Hatena::ブログ(Diary)

ピアノ・ファイア このページをアンテナに追加 RSSフィード

 HOME : リクィド・ファイア

   

Wed 2013.10/16

『UQ HOLDER!』のシリーズ構成から連載序盤のすべり出しを考える

| 『UQ HOLDER!』のシリーズ構成から連載序盤のすべり出しを考える - ピアノ・ファイア を含むブックマーク

 連載始まって、8話まで経過した赤松健UQ HOLDER!ですが、連載序盤のシリーズ構成としてちょっと面白い

 ……と、読者がパターンを先読みするごとに次のステージが現れるので、簡単には飽きさせない。

 読者の予想を外しながら、少しずつ王道ファンタジーバトルな展開に近付いていく構成なので、意外とこの方が「これぞ王道バトル!」という出だしでステージを広げるよりも息が長続きするのかもしれません。


 ちょうど今週の8話は今までのパターンと逆で、先週「ここはあっさり出られるだろう(=すぐにステージクリアできるだろう)」とキャラクターに言わせておいてから、今週で「片っ端にモンスター退治しないといけない」と、「あっさりでは済まない目標」を提示しています。

 こんな風に「予想可能なパターンを外しつつ、少しずつ世界観を示し、徐々に本筋のステージに寄せていく」というのも、ひとつシリーズ構成手法として参考にできるでしょうか。

Sun 2010.11/28

「Jコミ」で『ラブひな』全14巻がPDF配布開始

| 「Jコミ」で『ラブひな』全14巻がPDF配布開始 - ピアノ・ファイア を含むブックマーク

Jコミ

 金曜日のお昼頃から配布がスタートしていて、平日ながらダウンロード制限がかかるほどの混雑っぷりでしたが、日曜の今日ともなるとスムーズに高解像度版でもダウンロード可能なようです。サクサク落とせますね。


 本来は、β版としてのデータ収集が全巻配布の目的ですが、『ラブひな』はおそらくコミックスで通して読んだという人が少ない気もしますから、この機会に楽しんでみてほしいですね。

 シリーズ後半に入るあたりから、また違う面白さが出てきたりする漫画ですから。

関連

Wed 2007.04/25

赤松健のCパート・続報

| 赤松健のCパート・続報 - ピアノ・ファイア を含むブックマーク

 172時間目からCパートが導入されたことの続きですが……。

まだ進化の余地を残す赤松健を見よ - ピアノ・ファイア

今回は本編の「極寒」とオマケの「クーラー」がかけられてますが、いつもそこまでこだわる気かな?

 先週は「雪山→クーラー」で韻を踏ませていたのが、今週は「似合わない→似合う」で韻を踏んでいました。芸が細かい。

 でも来週は単発のクラスメイト編らしいので、Cパートはお休みの予感。

Maybe-naMaybe-na 2007/04/25 22:43 なつかしー。『韃靼人踊』を聞き狂ってました。

izuminoizumino 2007/04/26 22:09 よく覚えてないんですが、確かミザルー(パルフィクションやTAXiのBGMに使われてた曲)のカバーもありましたよね? あれをちょっとまた聴きたくて

izuminoizumino 2007/04/27 23:38 CD-BOX届いたー。ミザルーのアレンジ曲は二枚目の「破竹乃勢」でしたね

おがたおがた 2007/04/28 04:25 はじめまして、いつも拝見させていただいてます。古谷徹でTRPGといえば、田中としひさの「おこんないでね」の企画で初めてTRPGをやっていたような記憶が。ってアレも10〜12年くらい前の記事です。ちなみに何をやっていたかというと、ガンダムRPGで“シャア”をやるという……

izuminoizumino 2007/04/28 07:54 あ、そうそう『おこんないでね。』の企画でしたね。単行本持ってますけど、覚えてますよ。>TRPG経験

Mon 2007.04/23

まだ進化の余地を残す赤松健を見よ

| まだ進化の余地を残す赤松健を見よ - ピアノ・ファイア を含むブックマーク

 マガジンで掲載された『魔法先生ネギま!』172時間目(オチが千雨の回)について、赤松健の日記帳より。

2007年4月15日

ところで、もともと赤松作品は、一話がAパートとBパートに分かれている ことが多くて、よく中盤に「ここで一旦CM」みたいな”時間の途切れ目”が あったりするのです。(バトル編は除く) これはもちろん日本アニメの影響で、分かれ目は大体8〜12ページ目辺り でしょうか。ラブひなの頃から意識してやっている”二重化”構造の一端な のです。 で、この日記はもう18日に書いているのでネタバレしますが、172話目 ではとうとうCパートが出来ました。(笑) もちろんこれは、アニメ版「ネギま!?」の影響です。アニメではよくある ようですが、漫画の週刊連載ではあまり見かけないですね。 今後は漫画界でもCパートが流行る!(・・・わけない!)

