Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Mon 2009.08/31

同人誌委託情報/COMIC ZIN

| 同人誌委託情報/COMIC ZINを含むブックマーク

 秋葉原新宿にお店がある、「COMIC ZIN」さんに『漫画をめくる冒険〔上巻・視点〕』が入荷された模様です。

 通販などはないのですが、おそらく店頭では『淫漫姫』あたりと一緒に並んでいるのではないでしょうか。

漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2008-03-14

  • 下巻はサークル側の都合で、入荷が一週間ほど遅れます。すみません

 先日の上京時、新宿店に初めて行ってみましたが、品揃えのチョイスや店員さんのポップが楽しい、良いお店でした。

Sun 2009.08/30

東浩紀・伊藤剛・竹熊健太郎らによるヱヴァ鼎談 簡易レポ

| 東浩紀・伊藤剛・竹熊健太郎らによるヱヴァ鼎談 簡易レポを含むブックマーク

 先日、25日夜に朝日カルチャーセンターで行われた、鼎談講座「ヱヴァ」をめぐって − あれから14年の手元のメモ記憶によった簡易レポートです。

講座内容

テレビ放送から14年、今夏「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開されました。今、ヱヴァをめぐって何か起きているのか。14年の間に起きた変化とは。「大人になる」こととは何か。本作をきっかけに出会った3人が語ります。

 実際の内容を振り返ると、この「大人になることとは何か」「作り手が、受け手が、大人になることで何が変わったのか」というのが一番重要テーマのはずで、(伊藤剛さんはなるべくそっちに振ろうとしていましたが)でもちっともそういう話にならなかったのはモッタイナカッタですね。

 「私達はこんな大人になりました」っていうのは自分側からあまり語りたくないようなことなんでしょうか。


 個人的には、トミノが大人に(まるく)なり……、そして庵野さんも大人になり、っていう変化が今年代のアニメ界で最大の事件性だったと思うのですけどね。


 ……と、簡易レポートのはずが、指摘(しかもかなり結論)から始めてしまいましたが、以下、講座の箇条書きです。

 主催側が録音しているかどうかわからないのですが、個人的なメモ記憶による再現であることを重々ご承知ください。文責は筆者にあります。


ヱヴァ」をめぐって − あれから14年 簡易レポート(敬称略)



 要約すると、「崩壊していて狂っていた旧エヴァはとにかく事件性に満ちていて、でもそんな狂気を感じられない新劇場版は評価する気になれない(そういう作品には素晴らしいとだけ言っておけばいい)」という雰囲気の東浩紀と、「旧エヴァ庵野さんが凄いことをやっていたのがわかったけど、今回の庵野さんは何をやってるのかわからない以上、自分には語りにくい」と正直に述べる竹熊健太郎に押される形で、あまりヱヴァ破そのものの問題には踏み込まない講座でした。

 途中、漫画家西島大介乱入したり、鶴巻監督についても言及すべき、といった流れもありましたが、その時はメモを取っていなかったので、どのタイミングの発言だったのか思い出せません。


 ちなみに、東浩紀の言う「ヱヴァ破の物語」に関するぼくの反論は、簡単には以下のように述べられます。

  1. 凡庸という評価とレッテルが、そもそも印象批評でしかないだろうということ。個人が抱く「凡庸さ」をヱヴァ破の内容に重ねて見てしまう(同一視してしまう)かどうかの問題でしかない。「凡庸とは何か?」というエクスキューズがなければ取り合うことができない
  2. 庵野総監督脚本レベルの表現を諦めて、映像表現のみに専念しているのだ、という憶測も、(スタッフインタビューから垣間見える)強い責任感を感じているさまや、執筆に苦闘する様子などをこれでもかというくらいに無視した結論であって、こうした「無視」があるだけでも、「物語に語るべきものは無い」という意見は退けていい(ここで再度用心しなければならないのは、「東浩紀個人の文脈や価値観にとっての凡庸さ」と、「個人以外の価値基準における凡庸さ」は別物であって、個人一人の価値観における是非を云々していては議論が進まないということだ。東浩紀はいくらでも「自分批評的文脈における語る価値の無さ」を取り出せるのだが、それはアニメ作品を語ることとは無関係な文脈なのだ)
  3. もし仮に凡庸で陳腐だとしても、「それをいまやること」「旧作から変化させたこと」という現象には、事件としての意義があるのでは? 本当の意味で「語るべき価値が無い」というのは、ヱヴァ破を含めた現代の作品のほとんどが「軒並みに凡庸である」ような状況……つまりヱヴァ破が「凡百の作品」と呼ばれるような場合においてだが、今はヱヴァ破が「凡百」といえるほど、周囲の作品群が凡庸揃いだとは考えられない。つまり言葉定義上、凡庸と凡百は価値が異なる。「凡庸ではあるが凡百ではない」という評価は充分成立するし、周囲から逸脱した「凡庸さ」は事件に足る出来事になりうるだろう、という視点を欠いてはいけない

