Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Tue 2016.06/21

この夏の暑さをハッカ油で乗り切ろう

| この夏の暑さをハッカ油で乗り切ろうを含むブックマーク

 今は6月21日。今年の7月も押し迫ってきました。


 毎年、夏の暑さには苦労させられているのですが、今年から注目しているのがハッカ油」による暑さ対策です。

 当方もこのハッカシステムを導入することで、かなり暑さの苦しみを回避できており、今のところ冷房機器を導入しない生活を送ることができています。

 今回はその効果用法の紹介をしたいと思います。


 「ハッカ」とは英語でいう「ミント」のことで、そのハッカの成分を含有させたオイルがハッカ油です。

 ミントをオイルに漬け込んで自家製することもできるようですが、そんなにお高いものでもないので、既成品で充分でしょう。


ハッカ油P 20mlハッカ油P 20ml

健栄製薬 2007-03-29
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


効果

 これを一滴から数滴、肌に塗ったり、お風呂に垂らしてから浸かったりすることで清涼感を得ることができます。


 原理としては、ハッカの成分が「皮膚の表面にある冷たさを感じる細胞」を刺激するというもので、それにより「脳に涼しい錯覚させる」という、ドラッグじみた効果があります。

 メンソール煙草を吸うと、口の中がスースーして感じますが、実はそのスースーもハッカ油と同じ成分による効果です。


注意点

 注意が必要なのはあくま感覚細胞の「錯覚」でしかないため、涼しくても「実際の体温が下がることはない」という点。

 炎天下なら熱中症危険は避けられませんし、発汗も当然あるので、こまめに水分補給をしたり、手足を冷水で冷やしたりするような対処自己判断で行いましょう。


 次に、用量の注意点。これは身体に塗る場合、一滴から数滴で十分です。

 よく「ハッカ油の塗り過ぎで凍えそうになった」という経験談も聞きますが、全身に大量に塗ったりしないかぎり大丈夫だと思います(個人差はあると思いますが……)。

 お風呂に垂らして入るときも、数滴で充分でしょう。


塗る場所

 そこで実際の使用法ですが、自分のやり方をざっくりと説明します。


 まず、ハッカ油を塗る場所を決めます。

 当然、「暑さを感じやすい箇所」を探して、そこに塗ることになります。

 血管が表面に集中して赤くなっているところや、もともと「放熱板」の役割をしている箇所を探すといいでしょう。

  • 耳の肉、耳の裏(耳にはもともと放熱板の役割があって、暑くなると赤くなりやすい場所です)
  • 首の裏、もしくは首全体
  • 、頬
  • 下腹部、胸、鎖骨あたり
  • 肘関節の内側(血管が集中しているところ)
  • その他、赤くなってたり熱を感じているところ

 さらに、座り仕事などをしていると、椅子と身体が接している部分に熱がこもりやすくなるため、そういう背中や腰の部分に塗っておくといいでしょう。

 ただしもちろん、皮膚が薄くてデリケートな部分には塗らないように気をつけましょう。


 ハッカ虫刺されにも効果があるようなので、ついでに刺され跡に塗っておいてもいいでしょう。


塗り方

 これは自分のやり方ですが、まず洗面台に立って、塗ろうと思った肌の部分を手で濡らします。

 汗や汚れを、簡単にぬぐってからのほうが清潔ですし効きやすくなると思われます。


 次に、濡れ手にハッカ油を一滴垂らします。勢いで三滴くらい垂らしてしまうかもしれませんが、別にそのくらいは大丈夫です。

 両手を合わせてそのハッカ油を軽く伸ばしたら、塗りたい場所に直接塗布していきます。

 これで終わりです。


 ハッカ油の塗布には、濡れタオルスプレーを使うというやり方もあるようですが、手で直接塗っても問題はないようです。

 おそらく皮膚が厚いせいだと思いますが……、「ハッカ油を塗る手」の側にハッカ油をどれだけ垂らしても、その後で手のひらがめちゃくちゃ冷たくなる、ということも別にありませんでした。


