Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Tue 2005.07/12

週刊誌の漫画をラーメンに喩えると

| 週刊誌の漫画をラーメンに喩えるとを含むブックマーク

 週刊少年漫画を分類するお遊びです。


 映画の「役者と脚本」を、ラーメンの「麺とスープ」の関係に喩えるお遊びは割と一般的なものだと思います。

 映画の場合は更に、「具(トッピング)」を「演出やネタアイディア)」に喩えることも多いですね。

 ではこの「麺、具、スープ」の喩えを週刊誌漫画でやってみるとどうなるでしょう。多分、似たようなことを考えている人は(業界の中には)多いと思うのですけど。 


 映画と違って漫画の場合、ストーリーよりも「絵」にかかる比重が大きいので、

という感じに置き換えて良さそうです。ストーリーが「具」の扱いに後退し、絵柄などの作風が「スープ」になるのではないでしょうか。

 一本の映画の場合は「一筋のストーリーの流れが作品を通底して支配する」ことになりますが、「物語を話数で分けて連載する」週刊誌の場合、ストーリーはあくまで各話ごとの「読み切り」でしかなく(単なる「ネタ」のひとつに過ぎない)、通底して作品を支配しているのは「絵柄」であり、その作品の「お約束」や「カラー」、いわゆる「世界観」だということになるでしょう。

(この場合の「絵柄」っていうのは人物のキャラデザなどよりも、背景や描線のタッチを含んだ作画のトータルコーディネイトを指します)

(「世界観」も、ガジェット単体の魅力や設定の法則性を重視した、いわゆる「設定オタク」や「蘊蓄マニア」が好むような意味ではないので注意。大雑把に「作風」と言った方が正確かも。ぼくは強引に「漫画柄」っていう造語で説明してしまう時もあります)


 麺が強い漫画は「キャラ漫画」、具が濃い漫画は「ストーリー漫画アイディア漫画)」、スープが濃ければ「世界観漫画(絵柄漫画)」と大雑把に呼んでいい感じですね。

 では実際に、「キャラクター派のジャンプ」と「ストーリー派のマガジン」と区別されがちな二誌を比較してみましょう。まぁどれもぼくの独断と偏見で決めつけているので「いや、俺だったらこう思うけどな」くらいの気分で読み流してください。

(ちなみにサンデーは完成度を重視する社風?があるので、どの要素もソツ無く備えている作品が多いと思います。あと、個性派揃いのチャンピオンは考えるのも面倒なので比較しません。)

ジャンプの場合

 ジャンプ系は総じてドラマ世界観が薄く、キャラが強い。

 例外は「ネウロ」や「ボーボボ」のようなギャグ漫画ホラー漫画?)の類で、あれはドラマが薄い代わりにアイディアのアクは強く、また、絵柄による個性の主張が強いことからも分かるように、世界観も濃い目です。

 完成度の高いハンタはどの要素も一様に備えており、バランスが良い。過去作品だとジョジョと同列で、デスノートもそのラインに近い。

 Dグレイマンはキャラデザと絵柄の魅力だけが取り柄ですが、個性的な世界観を構築できるほどではないので、そういう意味では「スープが薄い」と言えます(過去作品だとブラックキャットと同列)。

 ブリーチキャラ漫画なんですが、雰囲気的な統一感(オサレとか言われてるアレ)はやはり取り柄ですね。だからスープもその程度には濃い、と。

 「タカヤ」がイマイチ飛び抜けられない理由は、そりゃあ、キャラ以外の素材が薄すぎるからなわけで。最近打ち切られた「ユート」は、具は良かったけど麺とスープが……という例でしょうか。

 テニプリについては後述します。

マガジンの場合

 ドラマ漫画が多く、キャラは薄いのが普通。涼風でもそう。

 舞台も「現実と地続き」な現代モノが多いので、濃い絵柄や世界観は少ないです。例外はキャラの主張が濃い目の「一歩」や「RAVE」あたりでしょうか。

 ジャンプのDグレイマンと同じ「絵柄だけが取り柄」な路線にあるのが、エアギアツバサ、トトなど(トトは最初「キャラドラマ漫画」をやろうとして挫折した観アリ)。

 スクラン神toのようにギャグ漫画の入った作品は、キャラアイディアがキモなんですが、世界観を雑にしておくことによる魅力が大きいです。あの「お約束の一切通用しないなんでもアリな作風」や、独特の画面構成(真っ白で淡泊なスクランと、パラノイアックに汚い神toの画面は対称的)が無いと、あのキャラバカ展開も成立しないでしょう。