 正直なところ、竹熊・東の両氏にとって、新劇場版について言及するのは「今回で一区切り」にしたい、というくらいの気持ちのようで、これ以上の語りを要請する必要は特に無いと言っていいかもしれませんね。

 重要なのは、彼らに語らせることではなく、もっと他の語りを進めることだろう、という思いを今回新たにしたのですが、いかがでしょうか。


関連(このサイトでのヱヴァ破語り)

SHUZOSHUZO 2009/09/06 22:54 東氏は「EVANGELION death」が公開された時も、庵野氏の試みに対してロクにレスポンス出来ていなかった印象がある。曰く『こんなふうにストーリーを無視した姿勢でいいのか』と戸惑い、その様子を切通理作氏などに見抜かれ『これは元々一見さんお断りで、エヴァを知り尽くしてる人が観たらとても気持ち良い、快楽を享受出来るように作っているだけ、そのスタンスも見抜けないなんて頭わりー(笑)』と言われていた記憶がある。元々庵野氏が仕掛ける事件性にきちんとレスポンスも出来ていなかったクセに今回は「今のヱヴァンゲリヲンは昔みたいな事件性もない、普通になってしまった」と…今回またもレスポンス出来ていないことに全く気付けていないことにどうしようもない無様さを感じます。10年前の作品が事件性やハプニング、庵野氏の壊れ様なども織り交ぜながら進行するのが新しかったのならば、今回はそういう制作の外側の事情は入れ込まずにウェルメイド(←日経風にいえば(^.^))な作品作りに徹している。これがすでに事件性であると彼は読めないのだろうか?!そしてそういう東氏が言う所の「凡庸な作品」になりきってしまっていると本当に信じきっているのなら、一切外に向けて今回のヱヴァの事は発言しなければいい。いや、もっと言ってしまえば観なければいいのに、結局鼎談に参画してきたりやはりスタンスが中途半端。しかも前回は戸惑いがあったけれど、今回は迷いもなしに間違っている(さらに鈍くなったようにしか見えない)のが無様極まりないといった印象を受けます。僕からすれば、10年たって、実験的な試みなどを封印してなお作品内のあのテンション、そして事件性がなくとも多くの観客がまだその作品内に事件性を見いだそうとするあの作品にはやはりまだまだ凡庸ならざる物を感じます。それに対して、東氏の、小難しい言葉を駆使しながら毎回ことの本質をつかめず滑りまくっている様子にどうしようもなく言論人としての才能のなさを感じてしまいます。もうヱヴァンゲリヲンに関しては喋らんで良し!って感じです。

アトレイデスアトレイデス 2010/03/02 12:21 簡易レポートというには濃密、それ自体が批評として読める興味深いレポートでした。東氏の「無意識」の映像快楽と「ドラッグ」の映像快楽という対比の立て方は、かつてのシネフィルによるプロモーションビデオ的映像への批判を思い出したのですが、「エヴァ破」に当てはめるには確かに二項対立的すぎますね。いや、その中間を行ったり来たりしながら着地点を探っていくのが「演出」ってもんなんじゃないか?と。いくつかの特定シーンについては「『エヴァ破』はドラッグ的映像」当てはまるかもしれませんが、それにしても整理しすぎですね。かつて「板野サーカス」や「金田アクション」のもたらす興奮について批評家は何の言葉も持てなかったわけですが、そうした批評の無為が「意味を探ることに何の意味もない」と遡及的に追認されてしまうようで恐ろしいですね。「絵が動き出すということへの驚き」に対して、もしかしたらファンよりも批評家のほうが鈍感になってしまっているのか。そうした「驚き」は言語化しずらいものであるとはわかるんですが、しかしそこに言葉で踏み込むのを回避してしまうと、ことアニメに関しては批評対象としている作品に言葉が届かず、批評が自分語りに陥る危険ありますね。ピアノ・ファイアさんの書かれていた「アニメ作品を語ることとは無関係な文脈なのだ」には深く説得されました。

Wed 2009.08/26

上京日記と今日の予定

| 上京日記と今日の予定を含むブックマーク

 22日に四海鏡さん、コロッサスさん、ゆとりのタジ君と劇場版ディケイドを鑑賞し、その晩は、さやわかさんと約束していたヱヴァ破トーク飲み会。なぜかゼロアカ優勝者の村上裕一さんが混ざってくれていました(たまたまコミケ会場で会った時にお誘いしていた)。



