Hatena::ブログ(Diary)

ケブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-12

あったかインナー 人気の吸湿発熱肌着を比較してみる

カラダが発する水分を吸収して発熱するハイテク繊維を使った、あったかインナーが人気です。メンズ・レディース用の肌着が各メーカーからズラリと発売されていますけど、さてどれを選べばいいのか悩むところ。ユニクロと東レが開発したヒートテックが目立ってますが、ほかにもいろんなブランドのヒート下着がでています。人によっては肌ざわりの風合いが気に入らない製品もあることでしょうね。素材のしくみを中心に話題のあったかインナーを比較してみましょう。


ワコール スゴ衣


↑メンズワコール
DAMS スゴ衣
ワコールの「スゴ衣」は、新素材の超極細マイクロアクリルに静電加工アクリルを施した東洋紡の素材を採用。主素材がアクリルなので、生地が薄くて滑らかなのが特長です。一見薄くて暖かそうには見えないんですが、着てみるとかなり暖かいのでちょっと驚きます。アクリルというのは保温性は良いけれど蒸れやすい素材なんですが、繊維をウールの三分の一という超極細に加工することで解決。薄くて暖かいのと、肌ざわりがいいところがマルですね。吸湿発熱素材エクス採用のメンズDAMSも人気です。


ミズノ ブレスサーモ

ミズノ(MIZUNO) MRB ブレスサーモ レディスアンダー 八分袖 ベージュ A84LN71149
↑ブレスサーモ
八分袖レディス

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモ メンズ 長袖 クルーネック アンダーウエア
↑ブレスサーモ
 メンズ
ミズノのブレスサーモは、東洋紡と共同開発した吸湿発熱素材によりプラス2℃程度の発熱効果を発揮するハイテク原綿を使用してます。スポーツ用インナーですから速乾性にも優れ、気化熱で下がる体温を発熱効果で補います。吸湿発熱特性ばかりでなく、雑菌の繁殖を抑える抗菌機能、においを分解する消臭機能、衣服の酸性・アルカリ性を中和するphコントロール機能、静電気の発生を抑える静電機能などの付加機能を備えているのも特長です。スポーツユースの特性が強い分、暖かみはやや弱く感じるかもしれませんね。汗っかきの人にはいいかも。


グンゼ ホットマジック

(グンゼ)GUNZE BODYWILD ボディーワイルド SPORTS ホットマジック・ストレッチ VネックTシャツ チャコールグレー BP4115
↑ホットマジック
グンゼのBODYWILD SPORTS ホットマジックは旭化成せんいのサーモギアを混用した吸湿発熱性の高い快適発熱素材、HOTMAGICを採用したスポーティなアンダーウェアです。寒いときに発熱、暑いときには蒸れを抑えてくれます。糸にたくさん空気を含むため暖かさをキープできるのが特長。特殊ポリウレタンを使用しているためにほつれにくく、シームレスで縫い目の不快感がない。天然繊維綿のもつ優しい風合いもなかなかいいですよ。


◯ほかにも→ 吸湿発熱インナーウエア製品ブランド一覧




↑メンズ


↑吸湿発熱ナチュラルサーモ


ロングTシャツ Uネック シンプル 高機能 ECO 素材 バイロフト VILOFT Chortie♪ 403413 【10月上旬入荷予定】【1点のみ注文時はメール便発送】
↑バイロフト

また、レーヨン繊維の発熱素材バイロフトを配合し、シルクコットン調の柔らかい風合いを持つ吸湿発熱インナーや、天然素材のカシミヤを含み、クラボウのルナファを使用した吸湿発熱ナチュラルサーモなど、敏感肌にチクチクしないことをウリにした吸湿発熱肌着も人気のようです。まだまだ寒い日が続きそうなので冷えないように体の保温に気をつけてくださいね。

関連記事:吸湿発熱肌着 あったかインナー比較