Hatena::ブログ(Diary)

ケブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-11-23

コクヨS&T ハリナックスプレス 針なしホッチキス新モデルは紙に穴を開けません!

コクヨが発売して人気の針なしステープラー、ハリナックスシリーズに紙に穴を開けずに閉じられる新モデル「ハリナックスプレス」が登場。消耗品の金属製綴じ針がいらないだけでなく、紙に穴を開ける必要もなくなったのは画期的ですね。


旧モデルのハリナックスは、綴じる用紙に穴を開けて引っ掛ける方法だったので、書類に穴を開けたくないという思いから使わずにいたんですね。新製品のハリナックスプレスでは、ギザギザの波形になった金属歯を強い力で圧着して紙を綴じるプレスロック式を採用し、針なし・穴なしでコピー用紙5枚程度まで綴じられるようになりました。


とじ部分は幅10mm程度。とじた書類の厚みが金属針の60%程度と薄くてすむので、クリアファイルに入れて膨らまないのもスッキリして気持ちいい。接着強度は水入りペットボトルが4本くらい吊るせるというから十分あります。


綴じた紙をバラしたいときも、ボールペンの尻などでとじ部を擦るだけでOK。穴を開けてないので、しっかり擦ればもとのペラ用紙にもどるのがうれしいですね。


旧モデルより強力かつ薄く綴じられ、とじ目もキレイでバラしも可能な針なしステープラー「ハリナックスプレス」。カラーは4色あり実勢価格は各色900円前後から通販されてます。
     ↓
コクヨ 穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス


いまやホッチキスは100均でも買える文房具なんで割高感はありますが、タマを買う必要もないし、書類を捨てる時やシュレッダー時に針を外す手間もいらない。角が嵩張らないから薄手書類をキレイに整理するには超便利。ハリナックスプレスを一個持っとくと重宝しそうです。


◯ほかにも→ 文房具・オフィス用品のベストセラー(Amazon)


人気ブログランキングへ

2014-11-17

EPSON A4モバイルインクジェットプリンター PX-S05W/B 設置場所のない人はコレ

家庭用A4プリンターのサイズはずいぶん小さくなりましたが、それでも置き場所を取るのが困る人には、ビジネス用のモバイルプリンターを賈っちゃうのがおすすめ。なかでも EPSONのA4モバイルインクジェットプリンター PX-S05 は本体 309×154×61mm、重量約1.6kgと非常に小さくて、机の抽き出しにもラクラク収納可能です。


このモバイルプリンター、ビジネスマンがカバンに入れて持ち歩き、訪問先や出張先で紙のカラー印刷物をさっと提供するためのものだけに、当然ながら小型・軽量。さらに内蔵バッテリー搭載の充電式、Wi-Fi対応でわずらわしい配線もナシですみます。


内蔵バッテリーでA4カラー約50枚、A4モノクロ約100枚の印刷が可能。スマホ用モバイルバッテリーからの充電もできます。もちろんAC電源やUSBからの給電も可能。アプリを使ってスマホやタブレットからのワイヤレス印刷もオーケー、簡易ドライバーインストール機能が搭載されているなど、家庭用としてもかなり便利かと。


EPSON PX-S05 の解像度は最大5760×1440dpi、4色独立インク使用で、バッテリー駆動時のカラーは約41秒、モノクロは約24秒でプリントできます。用紙はA6〜A4で名刺やはがき、封筒にも対応。普通紙で最大20枚給紙できます。


PX-S05 のカラバリは、ホワイト(PX-S05W)ブラック(PX-S05B)の2色あり、実勢価格は25600円前後から。Canonからもモバイルコンパクトプリンタ PIXUS IP110 が発売されてますので機能・価格を比較して購入するといいでしょう。
     ↓
EPSON A4モバイルインクジェットプリンター PX-S05W/B


たたんだ時に出っぱりのないスッキリした箱形に治まるのもいい。頻繁にプリンタを使うことのない家庭なら、ホコリを被ったプリンタのデカイ図体に設置場所を占有されてるのはスペースが勿体ない。コンパクトで収納便利なモバイルプリンターを買っとくのは賢い方法だと思いますよ。


◯関連記事:A4プリンター2014年モデル Canon EPSON brother どれ買うのが正解?


人気ブログランキングへ

2014-10-22

3Doodler 空中に立体画が描けるペン型3Dプリンター!この冬のコタツの友にいかが?

