Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Thu 2006.08/31

ディスコミュニケーションを物語へと広げる漫画

| ディスコミュニケーションを物語へと広げる漫画を含むブックマーク

 kamimagiさんの『いいひと。感想を読んで。

 つーか、ここまで相手の意図が伝達しきれない話ってのがすごい。

 でも、たいていは相手の意図が途中まで伝達されないが、最終的にはいい方向で伝達される。


 勘違いされても、結局なんだかんだで伝わるというのもシリアスコメディともに通低してる。


 つーか、これは読んでくれるとわかる。

 いま、ネカフェで書いてるから細かい説明ができないので、だれか俺の言いたいことをわかりやすく精密に説明して書き直してくれる人ぼしう。

 kamimagiさんがスクラン読んでるかはわかんないんですが、多分ウチの《スクラン考3:双方向を目指す想い(1/2)》における「ディスコミュニケーションを前提にしたコミュニケーション」の概念を使えば説明しやすい筈……というか、そこからみやもさんが派生させて書いた『エンジェル伝説』論に近い感じなので、そっちを読んで貰えば良いやも。


 以前、ペトロニウスさんにも「汎用性が効く概念」と誉めてもらったことがありますが、スクラン考の内容は、様々な作品を読む時に応用できる読み方だと思います(というか、そういう普遍性を与える目的を持って書いてます)。

 現にペトロニウスさんはスクランだけでなく、花の名前やハチクロなどの少女漫画感想にもこの読み方を使っておられましたね。

 ペトロニウスさんは、スクラン的な人間関係の構造を下記のように整理されてます。


これは、先日読んで感銘を受けたいずみのさんの「スクラン考」 でヒントを得たが、お互いに愛情を抱いているのに、思いが届かないディスコミュニケーション状況があり、、、、神の視点で読んでいる読者だけはそのディスコミュニケーションの世界が、実は愛に満たされていること知っている、という物語構造だ。


こういう


ディスコミュ二ケーションを前提とする関係性


って、昨今とても多いような気がする。


・・・・・・・現実では、ディスコミ状況の関係性は、「わかりあえない」不毛感の反復になることが一般的なんだが、それに対する抵抗としての物語なのかもしれないなぁ、この手の作品は。

物語三昧〜できればより深く物語を楽しむために

 「神の視点で読んでいる読者だけはそのディスコミュニケーションの世界が、実は愛に満たされていること知っている」……というのがまぁ、「この手の作品」を楽しんで読む上でのポイントなんだろう、とぼくも思います。


 で、次は肝心の『エンジェル伝説』論なんですが、みやもさんがmixi内で書かれたものなので、本人の許可を取った上で全文転載させて頂くことにしました。

 以下どうぞ。

エンジェル伝説おもろい

八木教広エンジェル伝説」(15巻完結)を久々に読んでみる。

悪魔のような容貌と天使のような優しい心をもった少年が周囲に誤解されまくって恐怖の大番長扱いされながらいつの間にか不良軍団を形成し(本人は仲良しグループのつもり)、他校の不良だの教育委員会から派遣される不良撃退屋だのを本人も知らぬ間に打ち破りつつ、無自覚に最強伝説を築いていく学園コメディ

改めて見るとかなり突っ込んだとこまで楽しめる気がするのは、多分ディスコミュがらみで某氏*1の薫陶を受けた今だからなんだろう。

北野くんを取り巻く人々には彼をどう評価するかで三層に分かれていて、

・誤解(悪魔のような男)

・誤解中の理解(悪魔のようだが立派な男)

・理解(天使のような人)

で、キャラによってこれが固定されてたり移動したりする。おもしろいのは真ん中の“誤解の中の理解”という危なっかしい層がずいぶん大きくクローズアップされているところ。コメディから始まったためというのはあるんだろうけど、シリーズ後半に入って格闘物や学園物のまっとうなドラマが濃くなってきてもその特色が充分キープされてたのは大したものだと今更ながら思ってしまう。

とくに“裏の7人編”なんかは、単純にバトルで撃破するか、誤解→理解のわかりやすいスイッチを連発して快楽を生産する方がたぶん(少年漫画的には)描く方も楽だったろうに、八木先生は最後までその安易な道はとらなかったという点で、僕はこの漫画がとても気に入っている。

