Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Wed 2010.01/20

『ときメモ4』と『生徒会の七光』がゼロ年代最後尾のリリースであることの意味

| 『ときメモ4』と『生徒会の七光』がゼロ年代最後尾のリリースであることの意味を含むブックマーク

 例によってタイトルはただの思いつき。

izumino 生徒会の一存』はときめも4と同じ時期の作品だと思うと面白いですよね link


 ↑をポストしたのが去年の12月16日。この時点では、『生徒会の一存』のアニメ版を11話まで観てただけで原作は未読でした(ときメモ4は2周くらいクリア済み)。

ときめきメモリアル4ときめきメモリアル4

コナミデジタルエンタテインメント 2009-12-03
売り上げランキング : 120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]生徒会の一存 第1巻 限定版 [DVD]
堀井久美

ビデオメーカー 2009-12-11
売り上げランキング : 1997

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ↓そして今月の15日(この日記書いてる四日前)のポスト

izumino 生徒会の一存を6巻まで読んだインプレッション。「アスカメインヒロインじゃない都子」 link


 さらに最近、最新刊である『生徒会の七光』まで読んだのですが……、このシリーズで初描写となる「飛鳥アスカ)」は、想像通りに「メインヒロインじゃない都子」という感じの幼馴染みキャラでした。

 しかも、髪型(黒髪ポニテ)まで同じですよ。なんだこれ。


 『ときめきメモリアル4』は12月3日発売、『生徒会の七光』は12月25日発売(アニメ版の最終話は12月下旬)なので、完全にシンクロニシティですね。

生徒会の六花  碧陽学園生徒会議事録6 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の六花 碧陽学園生徒会議事録6 (富士見ファンタジア文庫)
狗神 煌

富士見書房 2009-07-18
売り上げランキング : 5143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
生徒会の七光  碧陽学園生徒会議事録7 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の七光 碧陽学園生徒会議事録7 (富士見ファンタジア文庫)
狗神 煌

富士見書房 2009-12-19
売り上げランキング : 625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メインヒロインとしての幼馴染み」都子

 一応は「隠しヒロイン」ということになっている都子に対して、メインヒロインじゃない都子が飛鳥というのも変な言い方ですが、実は変じゃない、っていうのはときメモ4プレイヤーにはわかっていただけると思います。



 だいいち4のパッケージダブルヒロイン制になっていて、皐月先輩(画像左)と星川さん(右)のどちらも「1・2のメインヒロインの後継キャラという側面の方が大きく、「4を代表するキャラ」としてのユニークさは、ない(→参考参考2)。*1

 そしてこのダブルヒロインは、過去メインヒロインの後継キャラでありながら「幼馴染み」という特権を都子にゆずっています4mobileでは共通してメインヒロインが幼馴染み設定)。


 それに都子シナリオでは彼女だけが「伝説の樹」の「伝説」を正確に受け継いでいることが明らかにされたり、公式サイトダウンロードコーナーではなぜか都子だけ隠し壁紙が複数追加されていたり(その1その2)。


 スタッフの人、これ絶対わかってやってる。*2



 隠しヒロインであるにも関わらず、ユーザーからは「これメインヒロインだろ」と言われほうだいの都子が『ときめきメモリアル4』で何をやっているのかというと、ナンパゲーを終わらせているのだ」という言い方が一番端的だと思います。

 ときメモあたりで確立された「恋愛シミュレーション」というジャンルですが、その本質は「プレイボーイナンパ」です。


 ときメモシリーズは、ゲームシステムの側からプレイヤーが複数の女の子デートに誘う」状況へ仕向けるようにできています。

 自然プレイするだけでナンパしているようなシステムであり、だから世界観レベルでもナンパは肯定されている行為です。むしろ、女の子ナンパしないようなオクテな男には悪い噂が立つ」という奇妙な女子文化ゲームシステムを裏付けているくらいです。

 これは、スーパーマリオクリボーを踏んづけて殺すこと」にべつだん罪悪や異常性を感じなくてもいいのと同じレベルの問題であって、ときメモ4の主人公は知り合った女の子と律儀にデートしまくるのが「当然」であって、ブッキングさせたデート約束で「よーし楽しみだぞ!」とはしゃいだり、別々の女の子と手繋ぎデートをしながら「すごく幸せだ!」と無邪気に喜んだりするのです。

