Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Sun 2009.06/28

渡り歩く日々の日記

| 渡り歩く日々の日記を含むブックマーク

今日

 名古屋コミティア、初参加でしたが無事にすごすことができました。お疲れさまでした。

 付き合っていただいたLITさん、GiGiさん、前ぴーさんありがとうございました。

 全体的にまったりしたイベントだったので、10冊くらい売れただけでしたが、ブログの読者さんが挨拶してくれたり、一見さんがその場で読んで購入してくれる様子を体験できたりと、イベント参加して良かったと思います。


 同じ日に名古屋で開催されてたべびプリオンリーにも足を運んでみたかったですが、さすがに断念。

 あとメロンブックス名古屋店の同人売り場を覗いてみたんですが、『漫画をめくる冒険』の上下巻ともに本棚に刺さってました。


昨日

 予定通りに敷居邸で、敷居さん、岡野さん、ろくさんオフ会と称するダベり会。

 いつも通り、お互いに動画関係情報交換(見せあいっことも言う)をしたり、『ダークナイト』鑑賞会をしたりしていました。


 日付の変わり目に、「マクロスE」最新話の投稿を心待ちにしつつチェック。

 今回もすごい。たまらない出来の良さですね。


 マクロスEは敷居さんも「ここ一年ニコ動で最高クラスのヒット」と賞賛してはばからないタイトルで、仲間内でもフリークが多いシリーズなのですが、その色んな意味でノーボーダーな在り方といい、これがニコニコ動画から出てきたことの意味を考えてみると、なかなか熱いものがあります。


D


 と、そういう話を三人*1でしていたのですが、とりあえず「丁寧語シェリルはアツいですね」という意見で一致する一同でした。


*1:ろくさんは敷居邸に泊まらずに先に帰宅

Thu 2009.06/25

金曜日からまた強行軍

| 金曜日からまた強行軍を含むブックマーク

 26日は朝から京都国際マンガミュージアムに出掛けて、必要な漫画を通し読みして、マントラプリさんと合流したら「コミックマーケットの源流」展を観て(研究員の方が特別に案内してくださるそう)、夜は敷居邸にお邪魔して、27日はかねてから要望のあった『ダークナイトDVD鑑賞会。あと、敷居邸の遊戯施設環境を向上させる予定。


 翌28日は朝から高速バス京都から名古屋へ。名古屋コミティア参加。LITさん、GiGiさんとオフ会

 29日は東京。某出版社で座談会の仕事。夜は予定無し。帰るタイミング交通手段も未定。


 ヱヴァ破は平日のどこかで観ようと思ってます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090625

Wed 2009.06/24

イベント参加と増刷の告知

| イベント参加と増刷の告知を含むブックマーク

 数日後に迫ってきましたのでしつこく告知ですが、6月28日(日)に、名古屋刈谷市産業振興センタ−(※名古屋国際会議場」でした)で開催される名古屋コミティアサークル参加します。

 スペースは「F-27 ピアノ・ファイア・パブリッシングで、コミティア自体が初参加だったりするのですが。

 出し物は当然、『漫画をめくる冒険』の上下巻ですね。

漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2008-03-14
漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2009-05-10


 ところでメロンブックスさんから追加納品の依頼があり、上巻を増刷しています。

 27日までには各店舗に届くだろうと思います。

 本文の加筆修正などはありませんが、新しくオビを付け直したりしました。メロンさんだけでなく、名古屋コミティアで販売するぶんや、同時にタコシェさんに届けているぶんも、このオビが新しいバージョンです。


 一年上前に出した上巻が売れるっていうことは、新規に読んでくださるお客さんがまだまだいるってことなんでしょうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090624

