Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Mon 2007.06/18

『ゼロ年代の想像力』に向けたメモ

| 『ゼロ年代の想像力』に向けたメモを含むブックマーク

S-Fマガジン 2007年 07月号 [雑誌]S-Fマガジン 2007年 07月号 [雑誌]

早川書房 2007-05-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 今にわかに話題の、宇野常寛ゼロ年代の想像力」を読了。こういう波風を立てる人が出てくること自体はいいことですね。


 紙幅の関係で書ききれなかった部分かもしれないので、現時点では余計なツッコミにもなりえますが、あえて少しツッコミを入れてみます。

 エヴァンゲリオンを「引きこもりモノ」と呼んで「生き残りモノ(=決断主義)」の反対に置くのは不完全な対置で、あの「アスカ復活」を無視していることになると思います。

 シンジも最初は、目の前で倒れるレイを見て「逃げちゃダメだ」を連呼し、エヴァに乗り、「男の戰い」を演じ、でも最後はエヴァに乗らなくなる。

 ここだけ見ると確かに「引きこもりモノ」ですが、一方アスカは「死ぬのはイヤ」を連呼し(シンジとの対比ですね)、復活する。勿論その後、量産機に負けちゃう*1んですが、最後までアスカは逃げたりしなかったし、そして何より、アスカ劇場版ラストで「シンジからも逃げない」。アスカを消そうとしたシンジを受け入れる。「二人で生きる」為に。


新世紀エヴァンゲリオン SECOND IMPACT BOX 下巻新世紀エヴァンゲリオン SECOND IMPACT BOX 下巻
緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子

ビデオメーカー 2001-06-22
売り上げランキング : 89704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
THE END OF EVANGELIONTHE END OF EVANGELION
TVサントラ 鷺巣詩郎

キングレコード 2004-12-22
売り上げランキング : 83458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 だからエヴァアスカが主役の物語でもあるんですが、その視点を抜きにして「エヴァ引きこもりモノ」と片付けてしまうのは、むしろ「90年代想像力」なるものを歪めて伝搬していることになりやすまいか、と思うわけです。


 で、ぼくから見ると、世紀末から00年代初期までに流行ったバトロワとかクーデタークラブとかカイジとかって、極端に言えば「アスカ復活」の延長線上のものだったんですよね。

バトル・ロワイアルバトル・ロワイアル
高見 広春

太田出版 1999-04
売り上げランキング : 62533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クーデタークラブ 1 (1)クーデタークラブ 1 (1)
松本 光司

講談社 2000-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カイジ―賭博黙示録 (1)カイジ―賭博黙示録 (1)
福本 伸行

講談社 1996-09
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「確かに命がかかればやる気を出せるかもしれないけど、そんなシチュエーション現実にないじゃん」という、重度の引きこもりや鬱の人には特効薬にならないものだった(大抵、苦いエンドにしかならないのも「アスカ復活」と大差無し)。


 その、「そんなシチュエーション現実にないじゃん」というツッコミフィクションの中に入れて、バトロワ的発想と引きこもり的発想をくっつけたのが、佐藤友哉の『鏡姉妹の飛ぶ教室』だったのではないか。逆に言えばエヴァも、構造的には『飛ぶ教室』に近い、「折衷型」だった? わけだ、元々から。

 そして『ドラゴン桜』あたりになって、「現実感のある生き残り」と、「生き残った時に得られる将来」を提示できるようになった、と。

鏡姉妹の飛ぶ教室鏡姉妹の飛ぶ教室
佐藤 友哉

講談社 2005-02-08
売り上げランキング : 104303

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ドラゴン桜 (1)ドラゴン桜 (1)
三田 紀房

講談社 2003-10-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 大雑把ですが、ここまでが、ぼくの目で見てきた90〜00年代認識です。そして、この先がツッコミの本題になります。

なぜメジャーな「少年漫画」は無視されるのか

 でも『バトル・ロワイヤル』や『ドラゴン桜』以前にも、「生き残り」とか「決断主義」、「その問題点と克服」を描いてきたモノというのは、少年漫画なんかの中にいくらでもあって。

