Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Thu 2006.04/27

izumino2006-04-27

超鈴音の能力の仮説(ネタバレ注意)

| 超鈴音の能力の仮説(ネタバレ注意) を含むブックマーク

 連載中の『魔法先生ネギま!』の話です。

 ネタバレ&種明かし込みなので「続きを読む」に格納します。

 当たったら何か下さい(何を)。

問題

  1. 仮に「時間を止める」能力だとすると、捕縛された状態から抜け出たことの説明が付かない
  2. 仮に「瞬間移動」能力だとすると、移動前と移動後で姿勢が変化していることの説明が付かない

能力

  • 基本的には、カシオペアを用いた過去への時間移動能力
    • 巻き戻せるのは数秒?

 数秒だけの時間移動の場合、「移動先の座標に過去の自分が立っていて、存在が重なってしまう」というパラドックスが起こる可能性がある。

  • そのパラドックスを解決する為に(?)、「過去の自分と存在が重なってしまった場合」、一時的に時間移動者は(肉体だけが別の位相に変化して?)幽霊のような状態になる
    • 幽霊」の状態では、場所を移動することなどはできるが、物理的な干渉を行うことはできないし、他者に知覚されることもない
    • その状態で安全な(他の物質と存在が重ならない)座標に移動し、「時間移動を発動させた時刻」まで進んだ瞬間、物理的に行動できるようになり、他者からも知覚できるようになる

 客観的には消滅と出現が同時。つまり「瞬間移動」したように見える。

 要するに、「時間を止めている間だけ動ける/物理干渉可」能力(=ザ・ワールド)ではなく、「時間を巻き戻してから、元の時刻に進むまでの間だけ動ける/物理干渉不可」能力。


 超が刹那と楓の髪留めを一瞬で奪ったのは、

  1. 最初の時間移動。「幽霊」の状態で包囲を離脱し、一人の背後に回って髪留めに手をかけ、「出現」と同時に奪う
  2. すかさず時間移動。素速くもう一人の背後に回って、再び「出現」と同時に奪う
  3. 三回目の時間移動。能力を見抜かれないように、ハッタリの効く位置に「出現」して威圧する
    • 補足:髪留めを「奪う」というより、「髪留めを手で掴んで、自分ごと一緒に時間移動させる」だけでも充分かもしれない

こういうコンボ連続で行うことで実現可能。

 以下は、この仮説の問題点。

  • 原理的には、「本人がしばらく同じ座標に静止してから発動させないとあまり意味が無い」という縛りがつく?
    • 静止していた時間が長ければ長いほど、「幽霊」でいられる時間も長くなる、ということ
      • その場合、刹那と楓の髪留めを同時に奪うコンボは少々困難になる(相手の背後で静止していられる時間が短いから)

 なので「過去の自分と存在が重なるかどうか」というパラドックスとは関係無く、「幽霊の状態になれる」ものだと仮定すれば、この能力の利用範囲はかなり広がる。

 次に、

  • 何故、魔法先生に包囲された時にはこの能力で逃げなかったのか?

という疑問があるが、これは「世界樹大発光の魔力」を利用しないと使えない能力だったから、で説明がつく。数時間の時間移動よりも、ごく短い時間移動の方が難しい?

他の仮説

 「戦闘終了後の未来に行ってから位置を変えて、再びカシオペアで現在に戻ってくる」という方法と、「戦闘開始前の過去に行ってから位置を変えて、再びカシオペアで現在に戻ってくる」という方法も考えられる。

 この二つの仮説の場合、髪留めを奪うトリックには(1+1)×3=6の、計六回の連続時間移動が必要になる。

 カシオペアに「刹那や楓が気配を感じない程に間隔が短い」連続使用ができるかどうかがネック。

募集

 ちなみに「同じ設定の能力なら、別の作品で見たことあるよ」って知ってる人が居ましたらタレコミして下さい。あるような気もするけど、ちょっと思い出せません。

んーんー 2006/04/29 00:44 ナデシコのポゾンジャンプですかね

んーんー 2006/04/29 00:52 今思い出したんですがポゾンジャンプを使えるのは火星人限定でした。
超鈴音が自称火星人ってのも繋げてあるのかも。

んーんー 2006/04/29 01:15 ボソンジャンプでしたorz

ふむふむ 2006/04/29 02:45 超って以前「最終日に会おう」って言ってたから未来への時間移動も可能。よって瞬間移動に見えたのは未来の別の場所に移動していたから。 でいいんじゃない? ほんの一瞬の移動なら魔力も殆ど必要ないだろうし

akak 2006/04/29 03:13 カシオペアは場所の移動は出来ないと思うんですが。なので戦闘が終わってそうな未来(1時間後とか)に時間移動して、普通に歩いて移動して、再び元の時間に時間移動して戻ってくる、というのはどうでしょう?

izuminoizumino 2006/04/29 05:07 「未来に行ってから戻ってくる」も面白いですね。髪留め奪うトリックに、一瞬で6回も時間移動することになって大変そうですが

とうりすがりとうりすがり 2006/04/29 09:34 うっかり乱用すると自分が一杯居ることになりますな

izuminoizumino 2006/04/29 19:19 カシオペア型のタイムマシンの場合、「未来の自分が現在にやってきてから」じゃないと過去に行けないんですよ。逆に言うと、「自分が一人しか存在しなかった時間と場所」を目標にして時間移動すること自体が理論上不可能なんですよね。//じゃあ、わざと「自分が一人だった時」を指定して時間移動すること自体がパラドックスの引き金になるんですが、その行為をトリガーにして「幽霊」が発生する、という法則を仮定するのもアリですね。つまり歴史改変を行おうとしたタイムトラベラーは、歴史の修正力によって幽霊になっちゃうっていう、おっかない法則ですけど(ヘタすると丸一日幽霊になったまんま)

izuminoizumino 2006/04/29 21:22 コメント欄の内容をちょっと本文に反映させてみました

名無し名無し 2006/04/30 21:21 二次創作でも良ければ、JOJOとのクロスオーバー物のスタンドで見た事あります。

名無し名無し 2006/04/30 21:23 能力:時間を過去へと巻き戻す能力。 巻き戻したいだけ時間を戻すと、再生される。 再生中は、幽霊のようになって誰からも認識されない。その代わりに過去に干渉することもできない。 再生が能力発動の瞬間に達した時、幽霊だった本体が現在へと戻る。その時の位置は、幽霊の時に動いて自由に変えられる

名無し名無し 2006/04/30 21:24 と、いうスタンドでした。

izuminoizumino 2006/05/01 00:36 ああ、綺麗に被ってますね(笑)

ふぁふぁ 2006/05/01 01:02 マイナーですが、昔の富士見であった「ジャッジメント・ワールド」というライトノベルで時間移動能力を同じような使い方してるキャラがいましたね。

げすとげすと 2006/05/03 13:48 西尾維新の新本格魔法少女りすか

ケロケロ 2006/05/04 00:01 ふと思いついたんですが、未来の可能性は定まっておらず無数にあるってのがSFの定番ですが、未来の可能性を(その時点で可能性がある範囲で)を一つ選び取って、望む未来に行けるってのはどうでしょうか?無敵すぎる問題があるならば「1秒先限定」とかで(1秒でどうあっても出来ない(可能性が無い)事は無理)。ようは「先に結果があってそこに至る過程は問わない、結果があるのだから出来る」ってフェイトのゲイボルグもどきですが。



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107