Mon 2009.06/22

バンド・デシネの視線運動

| バンド・デシネの視線運動を含むブックマーク

 今、研究しようとしているものに日本漫画アメコミバンド・デシネの視線運動の違い」というのがあります。

 で、いわゆるアイトラッキング分析をしてるサイトがあったりすればいいな……と思って三カ国語検索してみたら…………うううん、無い。


 理論的な仮説と、再現的な実証は済んでいるので、あとは科学的なデータの蓄積があれば良かったんですけどね。

 何かご存じの方がおられましたら、ご連絡ください。


メール→ iz-[アットマークkcn.ne.jp

ユーロマンガ 1ユーロマンガ 1
ニコラ・ド・クレシー

飛鳥新社 2008-09-05
売り上げランキング : 44704

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ユーロマンガ vol.2 (2)ユーロマンガ vol.2 (2)

飛鳥新社 2009-03-07
売り上げランキング : 18212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090622

Thu 2009.06/18

コーヒーを淹れるロボットの動画

| コーヒーを淹れるロボットの動画を含むブックマーク

D


 すごい。本当にダイナメーションみたいに滑らかな動きですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090618

Tue 2009.06/16

単行本は、なんでこんなに雑誌で読んだ時の記憶と違ってくるんだろうか?

| 単行本は、なんでこんなに雑誌で読んだ時の記憶と違ってくるんだろうか?を含むブックマーク

 聞いてください。

 『週刊少年チャンピオン』で連載中の『聖闘士星矢 冥王神話』……通称「手代木星矢」の最新刊が出ていまして、リアルタイムで読んでいた時に大好きだった「ベヒーモスバイオレート編」が収録されていたので買ってみたんですよ。

聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 14 (少年チャンピオン・コミックス)聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話 14 (少年チャンピオン・コミックス)
手代木 史織

秋田書店 2009-06-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 しかし、んんん……? チャンピオンで読んだ時の、異様なテンション(熱量)が感じられなくなってるぞ。

 それに、こんな短いエピソードだったっけ?

 あの当時の盛り上がり感は、なんだったんだろう、と気になってしまって、まず「たんに単行本のサイズが雑誌よりも小さいからかな」と考えてみたのですが、それだけの理由ではなさそう。


 いや、そうか! この単行本って、各話の「ヒキ」のページが、次の話の1ページ目とシームレスに繋がった形になってるから、毎回の「ヒキ」が弱くなってしまってるんだ、たぶん……。

 あともちろん、アオリ文」と「アトヒキ文」の有無の差も大きいですね。なぜなら、文字としての情報がそれだけ増えていれば、当然「そのページに感じる時間」も長く(永く)なるわけですから。


雑誌掲載時の116話のヒキ(※見開きの右側)

f:id:izumino:20090617005012j:image

  • もちろん、このページの隣は「チャンピオン」の別の作品なり別のコーナーのページであり、次号を手に入れるまで「続き」は読めない



雑誌掲載時の118話の2ページ目(※見開きの右側)

f:id:izumino:20090617010327j:image

  • 前回とページが連続していないため、「前回の続き」というより、これ単体で「今回のエピソードの始まり」を感じさせる大ゴマ
  • 「若獅子vs地獣」とか、わかりやすい対比をしてくれる、ありがたいアオリのお言葉が。もちろん本編のテキスト情報だけではこんな対比を強調することはできない

 こういう(見方によっては残念な)違いが出てしまうことって、出版サイドで意識してほしい問題ですよね。


 ちなみに『週刊少年ジャンプ』の単行本はどうかというと、もともとの連載が一話19ページを基本にしていますから――、ページ数が奇数ということは、必ず「ヒキのページと次の1ページ目」の間に白紙が挟まるように出来ています(つまり毎回、左側のページで終わって、めくったら右側に「白紙」があって、その左側に「次の1ページ目」が来るという順番になる)。

トリコ 4 (ジャンプコミックス)トリコ 4 (ジャンプコミックス)
島袋 光年

集英社 2009-05-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 好意的に考えてみれば、ジャンプ編集部単行本化時の「ヒキ」の重要性を敏感に意識してくれている……、と言えるかもしれませんね。*1