 しかし女子も女子で、恋愛観がおかしいです。「二股をかけてくれない主人公」に機嫌をそこねることはあっても、「二股をかける主人公」に怒るそぶりはほとんどありませんから。*3

 きらめき高校での異性交遊は、「告白前まではデート中に手を繋ぐのがせいぜい」みたいな所があるので、告白さえしなきゃ誰とでもデートしていい、というライト感覚があるのかもしれませんが。*4


 ……しかしそんな、異様な恋愛文化蔓延するきらめき高校を、真っ向からブチ壊してくれるのが都子です。


ときめきメモリアル4のヤンデレヒロインは二股をかけられたヒロイン達の反逆の象徴か? - GilCrowsのペネトレイト・トーク

都子は「いつも私だけを見てくれる人」が好き

話を最初に戻すと、スクールデイズ等、通常のヤンデレ精神的に不安定な状態のまま「私だけを見て」とプレーヤーを恐怖に陥れ続けのですが、都子の場合ヤンデレはあっさり克服する代わりに、今度はゲームシステム破壊して「私だけを見て」とプレーヤーに訴えかけるキャラに変化するのです。


 ナンパゲーから出発したシリーズでありながら、その最新作では、「ナンパを否定するヒロイン」が一番目立っているというわけです。

 まぁ普通に考えて、思い人の浮気を許さない「都子」という存在は、あの異様にナンパ性格の主人公にとって「あらわれるべくしてあらわれた女の子」という観もあるのですが。*5



 また実際、ゼロ年代というのはナンパゲーというか、複数攻略ルートのあるギャルゲー限界をきたしていた時代でもあり、『こいびとどうしですることぜんぶ』に代表されるような単独ヒロイン制のいちゃラブ作品や、『ラブプラス』のように、同時攻略ナンパ)そのものをゲームから排除した作品が立て続けにリリースされていました。

 みんな「一人の主人公に複数の女の子をあてがうもんじゃない」と頭ではわかっていたんじゃないでしょうか。

こいびとどうしですることぜんぶこいびとどうしですることぜんぶ

シリウス 2007-11-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラブプラスラブプラス

コナミデジタルエンタテインメント 2009-09-03
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「いちゃラブ」大全 完全保存版―デレデレな女の子を集大成!! (INFOREST MOOK)「いちゃラブ」大全 完全保存版―デレデレな女の子を集大成!! (INFOREST MOOK)
たかすぃ

インフォレスト 2008-12-11
売り上げランキング : 47847

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 もしくは、複数攻略ルートの形式をとりつつも、最終的にはひとつの「トゥルーエンド」に集束する構造を持たせた作品も、ゼロ年代終盤に根付いた思想と言えるかもしれません。

 また、その前段階として「複数攻略の果てには破滅しかない」という思想のもとにバッドエンドを提示してきたヤンデレの系譜も外せないでしょう。

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)(通常版)

5pb. 2009-10-15
売り上げランキング : 65

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
School Days(スクールデイズ) L×H(通常版)School Days(スクールデイズ) L×H(通常版)

インターチャネル・ホロン 2008-01-17
売り上げランキング : 6183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ヤンデレを含むこれらのムーブメントが起こったのは、そもそもは「ときメモ的なナンパゲー」「To Heart的な仲良し空間ゲー」に対する自己言及性なのでしょうが、そんな「ヤンデレによるナンパゲーの破壊」が、はからずやオリジナルである*6ときメモ」というタイトルにおいて行われた……ということが09年末の「事件」だったわけです(って、いずみのが言ってるだけですけど)。


ラスボスとしての幼馴染み」飛鳥

 ようやく「生徒会の一存シリーズ」の方に戻りますが、つまり、都子と同じ「私だけ見て」キャラだったんですね……飛鳥という幼馴染みヒロインは。


 ただし、ときメモ4と生徒会の一存では、作品の前提が異なるので、都子と飛鳥とでは立ち位置が当然異なりますし、性格もだいぶ違います。


 飛鳥キャラ性を一言で言えば「ラスボス」でしょう。


 このシリーズの主人公は、『WHITE ALBUM』『To Heart』『Kanon』『君が望む永遠』『マブラヴ』『School Days*7といった「仲良し空間の気持ち悪さ」とか「一人だけ選ぶと他の子が救われなくなる問題」や「三角関係修羅場ヤンデレ」とかの文脈を前提にした上で、「それでも仲良し空間を作って、一人だけ選ぶようなことはせず、みんな救って修羅場回避するんだ」という約束をしている主人公だったりします。


