Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Sat 2005.04/02

改めて、本田透『電波男』

| 改めて、本田透『電波男』を含むブックマーク

 以前、『電波男』を紹介した時は殆どノーコメント状態だったので、チラシの裏ことmixi日記から書評転載します。「既に読んだ人向け」の記事です。

 『電波男』は、その内容のスケールが大きい為、基本的に感想を書きにくい本です。ぼくも暫くの間は感想を書きあぐねてました。

03月31日 俺と電波男

 少しずつ『電波男』を落ち着いて考えられるようになってきたので、踏み込んだ文章を書いてみることにする。

 前半は『電波男』を冷静に読み込む為のテキストであるし、後半はぼくの自分語りになる。


 『電波男』のテーマは「萌え」と「恋愛」であり題材は「ギャルゲー」であるのだが、根底的なテーマは「物質世界と精神世界の融合」であるように思えた。

 だからオビの「現実に用は無い」というキャッチフレーズは、実は間違ったものとして受け止めなければならない。

 物質世界と精神世界は、両方「一人の人間にとっては現実」だからだ。『電波男』は後半に行けばいくほど、「物質と精神を融合させて、現実を一つにする方法」を説いていく。それは例えば「劇画」を「漫画」の中に取り込んだとされる手塚治虫論であったりするし、現実と妄想を往復しながらトレーニングを積んで想像力を高めていく実地論だったりする。


 『電波男』の真のテーマは、一言で言ってしまえば「心の復権」であると思う。その「心」の最たるものとしてオタクにとっての「萌え」や「脳内恋愛」が取り上げられているだけで、言わんとしていることは「現実の中に失われた心を取り戻そう」ということなのだ。

 「妄想の中に」、ではない。精神世界(妄想、二次元デジタル)に心が存在するのは当たり前であって、その心を物質世界(現実、三次元アナログ)にも照射して見出そうとする姿勢が『電波男』の中には隠さずあると思う。例えば、リアル女性に向かって「眼鏡だっ!眼鏡をかけるのだっ!」とサルまん風に説教するくだりでは、表面的には「眼鏡ッ子という記号的存在に女性をハメ込もうとする行為」のようにも読めてしまうが、実際の所は「もっと貴方の心が俺にも見えるようにしてください」と頼んでいるようなものなのだ。ドジな性格ならドジ眼鏡、性格がキツめなら委員長眼鏡というように。まぁこれ自体は無茶な理屈の例なので戯れ言だと聞き流してもらった方が良いくだりではあるが、ここでは「心の表現法」としての眼鏡装着が確かに奨められている。

 つまり、「物質化社会において流行のファッションはかえって心の奥を見えにくくさせているのだ」というクソ真っ正直なヒューマニズム、愚鈍とも言える精神主義がそこには込められているのである。その一方で、純愛ブームや『電車男』ブームで見られるような、資本主義に取り込まれた形での「心」などは、むしろ物質化社会の干涸らびた延命措置にすぎない、真の心は失われ続けているのだと『電波男』は痛切に説いていく。


 ただ、こういった精神主義が抱えやすい陥穽とは、精神世界が一人歩きする危険があるという部分である。70〜80年代の、オカルトブーム、カンフーブーム、気功ブームなどと同じ誘惑と罠が「萌え」にはある。

 正統派のオカルティストや武道家にとって「この世の真理を知ったつもりになる」「最強になったつもりになる」ことは、とても程度の低い階梯であるとされるが、それらと同じように、「萌え」にも「幸せになったつもりになる」という段階が存在する。

 引きこもりボクサーが実戦では竦み上がってしまうのと同じで、萌えによる多幸感もやはり室内での出来事だし、いくら「妄想>(壁)>現実」と嘯いてみても、そもそも現実を見ようとしていないのではその優劣の関係は何の意味も為さない。部屋を一歩外に出れば自殺したくなるような「萌え」では価値は無いのだ(部屋の中に居ても自殺したくなるような人にとっては確かに有益だが、その段階はあくまで「入門編」なのである)。


