に不満があることはいっぱいあります。

続きを読む

2016-09-02

法定相続情報証明制度の疑問

ちょっと前のニュースですが、法定相続情報証明制度というものの導入を検討しているそうです。

朝日新聞ー相続情報の証明、新制度で省力化 証明書1枚で手続き可
http://www.asahi.com/articles/ASJ755QBRJ75UTIL038.html

なんでこれが導入されるか?というと…
・相続手続き全般に必要な戸籍謄本一式を、これ一通の証明で済ます事ができる。
・相続登記申請人の手続負担軽減
・制度の利用の拡大によって,より多くの相続人に登記所を利用いただくことにより相続登記を直接促すことが可能になる。(法務省の平成29年概算要求)
…というメリットが謳われています。

ですが、司法書士業界では、どうにもこの制度について懐疑的な雰囲気があります。

続きを読む

2016-09-01

オンライン申請が減ってきた

開業当初から、「決済は書面申請、それ以外は商業登記も含めてオンライン申請」という方針で、オンライン申請と書面申請を使い分けていました。

法務省がオンライン申請を推進しているので、出来るだけ、使うようにするか、などと考えて、上記の方針を採っていましたが、最近、めっきり、オンライン申請が減ってきました。

というのも、年に1回か2回、どうしても登記原因証明情報の添付を忘れてオンライン申請をしてしまうミスをやってしまいます。オンライン申請するとき、最終チェックとして、チェック項目の一覧表を作って、ミス防止をしているんですが、ごくごくたまーに、そのチェック自体を忘れてしまうんです。

市販されている申請ソフトだと、「登記原因証明情報の添付がされていません」等と注意喚起してくれるようなのですが、法務省提供の申請ソフトでは、そんな優しい仕様にはなっていません。

そういうこともあって、3ヶ月ほど前にも、抵当権抹消申請登記原因証明情報の添付を忘れてオンライン申請をしてしまい、添付書類の郵送の段階で気付くという事態が発生しました。

f:id:itousihousyoshi:20160901125926j:image:w200

続きを読む

2016-06-08

森林法の届出

こんにちは。津島市司法書士いとやんです。

東京にいた時は、相続登記は、業務の2割くらいでしたが、事務所を移転してからは、業務の7割くらいが相続登記関連になっております。きょくたーん!

専門家たる者、相続登記の依頼を受けて、相続登記をしたら、「ハイ、おしまい」というわけにはいかない事が多くあります。農地の所有者が変わったときの農地法の届出とか、未登記家屋があった場合とか…。

f:id:itousihousyoshi:20160608125908j:image:w360

続きを読む