 普通ラノベとして考えると、こういう「約束」への期待は破ることができません。もし破ったとしたら、「ルフィ海賊王にならない」みたいなもの。

 だから、同じ「私だけ見て」というヒロインでも、(恋人作りが最終目的である)ときメモ4なら天然で問題人物だった主人公が「都子によって浮気矯正される」という改善の関係が成り立ちますが、そもそもハーレムを目指している生徒会の一存だと主人公のハーレムに対する「最大の障害」として飛鳥が現れるという構図になると考えられます。*8

 主人公が何かを目指そうとしたら、必ず「自らが招いてしまった最悪の事態」を克服しなければならない……という脚本術の常道として、飛鳥はあらわれるわけです。*9


 さて、このエントリタイトルにもしていましたが、この二人のヒロインが去年の12月、つまりゼロ年代の最後尾において並んで世に出ているというのも、偶然のこととはいえ象徴的な出来事と思わずにはいられない、ということなのです。


『生徒会の一存』に注目中 - ピアノ・ファイア

 ゼロ年代の終盤には「それまでの萌え文脈を終わらせる」志向を持った作品が多くリリースされてきましたが、『生徒会の一存』は、その結論が出ているはずの話をもう一度ぶちこわして先に進んでいるという、「こいつら未来に生きてんな」観があります。

*1リンク先では指摘されていないけど、「眼鏡ッ娘親友がいる」というのも「虹野→星川」で継承されている設定だろう

*2:都子を攻略せずにクリアした後に語られる「各ヒロイン後日談」では、他は一律して「元気にやってるらしい」という安心できる説明なのに対して、都子だけ「進学してから顔を見てないんだよな。どうしてるんだろうか」という不穏な説明で切れるあたりも地味に重い。ちなみに都子自身は、主人公が執拗デートに誘わないかぎり「主人公への憧れを恋愛未満の思い出として閉まっておける」ということでなんとか他のヒロイン攻略を許せているのだが、その「思い出」にしても相当の重さである

*3:語堂さんの実家喫茶店に別の女の子と入ると、語堂さんが嫉妬する、くらいか

*4:だからゲーム中に、キスイベントや、深いスキンシップが描かれないのは「恋愛の重さをなくす」というスタッフ良心とも言えそう

*5:ちなみに「都子が浮気を望んでいない」=「傷付いた他の女の子をフォローしなくていい」ということにはならないので、都子ルートに入った後でも主人公=プレイヤー倫理は試されることになる。あと、なんだかんだで「他の女の子と仲良く会話」→うさぎさんに襲われるのパターンは一種のプレイっぽく思えなくもないので、八方美人に生きることが完全に否定されたわけでもない

*6:同級生シリーズについてはまた別の機会に。あれはあれで『下級生2』が「ナンパゲーを終わらせている」位置付けにあると思う。→参考:http://togetter.com/li/3621

*7:ここで並べたタイトルは、ゲーム内容だけでなく「メディアミックス二次創作で拡散していく世界観」とセットで問題視されるようなキラータイトルから抽出している

*8選択肢としては「その独占欲を失わせるくらい飛鳥幸せにして救う」のが最上手なのだろうけど、そううまくいくのかどうか。原則としては「主人公が相手の言いなりになって約束を諦める」と挫折になってしまうが、「主人公が自分の判断で約束を書き換える」のはOKなことに注意

*9ときメモ4の場合は、「最高難易度」の皐月先輩+「こちらにその気がなくても告白してきて本命ルートをへし折る」星川さん、のダブルヒロインこそがラスボス存在と言えるかも

