Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Fri 2007.08/31

ブレット・ラトナー監督『ラッシュアワー3』を観る

| ブレット・ラトナー監督『ラッシュアワー3』を観るを含むブックマーク

 ジャッキー・チェンクリス・タッカーのバディムービー第三弾。

 このシリーズを、「白人を主役にしない」というポリシーの基に作っているというブレット・ラトナーの考え方が凄く好きで。

DVD映画ポータル 来日記者会見 ラッシュアワー2

私は、「ラッシュ・アワー」シリーズの第一作を撮り始めた時から、白人俳優を主役級にはしないということを決めて、中国人アフリカ系アメリカ人、そしてスペイン系の女性を入れました。今回も、同じようなパターンでやっています。

やはり、一作目がヒットしたお陰でマイナリティーの子どもたちが、自分映画の主役になれるという、そういう夢や希望を持つようになりました。白人トム・クルーズトム・ハンクスでなくても将来スターになれるかもしれないというドアを開いたのだと思っています。「ジャキーが出来て、クリスにも出来るのなら、僕にもできるのではないか」という。これから先も、黒人アジア系の人たち、ヒスパニック系の人たちを起用していくつもりです。

今回もそうですが、白人が主役級や、一切良い役には使われていないということにお気づきだと思います。現場白人は私だけです。こういうやり方を続けていきたいと思います。

 前回のヒロイン役はスペイン女性だったみたいですが、今回のヒロイン役であるノエミ・ルノワールフランス人ジャマイカ人のハーフだそうな。

 また、そのポリシーを守った上で「超娯楽志向」かつ「きっちり映画をヒットさせる」という、ラトナーの職人監督っぷりは敬愛することしきりです。

 それでしかも『レッド・ドラゴン』や『X-MENファイナル・ディシジョン』の監督もこなしているという器用さもまたクール


 そんなわけで今回は舞台フランスということで、キッツイ国際ジョークが飛び交うのが見所なのですが、そんなコメディの中にも「人種国家を超えた絆」というメッセージがこもっていて好ましい限りです。

 ストーリー自体は三日経ったら忘れてしまいそうになるくらいに、どうということもない話で、でも「それでいいのだ」と思わせるような強さを感じる映画です。


 さて、次に観に行く映画は『ローグ アサシン』だな。その前に「ヱヴァ序」か。

購入録

| 購入録を含むブックマーク

ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)ヤンデレ大全 (INFOREST MOOK Animeted Angels MANIA)

インフォレスト 2007-08-29
売り上げランキング : 10

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

異界戦記カオスフレア リプレイ リオフレード魔法学院 [Role&Roll Books] (Role&Roll Books)異界戦記カオスフレア リプレイ リオフレード魔法学院 [Role&Roll Books] (Role&Roll Books)
小太刀 右京 / 三輪 清宗 合鴨 ひろゆき

新紀元社 2007-08-30
売り上げランキング : 639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:どういう設定だよ、と思われるかもしれませんが、蓬莱学園みたいな学園ファンタジーが今回の舞台なので

norikonoriko 2007/08/31 21:12 ジャンゴも是非行かないと!(わくわく)

Wed 2007.08/29

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070829

Tue 2007.08/28

漫画購入録/萩尾彬『シュガー☆ファミリー』1,2巻

| 漫画購入録/萩尾彬『シュガー☆ファミリー』1,2巻を含むブックマーク

シュガー☆ファミリーシュガー☆ファミリー
萩尾 彬

白泉社 2006-09-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シュガー☆ファミリー 2 (2)シュガー☆ファミリー 2 (2)
萩尾 彬

白泉社 2007-06-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 LaLa DX連載作品なので未読だったのですが、今月のLaLa出張掲載していた回を読んで気に入った為、既刊を購入。


 義兄妹シチュエーションで、「シスコン以上恋愛未満」のきわどい部分をネッチリと描いていて面白いです。

 ハイテンションな兄の方は「昔から妹が欲しかったので義妹と一緒に暮らせて超嬉しい。もしこの子が妹じゃなくなったら死ぬね多分。でもこの妹可愛すぎるよ! この気持ちはひょっとして下心……?」ってな感じで悶々とする一方で、クールな妹の方は「義兄なんて超ウザいんですけど。でも私を一番好きでいてくれるのは満足。でもそれって私が妹だから? じゃあもし私が妹じゃなかったら……」ってな感じでこっちも悶々。


 読者から見ればどう見ても相思相愛のカップルなのに、両想いになるギリギリ直前のまま、その二人が置かれた状況(この場合は兄妹関係)が「互いの距離を縮める役割」と「両想いを妨げる役割」の二面性を発揮するというのはシチュエーションラプコメ醍醐味ですね。

 オタク業界的に、妹ブームは旬を過ぎた観がありますが、むしろ当時の少女漫画である『お兄ちゃんと一緒』や『僕は妹に恋をする』などに比べると、作者の人も妹萌えを理解しきった上で描いてるので、コメディとして受け入れられやすい話として成り立っているような気もします。

 とりあえずヒロイン主人公)の可愛さは『キスよりも早く』の文ちゃんに匹敵。未チェックの方は今月のLaLaと合わせて是非どうぞ。

マンガ学の売り上げランキングの動き方が凄い

| マンガ学の売り上げランキングの動き方が凄いを含むブックマーク

マンガ学―マンガによるマンガのためのマンガ理論マンガ学―マンガによるマンガのためのマンガ理論
スコット マクラウド Scott McCloud 岡田 斗司夫

美術出版社 1998-11
売り上げランキング : 213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 200〜300台を上下してるみたいです。一昨日の夜は3000台そこらだったのに、こんなに激しく数字が動くもんなんですね。ちょっと吃驚。

Sun 2007.08/26

入手困難図書『マンガ学』に重版が?

| 入手困難図書『マンガ学』に重版が?を含むブックマーク

マンガ学―マンガによるマンガのためのマンガ理論マンガ学―マンガによるマンガのためのマンガ理論
スコット マクラウド Scott McCloud 岡田 斗司夫

美術出版社 1998-11
売り上げランキング : 3300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ちょ!