 常に、精神世界と物質世界は比較され、相互に価値を検証されていかなければならない。もし「萌え」を「道」と呼ぶのなら。武道や芸道は、精神世界を現実の生活に反映させるからこそ「道」と呼ばれるのであって、生活にフィードバックされない「萌え」はどう言いつくろった所で現実逃避以下でしかあるまい。

 精神世界フィードバックを「虚構と現実の混同」だと恐れる向きもあるかもしれないが、虚構と現実は互いに比較検証されないからこそ「混同のおそれ」があることを忘れてはならない。現実と虚構の間にはどのような関係があるのか、どこで繋がっていて、どこが繋がっていないのか。そのようなことを常に考えていないと、かえって「虚構のルールをいきなり現実に持ち込んでしまう」輩が発生するのである。

 現実と虚構は別物ではない。ルールが異なるだけで、世界としては地続きなのだ。唯脳論的に言えば、どちらも本人の主観による「脳内の出来事」なのだから。同じ脳内に過ぎないということならば、現実と虚構の違いとは「写真と絵の違い」のようなものだと言っていいかもしれない。写真と絵は別物だろうか? 違いは確かに多いだろうが、しかし、そこに描かれているもの(人間が感じ取れるもの)の本質だけは同じなのだ。

 そして、物質世界に生きる自分、精神世界に生きる自分、どちらが欠けても、人間の心は成立しないのである。


 『電波男』を正しく読み込んでいれば、著者である本田氏が「精神世界の一人歩き」という陥穽の存在を認識しており、そこに陥らない為の対処法も提示していることに気付ける筈だ。しかし、これから『電波男』はオタクバイブルと化す可能性があるわけだが、同時に、オカルトブームやカンフーブームと同じような広がり方をする危険性も確かにあるのである。フォロワーでありながら、大事な部分を読み飛ばしてしまう読者が少なからず輩出されるだろうと思う。

 丁度ブルース・リーブルース・リー信者の関係に近いかもしれない。リー師父も最終的に言っていることは「自分自身と現実を知ること」なのだが、信者の間ではその前段階である精神世界ばかりが持て囃されるからだ。


「それは月を指で示すようなものだ。指に意識を集中しすぎると、天の美観を見失ってしまう」

*1


 この有名な言葉は、「月」こそが真理(=精神)であり「指」は取るに足らないもの(=物質)なのであるという、精神主義的な解釈をされることが多いと思う。『電波男』の主張をこの言葉に重ねてみると、二次元(=精神)こそが到達すべき「月」であり、三次元(=物質)は無価値な「指」だという理屈になるだろう。

 しかしそうではない。

 ブルース・リーは一方で、「ジークンドーとは、月を示す指だ」「指の実用性とは、指をも含む全てを指し示すというその役割自体にある」*2というコメントを残している。彼の哲学そのものとも言えるジークンドーに喩えられているくらいなのだから、この「指」が無価値に片付けられている筈も無いだろう。

 つまり「月」とは現実(=物質)のことであり、「指」とは現実を指し示す自分自身(=精神)を意味しているとも考えられないか。この場合、指は月よりも優先順位が高い。もし指が存在しなければ、人間は月の位置を確かめることもできないのだから。

 『電波男』の結論もそれと同じだ。電波男にとっては二次元における「萌え」が「指」なのだろう。だから、実は三次元の現実こそが「月」なのだという理解が正しい。萌えは、現実を照らす光なのだと『電波男』は結論づけている筈だ。

 『電波男』に感化され、「萌え」を実践しようとしている読者は、こういった逆説がありうることを覚えておいた方が良い。


 ただ、現実を忘れてはならない、というのは確かだが、そこで行き過ぎて「じゃあやっぱり、現実で恋愛すべきなんだ」と考えてしまっては全てが台無しで、それでは「物質世界の一人歩き」になってしまうだろう。そうではなく、精神世界で自己救済しつつ、物質世界では強く生きよう、できうる限り幸せになろうというのが、あるべき「心の復権」の姿であると思う。

 恋愛は、適当に恋愛資本主義のシステムを利用しながら、自分なりにリスクを考慮しつつ行えばいいのだ。男と女のミゾというものも、ある所にはとことんあるだろうが、無い所には無いものなのだし。*3