 23日はコミティア。あまり本は買わず、何人かのお知り合いにご挨拶する程度。

 その後、西島大介さんのひらめきマンガ学校の懇親会に参加。内容を後で聞いてみると面白そうで、ぼくも授業を受けたかった……、と後悔。

 偶然、伊藤剛さんと会うことができたので、二次会居酒屋でまたヱヴァ破の話をする。



 24日は、吉田アミさんの誘いで「マンガ漂流者(ドリフター)熱血授業編」の教室へ。

 教室では森田真功さんと再会できました。



 25日はきくちさんと約束していた、『劇場版 空の境界 第七章』の鑑賞をテアトルダイアで。

 このシリーズは全て劇場で観てきましたが、最終章はうまくまとまっていて、安心できました。良いアニメ、良い映画でしたね。

Seventh HeavenSeventh Heaven
Kalafina

SME Records 2009-03-04
売り上げランキング : 660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 映画鑑賞後、新宿シガーショップに寄ったりしながら、朝日カルチャーセンターへ。

 竹熊健太郎・東浩紀・伊藤剛によるヱヴァ鼎談を聴講。

 途中、伊藤さんに名前を呼ばれるという一幕もあったりする。

 (東さん抜きの)打ち上げでは、鼎談の内容に補足を加えたりしつつ、同席していた西島大介さんとまた色々お話など。


 帰宅後、泊まり先にしている結城さんと、朝までアニメなどの話をして盛り上がる。面白い。



 それで今日、26日ですが、新幹線大阪に戻り、竹熊健太郎さんのトークライブに参加してこようと思います。


 しかし見事に、イベント打ち上げが連日続いてますね。

Tue 2009.08/25

お仕事情報と今日の予定

| お仕事情報と今日の予定を含むブックマーク

コミックマーケット76 頒布作品紹介 私たちの夏コミ、おすそわけします!【1】 - WEBスナイパー

 Webスナイパーさんの、夏コミ戦利品紹介特集に参加しました。

 他にも四名の紹介者がおられるのですが、泉信行の紹介ぶんは、東山神兵の『HEART OF DEAD』復刻版、カードゲームDeath March』、ありらいおんさんの『ジャンルコードと分類法』、敷居亭のニコマス本です。


浦沢直樹読本

 マガジンハウスから出た『浦沢直樹読本』の、ラス7ページで仕事しています。

 森田真功さん、麻草郁さんとの鼎談に参加した他、『YAWARA!』『Happy!』の作品紹介および登場人物評を担当しています。

CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)CasaBRUTUS特別編集 浦沢直樹読本 (マガジンハウスムック CASA BRUTUS)
マガジンハウス

マガジンハウス 2009-08-21
売り上げランキング : 298

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


25日の予定

 人を誘って『劇場版 空の境界 第七章』を鑑賞した後、朝日カルチャーセンター竹熊・東・伊藤ヱヴァ鼎談を見てきます。


 上京中に予定していたタスクは、これで全て終わりですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090825

Sat 2009.08/22

うえお久光『紫色のクオリア』読了

| うえお久光『紫色のクオリア』読了を含むブックマーク

紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)

アスキーメディアワークス 2009-07-10
売り上げランキング : 14870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 読みました。ぐっと来るSFでした。

 読み終わった後も頭がぐるぐるして、眠れなくなるくらいでした。ワンダー。

Fri 2009.08/21

上京日記

| 上京日記を含むブックマーク

 コミケ後のお仕事一件と、打ち合わせ一件終わり。


 明日は劇場版ディケイドを、コロッサスさんや四海鏡さんと観にいって、その後、さやわかさんと会ってヱヴァ破トークをしてきます(実はもう一人ゲストを呼んでたりもするのですが)。



 コミケ戦利品は概ね読みきったので(まとめて自宅に郵送しないと……)、電車の移動中などは、敷居さんに借りた『紫色クオリア』を読んでいます。いま、半分くらいまで行って、なるほど『虎よ、虎よ!』が引用されるのはここかぁと納得した所です。

紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)

アスキーメディアワークス 2009-07-10
売り上げランキング : 54113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)
寺田克也

早川書房 2008-02-22
売り上げランキング : 35420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 というSFネタとはまるで関係無く、

 わ、わ、とつぶやきながら助けを求めて周囲を探す彼女の姿に、あたしは胸を締めつけられて、ため息が出そうになるのをこらえる。

 十人に聞けば十人が十人友達を呼んで百人単位でかわいいと叫んじゃうだろう非凡な容姿彼女だが、本人は驚くほどそれを理解していない。

 『紫色クオリア』は16ページ目のここまで読んで、おおおおしヒロインすごい美少女だ! 読破決定、と決意したのですが、良く考えればこの作品のコンセプト上、この一人称記述叙述トリックの可能性が残ってるんだよな……とムダに勘ぐってしまったり

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090821

Tue 2009.08/18

コミケお疲れ様でした

| コミケお疲れ様でしたを含むブックマーク

 今年の夏コミは、三日間フル参加&四夜連続オフ会というフル稼働仕様で、休むヒマ無しでした。

 なので今日、友人宅で目を覚ましたら、扁桃腺が痛い……。すかさず、八卦掌の走圏と易筋経を軽く流して、体調を調整。

 体を動かしてみると、全身の節々が疲労で歪みまくっていることがよく解ります。

(こういうのは疲れきってからじゃなくて、疲れが出る前からやっておくべきだったんですけど。)


