Hatena::ブログ(Diary)

のまずにいられない このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-03-05 復職まで

家に篭ったまま食事をしていては例えカロリーを抑えても何にもならない近所には緑道があり体調が良ければ極力ウォーキングをするフサフサ白いかわいい犬や色んな柄で全身コーディネイトしたお婆ちゃんや地野菜を売るスポットもっと歩けばスーパー銭湯もありそこを足の痛みと相談しながら適当なところで往復する人生は突っ走るだけで折り返しがないと思ってたけど赤ちゃんから大人になり腰が曲がり赤ちゃんに戻っていくのだとつらつら考える耳には星野源米津玄師が機嫌よく鳴って。


オランジーナのまずにいられない。ジュースはたまに飲みたくなって買う。ベンチに座って口に含む。普段お茶ばかり飲んでる喉には新鮮。

それでも生きなければいけない。

復帰まで予定ではあと1ヶ月。副作用でむくんだ体は徐々に縮んでいる。いつまでも傷病手当で暮らすのは負債を増やすばかりだ。年齢不問で使える資格試験勉強もしている。腹にぐっと力さえ入れられれば、またデイリーノートをつけて経過を冷静に管理すれば、大丈夫だ。前回のテキストとは激しい落差があると思われるだろうが、どちらも拙であるコメントをいただいたが、本文を訂正する必要が生じたため、お言葉はきちんと拝受し、申し訳ないが今回は消去させていただきます

生きる覚悟を決めなければ。

nana 2017/03/07 23:05 突然のコメント投稿すみません。
昔、たらこさんとのやりとりから知りました。
お身体大事にしてください。
回復をお祈り申し上げます。

2016-12-19 覚書ストーリー

土曜日テルミン弾いて日曜日は結弦を愛でる晴れたら洗濯しまくり日そのあとちょいビール。←のまずにいられない。

あまりにも鮮明かつ延々とストーリーが続くものだから書いておく

環境:未確定ではあるがITアミューズメント機械パチンコスロットのシステムハード制作している。儲かってはいるが企業としてはブラック。全体的に清潔とはいえない。職場は泊まり込み形式。大きめな一軒家に基本みっちりとザコ寝。寝る場所はそれぞれだいたい決まっている。炊事場が少ないため、昼、夜、深夜と交代しながら自炊してごはんを食べている。

主役女子:大胆な部分と臆病な部分をあわせもつ。同僚の男性に心身ともに依存しているが割と冷たくされている。ある日自らのプログラミングミス会社に大損害を与えてしまい解雇危機に。サポート担当女性マイクを取りリカバリしようと頑張るが、かえって失敗。泣くまいと耐えたが堰を切ったようにある日号泣四面楚歌

準主役男子:主役女性の先輩。年上。美形(松田龍平のような)だがお風呂に入らない。体は臭い。布団も臭い。食事にも興味がなく、一日一回得体の知れないものとおにぎりを煮て食べている。頭脳は良いらしいが仕事をしている姿はまったく見かけない。主役女子は彼と時々同衾し静かに抱かれる。臭さは大丈夫な様子。安心するのだろうか。

主役の妹:同じ会社にいる。仕事はそつなくこなす。姉のことは多少心配しているがあまり関わりたくない素振りも見せている。

準主役男子の息子:準主役には息子がいる。十代後半ぐらい。ときどき父のもとを訪れている。おにぎりを食べ、同じ布団に横になっている。準主役がかつて家庭を持っていたらしいこと、現在は当然ドロップアウトしていること、そして息子が今何をしているか不明。息子は、主役女子が来ると大げさに驚き逃げてしまう。

**

起承転結の起、だけが湧いて出てきただけなので、これらをまとめるかどうかはまったく未定。しかし、30分あまりの間の夢なのに、なんちゅうもんを作り出すのだ、我が脳みそよ。

2016-11-18 ひこうき雲で串を刺す

原因不明の腹痛ゴロゴロに1ヶ月以上悩まされ薬も効かずデクノボウがさらに使えねえやつになりじわじわとデクノポリスもはや社会悪者として塀の角に追い詰められでもばたばた足掻きふたつのW・O・Yを整理する気になった午前2時半おまえ完全にあしたもデクノだぜ。

ミルクティのまずにいられない。早めにごはんを食べてしまったので小腹が減ってしまった。

ふたつのWOY

ひとつはここ、もうひとつは懐かしのジオシティーズに置きっぱなしにしてるもの。向こうは創作浴(誤字変換だけど気に入ったから取っておく)が盛り上がってた時でじっくり書いていた。一方こちらは、前者よりあと、拙い言葉を売る売女になった頃、早く、美しく、たくさん商品を書くためのトレーニングとして始めたんだ。

しかった。とても楽しかった。楽しいしかなかった。完成するまでは苦しくて胃液リバースだったけど仕上がれば結果が出た。

そのあと、わずかながら残る拙の読者さまにはお分かりだろう、ニコニコ動画とかプレゼン資材としての歌詞を書いた。ヘッドフォンを当て、マウスを握り締め、ぽちぽちと着メロオケを作ってた。楽しかった。面白かった。やはり音は楽しい。拙はものを書くか選曲家か、そんぐらいしかできない。だから居心地が良かった。会社は潰れちゃったけど。


おもにこちらで、ときどき呟きます。あ、Twitterはすごくやってる。インスタは羽生くん専用です。来週NHK杯みにいきます。ひとりで。帰ってきたらPCの中身を含む身の回り整理。いつ倒れても恥ずかしくない程度に部屋を整え、ぱんつは極力新しく。

清く謙虚に生きていれば、何かいいこと、ひとつぐらいはあるよね?

v>