 普段から自称しているように、生理的な理由でTVゲームを楽しめないぼくは、ギャルゲーを殆ど遊ばない。

 主に漫画アニメにしか触れないタイプオタクだが、「物質世界と精神世界の融合」は漫画でも試みることができる。「恋愛シミュレーション」というカテゴリに囚われないことからしても、「漫画を読む」という行為の方がもっと純粋にそれを行えるかもしれない(最近は「恋愛シミュレーション」の枠に留まらないギャルゲータイトルが増えていることは勿論知っているが、TVゲームはやっぱり苦手なのだ)。


 さて、ギャルゲーを遊ばないぼくは『電波男』の向こうを行くような考え方を持っているのだが、ぼくは脳内彼女や脳内家族を一切持たないし、これから持つつもりも無い。勿論『電波男』に共感しているくらいなのだから、「キャラ萌え」という行為自体は人並み以上に好きだ。しかし「脳内彼女」という形で昇華することはない。

 フィクションで描かれる恋愛は第一に「物語」であって、一時的に感情移入(追体験)することはあっても「自分自身の話」ではない。物語のヒロインは主人公と結ばれるものであって、ぼくと結ばれるものだとは決して思わない。

 これは、「生身の人間とキャラクターは全くの等価なのだ」という規定を突き詰めることで自然と辿り着いた結論である。

 キャラクターとは、細かな物理的な差異(触れられるかどうか、口頭で会話できるかなど)を除けば、生身の人間と等価である。つまりテレビの向こう側の芸能人や、遠距離の想い人と変わりない存在だということだ。現実のどこかに、キャラクターが受肉して生きているのだと考えてもいいかもしれない。

 ぼくは生身の女性を脳内彼女にする気にはならないが、「それと同じく」、キャラクター脳内彼女にしたいとは思わない。稀に空想することはあっても、その「脳内彼女」は「現実に存在する筈の彼女」の偶像コピー)、つまりフィクションに対する更なるフィクションにすぎない、とぼくはそう考える。

 ぼくはコピーに愛されたつもりになって満足することはない。たとえ関係を持つことができなかろうが、コピーよりもオリジナルの誰かを尊びたいと思う。実際にはオリジナルなんてどこにも存在しないのだが、その「どこかに存在するであろう」オリジナルの所在こそを妄想するということだ。

 そうすることによって、キャラクターの存在は限界まで純化され、キャラクターに対する愛情もまた限界に達する。片想いでもいいから、憧れたいのだと。

 その愛情の深さを自分自身が痛感できているから、関係を持てなくてもぼくは満たされると思うのだ。物語の中であるキャラクターが主人公と結ばれた場合、それを見て癒されたり、嫉妬したり、祝福したりするのだろうが、それらを含めてぼくは受け入れる。創作や二次創作で補完作業を楽しむかもしれないが、その中で「自分」をキャラクターと結ばせたりは、やはりしないと思う。


 また、脳内彼女を作らず、片想いを徹底することで、現実への経路を失わずにいられるという側面もあるかもしれない。これも、生身の人間とキャラクターとの間にミゾを認めていないからだ。かたや生身、かたや虚構、いずれかの世界に好きな人物がただ居るだけなのである。だから、二次元で失恋(!)することだってあるだろう。


 「萌え」は信仰のようなものだ、とはYU-SHOWさんの『電波男』感想でも強調されていることだが、だとすると様々な分派や教義が林立し、なおかつ宗教対立が発生しない世界が望ましいと思うし、多分本田さんもそのように考えていると思う(例えば「ハイブリッド恋愛」という言葉を生み出してみたり、「出家」と「在家」の違いなんかを考えに入れているようだ)。

 上記のように、ぼくはキャラクター脳内彼女化を否定するが、それは「萌え」の一派に過ぎない。

 ぼくのような考え方とは別に、例えば現実の人間を脳内彼女にする一派も存在するだろう。これは「生きた人間の性商品化」に繋がる為、原理主義的には異端視されかねないが、やはり認知し肯定しなければならない一派だろう。