 赤松スタジオの「二重化構造」については、漫研さんの所にある記事が詳しいので、ご参考にどうぞ。

 そしてこの「Cパート」に関して、漫研さんのチャットルームで会話した内容を抜き出してみます。

いずみの >> うーん、ぼくの認識だと、マガジンは一話完結志向が強いですよ。

いずみの >> そういう意味でも今のネギまには再注目している所です。赤松健、まだ脱皮できるのか? という注目度。

いずみの >> 一話の中に、「オマケ(本人曰くCパート)」を入れはじめたんですよね。これを週刊で自家薬籠中のものにしたらちょっと凄いと。

LD >> なるほど。Cパートw

ルイ >> 所謂ED曲が流れた後のアレですかw>Cパート

いずみの >> そもそもネギまって、その構造上『魔法先生ネギま!増刊号』が必要だったんですよね(笑)。でもマガスペと同時連載なんか不可能だと。じゃあ本誌でオマケ連載しちゃえっていう発想ですね。

GiGi >> 1話の中にストーリーが二重構造になってるのは個人的に「スタートレック手法」と呼んでいたんですけど、赤松先生はさらにその先をやろうとしてる?

いずみの >> 端的に言うと、まさにそういうことですね>さらにその先をやろうとしてる?//今回は本編の「極寒」とオマケの「クーラー」がかけられてますが、いつもそこまでこだわる気かな?

いずみの >> ワンピースのように「トビラ連載」するのも手だったと思うんですが、そうじゃなくて、あくまで「コマ割りした漫画」にするのも赤松さんらしいかなと。

ルイ >> トビラ連載はあんまり上手くないと思いますね。連載と完全に断絶されちゃいますし。あれの改善策というなら興味深いです。

LD >> 要するに一回でふたヤマ出そうとする、自分のメソッドに「もう一味」を加えようという試みですね。すげぇ…w>赤松先生

いずみの >> しかも単なる過剰積載じゃなくて、「必要に応じた改造」というのがね、技術者としてアツい(笑)>赤松さんすげぇ

ルイ >> 来るべきウェールズ編に向けても、必要スキルかもしれませんよね。

いずみの >> 実際、Cパートでも付けないと「ネギま」は破綻が目に見えてるんですよ。そこをどうにかする手を「打てる」先生萌えってことで

LD >> Cパートでも付けないと「ネギま」は破綻が目に見えてるんですよ>とは?

GiGi >> クラス30人全員を起動させるという目的を達成するにはどうするかという話でしょう。

ルイ >> うん、アニメのネギま!?という実験データもついてきますね。これはこれで、破綻しましたがwいい反面教師になったでしょうw

いずみの >> しかもその一発目のキャラが千雨でしょう。メカニカルな小型化と詰め込みは千雨と赤松さん共通のフェチズムですし、「情報操作による一番人気なんて空しいだけだ」とか……色々萌え所が豊富です、今回(笑)

GiGi >> ああ、なるほど、そうゆう読みもあるかw>情報操作

GiGi >> あれですね。普通にちう理解として、彼女は数値いじって喜ぶようなタイプじゃないよ、という話ですw

 毎回、一頁分をオマケに消費するというのもコストがかかると思いますので*1、「最終頁の下段一段のみ」とか「最終頁のラストひとコマのみ」などへと、適宜小型化させる方向で使い分けることもありうるかもしれません(こちらは割と一般的な漫画でもありうる手法)。


 今回は魔法パートだったのでオマケが「日常パート」でしたが、逆に日常がメインの回ならオマケが「魔法パート」になるのか……などと、今後も気になる点が増えてきたと思います。

*1:そもそも毎週やるとは思えませんが



最新の日記
 あわせて読みたい なかのひと
000001
20030304050809101112
2004010203040506070809101112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
2012010203040506070809101112
2013010203040506070809101112
201401020304050608101112
2015010304060809101112
201601020612
201701