Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Thu 2007.04/26

カウンタ回復

| カウンタ回復を含むブックマーク

 CGIが回復しました。

 web拍手も、今まで通りメッセージを送れます。なんとなくテスト送信なんぞして頂けたら管理人が喜ぶかと。

漫画購入録/山川直人の新刊二冊

| 漫画購入録/山川直人の新刊二冊を含むブックマーク

コーヒーもう一杯 III (3)コーヒーもう一杯 III (3)
山川 直人

エンターブレイン 2007-04-25
売り上げランキング : 1972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ナルミさん愛してる その他の短篇ナルミさん愛してる その他の短篇
山川 直人

エンターブレイン 2007-04-25
売り上げランキング : 2596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 山川直人漫画はいいですね。「普段読むような漫画とは一風異なる漫画を、でもアバンギャルドというわけではなくて、オーソドックスな魅力のある漫画をたまには読んでみたい」てな向きの要望には良く応えてくれる作風ではないでしょうか。

 丁寧なカケアミのグラデーションで描かれる山川直人の絵のタッチは、不思議と「死」や「喪失」をテーマに扱った時は特に輝くような気がします。


 「ナルミさん愛してる」は個人的なツボにハマるテーマでお気に入り。一方的に捧げるような愛情といい、コミュニケーション(相手への理解)の薄さが逆に絆を深めるような関係や、途中で一編だけ挿入される「主観視点の切り替え」が持つ意味など、読後に感じ入る所の大きいお話です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070426

Wed 2007.04/25

『季刊R・P・G』vol.02

| 『季刊R・P・G』vol.02を含むブックマーク

 友達や知人関係者が執筆しているらしいので宣伝。TRPG情報誌ですな。

[rakuten:a-game:1386336:detail]


 なぜかメイン記事が「古谷徹ロングインタビュー」だという……。*1

赤松健のCパート・続報

| 赤松健のCパート・続報を含むブックマーク

 172時間目からCパートが導入されたことの続きですが……。

まだ進化の余地を残す赤松健を見よ - ピアノ・ファイア

今回は本編の「極寒」とオマケの「クーラー」がかけられてますが、いつもそこまでこだわる気かな?

 先週は「雪山→クーラー」で韻を踏ませていたのが、今週は「似合わない→似合う」で韻を踏んでいました。芸が細かい。

 でも来週は単発のクラスメイト編らしいので、Cパートはお休みの予感。

「今俺がどのくらいFate/Zeroにハマっているかというと」

| 「今俺がどのくらいFate/Zeroにハマっているかというと」を含むブックマーク

 イスカンダル萌えが高じて、アレクサンドロス大王の勉強を始めてしまうくらいです。

アレクサンドロスの征服と神話アレクサンドロスの征服と神話
森谷 公俊

講談社 2007-01-18
売り上げランキング : 11380

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 史実の方の大王も、色々はっちゃけキャラクター楽しいです。戦争やってんだから当たり前なのですが、人殺しすぎですね。身内も粛清しまくりで、リーダーとしては相当の問題人物という感じ。

 Zeroの方のイスカンダルは「美化された英雄像」なので別に問題無いものの、オリジナルアレクサンドロスからは、あの宝具《王の軍勢》を装備する姿がちょっと想像しにくいかもしれません。

 ともあれ、理屈抜きのパワーを感じさせる人物であるのは確かで、


「いいも悪いもあるか、自分の願望をただ達成するのが人間だ」

「その達成する姿を民衆に見せつけ、憧れさせるのが英雄だ」


……という、Fate世界におけるイスカンダル王道観(↑はいずみのの意訳)を裏付けるだけものは持っています。

 しかしアレクサンドロスって、孟子言葉で言えば確実に「覇者」に分類できる人物であって、決して「王者」ではないんですよね。

 そういう、王道でもなんでもない自分の生き様を「これぞ王道」と言い切れる(しかも説教までする)こと自体がイスカンダルのデカさを表すと言いますか。まぁ単に儒学を知らずに言ってるだけでしょうけど(笑)。

