Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Tue 2009.01/20

伊集院光の『アストロ球団』語り書き起こし

| 伊集院光の『アストロ球団』語り書き起こしを含むブックマーク

 ちょっと参考用に「BSマンガ夜話」をチェックしていたら、伊集院光がいいこと言ってたので発言を書き起こすことにします。2000年3月8日の生放送


アストロはギャグだ、と周囲が同意しあう流れの後で

伊集院「なんかみんな、すごく大人でアストロ球団に出会ってるじゃないですか。僕ね、小学五年に出会って、モロに大好きでぇ、いまだに一度も否定したことないんですよ!」

山田五郎「それもどうかと思うよ(笑)

伊「いやいやいやいやいや! 逆にね、普通の今の、普通と言われている漫画の方が否定ですね、逆に」

大月「むしろこっちの方が正しいと?」

伊「そうそうそうそう。だって、漫画なんだから何メートルも飛んでいいし。(中略)いや、誰かが辻褄合わせろって言い出しておかしくなったんですよ漫画は、逆に言えば。漫画って多分、リアルに描けばいいもんじゃなくて、たぶん脳の中に直接訴えてくればいいわけで、なんか僕の脳の中には、なんだかわかんないんだけどスゴイっていうことがスッゴイ訴えかけてきたし。それが、なんとなく野球だし、音もすっごい、尋常じゃない音がしてるんだなっていうのが頭に語りかけてきてたから、それでいいし」


アストロの独特な擬音について

大月伊集院さんなんかは当時読んでて、この『音』は『読んで』ました?」

伊「これねぇ、たぶん僕の頭の中では、多分この音とは全然関係ない音が鳴ってたと思いますよ。要するに水島新司がカキーンなのにも関わらず、常識的なカキーンとは全く違う音がしてるんだ、っていう理解だけ(があるのと同じ)で。あの、ピッチャーが投げる時にグワシャバアとか書いてあるんですけど、グワシャバアに似た音は鳴ってないと思うんですよ。尋常じゃない音が超人だから鳴るんだ、っていうこと?」

(中略)

大月「これは発音しちゃいけないんだね、そういう意味ではね」

(中略)

伊「今もう大人になっちゃうと鳴らせなくなっちゃうのが悔しいですね。常識が出来てるから」

大月子供だと、鳴ってるんだね」

伊「鳴ってるんです」

大月「異様な音がね」


番組終盤にさしかかって

伊「あとやっぱり。例えば5メートル飛ぶのも、これくらいって言ったらいいのか、その、……(球場を空から描いた見開き構図を見せて)飛ぶのも? たぶん同じだと思うんですよ俺、実際。実際ね。5メートルだったら科学的だとか、っていうナニ? 人間の範囲を超えたら、これくらい飛んでくれてる方が、子供には『飛んだ〜〜〜!』っていう感じするんですよ」

いしかわ「この漫画ってさ、ぜんぶ比喩なんだよね。『たくさん飛んだ』っていうのを表すために千メートル飛ばしちゃうんだよね。だからこの漫画存在自体が比喩なわけでさ。昔はそれを、ほんとに冷静に比喩として描いてたんだけど」

(中略)

岡田「(本宮ひろ志の『群龍伝』では4メートルジャンプ超人的で凄いということになっていたけど)アストロ球団になってきたら、やっぱそれよりスゴイものをビジュアルで見せなきゃいけないから……」

伊「で、なんかそこの所に筋肉の説明とかがあると、照れ隠しみたいに見えるんですよ。何を照れてるんだよって。こっちはヘリコプターに届いてるんだぜ。飛んだ〜〜〜やっぱ凄いわあっていうのが。言い訳はしないよっていう。全力で行きますよっていう。これと紙一重の駄作はすーごい出てくると思うんですよ、これからも。(アストロ球団のような作品は)作ろうと思えば作れるけど、今はもう作れないんじゃないかなぁ、誰かが『それやめた方がいいですよ』とか」

大月「今、だって大人の漫画家で、これだけ本気で、バカって言うのは申し訳ないけど、子供のためにこれをやれるっていう人いないでしょ?」

夏目「できないっ」

伊「子供だましって言葉は悪いけど、だまされる方は、うれっしくって」

大月「そうそう、大人が本気でだますんだもん」

アストロ球団 (第1巻)アストロ球団 (第1巻)
遠崎 史朗

太田出版 1999-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

0000 2016/07/12 03:33 アストロ球団復刻版の4巻の後書きに伊集院の持論が載っています。
その中で、「理屈で人をやりこめたり、漫画のアラを探すのは凄くみっともない行為」と書いています。
特に、三巻の後書きの竹熊健太郎は、アストロのテーマは「人間の情念」を描く事であって、野球のルールや整合性の破綻を論じるのは無意味であり「作者に鼻で笑われるだろう」と書いています。
マンガ夜話の岡田としおが完全にそれに当てはまるのが実に面白いですねw
その後のオタキングの凋落ぶりと言い、なにがしかの真実が現れている放送回だと思います。



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close