Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Wed 2004.01/28

izumino2004-01-28

夢に出る管理人「ゆめかん」

| 夢に出る管理人「ゆめかん」を含むブックマーク

 今日は根子(id:katzendr)さんと(id:kaolu4s)さんが出てきました。

 でも何故か薫さんに根子さんを紹介する時に「えーと、この人が“Not a Serious Wound”のハラさんです。……いや、ちゃう!」とボケてました。*1

那州雪絵『魔法使いの娘』1巻(ISBN:4403617263)

| 那州雪絵『魔法使いの娘』1巻(ISBN:4403617263)を含むブックマーク

 結城(id:y_shinobu)さんが「那州雪絵は健在だった!」って言ってたので購入。

 むう……確かに衰えてません。間違いなく、過去の作品と同じ作者が描いた漫画ってのが伝わってきます。ヒロインの中身は『フラワー=デストロイヤー』と全然変わってないし。


 ただ漫画を描くことに手慣れている感じはあって、特別シリアスに走るわけでもないし、コメディに行くわけでもない。リキまずに物事を乗り越えていく。ドラマ的要求をはねのけていく。お話がブレない。

 作者は本当にこういうヒロインキャラ造形が好きで、こういう物語が力を持っているっていうことを本気で信じているんでしょう。だからこそ安定して読ませられるんだと思います。*2

色々

| 色々を含むブックマーク

 あんまり仮想的な集団を捏造したくはないんですが、ぼくは昔のオタクと最近のオタクは別の人種である、と考えがちです。

 でも厳密に定義しようとするとただの世代論になってしまうので、そういう決めつけ方はやめた方がいいかな……という気もしますが。

 ぼくの場合は中学生の頃(90年代前半)から昔ながらの「先輩オタク」を意識して参考にしてきたところがあるので、古いタイプのオタクであるっていう認識が強いです。*3


 抽象的に言うと、古いオタクは「オタク的にものを見てしまう人々」で、最近のオタクは「オタク的なものを好きな人々」……という感じに分けてます。

 昔は無かった「オタク市場」という言葉があったり、ネットを使って同好の士とのコミュニティを簡単に手に入れることができたり、優秀なオタク個人サイトを閲覧していれば面白いものを自分で探す努力をしなくていいようになったり……これ以上続けるとなんか愚痴になりそうなのでやめておきます。

 最近のオタク全てが同一の傾向を持っているわけがない以上、やはり仮想集団の捏造にしかならない。そこらへんの言葉遣いは気をつけるようにしたいところです。


 そりゃあポルノ商品を「射精作品」とか「絶頂作品」とは呼ばないわけで……とか考えるんですが。射精させることのみを主眼とした作品があると同時に、全然ポルノじゃない作品で絶頂を得るのも可能。萌えにも同じことが言えるんじゃないか。

 笑いとギャグマンガの関係にも同じことが言えるかもしれない。「これ、ギャグだけじゃないですよ。面白いですよ」ってのは良く聞く言葉です。それでもギャグマンガがギャグマンガとしてラベリングされるのは、「ギャグマンガ形式」で漫画が描かれているから。

 しかし萌えのある作品を萌え作品と呼ぶ時に何かしらの違和感がつきまとうのは、「萌え形式」が確立されていないからではないか。

 萌え作品と呼ぶことの是非よりもむしろ、判別に足る「萌え形式」の不在こそが問題にされるべきではないのか(いや、無くてもいいと思うけど)。

なんか出口を作りにくい議論なんですが、追記

| 23:08 | なんか出口を作りにくい議論なんですが、追記を含むブックマーク

 逆に、大きな声でこれは萌え作品だと言い切れるジャンル規則があればいい。それが無いっていうことは、単純に弱いジャンルであるということ。多くの萌え作品は、「萌えだけじゃない」のではなく「萌えだけになりきれない」のだと思う。必ず何らかのジャンルに寄生しなければならない、単独では力を持たない要素。


 いや、そもそも「少年漫画少女漫画の間に漫画としての境界は存在しない」みたいなことを言ったのは誰でしたっけ?

 「少年漫画文法」や「少女漫画文法」は先人漫画家が残した遺産ではあるでしょうが、必ず守らなきゃいけないわけじゃない、あってなきようなものでしかない。そうすると、作品のジャンルというのは結局掲載誌や媒体に拠るということになる。

 じゃあ「オタク作品」? 「素晴らしいオタク作品です」って言うのはかなりの誉め言葉のような気がしますし、「これ、オタクっぽくないんですよ。オタクじゃなくても面白いですよ」って言うのも正しい使い方のような気もします。

 そこに萌えが含まれないケースもあるでしょうが。

*1:無論ハラさんにお会いしたことは無い。どっちにしろ失礼な夢ですね。ごめんなさい

*2:本質的な部分で「成長しない漫画家」ってやつなんだろうなあ

*3:ちなみに、ぼくが「古いオタク」だなあと感じるのは、今30代後半くらいの人達です。20代後半〜30代前半は玉石混淆の世代だと思う

萌え作品萌え作品 2004/01/28 15:03 kaoluさんは物語表現の「ジャンル」と、表現の「コード」を意図的に混同させていますね。「萌え」はあきらかにコードです。形式ではなく、形式を構成する要素です。たしかに「萌え作品」という呼び方は妥当ではありませんが、萌えのコードを多く含んだ作品という意味で捉えるのが普通でしょう。コードに実体はあって、それは「猫耳」だとか「メイド」だとか「ドジっ娘」と、その組み合わせだと思います。

izuminoizumino 2004/01/28 17:00 まぁ、その意図的な混同のまま押し問答を続けると、萌え作品は「無い」という結論になる。じゃあ呼び方を変えるべきなのか。「萌やし作品」なんてのはどうだ? とか

izuminoizumino 2004/01/28 17:09 ところで「ギャグマンガ」は明らかに「笑かし作品」なのに、「萌やし」と書いた途端に媚びだとか言う人が出てくる気がするのが不思議です。同じことだと思うんですが

TskkTskk 2004/01/28 19:21 萌えの発見に主体性を求めると、萌やされるという受け身を嫌うのではないでしょうか?

TskkTskk 2004/01/28 19:28 1/23の作り手/受け手の共犯関係の話題もその辺りかと。ただ、完全に主体的な見方も、完全な受け身も共犯関係にはならない。『積極的』に『受け入れる』という微妙なラインが共犯関係だと思います。

萌え作品萌え作品 2004/01/28 19:42 意図的な混同があるにしろないにしろ「萌え作品」は厳密にはないと思いますよ。その点はkaoluさんが正しいと思います。ただ、商業的にコードを前面化して「萌え」を自明にした作品はありうるでしょう。それは「萌えコンテンツ」と呼び、コンテンツ産業として認識するべきだと個人的には思います。

萌え作品萌え作品 2004/01/28 19:48 媚びたように見えるのは、萌えのコードを含みやすいジャンルが、コードを自明にする類のジャンルではないからだと思います。ラブコメは萌えのコードを採用できますが、コードを自明にするのは不粋と思われているでしょう。しかし、ギャグ漫画は積極的に笑いのコードを自明にしますね。なぜなのかは知りませんが。

izuminoizumino 2004/01/28 21:21 面白い意見をいただいて喜んでおります。なるほどなるほど>コンテンツ産業

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20040128


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107