 ちなみに孟子アレクサンドロスは同時代の人間だったりするので、「もし東方遠征中国まで到達していれば」などと考えても心躍るものがあります。始皇帝よりも早いのだし。


 あとは「イスラム圏においてムスリムから英雄視されているイスカンダル」が、どういう受け入れられ方をしているかに興味があるのですが*2、どういう資料で調べればいいのか分かってない状態です。

「ついカッとなって注文」

| 「ついカッとなって注文」を含むブックマーク

彼氏彼女の事情 CD-BOX彼氏彼女の事情 CD-BOX
TVサントラ 福田舞 藤井フミヤ

キングレコード 2005-02-23
売り上げランキング : 33625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 津田雅美熱が上がるとアニメ版カレカレの良さを思い出すのですが、ついでに「カレカノサウンドトラックも良かったなぁ。でも今からサントラ集め直すのも……」などと思っていると、CD-BOXが出ていたことに気付き、少し躊躇した末に注文。パッパヤッパヤヤパーヤヤー。

 どうでもいいことですが、エヴァサントラCD-BOXで所有しています。DVDとかを買う趣味は無いのに、変な所でお金を使ってしまうタチだ……。

 あと割と珍しいアイテムとしては「EVANGELION-VOX」なんてのも持ってます。当時は割と良く聴いてました。

EVANGELION-VOXEVANGELION-VOX
オムニバス The LORD ロンドンゴスペル・クワイア

キングレコード 1997-12-03
売り上げランキング : 216795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:本人もTRPG経験者で、TRPG雑誌コラムを連載したり、ボイスドラマ化されたTRPGナレーターをやったりしたことがある

*2:「イスカンダル」という読み自体もアラビア語読みから来ているので

Maybe-naMaybe-na 2007/04/25 22:43 なつかしー。『韃靼人踊』を聞き狂ってました。

izuminoizumino 2007/04/26 22:09 よく覚えてないんですが、確かミザルー(パルフィクションやTAXiのBGMに使われてた曲)のカバーもありましたよね? あれをちょっとまた聴きたくて

izuminoizumino 2007/04/27 23:38 CD-BOX届いたー。ミザルーのアレンジ曲は二枚目の「破竹乃勢」でしたね

おがたおがた 2007/04/28 04:25 はじめまして、いつも拝見させていただいてます。古谷徹でTRPGといえば、田中としひさの「おこんないでね」の企画で初めてTRPGをやっていたような記憶が。ってアレも10〜12年くらい前の記事です。ちなみに何をやっていたかというと、ガンダムRPGで“シャア”をやるという……

izuminoizumino 2007/04/28 07:54 あ、そうそう『おこんないでね。』の企画でしたね。単行本持ってますけど、覚えてますよ。>TRPG経験

Tue 2007.04/24

『月刊LaLa』6月号購入

| 『月刊LaLa』6月号購入を含むブックマーク

 津田雅美『eensy-weensy モンスター』のチェック用に。

 カレカノの頃には無かった(けど、その前兆はあった)表現が今作では取り入れられていて、その発展に凄く注目しています。

 「スクラン」と通じる所もある表現……と言えば、カンのいい人ならピンと来るかもしれません。

 ewモンスター(とりあえずこう略す)は、津田雅美の初期作品『ブスと姫君』の頃から描き続けてきた題材が追求されていて、「ああ、きっと津田雅美は『ブスと姫君』をこういう風に描いてみたかったんだな」と、作者の志向を遡れる作品にもなっているのも見所。

ブスと姫君 津田雅美作品集ブスと姫君 津田雅美作品集
津田 雅美

白泉社 2005-07-15
売り上げランキング : 118932

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 単行本1巻は7月5日に出るらしいので要チェックですよ。

 ewモンスターの次に目当てにしてるのが田中メカキスよりも早く』で、第二話もヒロインの反応が可愛くて面白い。しかしなんというか「読んでるこっちが恥ずかしくなってくる漫画」っていうのも久しぶりな気が(笑)。

LaLa (ララ) 2007年 06月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2007年 06月号 [雑誌]