いいかえると、「最後には当事者が徹底的に理解しあわなきゃいけない」強迫観念から解放されている世界観が読んでいて肩の力が抜けて、好きだったのだ。




理解へのスイッチングの話でいうと、じつはヒロイン格の良子ちゃんより、子分の竹久くんの方がドラマが上等だったのはたぶん多くの読者が気づいてるんじゃなかろうか。


良子ちゃん北野くんとの戦いを経て誤解から理解へ一足飛びにガールフレンドの地位におさまったキャラだけど、竹久くんはというと、長いシリーズを通して誤解→誤解中の理解→理解の全段階を通過したうえで、しかも自分で納得のいく着地点として、理解しながらも誤解していたときと同じポジションを続ける決心に至るという心的なゆらぎが豊かなキャラだった。


具体的には、

悪魔のような北野さんには逆らえない

悪魔のようだが尊敬できる北野さんに付き従おう

(長い時間が経過)

・えっ、北野さん普通の人だったの?ガーン いまさら分かっても、どうすれば……

・それでも今までの付き合いには嘘はない、やっぱりこの人のそばにいたい!

というわけで、既成事実としての友情が誤解を超克するというかなり熱いパターンを見せてくれたのであった。


で、愉快なのはこれが完っ全に竹久くんの内面でのみおこなわれる処理だという点。

北野くんはというと、竹久くんの葛藤なぞ最初から最後まで知ることもなく、ただ「クラスで最初の友達」として一緒にいて仲良くし続ける。「エンジェル伝説」は北野くんの成長物語ではなくて、北野くんという定点に対して周囲が勝手に感化され移り変わる物語であることを象徴づけるのが、竹久くんなのだ。

逆に言うと、周囲の“友達”に「なんていい人なんだろう」と感動しつづけて最後までそれが解消されない北野くんこそが一番根深い誤解のレイヤーに立っていたともいえる。そして繰り返して言うが、そういう誤解含みでそれなりに日々が続くという、「ある程度の慢性的な誤解を許容する」ゆるやかな世界観が、本作のキモであったのだ。

エンジェル伝説 15 (15)エンジェル伝説 15 (15)
八木 教広

集英社 2000-04
売り上げランキング : 217570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『いいひと。』と『エンジェル伝説』は方向性こそ異なるでしょうけどね。

 誤解のドラマとしては、エンジェル伝説の方が「ひねり」が効いてて、いいひとは「直球(むしろ力業?)」になってるような感じかもしれません。


エンジェル伝説 1 (集英社文庫―コミック版)エンジェル伝説 1 (集英社文庫―コミック版)
八木 教広

集英社 2007-02-16
売り上げランキング : 273487

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

メンツがやたら豪華なクトゥルフ入門書

| メンツがやたら豪華なクトゥルフ入門書を含むブックマーク

 Amazonで注文できるようになったみたいなので、ちょっと紹介。ラインナップは↑の記事に載ってます。

 というかアキバBlogの人は一体どういうコメントを書いてるのやら。想像がつきません。

クトゥルー神話ダークナビゲーションクトゥルー神話ダークナビゲーション
森瀬 繚

ぶんか社 2006-08-31
売り上げランキング : 204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:いずみののこと

Wed 2006.08/30

そろそろ

| そろそろを含むブックマーク

 時間的余裕も出来てきたので、日記らしい日記を更新したいですね。このままだとサボリ癖も付きますしね。もう既にクセになってしまっている気もしますが……。


 あ、27日のオンリーイベントお疲れ様でした!(遅)

 ウチのサークル打ち上げでお話しした皆さんもどうもでした。ちなみに二次会ではゴルゴさん山田さん結城さんK山さんとみっちり少年漫画トークができて満足。

 三次会では始発が動き出すまでゴルカムと付き合ってたんですが、朝の公園で三人並んでブランコ漕いでた(学生みたいなシチュエーション)あたりで「あぁ、祭りの後だなぁ」と感じ入ったり。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060830