 絶版中で入手困難な名著、と呼ばれて久しいスコット・マクラウドの「漫画による漫画理論書」である『マンガ学』(原題:Understanding Comics)が唐突にAmazonで購入可能になっているようです。

 一体何部くらいがAmazonに入荷しているかは解りませんが、定価で手に入れるのには逃せないチャンスになるんじゃないでしょうか。

 ちなみにウチは○千円出して中古で買ったくらいです(………)。


 あ、明日はユリイカの発売日ですね(→参考)。Amazonにはまだ出ていなかったりするのがアレですが。献本は既にウチに届いていたりします。


 ↓出てました。

安彦良和安彦良和

青土社 2007-08-27
売り上げランキング : 51865

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

みやもみやも 2007/08/27 01:08 ISBNが4791701674で出てますよ。タイトルが「安彦良和」だけになってるから検索しづらい状態ですね(^^;;

izuminoizumino 2007/08/27 01:33 本当だ(笑)。日記からリンクしておきました

boxmanboxman 2007/08/27 09:35 重版はまずないです(w

izuminoizumino 2007/08/27 19:01 なんでまた突然在庫ができたんでしょうね?(笑) 発送も取り寄せしてからになるみたいですし

goito-mineralgoito-mineral 2007/08/29 08:37 注文しました。実は持ってなかったので(ひとから借りて読んでた)。

Fri 2007.08/24

izumino2007-08-24

告知:『ユリイカ』安彦良和特集号に寄稿します/他宣伝

| 告知:『ユリイカ』安彦良和特集号に寄稿します/他宣伝を含むブックマーク

青土社

 青土社公式サイトに出てましたので、こちらでも告知します。

 8月27日に出る『ユリイカ 9月号 特集*安彦良和』に、イズミノウユキ名義の漫画論を寄稿させて頂きました。


 ちょっと特集の目次もそのまま引用してみますね。

共鳴する画魂】

戦争を描く、人間を掴む / 安彦良和×伊藤悠


ヴィルトゥオーゾかく語りき】

歴史の忘却と捏造に抗して

 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 という挑戦

 / 安彦良和 [聞き手・構成=更科修一郎

安彦良和、線のエロス / 竹宮惠子 [聞き手=編集部


サブカルチャーにおける/としての 〈戦後史〉】

安彦良和戦後思潮 / 呉智英

狗としての王道 / 大澤真幸

仮面と反語の男、あるいは若くもない反抗者の肖像

 / 上野俊哉

ガンダム・六八年革命安彦良和 / 大杉重男

生きのびることのオリジン 安彦良和小論 / 杉田俊介

レイプファンタジーの成立条件 少女幻想をめぐる安彦良和論 / 宇野常寛


マンガ表現の探求者としての安彦良和

まつろわぬ 「マンガ」 安彦良和と 「不純な領域」 / 伊藤剛

ミッシング・リンク 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』 におけるモビルスーツの系譜と魅力 / 石岡良治

漫画文法を手に入れたアニメーター 漫画アニメにおける視覚表現の比較 / イズミノウユキ

安彦良和原画展をちょっとだけ内側から見る / ヤマダトモコ

 ぼく以外の記事も勿論面白そうなのですが。

 自分が担当したのは、コマ割りなどの表現論から安彦良和漫画を解題しようとしたもので、以前、「マンガ批評特集号」に載せて頂いた「視線力学の基礎」(ネットの元記事:ネームの文法)を発展させた内容にもなっています。

ユリイカ 2006年1月号 特集 マンガ批評の最前線ユリイカ 2006年1月号 特集 マンガ批評の最前線

青土社 2005-12
売り上げランキング : 217045

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 前回が文字通りの基礎編(総論)だったとすると、今回の記事は、安彦良和という作家個人に的を絞った応用編(各論)ということになるでしょうか。

 視線力学の理論を用いて一人の作家を語ってみる、というのは、ネットでも商業でも初めてですから、そういう意味でも注目して頂ければ幸いです。

 図版をふんだんに用いた表現論としても、おそらく画期的な試みとなるのではないかと愚考しています。


 また一応、前回の記事を読んでいなくとも(まぁネット版に目を通せば充分予習できますが)、安彦良和を知らなくとも読める記事になるよう注意しましたので、漫画表現に関心のある方(漫画読み/漫画描きの方)には是非ご覧頂ければと思います。

 勿論、もしご指摘・ご感想などございましたら、どうぞ忌憚の無いご意見をお願いします。特に今回は、漫画アニメの比較論を主軸に据えている手前、アニメ表現/映画表現の研究をされている方からのご指摘を受けられるのなら本望です。