 そして、こういった分派を許容する懐の広さが「脳内恋愛宣言」の今後に求められるものだと思う。

 無事増刷がかかって、売り切れていたAmazonでも再入荷されたようです

ちょっと書きすぎた(あとがきの代わりに)

 我ながらリー師父を持ち出したのはちょっとやりすぎだと後で思った(笑)

 本当は「『電波男』をバイブル化するのは危険ですよ」「本田さんをカリスマ視しちゃダメですよ」ということが言いたかった筈なんですが……。逆に権威付けしちゃったようにも読めるかもしれません。

 むしろどちらかといえば、ブルース・リーの教訓を一番意識しないといけないのは、本田さん本人かもしれません。


 額面通りに真に受けてはいけません、盲信するのだけはやめましょう、現実的な理解を心掛けましょう、ということなんですけどね。二重の注意を再三促しておきます。

 しかし、それでも『電波男』の真のテーマは「精神性の回復」であって、「人は萌えることによって満たされる」というメッセージがある。その程度だけは信じていいと思います。

紹介して頂いたサイト

*1:『燃えよドラゴン』より。原文:“It is like a Finger pointing a way to the moon. Don't concentrate on the finger or you will miss all that heavenly groly.”

*2:『BLACKBELT』誌9月号より。原文:“Remember, too, that Jeet Kune Do is merely a term, a label to be used as a boat to get one across; once across, it is to be discarded and not carried on one's back.
These few paragraphs are, at best, a finger pointing to the moon. Please do not take the finger to be the moon or fix your gaze so intently on the finger as to miss all the beautiful sights of heaven. After all, the usefulness of the finger is in pointing away from itself to the light which illumines finger and all.”