 最後に、「雑誌単行本メディア的な違い」を列挙した、以下のエントリからいくつかピックアップして、まとめということにしましょう。

身辺雑感/脳をとろ火で煮詰める日記: 同じ漫画を雑誌で読む時と単行本で読む時の体験の違い一覧

雑誌にはアオリやハシラ、次回予告などがある、単行本には(基本的には)無い。アオリが芸にまで昇華されているケースでの、その有無は大きな体験の差をもたらす。

雑誌は1話ごとに現実時間が間に置かれ、最新の情報について吟味する猶予ができる。数分数秒を争うような盛り上がったシチュエーションでもいったん冷却期間、もしくは逆にもどかしい焦らしで妄想を焚き付ける燃焼期間が"強制的に"もうけられる。

  • 補足するなら、この「猶予のある時間」には、「友達と感想を言い合ったり、web上で発言することで意見を固めたりする」ような行為も含まれることになる
  • ちなみに、いずみのは毎週「今週のバイオレート様が〜」と友達に喧伝していました

 対して、単行本はある回と次の回が間をおかずに続くので、数分・数秒を争うようなシチュエーションを一気呵成に読んでしまえる。逆に言うと、自発的に手を止めないかぎりエピソード間で情報入力を中断してじっくり考えるインターバルがない。

雑誌単行本の面積の違い。版型にもよるが、雑誌の大きなサイズと単行本ハンディなサイズでは、たとえば見開きのインパクトや、逆に小さなコマに織り込まれた情報から受ける印象が異なる。ストーリー漫画においては「コマの大きさ」とドラマ上の「意味の強度」は比例しやすいのだが(決めセリフ、決めゴマほど強調のため大きくなりやすい)、このときページ内比率で大きく描かれていても本そのものが物理的に小さい場合、いくらか刺激が和らぐ可能性がある。


追記

 一話完結の読み切り形式で書かれている『成恵の世界』のような作品ではどうでしょう


 成恵も「白紙を挟まずに単行本化」しているケースなんですが、うっかり「オチ」と「次回の1ページ目」を繋げて読んでしまって、「あれ? この話って別に繋がってないよね?」と慌てて確認しなきゃいけなくなったという、別の意味で困った読者さんが多いんじゃないかと思います(←これはこれで『成恵の世界』の「味」だと思えるような良さもあるんですけどね)。

成恵の世界 10 (角川コミックス・エース 60-10)成恵の世界 10 (角川コミックス・エース 60-10)
丸川 トモヒロ

角川書店 2008-03-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WEBスナイパーに書評掲載

| WEBスナイパーに書評掲載を含むブックマーク

 何度も告知していますが、6月28日の名古屋コミティアサークル参加しています。

 スペースは「F-27」。どのくらい人が集まるイベントなのか良くわかってないので、しつこく宣伝

 『漫画をめくる冒険』の上下巻を、ちょっとずつ持って行こうと思います。



 宣伝というと、こちらが本題なのですが、WEBスナイパー(※成人向けサイト)に書評を寄稿していました。

『マンガ論争勃発2(マイクロマガジン社)』編著=永山薫/昼間たかし - WEBスナイパー

 『マンガ論争勃発2』について、わりと青臭いことを書いております。

2007-2008 マンガ論争勃発2007-2008 マンガ論争勃発
永山

マイクロマガジン社 2007-12-21
売り上げランキング : 133448

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
マンガ論争勃発2マンガ論争勃発2
永山

マイクロマガジン社 2009-04-27
売り上げランキング : 72469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 WEBスナイパーは、以前、ウチの『漫画をめくる冒険』がレビューされていたサイトでもありますね。

さすが量子論は格が違った

| さすが量子論は格が違ったを含むブックマーク

 サイモン・シン暗号解読』をそろそろ読み終えようとしています。

 途中までもじゅうぶんややこしい問題が続くのですが、最終章、量子暗号のところで頭痛が。

 さすが量子論は格が違った、想像が追いつきませんね。

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
Simon Singh 青木

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 2645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
Simon Singh 青木

