Hatena::ブログ(Diary)

いわき市立美術館PR

2017-08-17

明日8月18日(金)は、夜8時まで開館しています。

f:id:iwakineko48:20170817135654j:image

「魔法の美術館」は、連日、家族連れの来館者でにぎわっています。
子供たちが大喜びではしゃぎまわる様子も、ちょっと美術館離れした”異空間”状態(笑)

f:id:iwakineko48:20170817135707j:image:w360:left

少しゆっくり見てまわりたいなあ〜っという方には、金曜日の夜間開館(夜8時まで開館中)の時間帯をお薦めします。


f:id:iwakineko48:20170817135638j:image

特に、小松宏誠さんの《Lifelog_シャンデリア》のある空間は、心を無にしてボーッと時間を忘れて佇みたくなる空間です。作品を仰ぎながら口が思わずポカーンと開いてしまうのは筆者だけかなあ…。

2017-08-16

魔法の美術館はみんなのパラダイス!

魔法の美術館と化したいわき市立美術館は、連日、ご家族連れで大賑わいしています。
魔法の美術館の会場に限っては、写真撮影OKなので、不思議で面白い記念写真や動画がたくさん残せます。

f:id:iwakineko48:20170816155341j:image:w360
f:id:iwakineko48:20170816155337j:image:w360:left

これは、田中陽さんの作品《.hito》
イスに座るとキュビスム的なアート表現に変換された自分の姿が壁いっぱいに映し出され、少しの動きで自分自身が驚きの変化を見せます。


f:id:iwakineko48:20170816155445j:image:w360

これは、的場やすし/山野真吾/徳井太郎さんたちの作品《SplashDisplay》
敷き詰められた白いビーズの上を動き回る光の的めがけて玉を投げてみましょう。命中すると色鮮やかなビーズが噴水のように舞い上がりとても幻想的!


f:id:iwakineko48:20170816155526j:image:w360:left

歩く人の動きに合わせて様々な色や形の光があふれだす、坪倉輝明さんの《七色小道》


f:id:iwakineko48:20170816155605j:image:w360:right



藤本直明さんの作品《Immersive Shadow》
壁一面に現れた自分の影で色とりどりのボールをはじいたい、飛ばしたり、蹴ったり…。
思わず、手で足で、お尻でだってポーン!ポーン!

このほかにも、感動系、癒し系、体感系なアートの数々が皆さんを不思議な世界に導きます。
ぜひ、一度ご体験ください。


f:id:iwakineko48:20170816155745j:image:w640:right

そうそう、いわき市内の小中学生のみなさん。このチケットを学校から配られませんでしたか?
これは、いわき市内の小中学生のみなさんだけにお配りした「魔法の美術館への特別招待券」です。
夏休みの思い出の1ページに、美術館のアート体験を加えてみませんか?
お待ちしています。

2017-07-23

参加者募集! 実技講座「風植物の庭研究所」

f:id:iwakineko48:20170525131250j:image:w640

「魔法の美術館」出品作家 小松宏誠(こまつこうせい)先生と一緒に、鳥の羽根や紙、針金を使って「風植物」を作ります。「風植物」とは、飛ばすと、ヒラヒラと舞い降り、ふわり着地する作品です。
 「風植物」をたくさん作って、美術館のロビーに飛ばし、「風植物の庭」に飾りましょう。

【日時・コース】
8月1日(火)10:00〜15:00  Aコース
8月 2日(水)10:00〜15:00  Bコース
     ※制作内容は両コース同じ。
【講 師】 小松 宏誠(こまつこうせい) 魔法の美術館 出品作家
【会 場】 いわき市立美術館 1Fロビー 
【定 員】 10名    
【対 象】 小学生以上   
【参加費】 無料
【応募方法】事前申込制(先着順)、電話で応募。定員になり次第締め切り。

 ※お昼をはさみますので、昼食は持参するか、飲食店等でとることもできます。
 ※子供だけの参加もできます。その場合は、昼食と水筒を持たせてください。

夏休みの自由研究に!夏休みの楽しい思い出に!
美術館でアーティストと一緒に作品を作ろう!

