Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Sun 2009.08/30

東浩紀・伊藤剛・竹熊健太郎らによるヱヴァ鼎談 簡易レポ

| 東浩紀・伊藤剛・竹熊健太郎らによるヱヴァ鼎談 簡易レポを含むブックマーク

 先日、25日夜に朝日カルチャーセンターで行われた、鼎談講座「ヱヴァ」をめぐって − あれから14年の手元のメモ記憶によった簡易レポートです。

講座内容

テレビ放送から14年、今夏「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」が公開されました。今、ヱヴァをめぐって何か起きているのか。14年の間に起きた変化とは。「大人になる」こととは何か。本作をきっかけに出会った3人が語ります。

 実際の内容を振り返ると、この「大人になることとは何か」「作り手が、受け手が、大人になることで何が変わったのか」というのが一番重要テーマのはずで、(伊藤剛さんはなるべくそっちに振ろうとしていましたが)でもちっともそういう話にならなかったのはモッタイナカッタですね。

 「私達はこんな大人になりました」っていうのは自分側からあまり語りたくないようなことなんでしょうか。


 個人的には、トミノが大人に(まるく)なり……、そして庵野さんも大人になり、っていう変化が今年代のアニメ界で最大の事件性だったと思うのですけどね。


 ……と、簡易レポートのはずが、指摘(しかもかなり結論)から始めてしまいましたが、以下、講座の箇条書きです。

 主催側が録音しているかどうかわからないのですが、個人的なメモ記憶による再現であることを重々ご承知ください。文責は筆者にあります。


ヱヴァ」をめぐって − あれから14年 簡易レポート(敬称略)



 要約すると、「崩壊していて狂っていた旧エヴァはとにかく事件性に満ちていて、でもそんな狂気を感じられない新劇場版は評価する気になれない(そういう作品には素晴らしいとだけ言っておけばいい)」という雰囲気の東浩紀と、「旧エヴァ庵野さんが凄いことをやっていたのがわかったけど、今回の庵野さんは何をやってるのかわからない以上、自分には語りにくい」と正直に述べる竹熊健太郎に押される形で、あまりヱヴァ破そのものの問題には踏み込まない講座でした。

 途中、漫画家西島大介乱入したり、鶴巻監督についても言及すべき、といった流れもありましたが、その時はメモを取っていなかったので、どのタイミングの発言だったのか思い出せません。


 ちなみに、東浩紀の言う「ヱヴァ破の物語」に関するぼくの反論は、簡単には以下のように述べられます。

  1. 凡庸という評価とレッテルが、そもそも印象批評でしかないだろうということ。個人が抱く「凡庸さ」をヱヴァ破の内容に重ねて見てしまう(同一視してしまう)かどうかの問題でしかない。「凡庸とは何か?」というエクスキューズがなければ取り合うことができない
  2. 庵野総監督脚本レベルの表現を諦めて、映像表現のみに専念しているのだ、という憶測も、(スタッフインタビューから垣間見える)強い責任感を感じているさまや、執筆に苦闘する様子などをこれでもかというくらいに無視した結論であって、こうした「無視」があるだけでも、「物語に語るべきものは無い」という意見は退けていい(ここで再度用心しなければならないのは、「東浩紀個人の文脈や価値観にとっての凡庸さ」と、「個人以外の価値基準における凡庸さ」は別物であって、個人一人の価値観における是非を云々していては議論が進まないということだ。東浩紀はいくらでも「自分批評的文脈における語る価値の無さ」を取り出せるのだが、それはアニメ作品を語ることとは無関係な文脈なのだ)
  3. もし仮に凡庸で陳腐だとしても、「それをいまやること」「旧作から変化させたこと」という現象には、事件としての意義があるのでは? 本当の意味で「語るべき価値が無い」というのは、ヱヴァ破を含めた現代の作品のほとんどが「軒並みに凡庸である」ような状況……つまりヱヴァ破が「凡百の作品」と呼ばれるような場合においてだが、今はヱヴァ破が「凡百」といえるほど、周囲の作品群が凡庸揃いだとは考えられない。つまり言葉定義上、凡庸と凡百は価値が異なる。「凡庸ではあるが凡百ではない」という評価は充分成立するし、周囲から逸脱した「凡庸さ」は事件に足る出来事になりうるだろう、という視点を欠いてはいけない