Sat 2006.08/26

イベント前夜日記

| イベント前夜日記を含むブックマーク

 一応東京には前日入りで。今漫喫に泊まってます(深夜1時現在)。

 こっちではまず結城忍氏と合流して、居酒屋からくりサーカス会議をまた二時間弱追加……。なんでこんなに話の種が尽きないんだこの漫画。ある意味で名作すぎです。

 とりあえずヴィルマ姐さんの死に方はどうなのかと。あと基本的に鳴海兄ちゃん弱りすぎ、勝さん成長しすぎ(成長させすぎ)。


「しかし電話で何度もネタにしたけど、このページとこのページは気になりますよね」

「この時点の勝さんは逃げる気マンマンですからね」

「どう見ても、グリュポン君と別れるのが悲しいのであってフェイスレスを置いていくのが悲しいわけではない(笑)」

「誰もツッコまないのかなぁコレ」


 さてどのページの内容について語った会話でしょう?(ムダに質問形式で)

 あとやはり誰かがからくりサーカス夜話を開催するべきだと……(まだ言ってる)。


 ところで明日はなんかトークイベントに立たされたりするみたいなんですが、まぁヤマカムをいじったりヤマカムをいじったりヤマカムをいじったりヤマカムをいじったりすると思います(ネギまの話はどうした)。

 でもウチのアクセス量はお二人の1/100以下ですからね。きっとお客さんも「ゴルゴヤマカムは解るけど、お前誰」状態になるんじゃないでしょうか。今から楽しみですね(ヤケ)。

 あとむしろ、ネギまの話よりもから(略)

izuminoizumino 2006/08/28 05:58 トークライブ、ヤマカムいじりは大成功でした。俺とゴルゴさんは頑張った!

izuminoizumino 2006/08/28 06:01 あと、打ち上げで結城さんと山田さんを絡ませたら「いつかこのメンツでからくり夜話やりましょう」という意見で一致。でもいつになるかは不明

Fri 2006.08/25

野望のデスノート王国――本当にデスノートに近い漫画は

| 野望のデスノート王国――本当にデスノートに近い漫画はを含むブックマーク

 かなり遅めの話題ですが、『STUDIO VOICE』の漫画特集の話です。

 聞いた話によると、結構売れてるみたいですね。

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年 09月号 [雑誌]
STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年 09月号 [雑誌]
INFASパブリケーションズ 2006-08-05
売り上げランキング : 4903


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 この中でいずみのはデスノート論なのやらネウロ論なのやらどちらとも言えない感じのコラムを書かせて頂いたわけですが、そこでは「デスノと共通点のある少年漫画」として、「横山光輝伊賀の影丸とかバビル2世」を挙げていたりします。

 デスノートのような、何でもアリの知略戦をテーマにした漫画の場合、荒木飛呂彦福本伸行の能力バトル漫画ギャンブル漫画をその原点として語る人が多かったように思うのですが、古い漫画だとむしろ横山光輝じゃないか、と。

 主人公があんまり善人っぽく見えない所とか、傍目からはみっともないくらいの泥仕合が延々と繰り返される(良い言い方をすると「息もつかせぬ丁々発止の駆け引きが繰り広げられる」)所とか。

 デスノートの魅力も、なんだかんだ言って「月とLのヒドい泥仕合っぷり」だったんじゃないでしょうか。相手にトドメをさせそうになった寸前で、妙な油断やうっかりが原因でチャンスを逃したりする時の感覚なんかも近いモノを感じます。


 しかし、『バビル2世』など以上にデスノート的な漫画存在することも、後になって気付いたのです。

 それは――『野望の王国』です。

DEATHNOTE』と『野望の王国』の共通点箇条書き

  • 主人公は頭脳明晰でスポーツ万能でイケメンの若きエリートである
  • 主人公暴力によって世界を支配するという野望がある
  • 主人公親族殺しを行う
  • 主人公には、必ず殺さなければならない宿敵が存在しているが、その宿敵とは表向き仲間関係にある(同じ組織の中に所属している)
  • その宿敵を消そうとすることで、かえって自分の立場が危うくなっていくのは明白なのだが、それでも殺そうとすることをやめない
  • その宿敵も、主人公が真の敵であることに勘付いており、互いの腹を探りながら、水面下では敵対している
  • 主人公には熱狂的な部下や協力者が居る
  • 主人公警察組織に入り込んで、自分の目的に利用しようとする
  • 物語が進むにつれ、宿敵だけでなく第三勢力とも戦うことになる(その時は宿敵とも協力する)
  • やっぱり泥仕合がひどい。どんでんがえしの繰り返しが延々続く
  • やっぱり油断やうっかりによる作戦ミスが多い
  • 人が沢山死ぬ。何か問題が起こるとすぐ殺す。「展開に行き詰まったらとりあえず殺してパワーバランスリセット」が基本
  • 最後に宗教が出てくる
  • ネームが長い(原作者付きの漫画はそうなりがちか?)
  • パロディネタにしやすい
  • キャラクターの行動が基本的に無様で滑稽
  • キャラクターの顔面芸が主な見所
  • ギャグマンガである

