Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Fri 2010.01/29

「劇場版」の面白さはだいたい四つに分けられる

| 「劇場版」の面白さはだいたい四つに分けられるを含むブックマーク

 なのは劇場版や、Fate劇場版感想Twitterタイムラインなどから漏れ聞こえてくるのですが、ぼくはまだ観ていません。

 どうも賛否両論で、賛の側の意見にしても「条件付きでの面白さ」を掲げている人が多いですね。

 つまり、観客が原作の本編を知ってるかどうか、どう脳内補完できるか、によって「映画としての体験」が大きく変わるのだ……、ということが言われているのだと思います。


 さて、ここから先は一般論の話。

 思えば、劇場版の「完成度」には四段階のレベルがあると言えるでしょう。


  1. 「それ単体で映画になっている」
  2. 「それ単体で映画になりつつ、本編を知っていればより感動できる」
  3. 「あまり映画になってないが、本編の脳内補完で感動できる」
  4. 映画になっていないので、本編を知っていても感動できない」

 こういう差が生じるのは、スタッフ努力によるもの以外にも、原作の「向き不向き」もあるのでしょうけど。


 ぼくの感覚で言うと、『トップをねらえ!』の合体劇場版場合……、無印の方は「1」で、トップ2は「4よりの3」といった作りだったと思います。

 元となる本編の「密度」や「難解さ」が異なるので、こんな差が出てくるのだという一例ですね。

トップをねらえ! & トップをねらえ2!合体劇場版!! Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)トップをねらえ! & トップをねらえ2!合体劇場版!! Blu-ray Disc BOX (初回限定生産)

バンダイビジュアル 2008-11-21
売り上げランキング : 4258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 なのはFateはこの分け方でいくと、どうなんでしょうね。好奇心で確かめに行きたい気もします。


 ちなみにトップ2の脚本家である榎戸洋司は、合体劇場版舞台挨拶「もう××××*1の悪口は言いません」という自虐ネタを披露していたくらいですから、「総集編」的に作る劇場版というのは、そもそも原理的に難しい所業みたいです。


見なくてもいい『Fate劇場版』。みてほしい『なのは劇場版』: 趣味を生きる。

最初セイバー登場までの省略といい。キャラの説明のされなさといい。さまざまなものが『不十分』で、それでいて、(最低限)『十分』です。『単品』としては破たんしていても、『全体』の流れの中では破たんしていません。

*1:好きな劇場版アニメタイトルを入れよう

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/izumino/20100129/p1


最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
20170107
Connection: close