 この宇野常寛という人も含め、「批評家が見逃してきた」のは古典の温故と、王道復古(=伝統継承)なのではないかと思う。時代的な「はやりもの」と「話題作」だけを並べて、本来のメジャー作品や「伝統の流れ」を無視するのは、評論家の悪いクセだよね、と思う。


 個人的に、今の時代の課題は、(声の大きな)消費者から「温故の技法」が失われていることであって、そこを片付けるのが先決ではないか、と愚考しています。

 何もデスノートとかコードギアスみたいな、「新しい(?)想像力」に注目させるような批評よりも……、例えば「いくつもの少年漫画から価値を見出していく読み方」を、もっと浸透させるような批評が出てきた方がいいんじゃないか、と。


 「泥臭い少年漫画を読んでも感動できないから、新しい想像力よ出てこい!」というムーブメントを煽るだけではなくて、泥臭い少年漫画にはこういう価値があったのか、ということを示すことの方が重要なのではないか。

 声が小さいだけで、「温故だけで充分」で「温故によって救われてきた」消費者というのは、年齢層も広いし、大きい集団を作っている筈です。それは、無視しない方がいいでしょう。

公理体系の矛盾の実務性能 - 指輪世界の第二日記

理屈じゃない、飛び込んでいけ、っていうテーマ漫画とかも、そういうメソッドで戦えって言ってるんですかね」

 少年漫画の世界は、基本的に子供向けのエンターテイメントですから、小難しい思想らしさや、リアリティのようなものは描きません。

 しかし長い年月をかけて「ヒーロー像」を追究してきた積み重ねがあり、何が正しくて、何が正しくないのか、どんな時にやる気が出せて、どんな時にやる気が出ないのか、どんな人間が世界を変えることができるのか、という「智恵」が蓄積され、堆積しています。


 それは一作だけを読んで理解できるような「思想」の形を取ってはいないけど、いくつもの作品を読み比べてみると、作品同士がアンサーを投げ返すような関係を持っていることに気付き……、読者の中にひとつの大きな「少年漫画マインド」を作り出します。そのマインドは、読者が自分の実生活と照合することで淘汰・精錬され、有効な「生き方のメソッド」を形作っていくでしょう。

 ぼくが「少年漫画の愛好家」と呼びたいのは、そういうことを続けている人達です。


 たとえば『魔法先生ネギま!』という作品では、「わずかな勇気」という、少年漫画テーマのひとつである「飛び込む勇気(決断主義!)」に対するアンサーとアフターケアがあります。

 『あやかし堂のホウライ』という作品では、『うしおととら』へのアンサーと、うしとらでは描ききれなかった「トラウマからの解放」が昇華されて描かれています。

 また、特に「自分を信じる」というテーマは、ありとあらゆるエンタメ作品でアンサーとアンチテーゼが繰り返され、いわば「思想的に刷新」されている状態にあります。

 それは90〜00年代という、短いスパンで考えられる問題ではないし、今もなおリアルタイムで続けられていることである、ということです。

 しかも、わざわざ古典的な作品を探して学ぶようなことをしなくても(できれば触れた方がいいのは確かですが)、最新の作品をいくつか読めば、大事なことは学べてしまうのも「保存されてきた伝統」が持つ「力」なのかもしれません。

エラー - Yahoo!ジオシティーズ

 この、宇野氏による『天元突破グレンラガン』評を読んで、まぁ率直に思ってしまうのは「それってグレンラガンだけの話じゃないでしょう?」に他ならない、と言ってもいいかもしれません。

アニキ」が死んだ世界で、どう生きていくか? 〜『天元突破グレンラガン』第11話によせて

 そう、たしかに僕らは今、「アニキの死んだ世界」に生きている。正しいことを知っている大人に、黙ってついていけばいい、なんて発想はむしろヤバい。もしかしたらその大人は、僕らにサリンを撒けと命じるかもしれないからだ。歴史社会だって、もう個人が「生きる意味」を与えれくれない。


(中略)

俺を誰だと思っている、俺はシモンだ、カミナのアニキじゃない、

俺は俺だ! 穴掘りシモンだ!!