 報告は以上です。 

 というわけでハッカはいいぞ。


ハッカ油P 20mlハッカ油P 20ml

健栄製薬 2007-03-29
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20160621

Fri 2016.06/03

アヒルさんチームの魅力とその「根性」の意味

| アヒルさんチームの魅力とその「根性」の意味を含むブックマーク

ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2016-05-27
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ガールズ&パンツァー 劇場版Blu-ray Diskが発売されて6日が経ちました。

 このブログで「ガルパン」を記事にするのは初めてなのですが、Twitterでは結構たくさん語っていたりするので、その一部をここにも書き留めておこうかと思います。


ガールズ&パンツァーガールズ&パンツァー

バンダイビジュアル株式会社
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 主に取り上げたいのはTV版のことで、全編通して一番好きなのが、VSプラウダクライマックスのこのシーン。


佐々木あけび「もうダメかも〜。ふぅぇ〜ん」

磯辺典子「泣くな! 涙はバレー部が復活したその日のために取っておけ!」

あけび「はぁい!」

近藤妙子「大丈夫! こんな砲撃、強豪校の殺人スパイクに比べたら、全然よね!」

西忍「そうね! でも今はここが私たちにとっての東京体育館! あるいは代々木第一体育館!」

アヒルさんチーム「そ〜れそれそれー!!!」

(TV版第9話)

f:id:izumino:20160603031856p:image:w360


 めっちゃ熱くて泣けますね。「でも今はここが私たちにとっての東京体育館! あるいは代々木第一体育館!」「そ〜れそれそれー!!!」は好きなセリフランキングならぶっちぎりに1位です。アンツィオ戦を含めると、やはり磯辺キャプテン「もう一度最初からだ!」も入ってくるくらいアヒルさんチームはいいセリフが多いです。


肯定的に描かれる「アヒルさんチームの根性

 磯部キャプテンの言う「つまり根性」「あとは根性ですが、あれはめちゃくちゃいい精神論の使い方をしている、と少年漫画などの根性描写にこだわりがある人間からすると思うわけです。


 劇場版では知波単学園選手にお説教までしているように、彼女たちが行う「根性」は、タクティクス的にネガティブな扱いを受けていないのも重要でしょう。

 彼女たちは、突撃して自滅するだけの知波単とは対照的に、適切に精神論を使いこなしている。


 精神論と聞けば「理屈抜き」「無謀、無策」という意味で捉えられがちですが、どちらかというと「直観」と呼ぶのが相応しいものです。

 やった後から分析すれば説明できるかもしれないが、すぐには頭が追いつかない判断、というのが「直観」であって、適切なトレーニング詰んだ人間にとってはだいたいこの直観が理性よりも正しい。

 しかし人は説明できないことを恐れる傾向があるため、「直観が正しい」場合であっても、精神ブレーキ(実力のキャップ)を掛けてしまう性質がある。


 そのブレーキを外し、全力の行動をするために「根性」が必要になる。

 例えば、スポーツで「たぶん100点までいける」と確信している際に「でも理論上で確実に保証できるのは55点くらい……」という自信しか持てない時は、実際その55点付近の成績になってしまうものです。


 で、磯辺キャプテンは「よくわからなかったけどやればできることだ」とほぼ確信している時に「つまり根性」「あとは根性」とチームに指示している。

 これは知波単の精神論とは当然、非常に対照的で、つまり日本軍的な精神論とは、「負けそうなのは直観でわかってるけどそれを忘れる」ために掲げられるものだからです。


ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!
鈴木貴昭

バンダイビジュアル株式会社
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この差は、アンツィオ戦の「よっしゃあ佐々木! 最初からもう一度だ!」でも顕著でしょう。


f:id:izumino:20160603034227p:image:w360


 今までの砲撃が豆戦車無効だったと判明した上で、「正しい方法でなら不可能ではない、と西住隊長は言っている」という状況でのセリフ。

 ふつう人間であれば、「今までの苦労がムダだった」と思ってしまうと、もうなんか疲れた、やる気も湧かない……と実行に精神ブレーキがかかるだろう、しんどい局面です。

 でも今はそんなこと(=今までの苦労)関係なくて、隊長から可能だと言われてるんだから、「最初からもう一度だ!」とイチからリセットして気合を入れ直すことが正しい――。


f:id:izumino:20160603034939p:image:w360


 ちなみに八九式でマウスの砲塔をブロックした作戦(TV版第12話)については、車内から手で押すこと自体意味はないものの、作戦レベルで見た場合、やはり「無謀なことをやっているわけではない」局面です。