 というわけで、今後は「小畑健の絵柄でサルまんを描くのがウケる!」というのと「大場つぐみ漫画原作者界の重鎮になるであろう」ということが予想されそうです(されません)。

野望の王国 1 完全版 (1)野望の王国 1 完全版 (1)
雁屋 哲 由起 賢二

日本文芸社 2002-09-27
売り上げランキング : 154194

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

hummer_and_anvilhummer_and_anvil 2008/08/15 02:14 「小畑健の絵柄でサルまんを描くのがウケる!」予言的中ですね。お見事。

Thu 2006.08/24

izumino2006-08-24

ネギま!ファンブック計画 イベント前告知

| ネギま!ファンブック計画 イベント前告知を含むブックマーク

 件の同人誌ですが、○日前に無事入稿できました。

 『ネギま!ファンブック計画2006 ‥‥疾風怒濤!!』と、

 『ネギま!ファンブック計画2006増刊 MINISTRA et MAGISTRA』の二種が同時に出ます。


  (バナー)


 前者は「普段ネギまで活動しているわけではないけど、機会があればネギまのパロを描いてみたいと思っておられたらしい」作家さん達がメインの本で、後者は逆にネギま系の作家さんメイン、しかも「女性作家さんだけの本があればいいなぁ」というコンセプトで作られた本です。

 どちらも漫画イラストだけでなく、「疾風怒濤」はテキスト記事も面白いのを用意してますし、「MeM」は作家さんのアンケートコーナーなんかもあって女性視点のネギまを知る切っ掛けにもなるのではと思っております。


 ちなみに「MeM」の表紙絵は碧茶さんと田村ヒロさんのコラボになっております。

 碧茶さんが「MAGISTRA」(師匠 or 主人)、田村さんが「MINISTRA」(従者)のクラスメイトをそれぞれ担当している構図なわけですが……気付いた人居ます?


 何はともあれゲストの皆さん、ご参加本当にありがとうございました。忙しい時期なのに、皆さん協力的で、大変助けられました。また、作家さんに限らず、色んな方にお世話になって出来た本です。

 ……でも原稿の締め切りが夏コミ直後だったので、悲鳴を上げる作家さんの多いこと多いこと。ひー(うっかり当時を思い出してしまって悶絶)。

 27日はオンリーイベント図書館島の休日 2日目」にサークル参加。当日は宜しくお願いします。

入稿後の普通の日記

| 入稿後の普通の日記を含むブックマーク

 久しぶりに取った完全オフ日では、日本橋上海新天地中国茶ショップ甜茶と八宝菊花茶を購入したり。

 内臓が弱いので、こういう健康茶の類を買い集めるのが趣味だったりします。

最近の購入物

 『植芝盛平の武産合気』は、いずみのが愛読しているサイトの方の出した新刊。武道好きにはオススメしときます。

izuminoizumino 2006/08/24 23:58 ちなみに今家にあるお茶は、烏龍茶、紅茶、さんぴん茶、ヨモギ茶、スギナ茶、決明子、甜茶、八宝菊花茶、柚子茶です

izuminoizumino 2006/08/25 00:22 あ、一応番茶と緑茶もあったな(日本茶あまり飲まない)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060824

Fri 2006.08/18

izumino2006-08-18

ネギまの同人誌作ってます

| ネギまの同人誌作ってますを含むブックマーク

 同人誌に興味のある人向けの話なのですが……。

 今、↑これ作ってます。入稿日は○日後です!

