Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Mon 2004.01/19

izumino2004-01-19

つだみきよ『プリンセス・プリンセス』1巻(ISBN:4403616852)

| つだみきよ『プリンセス・プリンセス』1巻(ISBN:4403616852)を含むブックマーク

転校先の男子校はなぜか大歓迎ムード。■河野亨は知らなかった。■その学校には「姫」という制度があって、■選ばれた者たちは男ばかりの生活の潤いとなるために■イベントの度に女装するということを……。■そしてその白羽の矢が自分にたてられるなんて……。■つだみきよのハイスクールグラフィティ!■注目の第一巻ついに登場!!

 面白い!!!!!!!

 ……一昨日から面白いって言ってばっかりですね。

 でも、この漫画との出会いは自分的にはかなりのショック。去年からマリみて百合姉妹ガールズラブ少女小説少女漫画ボーイズラブ……と追い続けてきてコレかあ。出会うべくして出会ったと云いますか。もしかするとマリみて以上に重要な作品になりそうで怖い。*1

 再び結城さんの弁(id:y_shinobu:20030707#p1)を借りて云うと、この漫画は「男性漫画読者が10年ぶりに手に入れられるグリーン・ウッド」として*2理想的なんじゃないかと夢想するわけですよ。マリみてよりむしろ。

 あと、これも去年結城さんと話した時の受け売りなんですが、


 「少女漫画家が男子校の漫画(ここでの例はグリーン・ウッド)を描いた場合、自分はオトコだからどこまでがリアルでどこからがファンタジーなのか区別しながら純粋に楽しむことができる。逆に女性作家が女子校の物語(ここでの例はマリみて)を描いた場合、オトコはどこからどこまでがファンタジーなのか区別できなくて純粋に楽しめない」*3


みたいなことを彼は言っていて、なるほどその視点で云えば、ぼくが『プリンセス・プリンセス』を面白く読めるのは至極自然なんではないかと。


 しかし、萌え感情とは全然関係無く読んでる自分が居て面白い。素直にこの世界が楽しいし、美形の男性キャラが出てくると何故か喜んでるし。

 あー、マリみて読んだ時も大体こんな感じでしたわ。*4

 ただマリみての場合、猛烈な下調べをしなきゃいけないっていう強迫観念がありましたけど。*5それで百合姉妹を買ってクララ白書を読んだり、フェミニズムレズビアニズムと照らし合わせたりしてたわけだ。

 『プリンセス・プリンセス』は予備知識無しでも楽しめる漫画……かな?

今木さんとこ

| 今木さんとこを含むブックマーク

http://imaki.hp.infoseek.co.jp/200401.html#15_1

 リンク修正のお願いをリファとばし(※済)。

 件の記事を旧日記からはてなに転載しました(id:izumino:20031103#p1)。


 相田裕が「銃と少女」というテーマに対して(大好きだけど)禁欲的である、というのはぼくもそう感じます。

 記者会見やインタビューがあると、誰も突っ込んでないのに「使い古されたテーマだと思いますが……」と自分で念を押すあたりとか。

荒木飛呂彦『スティール・ボール・ラン』連載開始

| 15:36 | 荒木飛呂彦『スティール・ボール・ラン』連載開始を含むブックマーク

 なんか荒木飛呂彦版の『X』とか『ツバサ』って感じの漫画になりそうなヨカーン。もうジョジョじゃないんですね。

久しぶりにウルジャンを読む

| 久しぶりにウルジャンを読むを含むブックマーク

 いや、MAGI氏の日記に触発されて。

 この雑誌、どのページを開いても格闘マンガばっかなんですね。

 相変わらず天上天下の中国拳法解説はすげえテキトーだ。外三合ってそういう意味でしたっけ。銃夢の宇宙八卦掌は良かった。

*1:まぁ作家性の違いは勿論あって、今野さんが長いスパンの人間ドラマを描く一方、つださんが描くのはあくまでコメディなんだけど

*2:『プリンセス・プリンセス』は原案がBL漫画用に考えられていたらしいので、漫画の系統としては複雑。なのでグリーン・ウッドと似てるとか影響があるとかは言わないです。そこらへんはマリみてと一緒

*3:その後に、「マリみては全部ファンタジーだから」と思考停止して(=「萌え」という言葉で片付けて)読もうとする男性オタク批判に繋げられていた

*4:いまだに「これは萌えだな」って思えるキャラ由乃さんと可南子ちゃんくらいしか居ないし

*5:勿論、言われずとも「どこからどこまでがファンタジーなのか」を知っておかないと「純粋に楽しめない」気がしたからだ

miduki144miduki144 2004/01/19 17:05 プリ・プリ、面白いですよね(笑)友人がBL系の本をいっぱい持っていて、貸してもらいました(笑)つださん(蔵王さん)の絵は好きですvv

izuminoizumino 2004/01/20 10:27 2巻を注文中です。凄い勢いでつださんの単行本が揃ってきましたよ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20040119


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107