白泉社 2007-04-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070424

Mon 2007.04/23

まだ進化の余地を残す赤松健を見よ

| まだ進化の余地を残す赤松健を見よを含むブックマーク

 マガジンで掲載された『魔法先生ネギま!』172時間目(オチが千雨の回)について、赤松健日記帳より。

2007年4月15日

ところで、もともと赤松作品は、一話がAパートとBパートに分かれている ことが多くて、よく中盤に「ここで一旦CM」みたいな”時間の途切れ目”が あったりするのです。(バトル編は除く) これはもちろん日本アニメの影響で、分かれ目は大体8〜12ページ目辺り でしょうか。ラブひなの頃から意識してやっている”二重化”構造の一端な のです。 で、この日記はもう18日に書いているのでネタバレしますが、172話目 ではとうとうCパートが出来ました。(笑) もちろんこれは、アニメ版ネギま!?」の影響です。アニメではよくある ようですが、漫画の週刊連載ではあまり見かけないですね。 今後は漫画界でもCパート流行る!(・・・わけない!)

 赤松スタジオの「二重化構造」については、漫研さんの所にある記事が詳しいので、ご参考にどうぞ。

 そしてこの「Cパート」に関して、漫研さんのチャットルームで会話した内容を抜き出してみます。

いずみの >> うーん、ぼくの認識だと、マガジンは一話完結志向が強いですよ。

いずみの >> そういう意味でも今のネギまには再注目している所です。赤松健、まだ脱皮できるのか? という注目度。

いずみの >> 一話の中に、「オマケ(本人曰くCパート)」を入れはじめたんですよね。これを週刊で自家薬籠中のものにしたらちょっと凄いと。

LD >> なるほど。Cパート

ルイ >> 所謂ED曲が流れた後のアレですかw>Cパート

いずみの >> そもそもネギまって、その構造上『魔法先生ネギま!増刊号』が必要だったんですよね(笑)。でもマガスペと同時連載なんか不可能だと。じゃあ本誌でオマケ連載しちゃえっていう発想ですね。

GiGi >> 1話の中にストーリーが二重構造になってるのは個人的に「スタートレック手法」と呼んでいたんですけど、赤松先生はさらにその先をやろうとしてる?

いずみの >> 端的に言うと、まさにそういうことですね>さらにその先をやろうとしてる?//今回は本編の「極寒」とオマケの「クーラー」がかけられてますが、いつもそこまでこだわる気かな?

いずみの >> ワンピースのように「トビラ連載」するのも手だったと思うんですが、そうじゃなくて、あくまで「コマ割りした漫画」にするのも赤松さんらしいかなと。

ルイ >> トビラ連載はあんまり上手くないと思いますね。連載と完全に断絶されちゃいますし。あれの改善策というなら興味深いです。

LD >> 要するに一回でふたヤマ出そうとする、自分のメソッドに「もう一味」を加えようという試みですね。すげぇ…w>赤松先生

いずみの >> しかも単なる過剰積載じゃなくて、「必要に応じた改造」というのがね、技術者としてアツい(笑)>赤松さんすげぇ

ルイ >> 来るべきウェールズ編に向けても、必要スキルかもしれませんよね。

いずみの >> 実際、Cパートでも付けないと「ネギま」は破綻が目に見えてるんですよ。そこをどうにかする手を「打てる」先生萌えってことで

LD >> パートでも付けないと「ネギま」は破綻が目に見えてるんですよ>とは?

GiGi >> クラス30人全員を起動させるという目的を達成するにはどうするかという話でしょう。

ルイ >> うん、アニメネギま!?という実験データもついてきますね。これはこれで、破綻しましたがwいい反面教師になったでしょうw

いずみの >> しかもその一発目のキャラ千雨でしょう。メカニカルな小型化と詰め込みは千雨赤松さん共通のフェチズムですし、「情報操作による一番人気なんて空しいだけだ」とか……色々萌え所が豊富です、今回(笑)

GiGi >> ああ、なるほど、そうゆう読みもあるかw>情報操作

GiGi >> あれですね。普通にちう理解として、彼女は数値いじって喜ぶようなタイプじゃないよ、という話ですw

 毎回、一頁分をオマケに消費するというのもコストがかかると思いますので*1、「最終頁の下段一段のみ」とか「最終頁のラストひとコマのみ」などへと、適宜小型化させる方向で使い分けることもありうるかもしれません(こちらは割と一般的な漫画でもありうる手法)。