 なんか日記書いてる場合じゃない気もするのですが告知が始まってるのにノータッチというのもどうかと思うので何か日記に書いた方がいいんでしょうね。

 えーと、いずみのは、企画立案から編集デザイン、取材構成、と自分でできることはなんでもやってる感じであります。

 ゲストの皆さんのお仕事が大変優れているので、それに恥じない本作りをせねばなぁと。

 特にRypさんの裏表紙絵はいいですよねぇ。*1


 この作業に忙殺されていたおかげで、最近オフ会とかで「具体的に何やってる人ですか?」と訊かれると「同人編集です」と答えてしまうくらい同人中心の生活になっております。最近更新が止まりまくりだったのはその所為もあったのですが……、常連さんには申し訳ない限りで。


 まだいくつか公開してないネタもいくつかある(裏表紙にモザイクかけてる部分とか)ので、続けて公式のブログをチェックして下さると嬉しいです。

 いやぁ、完成が楽しみですね!(人ごとじゃない)

まるで関係無い余談

 『からくりサーカス』が完結してから最終巻が発売されるまでの間、間違いなく電話で合計5時間以上は飽きずに討論しつづけている俺と友人Y氏との関係は実際どうなんでしょうか? というのを世に問いたい(質問形)。

 からくり読者の内、一体何人がここまで真剣にあの最終回をひきずりながら話のネタにしてるんだろうか(笑)。テーマ的に読み込んで連載につきあってきたような人としか通じない会話だからネット向きの話題じゃないなぁとは思うんですけど。

 とりあえずフジタ映画の『カンフーハッスル』を観るべきだと思うのですがどうでしょう。あとラブひなの最終巻(笑)。


 というわけで誰か、からくりサーカス夜話をやったりしないでしょうか。めっちゃ参加しますよ。

*1:実はこの裏表紙のレイアウトもいずみのの仕事だったりするわけですが誰も気付いてくれなそう

izuminoizumino 2006/08/19 12:43 そういえば「うしとらの拡大再生産という意味ではニックの『あやかし堂のホウライ』はやはり素晴らしかったということか?」という話もしたけど、全3巻の作品と43巻続いた連載を比べても意味無いしなぁ(笑)

y_shinobuy_shinobu 2006/08/22 21:23 いやぁ、からくりサーカス夜話やるんでしたら是非参加したいですね。

izuminoizumino 2006/08/22 23:45 何をしれっと第三者みたいな書き込みしてるんだあんたは(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060818

Sat 2006.08/12

夏コミ行けてません

| 夏コミ行けてませんを含むブックマーク

 近況です。夏コミ行けませんでした。

 最近人間関係でいいこともありましたけど、色々がっくりイベントも多くて収支はプラスなのマイナスなの? という感じです。まさに禍福はあざなえる縄のごとし! あーもう。

 そんな一夜の潤いがこのMADガンスリ+あの番組)。

 最高、すばらしすぎます。

 MADだとハイスクール涼宮組以来のヒットですな。

アミアミ 2006/08/13 05:09 これはすばらしい。思わず、ガンスリが熱血勧善懲悪ものだったかと記憶違いを起こすほどに。

izuminoizumino 2006/08/13 05:50 あぁそういえばこいつらも五人組だったんだなって気付いた時点でMAD作者にシャッポを脱ぎました

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060812

Wed 2006.08/09

祝・『24のひとみ』1巻発売

| 祝・『24のひとみ』1巻発売を含むブックマーク

 個人的に、今チャンピオンで連載してる漫画で一番好きな作品です。

 ぶっちゃけスタジオ・ボイス』のお仕事でも結構強引にレビューを書かせてもらったくらいなんですが。客を選ぶチャンピオン作品の中でも、比較的広く受け入れられやすい作風だと思うのでもっと流行るといいですね。

 それはともかくひとみ先生は超かわいい(結局それか)。自分の頭の中のめぐみ先生は総攻めの総モテですよ。学生時代とかもっとモテたんじゃなかろうか。

24のひとみ 1 (1)
24のひとみ 1 (1)倉島 圭

秋田書店 2006-08-08
売り上げランキング : 1674


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 しかし、付録の『メグミックス』と読み比べてみると、倉島圭は今作でやっと鉱脈を掘り当てたんだなあという気が余計にしますね。良くぞここから化けたなぁ、と。

 4コマ形式を捨てたのは大正解の筈で、大ゴマを使えないと駄目な資質の漫画家だったということでしょう。

 第一、女性キャラの描き方も、ひとみになってから全然萌え度が違ってきてますしね(結局それか)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060809