 さてさて、幸いなことに、ぼくが関わった同人誌のはけ具合はいずれも好調で、『かがみハード』は完売、『敷居の部屋の関係(relations)』は通販分を残して完売と言っていい結果、『漫画をめくる冒険』下巻は、持ちこんだぶんは完走できました。


 一緒に本を作ってきたみんなや、委託先で売り子をしていた皆さん、そして当日スペースに足を運んでくださった皆さん、感謝いたします。どうもありがとうございました。

 もしも運悪く買えなかった方がいれば、申し訳ありません――。


f:id:izumino:20090815100259j:image

  • 二日目、No.5さんのサークルに委託させてもらった時の様子

f:id:izumino:20090814092008j:image

  • こっちは一日目、くらふとさんのスペースに『敷居の部屋の関係』が委託されている様子

 この四日間の詳しい話などは、またいずれ。実は25日まで東京に滞在予定で、まだしなきゃいけないことが残っているのです。

Thu 2009.08/13

改めて、コミックマーケット76の告知

| 改めて、コミックマーケット76の告知を含むブックマーク

 漫画をめくる冒険』の委託先が増えました。


 一応、三日間すべてで委託先が出来ることになりました。ありがたいです。


 『漫画をめくる冒険』の下巻は今年の5月に出た本で、コミケでは初売りとなります。

さやわかさんのコメント

| さやわかさんのコメントを含むブックマーク

さやわかさんのヱヴァ破評と、三国志 - ピアノ・ファイア

 史実、正史というメタファーをどう、アニメというメディアに当てはめるかという「置き換えの作法」がちょっと混乱してしまっているようなので、自分なりに定義してみます。


史実:物語のオオモト。正史の裏に隠れた「物語られる以前の事実」。フィクションにおいては定義しづらいので、あんまり持ち出さない方がいい概念かも。


正史エヴァでいうなら、TV版エヴァ〜旧劇場版イデオロギー的な目的で「あるべき姿」として作り出された、公式オリジナルを指す。


偽史正史、あるいは独自調査に基づいて作られた、非オリジナル作品。いわゆる二次創作。「あり得べき姿」の作品とも言える。


演義エヴァでいうなら、新劇場版イデオロギー目的の「あるべき姿」ではなく、大衆に求められた「あるべき姿」に変化したもの。


 さやわかさんは、「あるべき姿」として新劇場版がRebuildされているという理由で「新劇場版正史」と捉えておられるようですが(以下コメント引用)、

「序」でスタッフ王道物語を「史実」として意識しながら「歴史」を語る、いわば「本来あるべ

エヴァ正史」を構築する姿勢を半ば見せていたはずで


……しかし、イデオロギー的・メッセージ的に語られた旧作の時点で「正史」は構築されていたとぼくは捉えている、というのが結論の差となってますね。

 この違いは、旧エヴァ「本来性を内包しない空虚作品物語の“なりかけ”」とみなすか、「完成された物語とみなすか、という認識の差に起因する違いなのだと思います。


 さて、ぼくはネットラジオでも何度か言っていたことですが、旧エヴァは傑作だと思ってる人なんですよね。

 かつて『トップをねらえ!』が「パロディをやっているうちにオリジナルに至ってしまった」奇跡を見せたように、旧エヴァもまたそれを達成していたと、――世間の評価は分かれる所でしょうが――まぁぼく自身は評価してるんですね。


 だから旧エヴァはもうあれで出来あがっていて、ある意味では「文句のつけようが無い」状態になっているわけです。

 しかし、その旧エヴァが「完成された物語」であることと、新劇場版「旧エヴァの欠けた穴を埋めていること」「ヱヴァが旧エヴァに救いを与えていること」は同時に両立するはずです。


 ぼくはそういう見方で、「旧エヴァ正史」、「ヱヴァ演義」という認識をしています。

 きっとこの「演義」を元にして、ヱヴァ無双とかヱヴァ大戦とかが作られていくのが、これからのエヴァンゲリオンワールドなんでしょう……っていうか現時点でも半ばそんな感じですけどね。


 ただ、この場合問題となるのは、新劇場版はまだ完結していない」(完結していないものを先走って讃えても仕方ない)という事実の方で、「旧エヴァ」と「序」と「破」と「Q」の関係性を語ろうとするなら、さやわかさんの「全ては焼き直しで、焼き直しを認めることに王道の根拠があるんだ」という論旨の方が則しているのかなーという気もします。

しかしそれは「史実」が実は虚ろなものであるというエヴァが当初に抱えた困難を半ば忘却しながら旧エヴァと(ロボットアニメを参照した二次創作に近づいてしまう。しかし「破」は、王道物語でも学園エヴァでも、語られるものがすべて「偽史」になることを免れ得ないという断念をより受け入れたように見えます。そこですべてのエヴァヴァリエーションが横並びになってしまうということと、だからこそ王道物語を語る根拠は浮かび上がってくるという意識を正確に織り込んだのが「破」なのではないかというふうに見ました。