*3:この段落のみ、転載後からの加筆修正

K.IK.I 2005/04/03 03:21 初めまして。電波男まとめwikiからきました。いくつか私の感想を書かせていただきます。
>リアル女に向かって「眼鏡だっ!眼鏡をかけるのだっ!」とサルまん風に説教するくだりでは、表面的には「眼鏡ッ子という記号的存在に女性をハメ込もうとする行為」のようにも読めてしまうが、実際の所は「もっと貴方の心が俺にも見えるようにしてください」と頼んでいるようなものなのだ。ドジな性格ならドジ眼鏡、性格がキツ目なら委員長眼鏡というように。まぁこれは無茶な理屈の例ではあるが、ここでは「心の表現法」としての眼鏡装着が確かに奨められている。
ここのところなど、非常に斬新な指摘で、頭をハンマーで殴られるくらいの衝撃をうけました。これって、「電波男」54頁で「心は、目には見えない。だが、金は目に見える」という部分を「心」=「どじっ娘・ツンデレ委員長(属性)」、「金」=「眼鏡」と置き換えて読めるよなぁ、と。単なるファッションでなく、心を具現化するものとして各種萌えアイテムを身に着けたらどうかということですね?。非常に面白い考え方だと思いました。
>フィクションで描かれる恋愛は第一に「物語」であって、一時的に感情移入(追体験)することはあっても「自分自身の話」ではない。物語のヒロインは主人公と結ばれるものであって、ぼくと結ばれるものだとは決して思わない。
いずみのさんは、漫画や・アニメが中心で、ギャルゲーは、あまり好きでないということですが、あなたを含めそういうタイプの方は、あなたと同じ感覚をもつのは当然だと思うし、世間一般的にも同じような感覚をもっていると思います。ただ、おそらくこれは、漫画やアニメと、ギャルゲーとのメディア特性の違いから来るものじゃないかと思います。
アニメや漫画の場合、作家(製作者)側があらかじめキャラの性格や、作品の世界観・ストーリー展開を一義的に決めたものを、読者や視聴者(受け手)に向けて発信します。基本的に製作者>受け手という一方通行のメディアです。そこでは、受け手側で、そのストーリ展開を自分の好きなように選び取ることが出来ません。したがって、主人公と自分とのシンクロ感が非常に強く、かつ自分の「萌えツボ」を直撃しない限り、どうしても第3者的な視点で各キャラの行動を見守るしかないということになります。
これに対して、ギャルゲー(恋愛シミュレーションゲーム)
の場合、もちろん製作者側でキャラ設定や世界観・ストーリーはあらかじめ設定しますが、各キャラごとに複数のストーリを設定し、かつ、そのストーリー内でさらに複数の選択肢を設定しています。これにより、ギャルゲーのプレーヤーは
自分のお気に入りのキャラを選びその女の子とのストーリを楽しむことが出来るのです。そして、各ストーリーの途中で出てくる選択肢を選ぶことで、そのキャラが泣いたり、笑ったり、怒ったり、いろいろな表情や感情をみせ、または複数の異なったストーリ展開を楽しむことが出来るのです。つまり、ギャルゲーのプレーヤは、漫画や・アニメの受け手と違い、主体的・能動的にそのストーリーに関わって行くことになり、また、不完全ながら各キャラと双方向のコミュニケーションを楽しむ事ができるのです。この主体的・能動的・双方向なコミュニケーションが可能というメディア特性があるために、ギャルゲーマーは漫画やアニメのファンに比べて、より主人公を自分に置き換えることに抵抗がなく、それゆえに、そのゲームの特定のキャラに「激しく萌える」と、それこそ「脳内彼女」にすることも全く違和感なく行いやすくなるのです。そして、「電波男」のどこかに書いてあったと思いますが、その脳内彼女との恋愛をより強固なものとするために、単にゲームをするだけでなく、同人活動をしたり、また、そのキャラの各種アイテムを買い集めたりすることになります。たぶん、いずみのさんがギャルゲー萌えオタに感じる違和感は、以上に述べたような両者の相違にあるんじゃないかと思います。そしてそれは、どちらが正しく、どちらが間違っていると決められるものではなく、おそらく、「どちらも」正しい反応なのです。
>「萌え」は信仰のようなものだ、とはYU-SHOWさんの『電波男』感想でも強調されていることだが、だとすると様々な分派や教義が林立し、なおかつ宗教対立が発生しない世界が望ましいと思うし、多分本田さんもそのように考えていると思う。
これは、全くそのとおりです。「電波男」のなかでも、「基本的な構造としては、宗教と萌えは同じなのだが、萌えでは教会のような永続的な組織による支配・教典による永続的な教義体系が確立しない、すなわち各個人に自由がある(ユルい)という点が異なるのだ。」(174頁)と書かれています。だから、各個人で萌える対象や特性が異なっても、それぞれの優劣なんて決められないし、また決める必要なんかないのです。ようは、自分がそのキャラに対して萌えることができれば、それで十分なのです。
>常に、精神世界と物質世界は比較され、相互に価値を検証されていかなければならない。もし「萌え」を「道」と呼ぶのならば。武道や芸道は、精神世界を現実の生活に反映させるからこそ「道」と呼ばれるのであって、生活にフィードバックされない「萌え」はどう言いつくろった所で現実逃避以下でしかあるまい。
これも全くそのとおりです。「人はパンのみにて生きる」わけではないですが、また「ぱんを食べなければ生きられない」のも事実です。人間は、精神世界、物質世界のどちらか一方だけに逃避して生きていくことは出来ない。物質世界のみで生きるのでは、犬畜生と変わらないし、精神世界だけでは餓死してしまう。ただ、物質世界(現実世界)で深刻なダメージを受けるなどした、ある特定な個人にとっては、それ以上ダメージを受け続ければ最悪死に至ることもあるわけで、そういう人には一時的に「精神世界」に引きこもり、「二次元に萌えて」癒しを得るというのもまた必要なことなのでしょう。ようはそのバランスが大切なのだと思います。
以上、かなり長文で恐縮ですが、感想と意見を書いてみました。非常に面白いレビューでとても参考になりました。ありがとうございました。