世界初の市販ペン型3Dプリンター 3Doodler(スリードゥードゥラー)が面白い。アメリカのベンチャー企業がクラウドファンディングで資金を集めて開発したことが話題になり、新しいユニークな画材として注目されました。


その後、バッタもんなどが多数出回ったりしてましたが、フエルアルバムのナカバヤシが日本の正規代理店として販売を開始。インク(専用のプラスチックフィラメント)などを含め、安定した供給がされるようになったので、そろそろ買い時かと。


3Doodlerは、最大約240℃で熱したプラスチックをペン先から押し出し、急速に冷やしてかためることで立体が描けるペンで、3Dペンとは言ってもパソコンやデータとは無縁のアナログ物件。いままで平面にのみ描いていたドローイングが三次元方向にも定着できるようになったのは画期的です。


ペン型3Dプリンター 3Doodler は本体の実勢価格が1本14900円前後。多色揃った専用プラスチックフィラメント50本(PLA樹脂50本またはABS樹脂50本)とACアダプターが付属してます。バラの追加フィラメントも2000円くらいから購入できます。
     ↓
3Doodler ペン型3Dプリンター本体と専用フィラメント


まあ手先が器用な人や感性優れたアーティストならユニークな作品はお手のものでしょう。子供の工作などに夢が広がりそうですが、ペン先が高温になるので保護者の監視が必要とのこと。不器用な人も平面パーツを作って組み立てるという手がありそうです。


カラフルな立体物や大型の作品を作るにはペン本体が複数あったほうが効率良さそうですが、とりあえず小さなものを作ってみて、コツを掴んでからにしたほうが無難。この冬の休日はホーム炬燵でシコシコ3Dアートを楽しんでみてはいかが?


人気ブログランキングへ

2014-09-15

キングジム メックル&ビズレージ 名刺のデジタル管理がこんなに便利になってます!

キングジムが発売してる名刺管理系デジアナ文房具が進化して便利になってます。デジタル名刺ホルダーのメックルとデジタル名刺ボックス ビズレージ の2アイテムがそれ。名刺交換を大量に行なうビジネスマンは、持ってると重宝しますよ。


デジタル名刺ホルダー メックルは、伝統的な回転式の名刺整理機 ローロデックス をデジタル化したような製品で、サイドの大きなダイヤルを回して検索というアナログ的操作感を残しているのがナイスなところ。


キングジムのデジタル名刺管理グッズには、名刺ホルダータイプのビットレックがありますが、内蔵カメラで名刺をスキャンするのが多少面倒でしたが、メックルでは名刺を本体の上部に挿し込んでスキャニングできるので楽ちん。


ダイヤルを回して名刺の登録、保存、閲覧や検索が行なえます。USBでPCにデータを転送し、OCR付きのデジタル名刺管理ソフト「DA-1」でテキスト化して分類管理ができます。メックル本体にOCR機能はナシなので単機でのテキストデータ変換はできません。


メックルはAC電源で動作し、1台で名刺片面5000枚の保存が可能。実勢価格19800円前後で通販されてます。
     ↓
キングジム デジタル名刺ホルダー メックル


スキャン後の名刺をいちいち名刺ホルダーに仕舞うのが面倒、とは言え捨ててしまうのはちょっと憚る…という人には、デジタル名刺ボックス ビズレージがおすすめです。


ビズレージはディスプレイは無く、上部に名刺15枚の連続両面スキャンできるスキャナーを搭載。下部は紙の名刺約800枚を保管できるケースになっていて、そのままストックできるという物件。


PCとUSBもしくは有線LANで接続して、こちらもDA-1でテキスト化してパソコン上で管理をします。デジタル名刺ボックス ビズレージの実勢価格は37000円前後です。
     ↓
キングジム デジタル名刺ボックス ビズレージ


仕事柄、大量の名刺交換をするけど、デジタル化して分類や整理をしてるヒマが無いという人、キングジムのデジタル名刺管理アイテムを導入すれば効率よく管理ができそうです。


◯ほかにも→ KINGJIM 名刺関連文房具 製品ラインナップ



人気ブログランキングへ

2014-08-28

キングジム ロルト iPhoneユーザーにとても便利なワイヤレススクリーンプリンター

痒いところに手の届く、ピリリと利いたアイデアの電子文具をバシバシ登場させているキングジムから、iPhoneユーザーならぜひ持っておきたくなるアイテムが登場です。


スクリーンプリンター ロルト PT10 なるロール紙プリンターがそれ。このロルト、iPhoneの表示画面をWi-Fiで飛ばして即レシート状のモノクロプリントができます。メモや資料はもちろんレシピやクーポンサイトなどをケーブル無しでサッと印刷できるから超便利です。
     ↓


使い方も簡単で、ロルトの専用アプリ(無料)をダウンロードしてプラウザを起動、画面指定をして印刷ボタンを押すだけでオーケー。無線LAN経由で幅5cmの専用ロール紙にプリントされるので、タテ長ページのサイトでも全体が出力可能。またアプリでトリミングや照度の変更もできます。


キングジム スクリーンプリンター ロルト PT10 は iPhone専用アプリ対応で、本体の実勢価格は12900円前後。ロルト専用ロール紙 PTSS40 は、幅50mm×4mで実勢価格400円前後から通販されてます。
     ↓
KING JIM スクリーンプリンター ロルト PT10
KING JIM ロルト専用ロール紙 ラベルタイプ PTSS40