 なんとカッコ悪い、そしてカッコイイ前口上だろうか。

 思えばこの10年間、アニメ界は、いや、オタク想像力の大半は、この『グレンラガン』の第8話から第11話の間を右往左往していた。

 「俺は俺だ!」「少年はヒーローを目指すが、目指したヒーローそのものにはならない」というのは、少年漫画マインドにおける基本中の基本と言っても良く、確かにそれは時代に応じて洗練されていかなければならないテーマ(=温故)だけども、ぼくは色んな作品から「そのテーマバリエーション」を感じ取ってきたわけで、グレンラガンは「理想的な最新バージョンを見せてくれるであろうモノ」のひとつにすぎません。

 そして、「自分の足で立つ」ことの魅力と危うさをテーマにした作品、誰もが自分の足で立った結果発生するバトルロワイヤルをどう、生き延び、止めるかということをテーマにした作品も多数出現している(『DEATH NOTE』『コードギアス 反逆のルルーシュ』『LIAR GAME』)。

 さらにその先、「自分VS世界」といった自意識に立脚した世界観解体しつつある想像力すら、現代には既に渦巻いている。

 確かにそうだろうけども、それは「現代」(『鋼の錬金術師』や『コードギアス』)ではなくて、もっと長いスパンで、メジャーなストリームの中から発見できるものでしょう。

 勿論、現代の物語が新しいプラスアルファを生み出しているということは、ぼくも認識していることであって、それらに注目し、語ることは歓迎すべきです。


 でもそういえば、元々グレンラガンは「熱血」や「泥臭さ」の復古をモットーにして作り始められた作品じゃなかったのかな? そうすると、グレンラガンシモンが「俺は俺だ!」と叫び、アンチテーゼを経験し、乗り越えていくのは当然の帰結だとも言えます。


 そういう大きな流れを意識することが、作り手にとっても受け手にとっても益する批評になりうるのではないか、と感じます。

*1:だからBGMにも「偽りの、再生」というシビアな曲名が付けられている

みやもみやも 2007/06/19 11:56 >グレンラガンは「熱血」や「泥臭さ」の復古をモットーにして作り始められた作品じゃなかったのかな?/今石監督によると、26話を4分割していて 70年代・80年代・90年代・00年代のアニメを描きたいらしいです。いまは80年代末〜90年代前半?(でもシモンの兄貴死亡直後の落ち込み方はすでに90年代的だったような・・・)

izuminoizumino 2007/06/19 12:49 >みやもさん なるほど。均等な四分割じゃなくて、90年代の尺を長めに取ってるのかもしれませんね。もしくは、ドラマの力動として「90年代的になってしまう圧力」が常にかかっていて、今回はその圧力を80年代的なパワーで跳ね返した、みたいなパワーバランスで描かれていたのかもしれません

izuminoizumino 2007/06/20 01:15 一番目の記事、うっかり書き忘れていた部分があったので、後半に追記してあります(ホントはあんまりやっちゃいけないテキスト修正の行為)

anonimosanonimos 2007/06/20 18:34 むしろアニメーターの現場の声じゃないでしょうか。。。 バブルの時代の派手でかっこいいアニメがあって、予算も潤沢才能のある人もたくさん動画まですごい人が居る。そんな「アニキ」をみて憧れて、でも「アニキ」にはなれなくて。

izuminoizumino 2007/06/20 20:12 >anonimosさん コメントありがとうございます。それは、見立てとしては素直な受け取り方のひとつですよね。アニメ監督や漫画家は、個性を求められるクリエイターとして、結局は先輩や師匠に甘えることのできない「孤独な職業」でしょうから。「憧れ」の後に「俺は俺だ!」という自己主張が強く出てくるのは、そんな職業柄が理由になっているのかもしれません。//で、実際今のアニメ業界って、経営も苦しそうだし人材不足が嘆かれてますけど……技術自体はバブル期以上に底上げされてますよね、明らかに。そういった「自分たちの優位さ」を肯定した上で、憧れやコンプレックスだけではないモノを作ろう、というのがクリエイターの精神だろうな、と勝手に想像しています

