Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Mon 2012.10/29

『ネウロ』で描かれる人間の進化、『暗殺教室』で描かれる生徒の成長

| 『ネウロ』で描かれる人間の進化、『暗殺教室』で描かれる生徒の成長を含むブックマーク

暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2012-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これアリなんだ……と驚いた『暗殺教室』1巻のカバーデザインですが、松井優征の新作がとうとう単行本化されますね。

 前作『魔人探偵脳噛ネウロ』も、「カバーイラストが上下逆」という人を喰ったデザインをしていたものですが、『暗殺教室』は今後こういう路線で行くのでしょうか。


魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 1 (ジャンプ・コミックス)
松井 優征

集英社 2005-07-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 以前、コマ割り表現を確認しようと思って『ネウロ』の単行本を読み直したことがあって、改めてその面白さにテンションがあがった覚えがあります。

 松井優征の前作と今作を繋ぐようなテーマとして、1巻の発売前にそのとき感じたことの話をしましょう。


正義善悪を語らない少年漫画

 例えば『HUNTERXHUNTER』を読んで感じられる、「遊び」の感覚によって善悪を吹き飛ばす価値観でも元気が出たものですが、ネウロを読んだあとの、犯罪者を「元気があってよろしい」と肯定するノリにも元気を与えられるものです。

 極端な話として、ジャンプ漫画正義などといったものが特に描かれない方が、素直に面白いと感じるほど。


 ただし、人情人間の心」は描かれていてほしい。


 探偵事務所舞台にしていた『ネウロ』から一転して、『暗殺教室』では落ちこぼれの生徒に暗殺を教える教室舞台となります(と、いうのもざっくばらんな説明ですが、とりあえずそんなものだと思ってください)。


 『ネウロ』は「強烈な犯罪動機が人間進化させるのだ」というモチベーション肯定を描いていましたけど、『暗殺教室』は無気力な生徒に殺害動機を与えてあげなきゃいけない」のが違いのように見えます。

 でもどちらのドラマも、人外の視点から、人間(生徒)に向かって、「もっと賢くなれ」と促している点は共通しているでしょう。


ネウロ』の完結後、今まで読み切りで「強いおっさん少女」という組み合わせを何度か試していた松井優征が、結局のところ「父性を備えた異形+人間」という『ネウロ』と同じモチーフ回帰しているのが、作家カルマを感じさせて興味深かったです

松井優征『暗殺教室』1話感想 - ピアノ・ファイア

 『暗殺教室』に明確な「宿敵」は存在せず、「生徒が教師を殺さないといけない」というルールけが葛藤の要素として存在します。

 もちろん、この教師(カバーイラストになってる怪人)を本当に殺してしまうと話が終わってしまうので、「殺せないくらい強い相手を殺す方法を学んでいく」という矛盾した物語になるのですが。

 しかし、その矛盾した教育によって、無気力な生徒たちも元気になって自立に導かれていく。


 一方、『ネウロ』には「悪意が謎を作り、人間の知恵を進化させるので悪意自体は悪いものではない」というコンセプトがあります。

 このコンセプトって、当時は、ただ額面通りに受け取っていたものです。

 人類歴史に照らしあわせて、「まぁそうだろうな」と単純に納得できるロジックですからね。


 しかし再読してみて、反社会的な悪意であるほど、悪事を隠して自分日常を守りたい」という必要が生まれ、必然的に「謎」を考案しなければならない仕組みがあると気付き……、もう一段階「なるほど」と得心したものです。


不適合さが工夫を生む

 悪意がダイレクトに謎を作るのではなくて、「犯罪しても捕まりたくない、殺人犯だけど一般人のフリをしたい」という、社会性への反動が謎を作るということです。

 「害意」よりも「保身の本能」が謎を作るのだと思えば……、「自分を守る気がなくて堂々とした犯人」が放つ悪意にネウロは興味を示さなくなる、という描写も理に適っています。


 現実でも、極悪人ほど優秀である、と言うでしょう。

 しかし「悪いことに抵抗がないから」能力が高いというより、「悪意が漏れ社会的に不利にならないように頭を働かせる」能力が高いことを指して言われているのかもしれません。


 『ジョジョの奇妙な冒険』の吉良吉影が、平穏を望むと同時に、異様に努力家であることでも説明できそうな話です。


ジョジョの奇妙な冒険 25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8 (集英社文庫―コミック版)ジョジョの奇妙な冒険 25 Part4 ダイヤモンドは砕けない 8 (集英社文庫―コミック版)
荒木 飛呂彦

集英社 2004-06-18
売り上げランキング : 33917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 吉良吉影犯罪衝動抑制できなかった人間でしたが、「悪事を隠す工夫」でなくても、悪事をしない工夫」だけでも努力による克服を必要とするはずでしょう。どちらも「悪意を隠さなければいけない」という意味では等価です。


 『ネウロ』では「悪意を隠すために工夫する人間」と、「悪意に立ち向かうために工夫する人間」が好対照に描かれていました。

 だから、人間を描いた「人情もの(ヒューマンドラマ)」としても、犯罪を描いた「探偵もの」としても面白かったのだと思います。


 悪意も善意も、共に「生きにくさ」を生む点では共通しています。

 前面的には描かれないのですが、一種の「ハンディキャップもの」としてネウロを読むことも可能かもしれません。

 ハンディキャップは、努力を生みますから。

 しかし一般論ジンクスからすると……「善人がバカを見る」率が高いと言われるのは、善人は自分のハンデを自覚して努力をしにくいからかもしれませんね。


 悪人自分の異常性(欠陥)に気付きやすいから努力に走りやすい。

 善人は自分普通だと思ってるから努力しにくい。

 余談ですが、そういう風に分けると、なぜここ最近フィクションヒーローもの)は偏執的な努力のできる善人は異常だと思う」という前提で描こうとするのか……? という問題にも別の説明がつきそうですね。


 ぼくの個人的な嗜好として、「生きにくさ」が描かれている作品が好きだという気もします。

 そのコンセプトで分けるなら、『ネウロ』は人間の突出した性質による生きにくさ」を克服する話で、『暗殺教室』は人間能力の不足による生きにくさ」を克服する話として見れるでしょうか?


 繰り返しになりますが、どちらも人間進化や成長を促そうとする話であって、底辺に流れているのは「人間性」だと思います。

 異形を通して、「人情」を描く作家

 まだ始まったばかりでストーリーが見えない段階なのですが、とても松井優征らしいと感じる作品がこの『暗殺教室』です。


魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2009-08-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)暗殺教室 1 (ジャンプコミックス)
松井 優征

集英社 2012-11-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

烏丸烏丸 2012/10/30 19:17 僕もそう思います「ネウロ」と同様に、人間の進化をテーマにした作品を描きたいのだと思います。

かかしかかし 2012/11/04 07:05 バカを見てもバカを見た、と思わないのが善人ではないか、と思ったりします。
俺は善いことしてるのに…ってのは一般的な「功利」の前提がある功利主義ですからね。



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
2016010206