Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Tue 2006.03/07

椎名高志のコマ割りグセ

| 椎名高志のコマ割りグセを含むブックマーク

 最近、『MISTERジパング』全巻をまとめて読んでみました。

 アイディアキャラクターは良いので、物語としては面白いのですが、漫画として読むと構成やコマ割りに難がチラホラ発見できます。ダメ、って程じゃなくて、「あっ、勿体無い!」というレベルの。

 特にコマ割りに関しては、椎名高志極楽大作戦の時代から「1ページのコマを6コマ以上に割らない」というスタイルを通している(大体3〜5コマが普通で、6コマに割るのは珍しい)と思うのですが、そのコマ密度の低さに対して、1話あたりのストーリー展開が早いという要素が災いして、しょっちゅう説明不足な場面を生んでます。

 ギャグにしろ見せ場にしろ、「オチを出すのが早い」「起承転結の承や転(タメ)が足りない」印象を度々受けました。場面と場面がうまく繋がらなくて、一瞬ワープしているような気にさせる。考えオチというか、そのオチに至った過程(行間)を読者が考えて補完しなきゃいけないという……(そういう「読者に考えさせるネタ」を好むようになったのもMISTERジパング以降からではないでしょうか)。

 これは極楽大作戦の頃はあまり気にならなかったのですが、MISTERジパングに入ってから顕著になったのは、やはり「ストーリー展開の早さ」を求めた上で、しかしコマ数の密度を上げようとはしなかった結果のようにも思われます。


 んで、この「オチを出すのが早い」「タメが足りない」という現象は、今連載中の『絶対可憐チルドレン』でも良くあるんですよね。おそらく、MISTERジパングの頃についてしまったクセが作者に残ってるんだと思います。話のオチをいきなり出したり、キャラクターの感情が高まりきる前に大ゴマをバーンと出して決め台詞を叫ばせてしまったり。「作者が見せたい結果」だけを脈絡無しに描いているような。

 行間を読ませる演出、と言っていいのかもしれませんが、漫画の「流れ」を重視して読むと「あー、物足りない、勿体無い」と良く感じます(まぁ、読者が漫画に求める「流れ」のリズムは人それぞれなので、物足りなさを感じる人と、気にせず読む人に二極化してしまう、というレベルの問題です)。

 絶チルは今、人気的には軌道に乗ってるみたいですし、ちょっと質の高さも求めたくなる頃合ですね(ワガママな読者)。

nippenippe 2006/03/08 23:23 はじめてコメントさせていただきます。いずみのさんのプロフィールから美輪明宏に興味を持ったものです。美輪さんの講演会のレポート、とても心に残りました。今度『紫の履歴書』も読んでみることにします。

izuminoizumino 2006/03/09 20:30 はじめまして。ちょっと嬉しいですね。オタク趣味を持つ者にとっては、耳に痛い話もあり、支えになる話もあるのが素晴らしいと思っています。本当は、NHKの教養番組とかで、実際に喋っておられる恰好をご覧になってほしい所もありますけど



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close