緋色緋色 2007/06/21 11:20 >みやもさん 兄貴死亡直後は単純にあしたのジョー2(70年代)だと思いますよ。もっとも力石と丈がゴッチャ混ぜになっていますが。光るゲロといい、間違いないかと。

izuminoizumino 2007/06/21 14:00 >緋色さん (横レスですが)あ、納得です。「喪失」と「再生」の振れ幅が大きいのも、考えてみればアナクロなのかもしれませんね。バブル期の感性じゃなくて、戦後成長期の感性というか

izuminoizumino 2007/06/21 14:04 今だと「鬱展開」って呼ばれてしまうドラマ的なトーンダウンも、昔は珍しくありませんでしたしね。主人公をドン底まで落とすっていうのは

izuminoizumino 2007/06/21 14:19 グレンラガンって、要するに「ルネッサンス」運動の一角なんでしょうね。まさに温故知新

神尾そら神尾そら 2007/06/21 15:47 お初です。テニプリ関係の記事の紹介とかしてくださって、どうもありがとうございます。そのテニプリですが、私はアレを「王道の少年漫画」だと思ってる訳ですが、あの漫画はやっぱ「勝つか負けるか分からない」所が面白いんだと思います。越前はああ見えて負けず嫌いな性格で、他の青学レギュラーの連中も負けず嫌いですから。その点で言えば「デスノート」は最終的に月が死にましたが、その前は誰が勝つか分からなかった感じがありますし、「コードギアス」も主人公(ルルーシュ)がよく窮地に陥る事が多いんですよね。この「窮地」というのが最近は弱い作品が多い気がします。予定調和というか「どうせ負けないだろ」みたいな「少年漫画」が多いというか。あとエヴァのシンジなんですが、劇場版でエヴァに乗らなかったのは彼の性格から語られる事が多いですが、実際は、TV版後半の展開で身近な人がどんどん死んでって、今までは意志疎通出来ない「人類の敵=使徒」と戦ってたのが、最後に人間と大差ない(少なくともシンジは「ヒト」だと思ってる)カヲルを殺してしまった事でシンジが追い詰められてった結果が、あのエヴァに乗りたがらないシンジかと。まあそこまでシンジを追い詰めるような展開を庵野監督が用意したのも事実ですし、カヲル殺しについても一話だけのキャラですから少々説得力が無かったのも事実かもしれません。その辺、貞元版ではカヲルが結構前から登場して、シンジとカヲルの関係が結構上手く描けてたかと思います。貞元版はシンジのアスカに対する態度も違いますし、彼女の復活がどう描かれるかも気になります。いつ12巻が出るかは分かりませんけど。

飴 2007/06/21 16:36 受け継がれるから良いのではなく「良い物」だから受け継がれる、昔も今も関係ないですよね。グレンラガンはシモンの立ち上がっていく描写のうまさ、納得のさせ方が上手だったということではないかと。(トップをねらえのパロを考慮してもメッセージが良く心に響いてきました)

izuminoizumino 2007/06/22 02:20 >神尾そらさん はじめまして、こちらこそ引用して頂いてありがとうございます。実は、貞本エヴァは楽しみにしつつ読むのをガマンしてたりします。完結してから読むのが理想なんですが、「ヱヴァ」も始まるしそろそろ読んじゃいましょうかね……。シンジ・アスカ・レイはそれぞれ庵野エヴァと設定が違いますし、結末には期待しています

izuminoizumino 2007/06/22 02:26 >飴さん そうですね。それと、「現代の人の心にも響くように作る」ということが、「故きを温める(=受け継ぐ)」ことのキモだと思います。そうすることで「現代における問題」とリンクして語られることにも繋がるんでしょうしね

緋色緋色 2007/06/22 06:59 >izuminoさん 実はシモンのアイマスクが仮面ボクサー(島本和彦)に見えて仕方ないんですよねぇ。特に第11話のクライマックスとか。つまりカミナ=丈+力石で、シモンはその壮絶な生き様をリアルタイムで目撃した視聴者たち(島本氏や今石監督)なのではないかな〜と。そう捉えれば、何とも奥の深いパロディであります。

izuminoizumino 2007/06/22 13:21 >緋色さん あー、シモン=島本。なるほど。いや、仮面ボクサーかはともかくとして、感覚としてそういう意識で作っているのはそうなんでしょうね。島本和彦はアナクロニズムに走りすぎていて、それは善し悪しなんですが、今石監督がどう今風の物語にしていくのかな、ということには注目したいと思います



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107