 今回は魔法パートだったのでオマケが「日常パート」でしたが、逆に日常がメインの回ならオマケが「魔法パート」になるのか……などと、今後も気になる点が増えてきたと思います。

*1:そもそも毎週やるとは思えませんが

Thu 2007.04/19

障害報告

| 障害報告を含むブックマーク

 カウンタCGIは回復せず。

 サーバFTPアップロードも……できない。


 原因は不明ですが、「領域内のdatファイルだけが空データになる」という症状があるみたいです(上書きアップロードも不能)。

 Web拍手ログが残らないみたいなので、今の所、メッセージを送っても管理人に届かない状態です。

 17日以降の間に、もしメッセージを送ったりした方がおられましたら、申し訳ありません。どうしても、って類の内容でしたら、Web拍手以外の手段でお伝え下さい。お手数おかけします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070419

Wed 2007.04/18

カウンタが飛ぶ

| カウンタが飛ぶを含むブックマーク

 CGIで処理してるカウンタが飛んだ……。

 日記は113万(マイミクの方がスクショ撮っていてくれてました)、HPはえーと8万くらいだったような(うろ覚え)。


 しかしプロバイダFTP自体がトラブってるので(アップロードそのものができない)復元もできず。

 はてなリンク元統計メンテナンス中なので、17日のアクセス具合が解りません。

バトル漫画論・続き/それは少年漫画を読んでいないのと同じ

| バトル漫画論・続き/それは少年漫画を読んでいないのと同じを含むブックマーク

 海燕(id:kaien)さんから、昨日のテニプリ話について。

なるほど。ぼくは「テニプリ」は途中で投げ出してしまったのでよくわからないけれど、ネット感想を読むかぎりでは、むしろ王道のバトル漫画に思えますね。

 これは見た目通りの印象を受け取っている、ということでいいでしょう。

 ちなみにぼくが再注目しはじめたのは四天宝寺戦(特に不二白石戦)あたりからなので、それ以前の展開がどうだったかはあまり記憶に残っていません。

リングにかけろ1 (Round1)リングにかけろ1 (Round1)
車田 正美

集英社 2001-09
売り上げランキング : 89022

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ぼくの場合、『キャプテン翼』にかんしてはだいぶ記憶があやふやなんですが、『リングにかけろ』はやはり少年漫画を代表する大傑作だと思うんですよね。


 たしかに、ここには一般的な意味でのドラマツルギーはない。しかし、その一般的な作劇論を無視したストーリーテリングは、いま読んでもやはり強烈に印象にのこる。


 剣崎がプロになってからの話は本当に素晴らしくて、車田正美という天才肌の娯楽作家キャリアのなかでも、最高傑作と呼ぶにふさわしい熱気があると思う。

 たしかに「リンかけ」はボクシング漫画を逸脱してギャグ漫画じみていたかもしれない。しかし、ここに至ってギャグ漫画をも逸脱して何かべつのものにまで進化している。

 ここなんかの記述は、実にまっとうな「少年漫画評」たりえてると思うのだけど……。


 悲しいかな、こういう「少年漫画経験」を通してテニプリを読めない読者が今は多いのかもしれません。

 問題は、荒唐無稽タイプのバトル漫画の良さを説明したい時に、昔の少年漫画を挙げてみても「その昔の漫画面白さをわかってもらえない」という点にもあります。


 もし「テニプリギャグでしかない」と言いたい人が居たとしたら、まず『リングにかけろ』(斜に構えて読めばギャグ、しかし間違い無くジャンプ誌上に残る傑作)との違いを明快に語るべきだ――。海燕さんは大体こういうことを仰ってると思います。


 勿論、テニプリリンかけは完全にイコールという筈は無くて、テニプリには現代的仕掛けが多く含まれていますし(特にキャラの多さ、連載期間の長さなど)、車田正美とは異なる資質のセンスで許斐剛は描いている筈です。*1