 あ、あと“翔”も実はそのタイプかな。

魔法先生ネギま!』は「キャラクター漫画」か

 ネギまはこれは、実は明らかな「世界観漫画」だと思います。

 作者が細心の注意を払って気を配っているのも、おそらく世界観のコーディネイトでしょう。

 あの大量のキャラクターを一人ずつ立たせようとすると必ず無理が来る(麺を強くしすぎても食べられない)のは明白なわけで、普通の「キャラ漫画」の手法ではやっていられない、ということは本人も承知していることだと思います。

 萌えキャラの表現にしても、赤松健は「私は(いい歳なので)最近の萌えを理解してないですよ」と言い切ってしまうような人ですし、数多ある「他の萌え漫画家」の表現力に対する力不足は本人も認めているようです(で、この発言に対してぼくなんかは「それは謙遜だよな」と思うのが五割、「事実まぁそうだよな」と思うのが五割といった所)。


 だから実際、ネギまの各キャラってのは結局「弱い」んですね。まぁ弱いとは言っても他のキャラ漫画に比べての話で、可能な限り強く打ってはいるんですが。

 で、ネギまは単純に「弱いキャラを何十人もタバにすれば強くなる」という打算で作られている漫画では勿論なくて、そのキャラ=麺の弱さを、世界観、つまり「麺が浸されるスープ」の側の質を高めることでカバーしようとしている漫画だと思います。


 何故その弱いキャラで「キャラ漫画」が成立している(ように見える)のかというと、作画(特に背景)のアベレージを維持することを初めとし、作品トータルの世界観を統一することに拠る部分が大きい、とぼくは解釈しています。

 世界観を統一するというのは、要するに、「作中で起こってはいけないこと」や「作者が絶対やらないこと」「作品に期待される出来事」などが明確に伝わる雰囲気を作り上げ、キャラクターはそれに乗っかることで魅力を引き出せるシステム舞台)を用意する、ということです。

 そういう世界を構築しておけば、キャラクターがほんのちょっとした仕草や言動を示すだけでも何故か魅力的に見えてしまうし、まぁ具体的を言えば、パンチラやヌードがポンポン出るような、即物的にHな雰囲気で作風を統一しておけば、逆に心理的な恥じらいのあるシーンなんかは異様に目立って映るわけです。

 格闘大会における魔法生徒の二人なんかがそういう「キャラは弱いのに、何故かキャラは立っている」例でしょう。

 もし同じようなことを別の漫画でやった所で、おそらくあの二人は「ちっともキャラが立たない」だろうと思います。そういった効果が「世界観スープ」によって左右されるものではないでしょうか。

 ネギまの世界で「三角関係」や「横恋慕」を行うことが、とても貴重に映るというのもそうですね。三角関係なんか、普通のラブコメなら「あっそう」で流されるネタでしょう。

 こうなってくると、究極的には「どんなキャラがどんな些細なことをしても魅力的に見えてしまう」という(漫画家にとっては)夢のような状態が起こりうるわけですが、まぁそれは極端な理想論ですね。


 ですから、多分ネギまの世界に「個性の薄いキャラ」を投入してもそれなりに魅力的に映る筈だと考えることもできます(っていうかそういう例を示すキャラが既に多いのですが)。

 逆に、そこそこ個性の強いキャラクターが活躍した場合、本来備えている魅力以上の魅力が引き出されるだろうとも言えます。

 また、いわゆる「どっかで見たようなキャラ」でも、赤松健漫画に出た途端にまた違った魅力が見えてくる、という現象が起こるのも、赤松健自作世界観を丁寧にコントロールしている為でしょう。

