J0hn D0e の日誌

2007-07-21 「活断層があると指摘したらヤクザがきたでござる」の巻

[] 「活断層があると指摘したらヤクザがきたでござる」の巻

こういうこと書くと問題になるかな?

俺、学生の頃は、地質学が専攻だったんだけど。(といっても、かなり怠けていたので、今となっては、ほとんどなにもわからない ^^)

授業のときに、活断層調べるのが専門の先生がいて、(確か、当時は助手かなんかだったかな) その先生が雑談でこんなことを言っていた。

原発の下に活断層があると指摘したらヤクザに「殺すぞ」と脅された

いつ、どの原発について、誰に何を指摘したのか、全くわからないんだけど、「原発の下に活断層がある」って話と「殺すぞと脅された」って話だけは鮮明に覚えている。

(※十数年前の雑談ですから、この発言の一字一句、全てが正しいと保証することはできませんので悪しからず)

新潟県中越沖地震(にいがたけんちゅうえつおきじしん)を引き起こした断層(だんそう)が、日本海の下から東京電力柏崎刈羽(かしわざきかりわ)原子力発電所のある陸地の直下まで延びていることが、気象庁などの調べで分かりました。

教育ニュース:朝日新聞デジタル

震度6強、マグニチュード(M)6・8を観測した新潟県中越沖地震を引き起こした断層は、東京電力柏崎刈羽原発の直下にかかる可能性が高いことが、十八日までの気象庁などによる余震分布の解析結果で分かった。

……柏崎刈羽原発の1号機の設置許可をめぐり、周辺住民が国の許可処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は二〇〇五年、活断層が周辺に存在するとの原告側の主張を「原告側が主張する活断層はそれ自体、断層ですらないもので、地震の原因にならない」と退けていた。

ページが見つかりませんでした:中日新聞(CHUNICHI Web)

……余震分布を分析した結果、断層面は海側から陸地側に向かって延び、同原発の直下に及ぶ可能性が浮上した。

 ……断層までの深さは推定で約20キロ。専門家によれば、危険性は低いというが、同原発は事前調査で断層を見つけることを前提に建設されており、調査のあり方などが問われるのは必至だ。

指定されたURLは存在しません ― スポニチ Sponichi Annex

(何か差しさわりがあるようだったら消します)

追記:

十七日午前に開かれた政府の地震調査委員会。出席した上垣気象庁地震情報企画官は「原発の話は怖くてできなかった」と雰囲気を漏らした。(中略) 政府は来年度にも原発周辺の調査を始めるが、無いはずの断層が見つかる可能性は高い。

7月23日・日本経済新聞より

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。