 しかし、「楽しみ方」の基本ラインは殆ど同じだと言っていい。

 何故なら、そこで描かれているのは「象徴化されたシンプルなバトル」だから。「シンプルなバトルの面白さ」というのは、作品が変わってもあまりブレないものです。


 これに対する反論があるとすれば、


テニプリリンかけのように楽しめない理由は、これこれこういう違いがあるからだ」


という根拠を明示するか、あるいは


リンかけは決して傑作などではない。ただのギャグ漫画だ」


と言って、ジャンプの源流の一つを根本から否定するか、のどちらかになるでしょうね。

 でも後者を理由として挙げる人は、何より少年漫画をまともに語る資格が無い、と言っていいと思う。


 ちなみに海燕さんの「のちの『聖闘士星矢』にはこの凄絶さはありません」という評し方はちょっと面白いと思っていて、普通、車田ファンにとってはリンかけ星矢も「鎧を着てるかどうかの違いで、やってることは同じ」的に言われることが多いと思うのですが、最初から「神話世界のバトル」だった星矢と違い、一応「現実からのスタート」だったリンかけには独特のパワーがあるということでしょう。


 ぼくもその構造を踏まえて「テニプリの次回作として、鎧を着たティーンエイジャーが飛び道具でケンカする漫画を描けばヒットすると思いますね!(しない)」と発言していました。

 テニプリの面白さとして、「建前上は公式戦をプレイしている」という異常なシチュエーション性が意味を持ってることは疑いないですし。


 あとちょっと思うのは、「おもしろおかしい漫画」と「バトル漫画」を相反する要素としてみなしている読者が多いのではないか? ということ。

 テニプリも車田漫画も「おもしろおかしい漫画」であり、ぼくもそういう読み方をします。それと同時に、全く矛盾せず「バトル漫画らしいバトル漫画」として成立しているということです。


 しかしあれですね、後はフタゴ・フラクタ(id:rindoh-r)のリンドウさんの見解をお訊きしてみたいかもしれません。

*1:むしろ全く似たものを描いてしまったら、その方が問題

Tue 2007.04/17

『テニスの王子様』バトル漫画論

| 『テニスの王子様』バトル漫画論を含むブックマーク

 テニプリスタンダードな魅力を持つバトル漫画という視点から評した感想ネットの表面では見た覚えがないので、そうした言説状況をDisるべくワクチンを投下する用意を整えんとす。


 とりあえず、漫研さんのチャットで先週のテニプリリョーマと金太郎の一球勝負が決着する回)について語ってみたログ編集してみました。

いずみの >> ちなみに今週の一番といえばテニスの王子様ですね。

LD >> なかなか強烈でした。>「テニプリ

いずみの >> 今のジャンプで一番面白いバトル漫画だと思います。>テニプリ

LD >> 不二が怖いのもいいですね。>「テニプリ

LD >>テニプリ」の金太郎はずいぶんと前から登場していて、かなりのライバルと思わせていたわけですが、ようやくここで面目を果たしたといった感じですね。

いずみの >> テニプリがどのあたりから自覚的に「バトル漫画化」していたのかはちょっと気になる所ですね。

LD >> …え? どういう意味ですか? 僕は最初からバトル漫画として読んでいましたが、何かいずみのさんと「バトル漫画」の定義が違うのかな?

いずみの >> ああ、「スポーツ漫画 : バトル漫画」の比率(主従関係)が逆転したのはどのあたりかなー、というくらいの話です。

いずみの >> バトル漫画の定義ですが、一言で言えば「象徴化された戦い」です。

いずみの >> はじめの一歩なんかは「ボクシングによるバトルを描いている」と表現できますが、今のテニプリは「バトル化したテニスを描いてる」感じでしょう。ニュアンスが伝えにくいですが(笑)。純粋な闘争心や、「力への意志」をテーマに描いているというか。

LD >> ああ……僕のイメージは「バトル ⊃ スポーツ」なんで、なかなか難しいですね。もちろん言われる意味はわかります。まあ、当初からマムシ先輩のスネーク打ちとか、乾先輩のコンピュータテニス(今ならパラダイム?)とか、バトルぽかったという印象を持っています。