 ちなみに軽くネタばらしをしてしまいますと、考察対称として主に言及したのは、『アレクサンドロス』『ナムジ』『虹色のトロツキー』などでした。

アレクサンドロス~世界帝国への夢~【第1巻】アレクサンドロス~世界帝国への夢~【第1巻】
安彦 良和

NHK出版 2003-07-26
売り上げランキング : 189551

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ナムジ―大国主 (1) (中公文庫―コミック版)ナムジ―大国主 (1) (中公文庫―コミック版)
安彦 良和

中央公論社 1997-09
売り上げランキング : 97982

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)
安彦 良和

中央公論新社 2000-03
売り上げランキング : 65861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 余談ですが、ぼくにとっての安彦良和は「ガンダムの人」というよりも「歴史漫画の人」なんですよね。

 なので、そういう歴史好きの視点から、ちょっとした小ネタも最後にチョコっと付け加えることもできたのが嬉しかったです。

【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト

 今ちょっと話題の『ヤンデレ大全』も29日に出るわけですが。

 予約の売り上げランキングも、100位に接近していて凄い!

ヤンデレ大全ヤンデレ大全

インフォレスト 2007-08-29
売り上げランキング : 102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちなみにこの本は、友達のみやもさんが責任編集という形で参加している本なのですが……。

 8月30日には、同じく地元の友達である加納さんが関わった本が出るらしいので、それもついでに宣伝してみます。

異界戦記カオスフレア リプレイオフレード魔法学院

異界戦記カオスフレア リプレイ リオフレード魔法学院 [Role&Roll Books]異界戦記カオスフレア リプレイ リオフレード魔法学院 [Role&Roll Books]
小太刀 右京 / 三輪 清宗 合鴨 ひろゆき

新紀元社 2007-08-30
売り上げランキング : 7460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 TRPGリプレイ本なんですが、なんと加納さんは主人公役のプレイヤー担当してるそうな。いや。彼は元々、関西地方を代表する名プレイヤーの一人と呼ばれていたわけですが、それがついに商業リプレイで主役を張るまでになるとは……(持ち上げ役のロールプレイ)。


 ちなみに、使用システムである「カオスフレア」自体も、かなりトンデモかつオタ臭い世界観を持っていて面白いです。最近TRPGには疎いとか、知識としては知ってるけど遊んだことはない、っていう人にも触れてみてほしいですね。

異界戦記カオスフレア異界戦記カオスフレア
三輪 清宗 小太刀 右京 鈴吹 太郎

新紀元社 2005-11
売り上げランキング : 230638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 でも、なんか8月末は身内の関係してる本がシンクロして世に出るので妙な感じがする所です。

Wed 2007.08/22

週末の予定

| 週末の予定を含むブックマーク

 コミケに行かなかった代わりに、週末のコミトレには一般参加する予定です。

サンマガ発売日は昨日

| サンマガ発売日は昨日を含むブックマーク

『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト更新

 マガスペと本誌の最新分をそれぞれ更新してます。


 マガスペの方は、東郷榛名がやたら可愛い。小林尽は、キャラの引き出し多いなぁ、と感心します。稲葉美樹の方もかなりお気に入りだったんですけどね。

今週のマガジン

  • ネギまは「いつか絶対話すから」の言葉が重い約束でいいですね
  • 涼風は、前回のエピソードの時点でいずみのがちょっと誤読していたことが発覚。まぁ、大筋の読みは外れてはいないと思うんですが

ジャンプ漫画各種反応/テニプリ、アイシル

| ジャンプ漫画各種反応/テニプリ、アイシルを含むブックマーク

【8/22】手塚ファントム考察の現状 (The 男爵ディーノBLOG)

 靖斗HBさんの説は、ぼくが以前オフ会で架神さん達に披露した「電磁竜巻仮説」とほぼ同じですね。

 ぶっちゃけ、ぼくはその解釈でも構わないと思います。というか、許斐先生は概ねそんな感覚で描いてそうです(←これは、合理性よりも見かけ上の勢いを重視しなければならない少年漫画としては、正しい創作態度だと思いますが)。


 古典テニス学の立場では、先読み/コントロール仮説を支持し続けますが、新古典テニス学の席上に立った時には、ぼくは迷い無く電磁竜巻仮説を主張することでしょう。

 ここらへんの、「漫画に対する辻褄合わせ」に関するぼくの姿勢は、その内まとまった考えを発表してみたい気もします。

 『アイシールド21』がバトル漫画になった理由。 - Something Orange

 その「努力する天才」を倒してしまったら、今度こそあとはなさそうなものだが、そこで前述の峨王と白秋ダイナソーズが立ちふさがる。どんなに才能があっても力ずくで骨を折ってしまえばおしまいだ、というわけ。


 一応、理屈は通っている。通っているが――こんなことで勝ち進めるなら、何のために技術を磨いているのかわからないよなあ。

 えーと、少年漫画文法的には、主人公サイドが積み上げてきたものを、根底からブチ壊す存在を登場させて、それをなお「積み上げてきたもの」によって打破するという展開はお約束の範疇であって、文法からの逸脱ではない、と考えています。まぁ最終的に白秋が負けるんだからアリなんじゃねくらいの感覚ですが。