 「破」によってようやくヱヴァは「TV版ヱヴァ」に追いつき、ロボットアニメ歴史にも追いつき、そしてこれから現れる「Q」が旧劇場版の完全なオルタナティブとなると同時に、「今の時代のロボットアニメ」として登場するというのは、間違い無いと思われます。

ただその代償として「破」はエヴァのすべての要素を食い尽くしてしまって、その後どうするかを「Q」に完全に丸投げしている。それはテレビシリーズが開始されたときまで条件を戻しているようでもある。ここが素晴らしい!すげえ映画だ!庵野どう収拾つけるつもりだ!と思いました。

 このあたりには、とても同意しますね。

*1:『敷居の部屋の関係』と同じ委託先です

*2:『かがみハード』と同じ委託先です

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090813

Tue 2009.08/11

夏コミは今週末

| 夏コミは今週末を含むブックマーク

 夏コミ発行物の告知があります。↓

 宜しくお願いします。

さやわかさんのヱヴァ破評と、三国志

| さやわかさんのヱヴァ破評と、三国志を含むブックマーク

 数日前に更新されていた、さやわかさんのヱヴァ感想に反応してみます。

 ネタバレほぼ無し。

Hang Reviewers High / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

僕が唐突に思い出したのは三国志のことだった。三国志は、三国志演義がたいへん有名であり定本のように扱われているが、しかし実際のところ何が正史なのかははっきりしない。そして、今や夥しい数の三国志が、勝手気ままに創造されている。しかしそれらを見て、我々は「三国志二次創作だ」などと考えたりはしない。三国志の一次創作物が何なのかということ、さらにいえば史実がどうであったかということすら、我々には何の関係も持たない。「破」によってエヴァにもたらされたのは、おそらくそのような事態だ。その意味で、「破」もマリも、エヴァ簒奪しようと目論んでなどはいない。「正史」は単に消滅する。そして、新劇場版の描く「偽史」が幕を閉じるころ、我々の時間は劇中と同じ2015年に追いつくだろう。これはうまくできている。

 あ、同じこと(三国志の比喩)を考えている。

 ……と思いましたが、しかし、結論は違いますね。


 mixiで、ヱヴァ破のループ構造を批判している人達がいるけど、それはちょっと違うんじゃないか?」ということを日記にしていた友達がいて、その流れに乗ってぼくがコメント欄に書いたのが、たまたま「三国志」のことでした(7月12日)。

 ここでいう「ループ批判」は「二次創作論」と類似した問題かもしれません。

 ループ批判に関しては、「その物語の出来事が象徴しているモノ」を捉えそこなっているから起こる批判ですね。

 

(中略)

 

 例えば、歴史上の出来事を何度も語り継いで、そのうち「王道規範的な訓話」へと進歩していくのも、それだって「物語ループ」ですよね。

 

 実在の歴史人物が、何度も生まれ変わりとやり直しを許されるなんていうSF設定で描いているわけではない。

 そういう意味じゃあ、現存する歴史モノ作品はみんな「こうあってほしい、こうしてれば良かったのに」という願いによってループをくり返した結果ですが、それって普通に「伝承が語り継がれている」ってだけのことですよね。

 

 ヱヴァループ構造が象徴しているのはその「語り継ぎ構造」の方で、まぁ喩えるなら「史実」に近い旧エヴァに対して、それを「演義」に仕立て直した新劇場版があるんだということだと思いますね。

 

 で、その新劇場版の出現を願ったのは、我々受け手たちでもあるし、旧エヴァキャラクターたち自身でもあると。それが彼らの救済となっているのも確かなはずです。


 陳寿三国志はやはり三国志ファンには「正史」としての強烈な権威があって、その輝きの強さは、とりもなおさず、膨大な数の「偽史」および「その偽史をひとつにまとめあげた演義」によって、逆照射的に輝きを増したものであるはずだ。


 だから、ヱヴァ破がただ「新しい創作」というよりも「これまでの二次創作スパロボなども当然含む)を取捨選択してまとめあげたもの」であることに価値がある、というさやわかさんの指摘は正しい。

 でもそれは、原作としてのエヴァヱヴァの輝きが雲散霧消することではなく、「強くて太い根幹」として伝わっていくであろうことを期待させるものだ。


 ただし、日本の(太秦の)時代劇が「時代劇時代」を作り出し、「どの史実にもない、どこでもない場所」を我々にインプットしてしまっているように、三国志シリーズ中国史から切り離された「三国志時代」として独立している観があるのも確かだ。


 三国志は、正史としての「陳寿三国志」を参照することはあっても、史実まで遡って考証したり、ましてや同時代の世界史地理と結びつけて歴史ロマンを語ろうとする者は珍しいように思える。


