麻雀業界日報

◇麻雀業界にいた人間の、麻雀についての日記です。世界一はあきらめました。
◇麻雀関係のサイトを巡回するizumickアンテナもご参照ください。
◇お探しの記事が見つからない場合は「日記の検索」・2004年記事一覧2003年記事一覧記事一覧をご利用ください。
◇別館・麻雀業界アーカイブパイガ)・ちゅんま(中国麻将)クリップ
这  边  中文版
◇連絡先:izumickプロフィール
ぶんぶんレジデンス(坂本タクマ)2巻出してください投票。

2004-12-23 倒れずの1048枚

麻雀牌塔

河南省の建築家・張徳新さんが、自分の考案した耐震設計を証明するために、麻雀牌と将棋のコマを使って塔を建てたという記事(冒頭画像参照)。麻雀牌7セット分(952牌)+将棋の牌3セット分(96枚)を使い、2年がかりで仕上げたらしい。まさに倒れずの1048枚。

元ネタは作家の五味康祐が命名した「触らずの14枚」。上下対称になっている14種類の牌(一筒二筒三筒四筒五筒八筒九筒二索四索五索六索八索九索白)のことだが、麻雀研究家・浅見了先生はそれを更に押し進め、「さわらずの136枚」なるものを発表した。先生の旺盛な遊び心のなせる技であり、感服するほかはない。

繁忙期につき粗略にて失礼。


【告知】「麻雀マンガ大賞2004」今年もやります。

昨年の年末年始にかけて行われ、小さな話題を呼んだ「麻雀マンガ大賞2003」(主催・本誌)。アンケート投票によってその年最も面白かった麻雀を決めようという試みである。

昨年は『天牌』(嶺岸信明+来賀友志)が見事なV1を飾ったが、さて今年はどのマンガが栄冠に輝くか。投票期間は2004年12月28日〜2005年1月3日ごろを予定している。資格・ノミネート作品などは特にないので、麻雀マンガに興味のある方はぜひ投票をお願いしたい。

【参考】


[]2004麻雀流行語大賞は「千式麻雀」

izumickが勝手に選ぶ2004麻雀流行語大賞は「千式麻雀」の頭上に輝いた。考案者のヒロタシ氏(id:hirotashi)には、mixiコミュニティ「千式麻雀」が贈られる。その他のノミネート作品とともに、簡単に紹介していきたい。


【大賞】千式麻雀(せんしきまーじゃん)

今年もっともブームを巻き起こした麻雀ルール。

  • 南場で、アガった人もしくはテンパイした人がトップになった場合のみ終了。
  • トップ1人のみが1勝、他3人はともに0勝

というシンプルなルールは、当初盛り上がるとは予想されていなかった。
しかし遊んでみると、スピーディな展開、駆け引きの妙、アガラス・アガサンなどの排除による面白さは想像をはるかに超え、あっという間に麻雀サイト管理人の間に広まっていく。

9月には初めての大会が開かれ、その後も例会が続いている。その中で幾つかの問題点が抽出され、議論が進んでいる。より面白く自由なゲームの確立に向け、来年も活発な活動が行われるのは間違いのないところであろう。文句なしの大賞に推したい。

