Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Sun 0000.01/02

Sat 0000.01/01

■を含むブックマーク

一方、セミレギュラーの中では断トツの登場率ながら、

レギュラーである稔二と七華には

完全に負けているのが雨宮ゆり子だ。

雨宮の想いを阻むのは、これまでの螺旋戦士たちが

挑んできたモノと変わらない


そう

「序列のルールである。

※話題が切り替わってるのでカット自体で雰囲気の変化があれば

f:id:izumino:20100519210643j:image


稔二は、父親の死によって心が荒んでしまい、

子供じみた怒りから不良になった男の子だ。

「大人になってよ稔二!」と

かつての七華が心配するほど、コドモだった。


そんな彼が「ななか」の面倒をみる……それは、

「七華と稔二が一緒に大人になる」コトが

この作品のメインテーマであるコトを意味している。


さらに稔二にはもう一つ、クサビが打ち込まれていた。

七華の幼児退行は、キレた稔二が

彼女の心を傷付けてしまったコトが原因だからだ。


※シーン抜粋



だから稔二には、

七華の面倒を見なきゃいけない「負い目」がある。

制作者がかなり強固に、

「七華と稔二の物語

はじめから前提に考えていたコトがわかる。


この強固な<物語>が、全部、そのまま、

雨宮として立ちはだかるのだ!

だがしかし、『ななか6/17』は

物語を終えるためのテーマ

「連載を続けるためのテーマという

二重構造の主題を内包していた。

終わるためのテーマ

 ──「七華と稔二が一緒に大人になる」

   その答えを見つけるコト

f:id:izumino:20100519210642j:image


続けるためのテーマ

  ──「心が6歳児のななかが

    毎回ハチャメチャな騒動を巻き起こす」コト

f:id:izumino:20100519210641j:image

堅牢な物語構造

手堅い連載形式


だがしかし

そこに突破の因子>

すでに含まれていたのだ。

■を含むブックマーク

コンセプト:魔剣の二重投擲+ダメージ軽減


コロナ:執行者

ミームオリジンコラプサー

ブランチクレリック/サクセシュア

宿命:造物主


肉体:10

技術:5

魔術:12'

社会:5

根源:2

白兵:7

心魂値:10


HP:22+30

LP:12

自動取得特技
  1. 大いなる力
  2. 星光召還
  3. 記憶継承:剣素集積
特技
  1. 魔剣召還
  2. 右手聖剣
  3. 最高司祭
  4. 無限解放
  5. 記憶継承II:軍事物資Lv1

アイテム:魔剣の印(5)、無限の剣(10)、ボディアーマー、コンバットナイフ(1)、ボディアーマー(3)、VIPER兵員輸送トランスポーター(5)、多目的ゴーグル(1)、特殊通信機(0)

■を含むブックマーク

コンセプト:パーティのクリ値低下+判定操作、クリティカル盾の乙女


コロナ:星詠み

ミームコラプサーネフィリム

ブランチ:サクセシュア/獣鬼兵

宿命:造られし者


肉体:5

技術:4

魔術:11

社会:10

心魂値:7'


HP:25+


自動取得特技:
  1. 女神の祝福
  2. 記憶継承:やがて来る過去
  3. 獣化
特技:
  1. 盾の乙女
  2. 記憶継承II:天佑の風
  3. 運命介入
  4. 融合捕食:文書作成
  5. 夜明けの星

アイテムコンバットナイフ(1)、カイトシールド(2)、スタテッドレザー(5)、トーアWT-17ライトニング(10)+インジェクター+ウィンチユニット、勝ち栗(1)、魔術書(3)、特殊通信機(0)、多目的ゴーグル(1)、アシスタントクルー(3)、WTスモークディスチャージャー(2)、学生証(1)、冒険クラブ(1)

購入予定:エルテンスープラーメン

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/00000101

Fri 0000.01/00

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/00000100


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107