 だから、「史実がどうだとか、我々には何の関係も持たない」という指摘は三国志においては正しいのだが、ではエヴァヱヴァにとっての「史実」や「世界史」とは何なのだ? という話になってくる。

 エヴァオマージュした元ネタの話なのか、当時のリアルタイム社会現象のことなのか? 同時代の作品との関係性のことなのか……。


 しかし元ネタなどの知識は、三国志と違って、仮に「エヴァンゲリオンワールド*1が形成されたとしても残りつづけるだろうし、忘れさせる意味もないはずだ。


 確かに、アニメ史内での通時的連続性だとか、社会現象や同時代性からは、一度解放されるべきかもしれない。


 『ヱヴァンゲリヲン』を単品の作品としても楽しめるようにするというのは、新劇場版スタッフが目指していることそのものであるはずだから。


Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]Cut (カット) 2009年 08月号 [雑誌]

ロッキング・オン 2009-07-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*1:これはガンダムワールドに対応する言葉。前述した「時代劇時代」とニュアンスは同じ

ソメルソメル 2009/08/12 21:58 こんばんは!さやわかです。僕は「史実」「歴史」「正史」などの用語を定義せずに書いてしまっているのでわかりにくいですね。この雑さは問題で、今後の自分の仕事の中でフォローしたいものです。ざっと考えてみると、僕は「史実」とは本来性、「歴史」は物語、そして「正史」とは「史実」に準拠して作られた本来あるべき物語というように考えている気がします。このような理解によって、僕は「破」において「あるべきエヴァ」というものはもうない、むしろ最初からなかったということを確認しつつ前に進もうとしているように思います。「序」でスタッフは王道の物語を「史実」として意識しながら「歴史」を語る、いわば「本来あるべきエヴァの正史」を構築する姿勢を半ば見せていたはずで、しかしそれは「史実」が実は虚ろなものであるというエヴァが当初に抱えた困難を半ば忘却しながら旧エヴァと(ロボット)アニメを参照した二次創作に近づいてしまう。しかし「破」は、王道の物語でも学園エヴァでも、語られるものがすべて「偽史」になることを免れ得ないという断念をより受け入れたように見えます。そこですべてのエヴァのヴァリエーションが横並びになってしまうということと、だからこそ王道の物語を語る根拠は浮かび上がってくるという意識を正確に織り込んだのが「破」なのではないかというふうに見ました。ただその代償として「破」はエヴァのすべての要素を食い尽くしてしまって、その後どうするかを「Q」に完全に丸投げしている。それはテレビシリーズが開始されたときまで条件を戻しているようでもある。ここが素晴らしい!すげえ映画だ!庵野どう収拾つけるつもりだ!と思いました。いずれにせよ、いずみのさんとはこのへんについて一度ゆっくり意見を交わしたいものですね

izuminoizumino 2009/08/13 05:30 上京中に時間の都合があえば、またやりましょう! 空の境界の第七章もありますしね。

Mon 2009.08/10

夏コミの同人誌の告知

| 夏コミの同人誌の告知を含むブックマーク

 今回のコミケで、ぼくが関わった同人誌の告知です。


 ひとつめは『敷居の部屋の関係(relations)』という、ニコマス(※ニコニコ動画アイドルマスター)についてのテキスト本。


文字で読むPインタビューとニコマス通史 - 『敷居の部屋の関係(relations)』 - 敷居の先住民

f:id:izumino:20090810182930j:image※表紙イラスト上田夢人GENOCIDEKISS


 敷居さんのブログでもう告知されていますが、編集デザイン他、アドバイザー的なポジションでお手伝いしていました。

 一日目は西み24bラノベ島)、三日目は東N19a(評論島)に委託されることになっています。頒布価格は¥600。

 サークル申し込みはしていたんですが、落選してしまったので、委託で初参加という次第。

 ニコマスや、ニコニコ動画にご興味のある方はどうぞご覧になってください。


 もうひとつは、マイミクのかいわレさんがmixiで連載している身内受け小説書籍化したという『かがみハードです。

【8/8】「かがみハード」発売のお知らせ (The 男爵ディーノBLOG)

no title

f:id:izumino:20090810182931j:image※表紙イラスト108号(slice slime


 ぼくが「これ同人誌にしたいですね」と唐突に言い出して、完全に内輪向けの記念のつもりで作った本です。

 ただ、同人誌印刷ってのは20部刷るのも50部刷るのも値段がまるで変わらないので、60部刷ることにしました。一冊400円です。完売しても利益とか出ません。

 二日目東U49a創作小説)と、三日目東C29aゲームパロ男性向け)に委託されます。なんとなく琴線に触れるところがあれば、こちらも手に取ってみてください。

 身内受け小説と銘打ってはいますが、本当に「良い意味でくだらない」小説シリーズで、内輪ネタを知らずともバカ笑いできること請け合いです。



 あ、あと、当サークル『漫画をめくる冒険』上下巻は三日目N-10aid:soorce」に委託させていただきます

漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2008-03-14
漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 下巻・The Book
泉 信行