 「こんなことで勝ち進めるなら、何のために技術を磨いているのかわからないよなあ」という読者の声は、まぁ率直な感想だとは思いますが、率直であるがゆえに、「そういう残念な気持ちを読者が抱くこと」はストーリー上では折り込み済みの部分なのでしょうし。

 それこそ阿含戦にしたって、「才能だけで勝ち進めるなら、努力もチームワークも意味無いよなあ」という、価値観崩壊の危機を、「いや、意味はあるんだ」とやり返す構成になっているわけで、今回の白秋戦はおかしい、などと言って退けてしまうと、少年漫画の敵は、常に主人公価値観破壊するという試練を与える存在である」という基本文法も退けることになってしまうと思います。*1


 まぁ、今まで積み上げてきた「強さの価値観」をひっくり返すというのは、レゴブロックの完成品を破壊する時のようなカタストロフ感があり、それがえも言われぬ無常感や気味の悪さ、薄ら寒さを生む……、というのはあるのですが、まぁ「そういう気味の悪さを読者に感じさせる」ことも含めて少年漫画文法に収まる範囲内だったのではないかと(描き方の上手い下手は別問題として)。


 ちなみに、「主人公サイドが積み上げてきたもの(=技術戦術)」に対して「純粋な力」を登場させることで価値観パラダイム)をひっくり返した作品といえば、「バキ」が思い出されますが、その後、主人公である刃牙すらも「技術」を捨て、その新しいパラダイムである「純粋な力」の領域に乗り上げてしまった……というのは、今後予想される『アイシールド21』の展開と明確に対比されていい部分だと思います。

 西部がこのまま白秋に勝つのか、あるいは西部に勝った白秋と泥門が戦うことになるのかは解りませんが、とにかく白秋がよもや範馬勇次郎のような絶対的強者である筈も無いわけで、これまでと同様に「主人公サイドが積み上げてきたもの(+α)」によって敗れるであろう存在であることは間違いないでしょうからね。


 確かに、白秋の「主人公価値観破壊するという試練を与える存在」としての描き方は少年誌世界観的にギリギリ、とも言えます。

 これが、世界観限界度外視するようになると、「超能力の前にはフィジカルな強さは無力」「神の奇跡の前に人間の力は無力」「裏金による不正勝利の前でフェアプレーは無力(←このレベルならアイシル世界観でも描けそうな気はしますが。ヒル魔なら簡単に裏をかけそうだし)」などなど、いくらでもインフレは可能なのですが、まぁそれでも「最終的に主人公サイドが勝てば少年漫画だよな」という、ざっくばらんな読み方をすればオッケーだとも言えます。

*1:そういう意味で、「同じ価値観の中で競い合う存在」というのは、少年漫画的には「敵」ではなく「仲間」なんですよね。「強敵」と書いて「ライバル」とか「とも」と読む感じ

Sat 2007.08/18

解明・手塚ファントム/理論構築において膨大なF&Qと註釈は付き物

| 解明・手塚ファントム/理論構築において膨大なF&Qと註釈は付き物を含むブックマーク

古典テニス学的見地による手塚ゾーン・ファントム解明(フタゴ・フラクタ)

 リンドウさんの代筆による、手塚ファントム解明記事がアップされたようです。リンドウさん、お疲れ様です!


 ところでこの仮説は、仮説そのものの何倍にもなるであろうボリュームの思考実験とF&Qの上に成り立っています。

 おそらく、リンク先の仮説を一見して、「いや、まだこういう謎が残っているぞ」「それだとあの矛盾を説明できない」などと考える識者は続出するであろうと思います。

 しかしその殆どは、FAQとして解答を与えることのできるものだと思います。ただ、リンドウさんはミニマリズム的に理論構築のシンプルさを重視し、冗長な記述をなるべく避けようとされたのだと思われますが、それ故にFAQの不足は否めません。


 例えば、真田の「陰」によって、手塚ゾーンの先読みは無効化される筈なのでは? ……そういった疑問に対しては、こう答えることができます。

 以下は、ぼくがリンドウ氏に送ったメッセージの一部を編集したものです。

 それは、比較的シンプルで合理的な答えを出すことができます。

 「陰」の解説ゼリフをそのまま信じるだけで充分なのです。

 「陰」の原理は、「様々な行動パターンを匂わせる」ことにあると述べられています。これは、「心を閉ざす」との具体的な違いですね。

 防御的に読みを阻害するのではなく、積極的に読みを「狂わせる」能力だということが、この「行動パターンを匂わせる」というフレーズ選びが既に窺わせている事項です。


 さて、ここで「行動パターンを匂わせる」というフレーズと、「陰」が才気煥発専用の対策技であるという解説を文字通り信用すれば、自動的に導き出せる答えがあります。

 まず「匂わせる」とは、文字通りの「匂わせる」に過ぎないのではないか? と考える所から始めてみましょう。

 すると、「様々な行動パターンを匂わせる」という行為は、「相手の先読みに僅かなブレを生じさせる」というニュアンスで理解することができます。逆に言えば、「陰」はそれ以上のことをしないのです。


 そして、「才気煥発の極み」は十数手以上先の勝敗「だけ」を予測してゲームを支配する能力ですから、「陰」の本義は、十数手先の予測さえ外せられれば完遂できる筈です。そう、「陰」は「次の返球」を予測させない能力ではない。「数手先」の予測を狂わせる能力に過ぎないのです。

