Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Sat 2007.05/26

「『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト」の公開

| 「『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト」の公開を含むブックマーク

 お待たせしました、前々からほのめかしていた作業が、ようやく発表できる段階になりましたので、そのURLをお知らせします。

『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト

 アクセス後は、まず案内通りにリスト制作の切っ掛け」に目を通して頂き、それから「<前の日」で遡りながらチェックしてやって下さい。

 現在、KC5巻までの「反復構造」を網羅してあります。


 スクラン「反復・対比構造の超多用」について教えられた時は、ぼくも最初は半信半疑だったのですが、実際にチェックしていくと、とんでもない密度で情報が込められていて、腰を抜かしたものです。

 確かに、作者が「テーマの反復を好む」というのは印象として認識していましたが、それは「ポイント的に反復を用いる」程度だと思っていて、ここまでパラノイアック(と言っていいレベルだと思う)なものだとは、考えもしていませんでした。

 とりあえずは、この驚きを、他の読者の皆さんとも共有できれば何よりです。


 そういう意味では、自分の目で単行本(KC6巻以降)をチェックして、「反復構造を探す作業」を体験して頂ければ嬉しいですね。

 こういう楽しみ方ができる漫画は、他に知りませんし、特に週刊少年誌では尚更でしょう。

今後の更新について

 一応データベース化の作業は、全話分(単行本未収録分も含む)が済んでいるのですが、いきなり大量の解説を読むのも大変でしょうし、5巻単位くらいで小出ししながら更新する予定です。


 ちなみに単行本未収録のエピソードもリスト化の対象になってますので、単行本派の読者には不親切な内容かもしれません(KC1巻の解説として、連載中のエピソードに言及することもあります)。

 ネタバレしまくりなので、それもあらかじめご了承下さい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070526/p1


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107