Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Wed 2004.01/28

izumino2004-01-28

夢に出る管理人「ゆめかん」

| 夢に出る管理人「ゆめかん」を含むブックマーク

 今日は根子(id:katzendr)さんと(id:kaolu4s)さんが出てきました。

 でも何故か薫さんに根子さんを紹介する時に「えーと、この人が“Not a Serious Wound”のハラさんです。……いや、ちゃう!」とボケてました。*1

*1:無論ハラさんにお会いしたことは無い。どっちにしろ失礼な夢ですね。ごめんなさい

萌え作品萌え作品 2004/01/28 15:03 kaoluさんは物語表現の「ジャンル」と、表現の「コード」を意図的に混同させていますね。「萌え」はあきらかにコードです。形式ではなく、形式を構成する要素です。たしかに「萌え作品」という呼び方は妥当ではありませんが、萌えのコードを多く含んだ作品という意味で捉えるのが普通でしょう。コードに実体はあって、それは「猫耳」だとか「メイド」だとか「ドジっ娘」と、その組み合わせだと思います。

izuminoizumino 2004/01/28 17:00 まぁ、その意図的な混同のまま押し問答を続けると、萌え作品は「無い」という結論になる。じゃあ呼び方を変えるべきなのか。「萌やし作品」なんてのはどうだ? とか

izuminoizumino 2004/01/28 17:09 ところで「ギャグマンガ」は明らかに「笑かし作品」なのに、「萌やし」と書いた途端に媚びだとか言う人が出てくる気がするのが不思議です。同じことだと思うんですが

TskkTskk 2004/01/28 19:21 萌えの発見に主体性を求めると、萌やされるという受け身を嫌うのではないでしょうか?

TskkTskk 2004/01/28 19:28 1/23の作り手/受け手の共犯関係の話題もその辺りかと。ただ、完全に主体的な見方も、完全な受け身も共犯関係にはならない。『積極的』に『受け入れる』という微妙なラインが共犯関係だと思います。

萌え作品萌え作品 2004/01/28 19:42 意図的な混同があるにしろないにしろ「萌え作品」は厳密にはないと思いますよ。その点はkaoluさんが正しいと思います。ただ、商業的にコードを前面化して「萌え」を自明にした作品はありうるでしょう。それは「萌えコンテンツ」と呼び、コンテンツ産業として認識するべきだと個人的には思います。

萌え作品萌え作品 2004/01/28 19:48 媚びたように見えるのは、萌えのコードを含みやすいジャンルが、コードを自明にする類のジャンルではないからだと思います。ラブコメは萌えのコードを採用できますが、コードを自明にするのは不粋と思われているでしょう。しかし、ギャグ漫画は積極的に笑いのコードを自明にしますね。なぜなのかは知りませんが。

izuminoizumino 2004/01/28 21:21 面白い意見をいただいて喜んでおります。なるほどなるほど>コンテンツ産業

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20040128/p1


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close