Sat 2006.08/05

修羅場の匂い

| 修羅場の匂いを含むブックマーク

 何をやってるのかは秘密ですが、今月に入ってから修羅場の予感です。週明けあたりから8月下旬までが酷くなると思います。

 また取材と称して上京したりするようです。忙しすぎて夏コミ行けないくらいかも。


 最近ラストイニングと新吼えペンとネウロムヒョアイシルの新刊を読みました。


f:id:izumino:20060805203938j:image


 突然フォトショップに触りたくなって、塗り作業。所要時間は50分くらい(デバイスマウスのみ)。

 結構気に入った仕上がりです(今の内にヒマ人っぽいことをやっておこうという魂胆)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20060805

Thu 2006.08/03

風邪ひいてました

| 風邪ひいてましたを含むブックマーク

 風邪だけならまだいいんですが、体力を落とすと持病*1が突然再発するのが難儀です。

 仕事にならないくらい酷い状態になるので、久しぶりに以前通っていた鍼灸院へ行ったりしてました(医者に診せてもムダな類の症状なので)。

仕事情報:『スタジオ・ボイス』

| 仕事情報:『スタジオ・ボイス』を含むブックマーク

 イズミノウユキ名義のライター仕事のお知らせです。

 『STUDIO VOICE 2006年9月号』(8月5日発売)の漫画特集で、デスノートネウロに関する小論、ミニコラム2本、レビュー4本を担当させて頂きました。

 文字数自体は少なめだったので、そう本格的なことを語ってるわけではないですが、個人的には楽しめて、良い経験にもなったお仕事でした。

 今まではライターを名乗るのもおこがまい感じだったのですが、三度目の正直という言葉もありますし、兼業ライターを自称しても良い気がしてきました。なので、プロフィールにも一応の仕事履歴を加筆したりしています。

 ともあれ、何よりも色々なご縁に感謝です。

追記

 でもまだ名刺も作ってなかったりして、人に会うたびに「名刺くらい作りなさいよ」と窘められるんですが……。

アニメ「スクールランブル二学期」新EDテーマ“二人は忘れちゃう”が良い

| アニメ「スクールランブル二学期」新EDテーマ“二人は忘れちゃう”が良いを含むブックマーク

 17話になってようやくED変更になったスクラン二学期。2クール目ですぐ変更されなかったのは、なんか事情でもあったんでしょうか。

 アニメの本編そのものはアベレージが低いと評価していた*2のですが、新ED映像も含めてやたら気に入ってます。17話の録画もリピートしまくり、シングルも発売日に買ってきてリピートしまくり。

D

 歌詞はフルコーラスバージョンを最後まで聞くべきだと。「忘れちゃったら ゴメンね」っていうのが全体のメインフレーズなんですが、これ、「歌が訴えようとしている感情」の本質とあべこべ(ミスリーディング)になってます。自己韜晦、と言ってもいいくらいかも。

 ホント、Cパートの最後の二行で全部ひっくり返す為だけにA・Bパート存在しているというか。作詞家の人凄いな。

 久々に情動をグラグラ揺さぶられる曲でした。

TVアニメ「スクールランブル二学期」新EDテーマ 二人は忘れちゃう
TVアニメ「スクールランブル二学期」新EDテーマ 二人は忘れちゃう塚本姉妹

マーベラスエンターテイメント 2006-08-02
売り上げランキング : 209


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ちなみに作編曲のIPPEIという人、メチャクチャいい仕事してるので調べてみたら、ヴィジュアルバンドボーカルシンガーソングライターで、今は音楽プロデューサーアレンジャーの仕事もやってる人らしいですね。

 ヴィジュアルバンドボーカル……。アニメ系の仕事ではKAIKANフレーズの曲提供をやったこともあるらしい。作曲センスの幅が広いってことなんだろうけど、イメージそぐわねー。

*1:内臓の弱さから来る嘔吐感と寒気

*2:語ると長いですが、演出家が「原作の作風は文化祭編あたりを境目に絵柄もテーマも変質してしまっている」という事実を理解できていないのが問題で、なのに前作と同じ方法論(それも、ただのネタアニメとしてその場限りのウケを取る側面だけをクローズアップしたもの)では通用する筈も無く。高松信司だったら確実に別の方法論に切り替えていただろうに。ただ、16話までは「ただの流れ作業で原作ストーリーを消化」しているか「ネタアニメ化」しているかのどちらかだったのですが、17話で初めて「映像化による昇華」を感じたので、もしかしたら今後良くなってくるのかもしれません



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close