 そこで可能なできるかぎりのことを全体としては行いつつ、(操縦手以外はやることがないし)メンタルを保つために「根性のついで」で押してる感じでしょうか。


 そもそも磯部典子の言う「根性」はかなり包括的概念で、「ちょっとだけ頭使って後は根性!」という名台詞もありますが、作戦フォーメーションが好きなのもバレー部の特徴です。

 河嶋桃の立てた作戦を聞いたキャプテンは、嬉しそうにガッツポーズを取る(TV版第2話)。


f:id:izumino:20160603040035p:image:w360

  • 関係ないけどここは、全くの初心者車長だからこそ「作戦」という概念を初めて知って目を輝かせる澤ちゃんと、しっかりみほの顔を観察してる会長……などと見返すとすごく見所の豊富なシーン

 桃の立案の浅はかさには気付かないものの、スポーツ選手として「作戦を駆使して勝つ」ことは当然のスタンスであり、俄然やる気の湧く「戦い方」であることがキャプテンの表情からは窺えます。


 学園内での初練習では、歴女チームと秘密協定を結んで西住みほのチームを出し抜こうとするなど、敵の裏をかこうとする労を厭いません。ドラマCDでは「脳筋」の扱いを受けたりするものの、劇場版では「殺人レシーブ作戦」を積極的提案し、知波単の戦車を率いて作戦指導をしてもいるのです。

 天井からのナックルサーブダブルブロックからの近距離スパイク!」


 だから「作戦」好きの磯部キャプテンにとって、おそらく策を思い付くことすらも「根性」に含まれている。

 つまりキャプテンは「頭を使っている、という自覚をせずとも思考を行う」人間であり、自分が策士のように考えているということを意識しない。

 全ての思考過程や行動を根性で済ますことができる。こうしたシンプル思考パターンには、純粋に見習うべき点が多い気もします。……特に「思案しがち」な頭脳労働者にとっては。


 劇場版で言えば、「私たちにできることってなんだろう」と悩み、「考えつづけながら」できることを探していたウサギさんチームと、初めから「自分たちにできること」を実行しつづけたアヒルさんチーム……、という対比も存在していたかもしれません。


スポ根としてのガルパン

 「ガルパン」をスポ根ものとして観るならば、アヒルさんチームがテーマ的な主役ともなるはずで、あの蝶野正洋大使アヒルさんチームの佐々木あけび好きだというのも、単に体育会系の好みというだけ*1で片付けず、つまりそこにもガルパン面白さが詰まってるんだ、と解釈できる余地があるはず。


f:id:izumino:20160603153615j:image:w360


 監督発言によると、ガルパンは「スポ根」を意識して描いていなかったそうですが、そういうコメントが出てくるというのは「スポーツにおける根性」をどう解釈するか? という問題でもあるのでしょう。

 その一方、(高校野球漫画の)『キャプテン』はドラマの参考にしていたそうで、『キャプテン』にしても充分に根性ドラマだと思うのですが、何を「スポ根」と呼ぶべきなのかは区別が難しいものです。


意外と性格分けのあるアヒルさんチーム

 キャプテン以下、4人いるメンバーの性格分けについても触れておきます。

 主に「根性」を言い出すのは磯部キャプテンで、バレー部復活に対しても最も純粋です。他の後輩3人は、割とバレー以外のことも話題にしたがります(劇場版の特典OVAでは、バレーバレー以外を混ぜようとする3人に「バレーやろうよ」とキャプテンがツッコむ場面もある)。


 佐々木あけびは弱音も吐く泣き虫ですが、キャプテンの示した道にはよく従います。意味がなくても、キャプテンと一緒に砲塔を押すのがあけびです。


 近藤妙子はわりと常識人で、根性で砲塔を押すキャプテンとあけびにツッコみを入れる役。通信手という、全体の指揮に通じるポジションのためか、今後の戦車道について澤梓と相談したりもするらしい(という公式媒体記事存在する)。