 ……ただし、現時点で才気煥発を破ったのが才気煥発および陰の二つのみである以上、「陰」が破格級の技であるという事実には変わりないでしょう。他の手段でいかに先読み封じを講じようとした所で、才気煥発は数手先のマクロレベル勝敗を支配する能力なのですから、ミクロレベルの技はいつしか通用しなくなる可能性が高いと思われます。おそらく「心を閉ざす」などでは才気煥発に通用しないのでしょう。


 しかし、才気煥発と同次元において、マクロレベル予測を狂わせることに特化した「陰」ならば、才気煥発の未来決定能力を無効化するに能いうるのではないでしょうか。

 そうすると、「様々な行動パターン」というのも、「数手先の行動パターン」を指しているのだと理解できます。

 その反面、その際に用いる「匂い」は文字通りに微細な匂いであり、手塚ゾーンの先読み/コントロールを致命的に狂わせるものではない、と現象面から推測することができます。そう、(真田が「火」で手塚ゾーンを崩した時点で「陰」も発動させていたと仮定すれば)せいぜい「手塚ゾーンのターン範囲を崩す」程度に狂わせるような「匂い」でしかないと。

 その僅かな匂い(=様々な行動パターン)が数回かのラリーによって積み重ねられた時に、「陰」は才気煥発の極みを無効化しうる技として完成するわけです。

これも想定内?これも想定内? 2007/08/19 17:57 必殺技系スポーツ漫画に共通する疑問ではありますが、「この現象を発生させることができるほどの能力があるなら、わざわざこんな技発動させなくても普通に勝てるんじゃね?」という問題にも是非挑んでほしいです。

izuminoizumino 2007/08/19 20:30 「名前のついた必殺技」という大雑把なくくりにすることで漫画として成立してる部分も大きいですもんね。>必殺技スポーツ漫画//でも、例えば手塚ゾーンの前提能力である「先読み」ですが、それだけ切り離して見れば確かに「普通に試合しても充分強いんじゃね?」的に思えても、手塚ゾーンが「対戦相手の思考をコーナー狙いに誘導・限定する」という心理戦の上に成り立った技である、という仮説を採るならば、普通に試合してしまうと「先読み精度が落ちる」のではないか? と考えることもできます。ジャンケンゲームに喩えると、手塚ゾーン使用時はグーチョキパーだけの単純な予測をするだけで有利な勝負ができるのに、普通にラリーしてしまうと選択肢が複雑になりすぎて(相手がグーチョキパー以外の手も豊富に出すようになってしまって)先読みを困難にしてしまう、というような。故に、手塚にとっては「普通のラリーよりも手塚ゾーンの方が最善の戦術となる」……のかもしれません。//それに、真田も手塚も「この試合で無我を使っても戦術的に意味無いから」という理由(考えてみれば、確かに無我って役に立たないんですよね、ああいう試合だと)で無我を全く使わなかったあたり、あの世界の人々はそれなりに空気を読んで「普通に戦った方が有利な場合は無意味に必殺技を使わない」ようにブレーしてる気もします

izuminoizumino 2007/08/19 20:38 余談ですが、必殺技漫画の極致は、北斗の拳の「夢想転生vs夢想転生」に代表されるような、「互いの奥義があまりにも反則すぎて、普通の殴り合い(試合)にならざるをえなくなる」という境地に至った瞬間だと思います。テニスもその領域が見えつつありますが、果たして「天衣無縫」が「夢想転生」の域に入るか否か? というのもジャンプ漫画としては注目のし所ですね

なるほどなるほど 2007/08/20 00:58 相手の戦術を限定して読みやすくするための手塚ゾーン、ですか!確かにそれは逆転の発想。/後半については読み直してみると確かに。<それなりに空気を読んで 一部のキャラの印象が強すぎたかも知れません。「駄目だー!向日が止まらねえー!!」とか。(笑)

Fri 2007.08/17

石川賢の子供としてのグレンラガン

| 石川賢の子供としてのグレンラガンを含むブックマーク

『天元突破グレンラガン(1)』、或いはケンを継ぐもの - イン殺 - xx

「見る人が見れば分かるように、ゲッターなんですよ。あからさまに。いまさらながら気づいて非常に興奮してます。」

 ガイナのゲッターリスペクトは『トップをねらえ2!』でひとつの完成を見せたと個人的には信じていますが、グレンラガンまでもがその領域を目指していたというのは、不覚にも思考の盲点でした。だって、「00年代アニメを作る」と称された第四期にゲッターを持ってくるなんて普通は連想しないでしょう。*1

 「00年代アニメ」としてクリエイターが作るべきもの。それは石川賢であると、そういうことなんですね!