専用ロール紙はシールになっていて、裏紙を剥がすと付箋のように貼り付けて使えるのも便利。印刷画面に手書きメモが書き込める(ペンの太さ3段階)ので、工夫次第で楽しい使い方ができそうです。


現場でスマホをバタバタ再検索するより、やっぱり紙で持ち歩いとくほうが使い勝手がスマートですからね。いまのところはAndroidスマホに対応してないのがちょっと残念でありますが、早晩アプリが追加されると思われ。


人気ブログランキングへ

2014-02-01

キングジム ココドリ PC画面の欲しい部分をマウスで囲んで印刷できるミニプリンター

痒いところに手の届く電子文具を連発してるキングジムから、またまた便利なアイデアグッズが登場。PC画面の印刷したい部分をマウスで囲めば、その部分だけをメモや付箋みたく手軽に印刷できるクリップ専用プリンター ココドリ CC10 であります。


このココドリ、印刷幅72mmの専用ロール紙を使用する感熱式のモノクロプリンターで、PCのPrintScreenキーを押して専用ソフトを立ち上げ、印刷したい範囲をマウスで囲んで指定するだけで、キャプチャー部分のメモが簡単に作れるというもの。


画像のチャプチャーはもちろん、パソコン上の選択したテクストのみを印刷することもできるから便利。ビジネス資料はもちろん、サイトの時刻表や飲食店のクーポン券などもちゃちゃっと出力するのに使えそう。プリント前にプレビュー確認もできます。


キングジム クリップ専用プリンター ココドリ CC10 のボディサイズは約110×72×72mmと非常にコンパクト。対応OSはWindows 8/7/Vista(日本語版)32ビット版、64ビット版/XP(日本語版)32ビット版で、本体の実勢価格は11000円前後です。
     ↓
KING JIM クリップ専用プリンター「ココドリ」CC10


専用ロール紙には、普通用紙のメモタイプ CCM40(実勢525円)と、裏紙なしで貼って剥がせる弱粘着糊付きのふせんタイプ CCF40(実勢788円)の2種類(各4m)を用意。
     ↓
KING JIM ココドリ 専用ロール紙 ふせんタイプ CCF40/メモタイプ CCM40


用紙幅72mmだから、手帳やダイアリーにペタペタ貼れるし、打合せ資料の図版部分などに使ってコピーすれば効率良さそうなのであります。


小さなメモなのにA4出力して、折りたたんだりハサミで切ったりしてた、面倒やムダも、ココドリがあればスマートに解決します。コンパクトなので、机の上の場所を取らないのもヨシです。アナログ・スクラッパーは必携か?



人気ブログランキングへ

2014-01-09

マックス ワードライタ 打った文書を機械が手書き…何気に和めるレタリング文房具

動画サイトを流してたら、ちょっと魅力的な文房具を発見。簡単文字書き機 マックス ワードライタ BL-80 なる物件であります。


MAXといえば、ホッチキスなどでお馴染みの老舗文具ブランドなんですが、このワードライタは本体のキーボードで打ち込んだ文字や記号を、ボールペン・油性サインペンで実際に手書きしてくれるレタリングマシン。しかし、なんともエエ味が…。


面白さを文章で説明するのが難しいので、とりあえず動画をごらんくださいな。
     ↓



まあフツーの人が日常的に使う文房具としては出番は多くないと思いますけど、出力方法が超アナログで愛嬌があるし、フォントにも微妙な味わいがあってなんだか和みますわ。文房具好きの物欲をそそってくれますでしょ。


製品カタログのPDF(→こちら)を見ると、申請書類や複写紙など、プリンタペーパー以外の用紙にもカンタンに印字でき、土木や電気設備工事、建築などの専門用語や記号が用意されてます。


業務書類などの印字用のようで、一般用デジタル文具より価格が高めになってるのはそのせいでしょうね。いわゆるプロ用モデルということで、一行書きのワードライタ BL-80が実勢70000円前後、二行書きモデルのワードライタ BL-120は、110000円以上してます。
     ↓
マックス ワードライタ BL-80
マックス ワードライタ BL-120


本体にはハガキや伝票、各種ラベルなど、よく使う書式のレイアウトが内蔵されていて、記入パターンも50種類まで記憶可能。あらかじめ入力してパターンを保存しておけばハンコのように使えるというわけですね。専用ボールペン、替芯などの消耗品やアクセサリーも別売されてます。
     ↓
マックス ワードライタ関連製品いろいろ


実際の業務に使わない場合は、コストパフォーマンスの悪い文具ということになりますけど、趣味的オモチャとしては相当魅力ある物件ですね、なんだか欲しくなりましたよコレ。



人気ブログランキングへ