 根性があるというよりは陽性の楽観論者で、逆境に挫けないタイプ、というイメージ


 河西忍も冷静なところのある常識人で、操縦手として指導を受けていた冷泉麻子との上下関係意識してるあたりが体育会系っぽいです。戦車を探す麻子を「まるで刑事みたい!」と感心したり(TV版第7話)、アプリゲーム戦車道作戦」に収録された「冷泉先輩仕込みのドライブテクニックを見せてあげる!」という後輩らしいセリフも印象的。

 近藤妙子とは逆にニヒルというか、逆境プレッシャー意識して自分を追い込むタイプに映ります。でも今はここが私たちにとっての東京体育館


 こうして見ると、チームとしての一体感はすごくあるのに全員が根性言ってるわけではないことにも気付けます。

 アヒルさんチームは「初見では各キャラ判別がつかない」という視聴者も多いと思うのですが、そんなチームでも性格けが見付かるわけです。


 ただ、ひとつのチームに性格けがちゃんとある、各キャラ個性がある、というよりも、ここが「ガルパン」のキャラの回し方で注目すべき点だとも思います。

 バレー部というひとつ人格をよっつに分裂させた結果のようなもので、意思エネルギーを司るキャプテン、気弱な内面象徴するあけび、楽観的な妙子、冷静だがモチベーションの熱い忍……というように、必要機能を分配し、四人合わせて「アヒルさんチーム」が成立するようになっている。


 ぼくは物語を読む際、ユング心理学の影響が強い人間なので「『桃太郎』の桃太郎とお供はひとりの人格機能をよっつに分けたもの」的な解釈をしたほうが納得しやすいタイプなのですが、ガルパンは近年、特にその解釈マッチする物語になっているとも感じています。


 だからアヒルさんチームのセリフで一番泣けるのは、打ち合わせもなく正念場で声を合わせて言う「そ〜れそれそれー!」なんですね。

 「そーれ!」が定型句バレーボールにそんな掛け声は本来ないはずで、つまり複数人ぶんの掛け声をくっつけて一気に、全員で言っている」という、現実にはありえないセリフであって、ちょっとした脚本上のマジックが掛けられているシーンです。

 相談もしてないはずなのにその場の掛け声がぴったりシンクロすることで、心がひとつになっていることを演出している。


 出来事理屈説明できないような、リアリズムを超越した瞬間が「ガルパン」には度々発生することがあり、そこにこそ感動できるんだと思うんですね。


 ガルパンミリタリものという性質もあって、合理的なタクティクスやキャラクター心理解釈が優先して語られがちだと思うのですが、物語的には気持ちが強い方に勝利が傾く」という演出になってるのも確かです。


 そうした、「SF寄りというよりファンタジー寄り」と言いますか、「空想としての物語」という視点から「ガルパン」を楽しむということについては、また改めて記事にしたい気持ちがあります。

 それは以前、児童文学メルヒェンの角度からアニメを論じていたのと似たアプローチになるでしょう。

キャラクターデザイン効果

 余談ですが、キャラクターデザインの点においてもアヒルさんチームは独特なポジションにあります。

 例えば、脇役チームのなかでも、ネトゲチームは(メインキャラクターデザインの島田フミカネ氏ではなく)野上武志氏がまとめてデザインしたものです。

 全体的にシンプルなコンセプトで統一されたメインキャラクター(地味なイメージなのは狙った結果のよう)に対し、「色モノ」枠としてそれぞれ個性的にデザインされています。

 つまり、このチームに関しては各キャラがみな同等に「個人」化されている。


 一方でアヒルさんは、キャプテンのみフミカネデザインであり、後輩3人は野上デザインという分担になっており、シンプルキャプテンを中心にしてまとめられている感があります。

 そしてキャプテンと他3人はデザイナーが異なるため、あんこうチームウサギさんチームのように「(地味なりに)同列の個性が並んでいる」という感覚は薄く、キャプテンあっての後輩3人、後輩3人あってのキャプテン……というように、結果的に各キャラが個人として独立しない、4人でひとつの一体感に結びつくのではないかなと。


ガールズ&パンツァー 劇場版 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー 劇場版 [Blu-ray]
杉本