GiGi >> 無我の境地とか言い出したあたりが怪しいですわねw

LD >> いや、GiGiさん、不二先輩の三大スマッシュとか、登場時からかなり変ではありましたよw

GiGi >> いや、かなり変だったのは事実なんですがw。なんだろうな。波動球百八式とかもはやルール関係ない世界じゃんw

いずみの >> テニスという競技が「打った球を打ち返すだけ」である、という性質をバトル漫画フォーマットに落とし込めばこうなる、と。必然的に「必殺技の応酬」だけがどんどん先鋭化して。

LD >> 何だろう「リンかけ」あたりが素材になりますかね? 日米対決編あたりまでは“わりと”まともなボクシングマンガとも言えるんですが「影道総帥」とか言い出すあたりから「ちがうっ、何かボクシングと違うっ」って感じになってきてw

いずみの >> まぁジャンプ王道なのであって、結局はそこですよね。>リンかけ

いずみの >> このみ先生は、テニプリの次回作として、鎧を着たティーンエイジャーが飛び道具でケンカする漫画を描けばヒットすると思いますね!(しない)

GiGi >> そこは今の時代だと何もつけない方向で行った方がヒットするかと(マテ

LD >> タンクトップボロボロ肌露出ジーンズとかで闘うの?>GiGiさん

GiGi >> そうそう半裸で汗をきらきら飛び散らせながらねw

LD >> いや、今僕が再チェックしてみようかというのは「テニプリ」が正に車田マンガの最終局面、乙女座シャカ「天魔降伏」的なわけの分からない世界への突入を感じるからですよっ(力説)

LD >> ただ同時に「テニプリ」が始まった当初は、古いジャンプ読者から「絵柄は「スラムダンク」を真似てるのに、スラムダンクのようにテニススポーツ)に対して真摯で無い」という批判がよく立っていて、この批判が正しいかどうかは置いておきますが、彼らが気に食わなかった部分ってのは多分正に今言われる“バトルの成分”だと思うんですよね。

いずみの >> 多分、「一対一の球技」をどう魅せるか、という点では映画版の『ピンポン』を、スポーツの強さを「単なる殺傷力」に置き換えちゃうあたりのエッセンスは『少林サッカー』あたりをリファレンスにしてるんだと思いますけど>先生

いずみの >> でもキャプ翼だって大概ですし、サッカーだと『リベロ武田』が似たようなことしてましたよね。<単なる殺傷力

GiGi >> テニスは当初からキャプ翼継承した作品という印象はありましたね。今やまるで車田漫画ですがw

LD >> そう。タイガーシュートなんか今にも人殺しそうな勢いありましたもんw その意味で線引きというのは中々難しいと思います。偶然スイッチ部分を発見できる事もあるかもしれませんが。>いずみのさん

いずみの >> いや、ホント単純に「強いヤツを戦わせよう」という純粋目的を持った漫画だと思いますよ、テニプリは。

いずみの >> で、それは今のジャンプ漫画の中で、最もバトル漫画として成り立っている作品です(笑)。

LD >> 要するにシンプルに串団子バトルを追求している姿勢を「テニプリ」には強く感じますね。

LD >> バトルの意識合わせができましたので、僕は同意しますが、その場合「ブリーチ」の位置づけはどんな感じなんでしょう?w>いずみのさん

いずみの >> テニプリの次にバトル漫画っぽいのがボボボーボなので……

LD >> ああ「ボーボボ」もシンプルですが、どのくらいはじけられるかとか、キャラクターに拠る部分で少し澱むかも?w

いずみの >> そうそう、ブリーチとの対比にもなるんですが、「キャラ漫画 : バトル漫画」の比重でも違いを感じるんですね。

いずみの >> ブリーチは、バトルを描くというより、キャラを描く漫画になってきてしまった。その逆にテニプリは、(腐女子向けの)キャラ漫画だと思いきや、いつの間にか面白いバトル漫画になっていた……っていうような感覚はありません?