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 3179

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:ちなみのちなみに『週刊少年マガジン』の場合は、時代によって19ページ基準と18ページ基準が交替している。18ページ基準の今でも時々19ページの漫画が載ることもあるが、基本は18ページ。ジャンプ作品よりもドラマ性を重視したいマガジン作品の場合、「ヒキを強くすること」よりも「間を取らずに一気に読ませること」を優先するために18ページを基準にしている……と考えることができる

猫鍋猫鍋 2009/06/21 09:59 ドラゴンボールや電映少女なんかの昔のジャンプ漫画が、単行本では扉絵を「扉絵コレクション」として最終ページにまとめてましたね。雑誌で何度も読み返して印象に残っている扉絵を単行本の最後で見つけても、それがどの話だったか本文を見返しても思い出せないなんて経験があります。

Sun 2009.06/14

ustreamラジオの録音データ

| ustreamラジオの録音データを含むブックマーク

 ゆうべのラジオは、アーカイブされた録音データで聴くことができます(途中で録音が切れていますけど)。


よくかんがえたら、自分ラジオ時間をT2の放送時間と被せてしまった。やばい

10時からラジオやりまーす。こうなったら一時間はT2のコメンタリーラジオにしてしまおうと思います。

 というわけで、最初の一時間はなぜか「ターミネーター2みたいに、敵が味方になる物語」についての雑談を(T2をテレビで観ながら)しています。


 放送の音質を磨くために、何度もくりかえし自分の声を聴く罰ゲームを実施中。

 ちなみに01:49ごろにぼくが言ってる「ブロードキャスト大通り」の話は、思いっきうろ覚えで話してるので、間違った言葉の使い方してますね。正しくはなんと言うのか、忘れてしまったので、今度ちゃんと調べてみます。

スーパーヒーロータイム簡易感想

| スーパーヒーロータイム簡易感想を含むブックマーク

シンケンジャー

 シンケンゴールド参入話の二回目。

 これはとても良かった……。

 最近シンケンジャーは、なんとなく、キャラ関係性を活かしきっていないようなモヤモヤ感があったのですが、今回みたいな関係性が形作られると、ぐっと引き締まって見えて、満足ですね。

 むしろ、六人目が登場するまで「関係性を進めることを控えていた」のがモヤモヤの正体だったのかも。


 マコ姉さんがすごくいい立ち位置だったんですが、あれは年頃の男子からすると、面と向き合うのが恥ずかしくてしょうがない相手だよなーと思ったり(男の子は「自分女性的なロジックに影響されること」を基本的にいやがる生き物だと思うので)。


 黄色がちょっと、マスコットみたいにそこにいるだけ、っていう存在になりがちなので、関係性的には、そこの強化が次の期待所でしょうか(以前のガールズ回でも、特に関係性が進んだようには見えなかったので……そこらへんはついついデカレンジャーのガールズ回と比べてしまいますが)。


ディケイド

 「ネガ世界」編の後編。士が言う「旅」のロジック語りが面白かったですね。


フレッシュプリキュア

 イース様二枚目カードを使った回。来週はお休みらしい。

 ラブがツンデレ幼馴染みから心配されたり、せつながラブを心配したり(建前と本音の虚実が入り組んだ話ですが)、ウエスターもイースを心配してそうな描かれ方をしてたりと、「心配」がキーワードになってるお話でした。


 せつなの建前、っていうのは「心配してる友達のフリをしてる」演技派のイースからすれば「心配してくれたんだね」というラブのリアクションは、ただ単に「うまく演技で騙せている」結果としてみなせるはずなのに、「(私が心配しているだと……!)」と、まるで本音を見抜かれたかのように狼狽するあたりに心揺れまくりな様子が表れてますね。

女の子の「お姫さま願望」と少女漫画/可歌まと『ひみつの姫君うわさの王子』

| 女の子の「お姫さま願望」と少女漫画/可歌まと『ひみつの姫君うわさの王子』を含むブックマーク

ひみつの姫君うわさの王子 1 (花とゆめCOMICS)ひみつの姫君うわさの王子 1 (花とゆめCOMICS)
可歌 まと

白泉社 2008-09-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ひみつの姫君うわさの王子 2 (花とゆめCOMICS)ひみつの姫君うわさの王子 2 (花とゆめCOMICS)
可歌 まと