近況

| 近況を含むブックマーク

 コミケには不参加なのですが、そのコミケ前の東京オフ会などをセッティングしてました。

 今回は、伊藤悠さん、麻草郁さん、ペトロニウスさん、それに加えて漫画評論家永山薫さんをお招きさせて頂きました。

 伊藤悠さんとペトロニウスさんには何度も会ってますが、麻草さんとは初めて、永山さんとお会いするのは三度目になります。

 みなさん、大変楽しんで頂けたようで何よりでした。


 オフ会後は、某所の印刷所までお邪魔して編集長にご挨拶しつつ、直接ゲラ校正作業。その作業が済んだら、チャット仲間のエイブさん宅にお泊まりしてグレンラガンの19,20話を視聴したり。


 今年は、5月に福岡まで旅行して宮本大人さんとお会いしてきましたし(→当時のオフレポ)、これからも積極的に交流の場を広げていきたいですね。

*1:ガイナの内輪贔屓っぽくなってしまうけど、「00年代アニメ=トップ2」、だと考えれば「00年代アニメとしてゲッターをやる」という見立ては一応成り立つかも

みやもみやも 2007/08/18 23:49 あとは新エヴァ劇場版が「00年代のエヴァ」になってることを願うばかりですね。世間への影響度でいえばその可否しだいでグレンのやろうとしてることがハシゴを外されかねないので(^^;; 監督がトップ2の人だというところに望みを託します。

izuminoizumino 2007/08/19 00:31 そうなると更に身内贔屓……というか出来レース臭くもありますが(笑)、トップ2、グレンラガン、ヱヴァのトライアングルで「00年代」を提示しようとする試みがガイナ全体の動きとしてあるのかもしれませんね

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070817

Thu 2007.08/16

「古典入り」した少年漫画の復古の成功

| 「古典入り」した少年漫画の復古の成功を含むブックマーク

明日買う予定の本

新約「巨人の星」花形 5 (5) (少年マガジンコミックス)新約「巨人の星」花形 5 (5) (少年マガジンコミックス)
村上 よしゆき

講談社 2007-08-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 こないだ、遅れて4巻(15歳に成長した花形が飛雄馬と出会う所まで)を購入したばかりなのですが、面白いですよ『花形』!

 チャンピオン手代木星矢と並ぶ、少年漫画リメイクの成功作」だと呼んでます。


 手代木星矢からは、熱量の高さは感じられても「漫画的な巧みさや新しさ」は特に感じられないのですが、花形からは「漫画的な巧さ(=漫画力)」を感じる、というのも薦める上で強調しておきたいポイントです。

 特に4巻以降は「キャラクターを大きそうに描く」技術が妙に発達していて、その巧さにまず驚きます。しかも「花形の大きさ(=ヴィジュアル的な存在感)」と「他のキャラの大きさ」をちゃんと差を作って描き分けているのが偉い。

最近買った漫画

人造人間カティサーク 1 (1) (CR COMICS)人造人間カティサーク 1 (1) (CR COMICS)
緒方 てい

ジャイブ 2007-08-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『スキタイと匈奴 遊牧の文明』読了

| 『スキタイと匈奴 遊牧の文明』読了を含むブックマーク

スキタイと匈奴 遊牧の文明スキタイと匈奴 遊牧の文明
林 俊雄

講談社 2007-06-16
売り上げランキング : 23577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 講談社が贈る、一般向けの歴史書シリーズの一冊。

アレクサンドロスの征服と神話アレクサンドロスの征服と神話
森谷 公俊

講談社 2007-01-18
売り上げランキング : 57478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シルクロードと唐帝国シルクロードと唐帝国
森安 孝夫

講談社 2007-02-17
売り上げランキング : 102567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 岩明均の『ヒストリエ』を読んでいると、戦闘民族スキタイ人に対する好奇心が尽きません。

 それに付け加え、同シリーズの『シルクロード唐帝国』を先に読んでましたから、ユーラシア全体の遊牧民族にも興味が湧いていて、勉強の為『スキタイ匈奴 遊牧の文明』を購入しました。


 内容はと言うと、うーん、流石に「文字を持たない民族」の歴史はわからんことが多いな〜〜〜、基本的に謎だらけです。「幻の民族」とまではいかないけど、「謎の民族」であることには違いない(特にスキタイ)。

 でもまぁ、かなり参考になりました。騎馬民族の行動範囲の広さにはびっくり……裏返して言えば、ユーラシアって思ったよりも狭いんだなぁ、みたいな感覚が読後に残ります。こういう、中央ユーラシア地理感覚は普段イメージしてない分、新鮮に感じますね。

 細かい所では、モンスターとしては有名な「グリフィン」は、騎馬民族特有のモチーフギリシア世界に伝わったものらしい、といった話も書いてありました。


 ところで最後まで読み終わると、タイトルに含まれている「遊牧の文明」というフレーズが、なかなか挑戦的な意味を持っていることが解ります。

 専門的な意味で言うと、「文明」とは都市国家の成立を条件にした言葉なので、遊牧騎馬民族の文化を「文明」と呼べるかどうかは微妙なんですね。

 しかし、遊牧騎馬民族存在を、他文明より劣った「蛮族」として捉えるのではなく、対等・匹敵する存在として扱おうとする、筆者の意志がタイトルからも窺えるようです。


 ちなみにユーラシア歴史書としてなら、次はモンゴル帝国の本か、オスマン帝国の本を読んでみたいですね。清や満州も読みたいけどな〜。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070816

Wed 2007.08/15

日記

| 日記を含むブックマーク

オフ会や打ち合わせでウロウロしてました。気が向いたらここ数日のことをなんか書きます。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070815