ピアノ・ファイア・パブリッシング 2009-05-10


 『淫漫姫』と同じ委託先だったりしますので、「漫画論ってどんなもんなんだろう」ってな方はお立ち寄りください(タイミングによっては、ぼくも売り子手伝いしていると思います)。ではでは。

Fri 2009.08/07

紺野キタ『ひみつの階段 新装版』全2巻

| 紺野キタ『ひみつの階段 新装版』全2巻を含むブックマーク

 二度目の新装出版となるひみ階ですが、別々の単行本に別れていたものがまとめられたり、書き下ろしもあったりするみたいなので購入してみました。

作者公式サイトのインフォメーションより

今回は「ひみつの階段1〜2」と「ひみつのドミトリー」が、連載時の掲載順に

1巻と2巻に揃えられてます。カバーは描き下ろし、口絵はなし。B6版。

学園祭にいこう」と「MAZE」の同人誌掲載作品が、各巻に収録されます。

巻末4コマも、偕成社ポプラ版ともに全て収録。

描き下ろしは1巻に1編、4Pのみ。「学園祭〜」の更にパロディ的な話です。

直前までBLの仕事をしてたせいか、キャラクターが少年ぽくなってしまったような…。

 

既刊をお持ちの方は、今回の新装版を購入されるかどうかは、上記を参考にして下さい。

ひみつの階段 1 (PIANISSIMO COMICS)ひみつの階段 1 (PIANISSIMO COMICS)

ポプラ社 2009-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ひみつの階段 2 (PIANISSIMO COMICS)ひみつの階段 2 (PIANISSIMO COMICS)

ポプラ社 2009-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「大人が、子供世界と行き来することの健全さ」というのは、著者が一貫して描いているファンタジー的なテーマのひとつで、それは『つづきはまた明日』で特に結実していたと思うのですが、ひみ階もまた、そういうテーマお話なんだと、読み返してみると新たに実感できますね。

つづきはまた明日 1 (バーズコミックス ガールズコレクション)つづきはまた明日 1 (バーズコミックス ガールズコレクション)

幻冬舎コミックス 2009-02-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ちなみに紺野キタのような「たまに訪れることで、大人としても成長できる」チャイルドフッド(児童期)の描き方を、作中の言葉を取って「ティル・ナ・ノーグ」と呼んで、反対に幼児化して戻れなくなってしまう」チャイルドフッドを「やすらぎの館」(by 藤子F)と分けて認識していたりしますね、個人的には。

藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 (2) (SF短編PERFECT版 2)藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 (2) (SF短編PERFECT版 2)

小学館 2000-08
売り上げランキング : 220015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  • たとえばキッズアニメ少年漫画なんかはオタクのたしなみですが、それがあなたにとって「やすらぎの館」になってやしないか? 「ティル・ナ・ノーグ」として摂取できているか? というのは注意してしかるべき問題ですね
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090807

Thu 2009.08/06

夏コミの入稿

| 夏コミの入稿を含むブックマーク

 ぼくが関わっている本の入稿は、どれも一段落つきました。

 おいおい告知します。

おすすめ脳神経科学の本、9冊

| おすすめ脳神経科学の本、9冊を含むブックマーク

 久しぶりに買った脳神経科学の本が二冊とも面白かったので、既読の類書と一緒におすすめリストを作ってみようと思います。

 まぁ推薦というより、自分用のマッピング作業でもありますが。

 当然ながら、ぼくが読んだことの無い本をレビューすることは不可能ですので、「これも面白い」という本があればご推薦ください。



ラマチャンドラン『脳のなかの幽霊、ふたたび』

脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ
山下 篤子

角川書店 2005-07-30
売り上げランキング : 27140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 一番最初に読むなら、間違いなくこれでしょう。一般向けに講演した内容の語り起こしなので、読みやすく、基礎的かつ「興味深いトピック」を中心に紹介されています。

 ここから専門的に知りたくなったら、ラマチャンドランとサンドラブレイクスリーの共著『脳のなかの幽霊(『ふたたび』を詳細にしたような内容です)を読めばいいのですが、詳細なことは後回しにして、とりあえず『ふたたび』だけで入門を済まし、とっとと別口の本に進むのもいいと思います。

脳のなかの幽霊 (角川21世紀叢書)脳のなかの幽霊 (角川21世紀叢書)
V.S. Ramachandran

角川書店 1999-08
売り上げランキング : 12400

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アントニオ・ダマシオ『感じる脳』

感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ

ダイヤモンド社 2005-10-28
売り上げランキング : 14730

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 贔屓して言うとナンバーワンの名著。「だいじなことは全部これに書いてある」感があります。