バンダイビジュアル 2016-05-27
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:と、本人の奥さんが金髪

taida5656taida5656 2016/06/04 16:55 キャプテンの偉大さに気付かされる記事でした。アンツィオ戦で無駄な攻撃だと諦めずにみほの指示にきちんと従い、さらにその直後に敵を倒せずにいたあけびに撃つ際のアドバイスもする。命令を無視して突撃しかしない知波単とはそこも違います。バレー選手として体格に恵まれていないキャプテンだからこそ、力任せの戦い方以外の大切さを理解しているのかもしれないですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20160603

Mon 2016.02/22

テスト

テストを含むブックマーク

 一ヶ月間ほどこの日記がプライベートモードになっていたことにさっき気が付きました。

エリア63エリア63 2016/03/24 20:57 もしよろしければ、リクィド・ファイア・ザ・データベースのプライベートモードも解除していただけないでしょうか?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20160222

Mon 2016.01/18

『ウィッチクラフトワークス』の多華宮霞ちゃん

| 『ウィッチクラフトワークス』の多華宮霞ちゃんを含むブックマーク

 12月ガルパン劇場版を観てからというもの、年始ガルパン熱の勢いでTV版全話を一気に見返したり、Amazonプライムビデオでアンツィオ戦を何度も観たりしていたのですが、特に大晦日元旦は録り溜めして積んであったウィッチクラフトワークスアニメ水島努監督繋がりで観る、という過ごし方をしていました。


 原作コミックスコミックス付属OADも補完した結果なんですが、多華宮くんの妹の霞ちゃんが可愛い


DVD付き ウィッチクラフトワークス(8)限定版 (講談社キャラクターズA)DVD付き ウィッチクラフトワークス(8)限定版 (講談社キャラクターズA)
水薙 竜

講談社 2015-01-07
売り上げランキング : 52476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 妹の霞ちゃんは「兄と夫婦になって一生ずっと一緒にいたいけどそれは兄妹なら当然の権利なので別に好きだと思ってないし恋人になりたいわけでもない」って認識を本人はしてるとことかいいブラコンキャラだなあと。


 霞ちゃんは「高飛車で兄をこき使う妹」で「甘えたがり」でツンデレというベタな妹要素の集合なのですが、本人はスクールカースト上位で普通に優秀かつ見た目が年下キャラっぽくないことや、そのベタな要素同士が微妙矛盾してるように感じるところなどから、狙って作ったというより作者の狙いがやや斜めにズレた偶然の産物という感触もする。


 例えば「私お兄ちゃんと結婚するー」と小さい頃に口走った延長でブラコン設定の妹はよくあったとしても、キャラとしては「成長後にその発言を後悔するツンデレ」か「成長したので真剣になってしまっている」かのどちらかであって、霞氏のように「成長後子ども感覚で兄のリソースを独占するためだけに結婚したいとしか考えてない」ってブラコン設定は簡単に出てこないものでしょう、たぶん。


 霞ちゃんは性的なことは一切汚らわしいと考えてるらしいので、お兄ちゃんと一緒に寝たがるし風呂に入りたがるけど、本気で恋愛感情のないブラコンっぽく見える。このあたり友人の田沼氏が「いやそれ恋愛感情だろ」と思い込んでいるのでミスリードを誘うんですが、いや本当にこの人は「思春期恋愛感情を経由してないただの妹」でしかないのでは……?


 しかし見た目は子どもっぽくもなく、スクールカーストが高くて強そうなキャラゆえに、幼くて精神年齢の低い妹や、ただのツンデレ妹だとはベタに感じさせず、可愛い。あとアニメでは声が茅野愛衣さんなので、ボケ役や貧乏クジ役の多い役回りながらも、そこはかとなく「正統派ヒロイン」っぽい雰囲気を残しているのもよいバランス感覚になっています。


霞ちゃんはいいぞ

 あとなんでこういうキャラクターに注目するのかっていうと、「家族愛でも恋愛のどちらにも分類できない感じ」が表現されてないと、血の繋がったカップリングを描く意義があんまりないからと考えるからでもあります。

 その点、霞氏はまさに「これはどっちでもないよなあ……」としか言えない心理状態としてブラコン感情を描いているので、こりゃ面白いぞ、もっとやれ、惜しむらくはメインヒロインじゃないのにキャラが立ってしまってることなんだが……と思うところなのでした。


ガルパンFebriガルパンFebri

一迅社 2016-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


年始にしていたガルパンネタのまとめ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20160118


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
2016010206