Thu 2007.08/09

日記

| 日記を含むブックマーク

 原稿入稿して一段落つけられたので、今日はちょっと多めに更新してます。

 ちなみに、どこに何を書いたかは追々告知しますので、お待ち下さい。久しぶりに漫画論のお仕事です。

サンマガ発売日は昨日

| サンマガ発売日は昨日を含むブックマーク

『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト更新

 ♯237更新してます。

 ついでに、キーワード二人乗り」と「理想のシチュエーション」を追加してあります。


 今週はかなり没入して読み込みました。多分、合計したら二時間マガジンを手に持ってたんじゃないでしょうか。時計で計ってみると、9ページを一回読むのに50分以上かけてたりしましたし(本当)。

 あと勘違いされそうなことなのですが、ウチでやってることは「熱心なファンが気が向いた時に読み返すようなことを5年間くらい続けることで後から気付くような情報」を超凝縮した読み方で一気に洗い出そうとしているだけで、「毎週これを全部読み解かないといけない」という代物ではないんですよね。普通に読んでここまで読むような人は異常だし、作者側も絶対読者として想定してません(苦笑)。

今週のマガジン

  • ネギまは、おじいさんが一発でネギの成長を見抜くシーンが熱かったです
  • 涼風ですが、さすがはマガジン編集部ドラマの落としどころはちゃんと用意してたんだなと不覚にも感心してしまいました。涼風は確かにグデグデのラブコメ少年誌の枠からすっかり逸脱しちゃってたと思うんですけど、今週で「少年漫画の原理*1へと主人公を一発で戻した」あの父親の描き方はきちんと評価されてしかるべきだと思います。こういう、正論を吐いてガキを正してくれる父親像ってのは最近見かけないので、かえって新鮮ですね
  • キス☆クラは結構好きなんですが。ストレートで表現にトゲの無い所とかが
  • 一歩の良さは、知恵vs知恵のバトル(=根性否定の領域)に持ち込むかと見せかけておいて、ちゃんと「努力と根性の領域」に引き戻すことができる所ですね。やっぱり努力がメインコンセプトの漫画ですから
  • 花形は毎回花形に惚れます

旧約ヤンデレと新約ヤンデレという区別

| 旧約ヤンデレと新約ヤンデレという区別を含むブックマーク

身辺雑感/脳をとろ火で煮詰める日記: 「ヤンデレ大全」こぼれ話 -キャラの収録基準について-

 まず、厳密論としては「愛しすぎて、やがて病む」という時系列がヤンデレといわれます。

 理想としては、たとえばまったくゼロ知識からヤンデレ大全を手にとって下さった方が、当誌を読み終わった後で、収録されているものから「これは(自分にとって)たしかにヤンデレだ」「これはヤンデレとしてどうだろうな」と本誌の基準そのものを裁けるところまで深みにハマっていただければ本望であります。

楽しみ方の入り口としての「ヤンデレ」 - たまごまごごはん

ヤンデレ」って言う言葉自体、すごく扱いずらいと思うのです。

好む人はどんどん使いたい言葉だし、興味ない人は一切使わない言葉でしょう。

だけど、「作品を楽しむ視点として、こういう見方もある」という視点の切り口の一つとして見るのは、ちょっと面白いと思うのです。

ヤンデレ大全ヤンデレ大全

インフォレスト 2007-08-29
売り上げランキング : 708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ヤンデレ界には、原理主義的な見解として


「好きすぎて狂っちゃうのがヤンデレ


という意見がまずあり、


「最初から狂ってるやつが恋しちゃうパターンは亜流」

「むしろそれはヤンデレではない」


という議論に発展することが多いのだと聞き及ぶのですが、ウチでは今後、本流の方を旧約ヤンデレ、亜流の方を新約ヤンデレと呼ぶことにしたいと思います(誰に向けるでもないアナウンス)。

 この呼び方には由来があって……というか、元は去年mixiに書いたネタですが……

ツンデレ原理主義に関する新解釈

 まきばっくすとチャットして湧いて出てきた寝言


「旧約ツンデレ「新約ツンデレ


 以下寝言の出典。

まきばっくす の発言:

ただ、厳密にはツンデレといえるのは即落ちではなく、

ツンデレ混合のパターンにしぼりたいですね、

原理主義者としては。


いずみの の発言:

うーん、

旧約ツンデレ

むしろ移行型の「ツン→デレ」

じゃないですか。>原理主義


いずみの の発言:

混合型の「ツン/デレ」は

新約ツンデレと呼んでみるのはどうか。


まきばっくす の発言:

あ、そうか

ツン後デレ解釈ですね。>旧約

オレの好みは新約。


いずみの の発言:

我ながらうまい言い方、区別しやすい。


まきばっくす の発言:

良い表現だと思います。


いずみの の発言:

ユダヤツンデレキリストツンデレでも

いいですね(危険)。


いずみの の発言:

むしろ

バイブルツンデレコーランツンデレ


いずみの の発言:

やばい!