 思想的な語りが多い本著ですが(なんせ半分がスピノザ論なので)、より科学的な理解を深めたい場合は前著『無意識の脳 自己意識の脳』に遡るといいでしょう。

 でもどっちかというと『スピノザ世界』などでスピノザ入門しておくのがいいかもしれない。

無意識の脳 自己意識の脳無意識の脳 自己意識の脳

講談社 2003-06-20
売り上げランキング : 92924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スピノザの世界―神あるいは自然スピノザの世界―神あるいは自然

講談社 2005-04-19
売り上げランキング : 14972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サンドラブレイクスリー、マシューブレイクスリー『脳の中の身体地図

脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ
Sandra Blakeslee

インターシフト 2009-04
売り上げランキング : 634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『脳のなかの幽霊』の共著者である、サイエンスライターによる最近の本。

 ラマチャンドランとダマシオの研究を知っておいてから読むといですね(2人とも推薦コメントを寄せてたりもします)。


ジュリアン・ポール・キーナン『うぬぼれる脳』

マルコ・イアコボーニ『ミラーニューロン発見

うぬぼれる脳―「鏡のなかの顔」と自己意識 (NHKブックス)うぬぼれる脳―「鏡のなかの顔」と自己意識 (NHKブックス)
Julian Paul Keenan

日本放送出版協会 2006-03
売り上げランキング : 282570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学 (ハヤカワ新書juice)
Marco Iacoboni

早川書房 2009-05
売り上げランキング : 829

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『うぬぼれる脳』から『ミラーニューロン発見』までで一気に「自己イメージ」や「視点取得」の問題に入ることができます。

 手前味噌ですが、ぼく(泉信行)が漫画論で展開している「視点論」の基盤になっているのが、この分野の研究だったりもします。


J・アラン・ホブソン『夢に迷う脳』

夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?夢に迷う脳――夜ごと心はどこへ行く?
池谷 裕二

朝日出版社 2007-07-18
売り上げランキング : 66909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 年配の脳神経科学者による本で、上記の類書とは毛色が異なるものの、面白い。

 夢や錯覚睡眠、休息のシステムなどについて。ある意味、最も実生活に役立つ知識の得られる本だとも言えます。


ジョセフ・ルドゥー『シナプス人格をつくる』

シナプスが人格をつくる  脳細胞から自己の総体へシナプスが人格をつくる 脳細胞から自己の総体へ
谷垣 暁美

みすず書房 2004-10-27
売り上げランキング : 81210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ここまで挙げた本が「脳にどんな機能があるのか」を主に研究していたことと比較すれば、「脳がどのようにして形成されるのか」を研究している本です。

 脳神経科学トピックを理解するのに必要というほどではないものの、理解していた方が困らずに済む部分もありますね。特に、脳細胞の「氏か育ちか問題」は一度結論を知っておくといいと思います。


 以上です。

 いわゆる素人考えとして、ボディ・マップミラーニューロンについて考えているビジョンもあるのですが、そういった話はまた日を改めて。

Mon 2009.08/03

近況

| 近況を含むブックマーク

 ちょっと、友人が夏コミに出す同人誌の作業を手伝っています。6日が〆切です。

 その本が完成したら、このブログでも宣伝しようかと。


 ちなみにピアノ・ファイア・パブリッシングは三日目に委託参加しています。宜しくです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090803

Sun 2009.08/02

敷居邸と花園大学

| 敷居邸と花園大学を含むブックマーク

花園大学へ行った

 昨日の土曜は、京都花園大学で例年行われている夏目房之介公開講座を見てきました。

 その後、馬貴派八卦掌八卦掌・易筋経体験にも参加。


 夏目先生の講演は、「たけくまメモ」でも公開されていた「絵のないマンガ」などを例に出しつつ、「漫画定義」というものをその「中心」よりもむしろ、周縁(辺境)からアプローチしていくことで「漫画とは何か」を探っていくことの意義、についてお話ししていたのがメインだったと思います。


「ニュー・ニコマスパラダイス」を観た

 関西アイマス好き・ニコ動好きが良く集まるスポットである敷居邸にぼくも寄ることが最近多いのですが、今週末も京都に出るついでにお邪魔していました。

 ふだんはニコマス(「ニコニコ動画におけるアイドルマスター動画」の略)をあまり観たりしないいずみのですが、敷居邸に寄った時にかぎって「名作」と呼ばれる類の作品を観せてもらうというのがいつもの流れです。

 プロジェクター完備のリビングで今回観せてもらったのは、木曜洋画劇場Pの「ニュー・ニコマスパラダイスシリーズ

 ううーん、これは……深い。



  • ※「1→2→0」の順に観ること

 アイマスにかぎらず、ニコニコ動画作品をアップしていたり、なにかしらニコニコ動画を熱心に追っかけてきた思い出のある人なら、充分理解できる作品だと思います。


ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 [DVD]
ジュゼッペ・トルナトーレ

アスミック 2009-06-19
売り上げランキング : 377

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]ニュー・シネマ・パラダイス [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2008-01-25
売り上げランキング : 9534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20090802


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107