 そういった「トータルコーディネイトの力量」が、赤松健漫画の巧さの本質だと思います。


 ちなみにですが参考までに、赤松健が考える作画コーディネイトに関する記述を引用しておきます。

私の作画に関する価値観は、「アップルシード」あたりから来ているため、

多分情報量が多くないと不安なんですよね。小さい面積に色々集積させて

「閉じた世界観」を作るのが好きみたい。

2004年の日記帳(2月5日)

(あと2002年の3月30日以降も参考になる記述ですが、この人は例によって感覚的で説明不足な書き方しかしてないので、正しく意図を読み取るのは難しいかと)

キャラクターが沢山出てくる漫画における世界観重要

 ある意味では、赤松作品のように「世界観主導」で「弱いキャラ」をポンポン出していく手法は、古くは男塾キン肉マンや星闘士星矢、新しくはテニプリなどの、ジャンプキャラ漫画にも通じる形式だと思います。

 これらも「民明書房で説明すればオッケー」、「適当な単語にマンを付ければオッケー」、「美形が星座の鎧を着ればオッケー」、「美形が誰も予想できんようなテニス技を出せばオッケー」という世界観あってこその漫画というか。

 魅力的なキャラクターを効率良く沢山出すには世界観重要だ、ということは、漫画制作の基本としては言えるでしょう。麺の量が多いラーメンは、良いスープが必要だという感じですね、喩えで言えば。


 そんな手法の中において、突発的にやたらと濃いキャラがいきなり登場するのがジャンプ漫画の特徴かもしれません。

 例えば男爵ディーノとか。


駿駿 2005/07/13 20:30 「赤松健をラーメンに例えると、スープがギトギトに濃く、不必要なくらい量の多い学生向けのラーメンで、玄人は忌避するが学生には何故か評判が良い」という例えを読んでなるほどと思った記憶がありますが、冷静に考えてみるとそれはちょっと旧い認識だったかもしれませんね。麺と具は外注だがスープに異様にこだわっている為に玄人な方々も苦々しく思いながら認め始めてる・・・といった感じなんでしょうか?

izuminoizumino 2005/07/14 00:29 むしろスープの良さっていうのは玄人でないと気付きにくい部分だと思いますけどね。普通の人は表面しか見向きしませんから

ななーしななーし 2005/07/14 20:54 http://blog.livedoor.jp/negasp/archives/25656335.html

ねがすぱさんのネタのまとめ、お疲れさまでした。

izuminoizumino 2005/07/14 22:37 はじめて読んだけど、びっくりするくらい視点が違うなぁ(笑)

はちかづきはちかづき 2005/07/14 23:53 世界観云々の話はマリみてがそのまんまですね。ラノベですけど。リリアンの社会システムに放り込むだけでありきたりな話も目新しいものに。紅薔薇の蕾の妹!なんつって。

るーるー 2005/07/15 01:34 とてもわかりやすい考察だったと思います。でも、あんまりラーメンの例えがいきてないような……?

izuminoizumino 2005/07/15 02:02 >はちかづきさん 察しのいい人なら、この見方がマリみてにも応用できるってことに気付いてくれるだろーな、と期待していたので嬉しい書き込みです。マリみての場合、システムに留まらず「文体」のコーディネイトも優れていたと思います(漫画でいう絵柄が、文体ですね)

izuminoizumino 2005/07/15 02:07 >るーさん どうもです。いや、正直に言うと「こういう奇抜なタイトルにした方がキャッチーだろうな」くらいの気持ちでラーメンっていう言葉を使っただけだったり……。//記事の本質は仰るとおり、「キャラ」「ドラマ」「世界観」の三要素を説明することだけ、なんですけどね

darkevangeldarkevangel 2005/07/15 23:11 なんというか、独自解釈。基本的に、批評どうこうというより、この人は漫画をあまり読んでないように思う。と、いうぐらい批評自体が的外れ。過去作品に対しての造詣が足らん。10代の人が書いてるだけかもしれないが…

izuminoizumino 2005/07/16 00:02 具体的な指摘もできずにそういうことを書いても、難癖っぽく取られちゃいますよ。当の、若い人でもわかりやすいように、現時点の掲載作に絞って例を挙げてるだけですしね。//しかし、いいIDですな



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
201701