いずみの の発言:

ゾロアスターツンデレは善悪二元論だから、

ツンとデレが完全に分離してるのかな。


意地悪なライバルキャラ(注:萌えない)と、

メインヒロイン

完全に色分けされてる世界。>ゾロアスター


まきばっくす の発言:

それツンデレじゃなくて

別々のキャラだし(笑)。


いずみの の発言:

ゾロアスターヨーロッパ宗教

取り入れられると、

善と悪がひとつにまとめられて

ツンデレになります。


意地悪なライバルキャラでも

デレるようになる(笑)。

 ゾロアスターツンデレヨタ話ですが。


 普遍化の過程で原義が失われる代わりに、新たな意義が獲得されるのは専門用語の常だという話ですね。

 そういう時は、新旧を一刀両断して、「互いに類語同士の関係である」ということにしてしまうのが一番良いのではないでしょうか。


 というか、「旧約ツンデレ」と「新約ツンデレ」は、知り合いと話をする時は結構普通に使ってしまいますね、便利だから(笑)。

珍しくCG補足など

| 珍しくCG補足などを含むブックマーク

S☆Sの咲舞自己満喫)

 プリ5全盛の今では、ひでさんの絵日記は本当に貴重です。

映画ふたりはプリキュア Splash ☆ Star チクタク危機一髪 (初回限定版)映画ふたりはプリキュア Splash ☆ Star チクタク危機一髪 (初回限定版)
稲上晃 樹元オリエ 榎本温子

ポニーキャニオン 2007-04-18
売り上げランキング : 3590

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:男として一人前であることを示せるようになるまではヒロインと結ばれる資格を得られない

けいけい 2007/08/31 18:30 2ちゃんのスレなんかで論じられてるのは、
好きすぎて狂っちゃうのと
最初から狂ってるやつが恋しちゃう、の違いとかじゃなくて
ヤンの対象とデレの対象が違う、
もしくはヤンとデレに因果関係が無いのに、
ヤンデレキャラ扱いするのは適正なのか?って論点だと
思うんですが(代表例がひぐらしのレナ、ハルヒの朝倉、エヴァのアスカ等)。
時系列的な点を疑問視してるってのはあんまり見かけません。

izuminoizumino 2007/08/31 18:51 なるほど、「最初から〜」ではなく「別の理由で〜」なんですね。>狂ってるやつが恋しちゃう

Mon 2007.08/06

今週のテニプリとシャカリキ!理論

| 今週のテニプリとシャカリキ!理論を含むブックマーク

 どっちが勝ってもおかしくない運否天賦の勝負になった時は、「そのスポーツが好きな方が勝つ」「勝ちたいと思ってる方が勝つ」というシャカリキ!理論*1が適用されるのだな、と解釈したのはぼくだけでしょうか。


 あとこちらの指摘も思い出すのですが、テニプリが特に描こうとしているのは「お互いに死力を尽くして戦う」姿そのものであって、勝敗自体は「どっちが勝っても別に良かった」というか、本当の勝敗は神のみぞ知るの領域に収めようとするあたりに、許斐先生の勝負観が強く表れているような気がします。

 今回の手塚真田対決は、まさに最強の矛と無敵の盾がぶつかりあうような軍拡競争の行き着く果てを見ているような思いがしました。手塚対策が完璧な真田に対して、その「手塚対策が完璧な真田」対策として手塚ファントム解放してしまう手塚、に対して「手塚対策が完璧な真田対策を見せた手塚」対策をまだ残していた真田、に対して…………、これはなんという泥仕合っぷり。

 横山光輝系の、泥仕合バトルが大好きな人間としてはたまらないものがありました。

*1:※以下『シャカリキ!』のネタバレ:死力を尽くしたロードレースクライマックスにおいて、主人公とライバルの自転車故障して走れなくなってしまいました。主人公は、あくまで故障した自転車をこごうとします。ライバルは自転車をひっぱって自分の脚でゴールしようとします。結果は、奇跡的に主人公自転車故障が直って主人公の勝利。つまり実力の差とかを抜きにして「自分の脚ではなく、自転車に乗ってゴールしようとしたから勝てた」「自転車のレースは自転車が好きな方が勝つ」という理屈

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070806

Sun 2007.08/05

日記

| 日記を含むブックマーク

 原稿の一次締め切り日でした。

 BGMリトルグッバイエンドレスで。


 6日は『昴』の連載が再開するスピリッツの発売日。

 『MOON −昴 ソリチュード スタンディング−』という新タイトルで仕切り直しのようですが、連載期間とかは……完結まで一直線で週刊連載……、ってことにはならないんでしょうかね、やっぱり。

 とにかく「完結するまで死ねない」と思える漫画の一つです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070805

Thu 2007.08/02

日記

| 日記を含むブックマーク

 原稿やってます。

 BGMは「ダッタン人の踊り」をエンドレスで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070802

Wed 2007.08/01

サンマガ発売日

| サンマガ発売日を含むブックマーク

『School Rumble』における反復・対比・暗示のリスト更新

 更新してます。

 情報量が少なかったので、マガジンの発売日にアップできました。


 ついでに、作中のタイムスケジュールをギチギチに詰め込んだらこうなる、というのをエクセルで表にした3月のカレンダーもアップしてみます。

 まぁスクラン昭和的なおおらかさで描かれた漫画なので、別に一ヶ月が31日以上あっても違和感は無いのですが、一応まだこの程度に収まるみたいだぞということで(ちなみに現実における2006年カレンダーと重ねたり、土日休みを適用しようとしたら無理が生じます)。

今週のマガジン

今週のサンデー

  • 正座で我慢比べしてるだけなのに何故か面白い@お茶にごす
    • 毎回の感想が「○○してるだけなのに何故か面白い」(○○には電車に乗るだけ、土下座するだけ、などが入る)で通用してしまうのがズルい
  • 作品としてはイレギュラーな展開だからこそ盛り上がる師匠大暴れ@ケンイチ
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20070801


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107