いずみの >> 例えばブリーチで、あるキャラが勝ったとしても、もうインフレが破綻していて「強さ」が伝わってこないんですね。でもキャラクターは掘り下げられますから、キャラ漫画としては成り立つと。

GiGi >> 先週のぶりーちがなかなか象徴的で。ルキアが死んだ言われても、え?(´・ω・`)…て感じでw。すみません霊圧感知能力ないんで伝わってきませんみたいなw

いずみの >> テニプリはもう、強さの基準が直線的でわかりやすすぎて、成長の度合いが直感的に伝わる(笑)。でもこの「バトルの加熱」によって、ひょっとしたら従来のキャラ性を犠牲にしてるのかもしれませんね。

LD >> ああ、それはですね。最終到達点を「無我」とか「天衣無縫」とか、一つの価値観でかなり縛っているからですよ。

GiGi >> 百八式波動球の分かり易さは革命的ですらありましたねw

 付け加えれば、先週の時点では「キャラ漫画 : バトル漫画」という比率の逆転から「キャラ」の成分が下がっていくこと(つまりBLEACHと逆の現象)を懸念していたのですが、今週の「焼肉王子様」でしっかりキャラ成分とカップリング成分をフォローしてくるあたり、やっぱ許斐先生はソツの無い人だな、という感心もするわけです。

さらばわが青春の『少年ジャンプ』さらばわが青春の『少年ジャンプ』
西村 繁男

飛鳥新社 1994-05
売り上げランキング : 651478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ネタだと思うけどネタだと思うけど 2007/04/18 01:28 よりにもよって焼肉の王子様な今週にこのエントリをあげますか(笑)/90%が「不条理ギャグ漫画」である漫画の残り10%の組成を気にしても、という気もしますが、自分とは違う読み方をしている人のことを知りたいという気もするので期待します。/あとテニプリは腐女子の読み方が知りたい。

izuminoizumino 2007/04/18 08:29 「ネタを通り越せない読者はアマです」

Mon 2007.04/16

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070416

Sat 2007.04/14

日記

| 日記を含むブックマーク

 なんとなく思い付いて、初めて献血してきました。


 今はこれ読んでます。面白い。

シルクロードと唐帝国シルクロードと唐帝国
森安 孝夫

講談社 2007-02-17
売り上げランキング : 6774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あと最近の買い物で特筆すべきはこれですね。ファン必携。

トップをねらえ2!完全読本トップをねらえ2!完全読本

メディアワークス 2007-04
売り上げランキング : 889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070414

Thu 2007.04/12

『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』公開間近

| 『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』公開間近を含むブックマーク

 もう明後日ですよ! 来週の平日あたりに観に行く予定です。

 アクション映画好きは絶対マストで観るべし。多分ブレイド2の一万倍くらいは面白いので(遠回しな言い方)。


 それにしても「絶賛コメント(Opinion)」の人選がヤンキー臭漂いまくりで面白すぎます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070412

Sun 2007.04/08

「アニメの放送本数が多すぎる」

| 「アニメの放送本数が多すぎる」を含むブックマーク

……ってことをこの時期良く耳にしますけど、実際の数として、「TVドラマの放送本数」と比べたらどうなんでしょうね?

 どういう「基準」での「多すぎる」なのか。「全部チェックしきれないから」という基準だとしたら、TV番組の殆どは「多すぎる」ということになります。まぁ事実、飽和状態が延々続いているのがTV業界でしょうけど。


 かつてドラマにも、愛好者から「多すぎる」と言われた粗製濫造時代があったのか?

 その本数の推移をアニメと比較するとどうなのか?

 すべてのドラマをチェックしているドラマオタクってどのくらい居るの?

 ドラマアニメの文化的差異(消費する層と消費のされ方の違い)は何か?*1


 色々思考実験が思い付きますけど、データが無いので思いつきだけで。

 ちなみに個人としてはかなりアニメ離れを起こしてまして、今は殆どアニメ観てません。

 最近は、一本の作品(漫画アニメ)をのめりこむように吟味しながら楽しむスタンスなので、娯楽として流して観る、ということができなくなってるのかもしれません。

*1:「今年のドラマは全部チェックできない」なんて嘆くドラマオタクなんか少数派?だろうから、アニメドラマのようになっただけ……とも言えるけど「ドラマを支える文化」と「アニメを支える文化」は全くの別物なので一概には比べられません

