Hatena::ブログ(Diary)

株式投資と金融

2015-06-14

インカムゲイン狙いの株式投資

インカムゲイン狙いの株式投資ということでいえば高配当銘柄に投資する戦略が頭に浮かぶ個人投資家の方が多いと思います。

高配当銘柄を選ぶ際、配当利回りのみで選んでしまうと数年後には選んだ時点で低い配当利回りだった銘柄の方がもらえた配当金が多かったなどということが起こり得ます。

これは、その配当利回りが低かった銘柄が増配を繰り返し、その間に株価も上がり結果的に配当利回りが低く見えているに過ぎないという現象があり得るからです。

このようなことを考えると、上記のような配当利回りがあまり高くなくても、業績が安定していて、増配を繰り返す配当金を多く生み出す銘柄を発掘したほうが結果的に良いかもしれません。

キーワードは、連続増配と配当成長です。

連続増配・配当成長銘柄の選び方マニュアル ≫

2015-03-22

J-REITに投資するメリット

J-REITとは、多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する日本の金融商品です。

REITという金融商品はアメリカで生まれ、Real Estate Investment Trustの略でREITといわれています。

これにならい、日本では頭にJAPANのJをつけてJ-REITといわれています。

J-REIT証券取引所に上場されている投資信託になります。

J-REITが初めて上場されたのは、2001年9月ということで比較的歴史は浅い金融商品ということにうなります。


J-REITに投資するメリットは以下のような点があります。


少ない金額から購入可能

通常、不動産へ投資するためには、多額の資金が必要になりますが、J-REITであれば、個々の投資家は少額から手軽に始めることが可能です。


複数の不動産への分散投資が可能

多くの投資家から資金を集め、大きな資金として運用するJ-REITでは、個人では難しい、複数の不動産への分散投資が可能になります。

これにより、リスクを軽減することが期待できます。


専門家による運用

不動産投資の経験豊富なプロが運用し、実際に不動産に関連する業務を行う業者を選択・監督・指示します。

したがって、通常の不動産へ直接投資する場合のような物件の維持やテナント管理といった手間が省けます。


換金性が高い

J-REIT証券取引所に上場されています。

購入や売却の注文がいつでも可能となる上、日々変動する価格をリアルタイムで知ることもできます。

また、上場株式と同じく、成行注文や指値注文も行うことが可能です。


収益がほとんど分配される

J-REITは、利益のほとんどを投資家に分配する仕組みになっています。

実際の不動産そのものに投資するのと同様に、不動産からの収益を毎期の分配金として受け取ることができます。


連続増配銘柄の増配率

買われている株式銘柄の株価が上昇する

アメリカ株高配当銘柄

高等学校等就学支援金

再就職 成功

株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

中古ワンルームマンション投資が失敗しない

サラリーマンが簡単に始められる在宅の副業とは

グーグルアドセンス攻略方法

試験勉強方法

2015-02-08

投資信託で分散投資

株式投資で、ひとつの会社の株式にだけ投資していると、倒産など不測の事態がおこった場合、最悪その株式の価値がゼロになってしまうこともあります。

そういった場合でも、投資信託を利用して株式投資していればは、大きな資金でさまざまな銘柄に投資している投資信託の場合、その中のひとつの価値が大きく下がったり、最悪ゼロになったりしても、他の銘柄がカバーしてくれるため、ダメージが少なくて済みます。

これを分散投資の効果といいます。

投資信託はその運用方針に基づき、銘柄を分散するだけでなく、株式や債券、不動産など異なる資産へ分散する資産分散、日本やアメリカ、ヨーロッパなど複数の国へ分散する地域分散という手法を取り入れている投資信託もあります。

また、投資信託を利用すれば、債券投資もいろいろな銘柄に幅広く分散投資している商品もあるので、債券分散投資の一環として、外国債券の購入も投資信託を通じて可能です。

投資信託を利用すれば、インデックス 株式投資といわれる株式指数の値動きに連動するように設計されている商品に投資することも可能です。

株価が上がらない株式銘柄

米国株 配当利回り

教育資金 負担軽減

40代50代の再就職

サラリーマン株式投資

不動産投資は真似ることが成功への早道

2014-12-29

投資運用哲学

投資信託に求められる目標は、運用目標を上回る成績をあげ、投資家の長期の資産形成に役立つことです。

但し、リターンの実現にはリスクが存在します。

より目標に近づくために、全ての運用会社は、「運用する資産の価格はどのように決定するのか?」という問いに対する答えを持って、運用に臨みます。

これを「投資哲学」と呼び、全ての投資判断の基本となる考え方です。

そして、投資哲学に基づいて運用する為には、一貫した運用姿勢が必要となります。

例えばもし、将来が有望と判断され投資していた企業の株価が急に下落した場合を考えます。

株価の目先の値動きに左右されず、投資哲学に基づき更なる調査を行うことで状況を分析し、その結果その企業の将来性を判断できたなら、引き続き継続投資することこそが一貫した運用です。

それは同時に、そうした流れを実現する運用プロセスの徹底とそれを支える充実した運用組織がなければ実現できません。

運用商品を選ぶ際には、その実績とともに、それを運用する会社の運用哲学、プロセスや組織を理解することが大切です。

買われている株式銘柄の株価が上昇する

アメリカ株高配当銘柄

高等学校等就学支援金

再就職 成功

株式投資に便利でお得なツール「海外ETF」

中古ワンルームマンション投資が失敗しない

2014-09-28

投資信託とは

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。


投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。


つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。

この点は銀行の預金などとは違うところですので注意が必要です。


低収入でも貯蓄強迫性障害即日キャッシング