白泉社 2009-06-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『LaLa DX』で連載していた異世界ファンタジー漫画。全2巻。

 タイトル通りに、お姫さまと王子さまのロイヤル・マリッジ・ストーリーで、飛び抜けて面白いわけでもないのですが、少女漫画の重大な役割(テーマ)のひとつであろう女の子のお姫さま願望を描く」というジャンルの典型として見た時に興味が湧いて、単行本で読んでみました。


 ヒロインのお姫さまが、徹底的に「ふつう女の子」として描かれていて(ロングヘアも切って短くするし、とびきり美人とも描かれない)、そんな女の子の「誰だって幸せなお姫さまになりたい気持ちがある」というお姫さま願望が満たされていく……と。

 『晴れのちシンデレラ』とは対称的なテーマを描いているのですが、むしろ『ひみつの姫君うわさの王子』の方が、いかにも少女漫画って感じがしますね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090614

Fri 2009.06/12

明日またラジオやります

| 明日またラジオやりますを含むブックマーク

 再び四海鏡さんの協力で、ustreamラジオをやります。

 土曜日の22:00から、一時間半の予定です。

 お題は、下巻が出て完結した『漫画をめくる冒険』についてです。


漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2009-05-10


 あと軽く、最近ディケイドについて雑談してるかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090612

Thu 2009.06/11

最近読んだ本

| 最近読んだ本を含むブックマーク

 昨日の日記でも告知しましたが、6月28日開催の名古屋コミティアに参加します。

 スペースは「F-27」です。中部地方近辺の方、宜しくお願いします。



 最近、二回上京したりで、読んでいた本を把握できなくなってきました。


ノンフィクション

帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
山本 七平

日本経済新聞社 2001-03
売り上げランキング : 2373

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マンガ論争勃発2マンガ論争勃発2
永山

マイクロマガジン社 2009-04-27
売り上げランキング : 17977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


暗号解読〈上〉 (新潮文庫)暗号解読〈上〉 (新潮文庫)
Simon Singh 青木

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 2694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 今は下巻を読んでます

小説

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
VOFAN

講談社 2006-11-01
売り上げランキング : 2075

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 今読んでます

TRPG関係

神曲奏界ポリフォニカRPG リプレイ2 貴方と繋がるハーモニー (GA文庫)神曲奏界ポリフォニカRPG リプレイ2 貴方と繋がるハーモニー (GA文庫)
みかき みかこ

ソフトバンククリエイティブ 2009-05-15
売り上げランキング : 37474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • 今読んでます
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090611