みやもみやも 2007/04/09 12:23 実写ドラマの状況はアニメの30年くらい先取りで、濫造体制に入ったのはオイルショックの頃ですね。/90年代から現在までのデータでは、改変期一回あたり新作ドラマ20本〜多くて30本台前半で推移してます(この4月では34本)。アニメは90年代終盤にOVA的な企画がTVに流れ込む形で急増し、数だけならドラマに並ぶか追い抜いてます(今春は53本)/ただしドラマは一話30分から1時間まで量が様々ですし、海外ドラマや2時間の単発企画など形態面での裾野が広く、「ドラマの消費者である」という意識の多重化っぷりはアニオタの比ではないと思われます(^^;;(月9と●曜サスペンスはアメコミのコミックブックとコミックストリップが全然違うくらいの意味で「別」なので)/参考URL:http://www.tvdrama-db.com/cool/index.htm

izuminoizumino 2007/04/13 04:13 みやもさん、報告ありがとうございます。色々考えられそうですねぇ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070408

Sun 2007.04/01

izumino2007-04-01

虚淵玄『Fate/Zero』2巻購入、読了

| 虚淵玄『Fate/Zero』2巻購入、読了を含むブックマーク

 とらのあなで入手。

 イスカンダルかっこよすぎ、たまらん。こういうキャラには弱いのです。

 まさにサーヴァント番長(笑)。

 ヒーロー像としての「正義の味方」と「番長*1は、属性が別物であることがコイツ読むと良く解ります。

 これはリーダー論でもある筈なので、とりあえずペトロニウスさんがいずれ書くであろうネタバレ感想に期待しときます。


 というか、モチーフとしての「アレクサンドロス大王」そのものもカッコイイですね。

アレクサンドロス3世 - Wikipedia

逸話

毒殺を恐れない

アレクサンドロスが病臥していたとき、侍医のフィリッポスが敵(ダレイオス三世)に買収されて王の毒殺を企てているという報せが届いた。王はその手紙を読んだが、平然として薬を飲み干し、フィリッポスに手紙を見せた。フィリッポスは「今後も、医者としての私の指示に従うようにしてください。そうすれば助かります」と言ったといわれる。その後王は激しい高熱に苦しんだが、やがて回復した。

砂漠の水

インド遠征からの帰路、アレクサンドロスの本隊は不毛なゲドロシア砂漠を行軍してペルシア本国へ向かった。兵士たちが飢えと渇きに苦しんで倒れていくなか、ひとりの兵士が王のために一杯の水を見つけてきた。しかしアレクサンドロスは「わたしは皆とともに渇きに苦しむほうを選ぶ」といって水を捨てた。

遺言

熱病で死を前にした王は部下たちから後継者の指名を求められたが、答えは「最も強き者を」というものであった。

 それにしてもライダー組以外の連中は、どいつもこいつも女で人生狂わせてるあたりがやたら虚淵臭漂っていやがるなと。3巻楽しみ。

ゲーム近況

| ゲーム近況を含むブックマーク

 最近、『異界戦記カオスフレア』を10ヶ月ぶりに遊びました。

 今年もTRPGは何回かやっておきたいです。カンが鈍らないように。

異界戦記カオスフレア異界戦記カオスフレア
三輪 清宗 小太刀 右京 鈴吹 太郎

新紀元社 2005-11
売り上げランキング : 148300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

異界戦記カオスフレア サプリメント インペリアルジェイド異界戦記カオスフレア サプリメント インペリアルジェイド
三輪 清宗 小太刀 右京 鈴吹 太郎

新紀元社 2006-04-27
売り上げランキング : 173411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

異界戦記カオスフレアサプリメント2 クリスタルトゥーム異界戦記カオスフレアサプリメント2 クリスタルトゥーム
三輪 清宗 小太刀 右京 鈴吹 太郎

新紀元社 2006-12
売り上げランキング : 16691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1中国語に置き換えると「好漢」がニュアンス的に近い

ペトロニウスペトロニウス 2007/04/03 00:47 さすが…僕の嗜好をよくわかっていますね・・・。もうすぐ読み終わります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070401


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107