2017-03-30

公開制作・実技講座「フタバシンブンガムテリュウ」

公開制作・実技講座「フタバシンブンガムテリュウ」が、3/25(土)、26(日)に開催されました。
講師は、新聞紙とガムテープで大きな作品を発表し注目されている関口光太郎(せきぐちこうたろう)先生です。

25日(土)は、小学生1日コースです。参加者は、元気な小学生13人。
f:id:iwakineko48:20170325100244j:image:w360
美術館1階ロビーには、新聞紙の海が広がっています。
f:id:iwakineko48:20170325102807j:image:w360
そこから、関口先生が登場!!みんな声も出ないほどビックリ!
f:id:iwakineko48:20170325104643j:image:w360f:id:iwakineko48:20170325112618j:image:w360
ここから、関口先生と一緒に新聞紙の海の中で「かくれんぼ」や「新聞紙を高くしよう対決ゲーム」をして、関口先生やガムテープ、新聞紙と大の仲良しになりました。
f:id:iwakineko48:20170325114136j:image:w360
次は、「フタバシンブンガムテリュウ」のデザインです。首長竜の骨格をもとにカッコいい色と形のデザインをしています。

そして、午後はいよいよ「フタバシンブンガムテリュウ」の制作です。
f:id:iwakineko48:20170325133240j:image:w360f:id:iwakineko48:20170325133618j:image:w360
新聞紙をグチャグチャにしてガムテープで骨組みにグルグル巻きにしていきます。
f:id:iwakineko48:20170325135222j:image:w360f:id:iwakineko48:20170325140337j:image:w360
形がだんだん見えてきました。
f:id:iwakineko48:20170325141928j:image:w360
カラーガムテープで思い思いに色をつけていきます。
f:id:iwakineko48:20170325154028j:image:w360
あっという間に完成。最後はみんなで記念写真。
その後は、「フタバシンブンガムテリュウ」の周りに飾りたいものを作りました。卵、チビガムテリュウなどが飾られています。

26日(日)は自由参加コース。「フタバシンブンガムテリュウ」のまわりに飾りたいものを思い思いに作り飾りました。
f:id:iwakineko48:20170326115744j:image:w360f:id:iwakineko48:20170326145705j:image:w360
f:id:iwakineko48:20170326135220j:image:w360

作った「フタバシンブンガムテリュウ」は4/9(日)まで、美術館ロビー1階で展示しています。
ぜひ、ご覧下さい。

主催:いわき市立美術館
協力:日東電工株式会社
f:id:iwakineko48:20150821133508j:image:w360

2017-03-09

市美展陶芸の部、写真の部 三賞作品

昨日、陶芸の部と写真の部の審査が行われました。

審査員は、陶芸の部が橋本昌彦氏(陶芸家)、写真の部が中村征夫氏(写真家)です。

審査結果については次のページをご覧ください。

http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1458208016482/files/46tougeisyasinnjusyousyaitirann.pdf

トップの三賞を紹介します。

展覧会は明日から3月19日(日)までです。みなさんのご来館をお待ちしております。

f:id:iwakineko48:20170309123220j:image:w360
市長賞 樋田和代「釉裏紅掻落文大鉢」

f:id:iwakineko48:20170309123247j:image:w300
議長賞 新井節子「御影焼締め花入」

f:id:iwakineko48:20170309123150j:image:w360
教育長賞 蕪木良子「万葉の黒船

f:id:iwakineko48:20170309124103j:image:w360
市長賞 小野貞夫「波濤暮色」

f:id:iwakineko48:20170309123841j:image:w300
議長賞 増井やよい「佳穂10才」

f:id:iwakineko48:20170309124219j:image:w360
教育長賞 上原久子「ポニーの詩」