Wed 2009.06/10

近況

| 近況を含むブックマーク

 最近は、ひそかに次の同人誌の準備作業をしています。

 夏コミサークル委託させていただく形で参加する予定です(一日目と三日目)。


 6月28日開催の名古屋コミティアにも参加します。

 サークルスペースF−27です。


 名古屋イベントどころか、コミティア自体が初参加ですが、名古屋近辺の方がもしこのブログの読者にいらっしゃいましたら、宜しくお願いいたします。

最近読んだエントリ

| 最近読んだエントリを含むブックマーク

漫画のダイナミクス 漫画をめくる冒険を紹介するよ! - 最終防衛ライン3

 lastlineさんによる、『漫画をめくる冒険シリーズの紹介記事。

 実は、下巻を含めたレビューを書いたブロガーはlastlineさんが一番乗りだったりします(ぼくの観測範囲では)。

ノブレス・オブリージュの時代。 - Something Orange

 ぼくも先日参加したラジオの話題から。古めかしいけどカッコ良く感じざるをえない騎士道精神について。

短期集中連載 永山薫×安田理央 対談『アダルトメディアの現在・過去・未来』【1】 - WEBスナイパー

 対談連載の第一回。面白い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090610

Sat 2009.06/06

海燕ラジオに出演します

| 海燕ラジオに出演しますを含むブックマーク

第4回海燕ラジオ。 - Something Orange


 9時からです、っていうか始まってます。


 ※終了しました。お疲れ様です

Fri 2009.06/05

おしらせ

| おしらせを含むブックマーク

 Lilmagさんで『漫画をめくる冒険〔下巻・The Book〕』の委託販売が始まっています。


 あと、明日の夜に、海燕さんとラジオをやります。

 漫画語りのラジオをしたい、というぼくの希望に沿って、主に『Landreaall』の最新刊と『風雲児たち』が話題にのぼると思います。


 あ、もうひとつ告知があった……。名古屋コミティアサークル参加します。

 6月28日のイベントです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090605

Wed 2009.06/03

タイ映画『チョコレート・ファイター』はめちゃくちゃ「感動作」だった

| タイ映画『チョコレート・ファイター』はめちゃくちゃ「感動作」だったを含むブックマーク

 上京中、映画の日に『チョコレートファイター』(英題は「Chocolate」、公式トレイラー)を観てきました。


 本作の触れ込みは、 『マッハ!』と『トム・ヤム・クン!』のトニー・ジャーを育てたプラッチャヤー・ピンゲーオ監督とパンナー・リットクライが四年間かけてムエタイスタントを叩き込んだ美少女が主演のムエタイ映画


 このエントリは、鑑賞してから90分後に携帯で打ち込んだ文章を元にしていて、かなり個人的な感動ポイントを語ったものになっていますが、率直な感想です。

 エンディングが流れている間、わけもわからずなんか涙がずっと止まらなかった。

 アクションで感動したとかそんなもんじゃなくて、全然言葉にならないけど涙が流れてしょうがない、っていうレベル映画でした。

 そりゃ、タイ本国でヒットするのも当然かも。


 個人的なベスト映画ランキングを塗り替えるなあ。

 音楽も良かったし、サントラがあれば買いたい……。*1

 でもまぁ結構えげつない所も多い映画なので、観る人は選ぶと思います(いまどき、そんな風に作られたフィルムだからこそ素晴らしい、という言い方もできますが……)。


 主演のジージャーはトニー・ジャーと何が違うのかなあと思ったけど、やっぱり顔立ちの雰囲気ですね。パンフでは「知的で優しげ」って評されてたけど、表情がすごい「上品」なんだな。

 ぜひジージャー主演の次回作を!


 障害があって、うーあーとしか喋れない役なのは、「またぞろ“アクション役者の演技力不足”を隠すためなのか……」と最初は思ってたけど、そんなことない、彼女はむしろ抜群の演技力障害者を「演じていた」んだな……。

 演技が巧いっていうのも、まぁトニー・ジャーとの違いなんですが。


 ピンゲーオ監督は、ラストシーンに(仏教的な)無常感を込めることにこだわりがあるようで、それは『マッハ!』の時よりも成功していると思う。

 しかも理屈として観客に考えさせることはゼロで、全部感覚に訴えかけてくる!(マッハ!の時点では「敵も味方も平等に仏罰を受けて死ぬ」という、わりと解りやすい理屈のオチだったのに対して)


 いまだにうまく言葉にすることはできないのですが、ものすごく「生」の生命感がフィルムに定着している、希有な作品なのだという気はしています。

 ぼくと同じような衝撃を受ける人は、たぶん少ないと思うのだけど、この傑作を観る覚悟のある映画好きの人達は、すぐさま観にいかれるべし、と思います。


 思い返せば、ヒロインのゼンが武器(棒と鞘)を手にした時のシーン、戦いが全て終わってからゼンが泣くシーン、それらがもの凄くグッとくるんですね。

 だから個人的には、単純な「爽快アクション映画」としてのみ評価されるのはもったいない、と思うくらいです。

 そしてもちろん、そういう、言語化できない感動ポイントの他にも、ひとつひとつ挙げたい誉めどころの多い良作なのも確かなのですが。

観賞前に読んだ他の感想

*1:まだ出てないみたい



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close