 正直なところ、竹熊・東の両氏にとって、新劇場版について言及するのは「今回で一区切り」にしたい、というくらいの気持ちのようで、これ以上の語りを要請する必要は特に無いと言っていいかもしれませんね。

 重要なのは、彼らに語らせることではなく、もっと他の語りを進めることだろう、という思いを今回新たにしたのですが、いかがでしょうか。


関連(このサイトでのヱヴァ破語り)

SHUZOSHUZO 2009/09/06 22:54 東氏は「EVANGELION death」が公開された時も、庵野氏の試みに対してロクにレスポンス出来ていなかった印象がある。曰く『こんなふうにストーリーを無視した姿勢でいいのか』と戸惑い、その様子を切通理作氏などに見抜かれ『これは元々一見さんお断りで、エヴァを知り尽くしてる人が観たらとても気持ち良い、快楽を享受出来るように作っているだけ、そのスタンスも見抜けないなんて頭わりー(笑)』と言われていた記憶がある。元々庵野氏が仕掛ける事件性にきちんとレスポンスも出来ていなかったクセに今回は「今のヱヴァンゲリヲンは昔みたいな事件性もない、普通になってしまった」と…今回またもレスポンス出来ていないことに全く気付けていないことにどうしようもない無様さを感じます。10年前の作品が事件性やハプニング、庵野氏の壊れ様なども織り交ぜながら進行するのが新しかったのならば、今回はそういう制作の外側の事情は入れ込まずにウェルメイド(←日経風にいえば(^.^))な作品作りに徹している。これがすでに事件性であると彼は読めないのだろうか?!そしてそういう東氏が言う所の「凡庸な作品」になりきってしまっていると本当に信じきっているのなら、一切外に向けて今回のヱヴァの事は発言しなければいい。いや、もっと言ってしまえば観なければいいのに、結局鼎談に参画してきたりやはりスタンスが中途半端。しかも前回は戸惑いがあったけれど、今回は迷いもなしに間違っている(さらに鈍くなったようにしか見えない)のが無様極まりないといった印象を受けます。僕からすれば、10年たって、実験的な試みなどを封印してなお作品内のあのテンション、そして事件性がなくとも多くの観客がまだその作品内に事件性を見いだそうとするあの作品にはやはりまだまだ凡庸ならざる物を感じます。それに対して、東氏の、小難しい言葉を駆使しながら毎回ことの本質をつかめず滑りまくっている様子にどうしようもなく言論人としての才能のなさを感じてしまいます。もうヱヴァンゲリヲンに関しては喋らんで良し!って感じです。

アトレイデスアトレイデス 2010/03/02 12:21 簡易レポートというには濃密、それ自体が批評として読める興味深いレポートでした。東氏の「無意識」の映像快楽と「ドラッグ」の映像快楽という対比の立て方は、かつてのシネフィルによるプロモーションビデオ的映像への批判を思い出したのですが、「エヴァ破」に当てはめるには確かに二項対立的すぎますね。いや、その中間を行ったり来たりしながら着地点を探っていくのが「演出」ってもんなんじゃないか?と。いくつかの特定シーンについては「『エヴァ破』はドラッグ的映像」当てはまるかもしれませんが、それにしても整理しすぎですね。かつて「板野サーカス」や「金田アクション」のもたらす興奮について批評家は何の言葉も持てなかったわけですが、そうした批評の無為が「意味を探ることに何の意味もない」と遡及的に追認されてしまうようで恐ろしいですね。「絵が動き出すということへの驚き」に対して、もしかしたらファンよりも批評家のほうが鈍感になってしまっているのか。そうした「驚き」は言語化しずらいものであるとはわかるんですが、しかしそこに言葉で踏み込むのを回避してしまうと、ことアニメに関しては批評対象としている作品に言葉が届かず、批評が自分語りに陥る危険ありますね。ピアノ・ファイアさんの書かれていた「アニメ作品を語ることとは無関係な文脈なのだ」には深く説得されました。



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
201701