RattyRatty 2010/01/20 23:51 一応事実誤認に突っ込んでおくと、ときメモにおいて女の子の傷心度が上がるのは下校の誘いなど「主人公が他の女の子にちょっかいを出したとき」です。放置は友好度が下がるだけなので、「二股をかけてくれない主人公に機嫌をそこねることはあっても、二股をかける主人公に怒るそぶりはほとんどない」というのは真逆です。なので実は、ゲームシステムがプレイヤーに仕向ける状況というのもエントリとは真逆で「目当ての女の子以外には極力接触しないように逃げ回る」だったりします。ただこれは「攻略」という側面に偏り過ぎている見方かもしれませんが。

izuminoizumino 2010/01/21 01:50 いいえ、その指摘の内容は、事実誤認ではなく、事実に対する見方が違うだけですね。ときメモは、二股と呼べる以前の「知り合っただけのヒロイン」の爆弾を処理する手段として「二股でデートに誘いつづける」という行為が肯定されているのであって、その意味での「二股をかけてくれない主人公に機嫌をそこねる」です。そして都子や小林が言う「(知り合っただけでデートもしてない女の子を)ちゃんとフォローしなさいよ」というアドバイスの意味するところからも、あの高校の女子コミュニティでは「ちゃんと二股をかけ続ける甲斐性持ち(=悪い噂は流れない)」よりもむしろ「二股をかけない甲斐性無し(=悪い噂が流れる)」の方が問題視されているらしい、という「システムの都合で発生してしまう妙な空気」は普通に遊んでいたら伝わってくると思うのですが……(デート相手も「二股を継続している主人公の行動」は筒抜けのはずだろうのに、その思惑にはノータッチでニコニコ遊びに誘ってほしがる一方で、「二股しない主人公」の悪い噂は本命のデート相手でも流されてしまう。まぁよっぽど遠回しで陰湿な噂だから本命にも影響する、ということなんでしょうが、都子のような女子ネットワークの中心にいる人物が「二股をかけつづけることが女子コミュニティの条件」とたしなめているのは確かでしょう)。と、どうもコメントありがとうございます。

risoshugirisoshugi 2010/01/27 10:23 はじめまして。コメント欄も含め、興味深く拝読しました。私は初代『ときメモ』をプレイしたときに、「ヒロイン自身が主人公の悪い噂を流している」と考えたくなかったがために、「主人公に構ってもらえないヒロインが元気をなくしている姿を当該ヒロインの友人等が見てかわいそうに思った結果、その原因たる主人公を批判する『悪い噂』が生じるのだ」と解釈しました。この解釈が成り立つにはその前提として「知り合った女の子は(たとえ本命でなくても、たとえ二股でも)ちゃんとフォローしてしかるべきだ」という共通認識が『ときメモ』ワールドに存在することが必要でしょうから、右の解釈はいずみのさんのおっしゃるところと近いのではないかと思います。上記共通認識と「ヒロインのうちのひとりと恋人同士になる」というゲーム目的とが合わさった結果、「本命にアピールする→他の女の子が(比較的)構ってもらえない→上記共通認識の存在→(本命にも影響する)悪い噂発生」という爆弾発生システムが成立する(ヒロインとしての都子はこのシステムから逸脱している)、ということでしょうか。言い方を変えれば、Rattyさんのいう「主人公が他の女の子にちょっかいを出」すことはゲーム目的からしてほぼ必然であり、したがって主人公は(登場するヒロインを一人に絞れないかぎり)当然に、二股を是とする上記システムに巻き込まれる、ただしこのシステムがプレイに及ぼす拘束力は「目当ての女の子以外には極力接触しないように逃げ回る」ことにより弱めうる、ということになるのかもしれません。長文失礼しました。それにしても初代の曲はよかった。

izuminoizumino 2010/01/27 22:03 >risoshugiさん コメントありがとうございます。主人公自身はモテようとしてるっぽいのにプレイヤーは(マゾプレイしないかぎり)それを許さない、っていう乖離もゆがんでますよねえ。都子の存在は「これ以上女の子と知り合いたくない」というプレイヤー視点の感情を、主人公の内面にも導入しようとした、はじめての試みなのではないかという気もしてきました。

risoshugirisoshugi 2010/01/31 17:44 レスありがとうございます。「主人公=プレイヤー」という立場を徹底しないかぎり、主人公の行動は外部=プレイヤーから(選択肢は限られるにせよ)決定されるので、どうしても乖離が生じますよね。都子の存在については、今のところ「プレイヤーのツッコミ」の主人公への導入(1/21付のいずみのさんの言葉をお借りすれば、ゲーム中でも「無邪気でいられない」ことを示すもの)なのかなと思っています。他の女の子と一応知り合えますし……情報聞けないですが。もっとも、どちらにせよ都子は特別な存在ですよね。ビターエンド曲なんか、歌詞が歌詞だし女性ヴォーカルだし、主人公とくっつけなかった都子が歌っているとしか思えません。



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
20160102