※投稿になれてなくて、改行が変になってしまったので再投稿させていただきました。申し訳ありませんが、すぐ上のコメントを削除いただけませんでしょうか。本当に申し訳ありません。

izuminoizumino 2005/04/03 06:59 K.Iさん、コメント有り難うございます。参考になれているようでなによりです。一応ぼくのギャルゲーに対するスタンスに補足しておくと、ぼくも年に二回くらいはギャルゲーを遊ぶし、ギャルゲーマーの友達も沢山居ますからギャルゲーの良さというものは理解しています。「違和感」も持っていません。「あまり好きじゃない」というよりも、ぼくはTVゲーム自体が苦手な体質なので、単にやらないだけですね。//ぼくが自分語りをしたのも、ただ「電波男には書かれていない脳内恋愛の形だってあるんだ」という別ベクトルを示したかっただけで、ギャルゲー的な脳内恋愛も価値あるものだと考えています。ギャルゲーが「脳内恋愛宣言」のメインストリームであり、ぼくはその傍流なんですね

K.IK.I 2005/04/03 19:40 izuminoのさんレスありがとうございました。
>ギャルゲーが「脳内恋愛宣言」のメインストリームであり、ぼくはその傍流なんですね
いや、むしろその逆で、izuminoさんの考え方の方が、ギャルゲーが発生する以前、はるか昔からあった正統な感じ方であって、ギャルゲー的脳内恋愛というのは、つい最近現れた新参者だと私は考えています。小説やアニメ・漫画などにより得られる恋愛観(もっと普遍的には人生観)というのは、古今東西ありとあらゆる恋愛小説を読むことによって、より多様かつ豊かな恋愛観を育めるし、むしろ僕はこちらの方が今でも主流です。実は僕がギャルゲーをやるようになったのは、30歳過ぎてからで、それまでは、何でCG絵の女の子に恋愛感情が沸くのか理解できませんでした。それが、たまたまトゥハートをプレイする機会があって、「ゲームでもリアルな恋愛感情を抱くことができるんだ!」と今までの偏見が根底から覆ったのです。
だから、非ギャルゲー的な脳内恋愛もギャルゲー的恋愛も優劣なく、どちらも僕にとっては大事なものになってます。

izuminoizumino 2005/04/03 21:33 いや、歴史の順番の話ではなくて、あくまで「脳内恋愛宣言」という(今現在の)考え方の中において、ですよ。『電波男』のセンターにあるのはやはりギャルゲーであり脳内彼女だと思いますし、入門者もギャルゲーから入った方がいいと思います。//それに、ぼくの考え方が過去にもの近い(=原点回帰的)反面、脳内彼女に対する更なるカウンターとしての意義も込めていますから、自分では傍流だということにしておきたいんですね

izuminoizumino 2005/04/03 21:57 まぁ、なんか真面目に自己定義してますが、ぶっちゃけて言えば、ぼくも気が向いた時に脳内彼女をつまみ食いすることもあるわけでして。その時にこれは偶像なんだ、とカウンターを放って現実に立ち戻る為に、上記のような考え方をする必要があるんですね

ichiroichiro 2005/04/11 21:26 始めまして。飛び込みですが気になることがありましたのでコメントさせていただきます。話題になっている「脳内恋愛宣言」についてですが、私の考えではizuminoさんの述べている「ギャルゲーにおける擬似的なキャラクターとの双方向のコミュニケーション」を感じる(=理解できる)ことによって、初めてキャラクターにその「生」を感じ、K.Iさんの言う「生身の人間とキャラクターとを同一化」することができるのだと思います。ですから、既存の表現方法しか知りえない人々がその考えを理解するのが困難になっているのです。この点を踏まえて本田氏は「現実に存在していない理念のようなものに対するリアクション」として「萌え」る行為を宗教的行為の一種としているのでしょう。ですが、私も安易な「萌え」信仰には警戒感を持っています。ただ単に自己の理想で組み上げた概念を崇めているだけではただの妄想家として扱われるでしょう。それこそが「オタク関係者」のバッドイメージの原点であり、犯罪者予備軍と後ろ指を指される問題点ではないでしょうか。この点に関してはさらなる主張がなされても良いのではないかと思っています。最後に、少々冗長気味になってしまいましたが、少しでも思う所がありましたら幸いです。

izuminoizumino 2005/04/11 22:38 ichiroさん、はじめまして。コメントありがとうございます。仰るように、警戒感を持ち続けることは大事だと思います。その上で、本田さんは応援したい人ですけどね。相手の考えに賛同することと、疑問を問い掛けることは同時に行えることの筈ですから



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
2016010206