その他のノミネート語は以下の通り。

【第1位】北四巡(ぺーよんじゅん)
北を4巡目に切ること、あるいは北を4巡続けて切ること。類似品として、3巡目にカンをする「姜尚中(カンサンジュン)」もある。
【第2位】オバカミーコ
マンガのタイトルにして主人公。『オカルティ』で失った(一般ファンの)人気を取り戻すべく、片山まさゆきが大奮闘したその象徴。
【第3位】ロンロン・らいぶ雀!
プロ団体が運営参加しているネット麻雀。リアル麻雀を中心にした活動は変わらないが、ネットにも多くのファンを求めたという意味で画期的。
【第4位】オカルトバスターズ
こちらは「月刊プロ麻雀」誌から誕生した言葉。デジタル雀士を自認する3人のプロが、麻雀にはびこるオカルトを退治すべく結成したユニット。ある程度のインパクトを残した。
【第5位】ハンゲ
ゲームコミュニティ「ハンゲーム」の麻雀。今年ブレイクし、東風荘に次ぐ第2のネット麻雀の地位を確かなものにした。2ちゃん麻雀板のスレの伸びでは既に東風をしのぐ。
【第6位】小雀鬼(しょうじゃんき)
コスプレ麻雀店「LittleMSN」で働く女の子たちの愛称。ネットで大変な評判を呼び、彼女たちの日記も多くのオタの心を捉えた。麻雀業界では、浅見先生が行ったということでちょっとした騒ぎに。
【第7位】DVD
雑誌「近代麻雀オリジナル」「近代麻雀ゴールド」にDVDが付録として付くようになった。内容はおいといて、100円値上げしたことによる反発が一部で巻き起こった。
【第8位】シュルル・スポッ・ゴクン
2004年最大の電波麻雀マンガ「花引き」に登場する擬音。昭和礼次郎の投げた手裏剣が花引きヴォルガ竹之丞の正の運気によって向きを変え、礼次郎の口に放り込まれた時に発せられた。
【第9位】遅刻ワイド
日本一の天牌サイト「It"sマジカルワイド」を運営するマジワー氏の特技。自身の卒業を記念した麻雀大会に2時間遅刻してくるという離れ業は、多くの人の心胆を寒からしめた。
【第10位】キン
ポン・カンに続く第3の発声。2ちゃん麻雀板「同じ牌5枚ずつで麻雀をやったら」で考案された。お察しの通り、同種の牌が5枚そろったら「キン!」と発声するものである。

冒頭でも述べたとおり、自分の個人的な印象によって選んだので、偏りがあるのは避けられない。また2004年の麻雀業界の事件・10大ニュースなどは、きっと他の人がやってくれるに違いない。他力本願しつつ、この記事を終えたい。

hirotashihirotashi 2004/12/24 02:28 大賞ありがとうございます。名誉に思います。それはともかくマンセンゴさんの仰るポイントも今後の課題ですね。単純にテンパイヤメを禁止するだけではまた他の問題を生むことになるだけでしょうし。

izumickizumick 2004/12/24 11:58 hirotashi the inventor さんコメントありがとうございます。お忙しいようで何より?です。
いま意見をまとめているのですが、個人的には、千式によって得られる自由に比べれば些細なことだと思います。そもそもそういう点差になった事は自分の位置どりの失敗でもありますし、通常のオーラスに比べて、いきっ放しの度合いがそんなに激しいとも思いません。
また、そういう状況の出現頻度についても、注意深く計量する必要があるのではないかと思います。直感ですけど、トップ目がリーチ>下りて4着目が軽いアガリすることに期待。というケースの方が多いと思いますし。

ひいいひいい 2004/12/26 02:57 ひいいの麻雀研究のひいいです。
izumickさん、北四巡と槓三巡、笑いました。
弊サイトの「1−07 麻雀格言」の下の方にある「創作ギャグ格言」に載せたいのですが宜しいでしょうか?

izumickizumick 2004/12/26 16:52 ひいいさんコメントありがとうございます。最近一人麻雀にはまってます。
「麻雀格言」は→ですね。http://www.ix3.jp/hiii/02mahken/1-07kakugen.htm 。そもそも自然発生した言葉なので、私の許諾は不要です。できれば両方とも「読み人知らず」で登録していただければ、と思います。

ひいいひいい 2004/12/26 21:33 izumickさん、ありがとうございます。
早速、登録します。


マンセンゴPOINTCLUB 天牌同盟
□免責:この場所で提供される情報のほとんどはWEB上からの伝聞に基づいてizumickが妄想を繰り広げたものです.
この情報を閲覧したことによるいかなる直接的・2次的な損害についてもizumickは保障いたしませんが,お悔やみは申し上げます.
ご自身の判断によってご利用ください.
□著作権上問題がある場合は,izumickまでご連絡下さい.誠意を以て対処申し上げます.