Hatena::ブログ(Diary)

j_wortのMac OSX TIPS

2019-01-13 Mojaveが重いのでMacを買い換えようかと思う

Macを買い換えるぞ 2019年度版


前回、うっかり Mojave にアップデートしてしまった件で、そろそろ Mac も買い替えの時期かと思い、いろいろな可能性を考慮しつつ候補を検討してみます。

今回は、ほぼリアルタイムで書いています。


【現在の使用機器】

・コマンドでMacのスペック表示をする場合。

# system_profiler SPHardwareDataType

Hardware:

Hardware Overview:

Model Name: MacBook Pro

Model Identifier: MacBookPro10,1

Processor Name: Intel Core i7

Processor Speed: 2.6 GHz

Number of Processors: 1

Total Number of Cores: 4

L2 Cache (per Core): 256 KB

L3 Cache: 6 MB

Memory: 16 GB

Boot ROM Version: 251.0.0.0.0

SMC Version (system): 2.3f36

Serial Number (system): XXXXXXXXXXXX

Hardware UUID: XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX



最初に考えるのは、これ下取りに出したらいくらになるのかな? です。

既にリリースされて6年も経過してるマシンですので期待せず、複数サイトで調べてみました。(※2019/01/14現在)


パソコン工房

f:id:j_wort:20190113235900p:image:w360

\61,000円

意外と高い6万円オーバー。


ソフマップ

f:id:j_wort:20190114002338p:image:w360

f:id:j_wort:20190114002335p:image:w360

\50,000円

ピッタリ合致する型番が無かったので最も近い構成を選びました。

スペック的には、この金額より若干上になりそうなのですが、サンプルの表記から見てもソフマップの人は、Macについて詳しく無さそうだしなぁ。


買取オンライン

f:id:j_wort:20190114003714p:image:w360

\60,000円

これまたピッタリ合致する型番が無かったので一番近いのを選びました。

あんまり聞いたことない業者だけど googleの上位に出てきたので一応確認です。


ドスパラ

f:id:j_wort:20190114004216p:image:w360

\55,000円前後

ピッタリ合致なしなので、まぁこんなもんでしょう。


どうやら

MID-2012 の MacBook Pro 2.6GHz のマシンは、だいたい6万円前後の買取価格のようです。

しかし、中古で買うと価格.comで見ても 10万以上するようです。ヤフオクとかのがいいのかも知れないですね。

f:id:j_wort:20190114005857p:image:w360

落札価格は概ね7〜11万のようでした。

ちなみに新品時の購入価格は20万くらいでしたから、6年経過して50%を維持しているというのは流石Appleブランドというべきでしょう。

パソコン界のポルシェと言っても過言ではありません。


さて、

今買える MacBook で、もっともコスパの良いモデルはどれか?

を探すにあたりCPUベンチマークで比較してみます。

データは geekbench から

価格は、Yodobashi基準512GB Mem16Gです。無保証の怪しいとこと比較しても仕方ないので。


f:id:j_wort:20190114023815p:image:w360:left

最新モデルだといきなり価格帯が上がります。

はっきり言って高いなー。

シングル・スレッド処理のアプリケーションしか使わないなら、8万円前後で購入できるMyマシンはかなり高コスパであることが分かります。

しかし、最新機と比べると65%くらいの処理速度となります。



f:id:j_wort:20190114023207p:image:w360:left

マルチ・スレッドとは、プログラム内部で複数のCPUを使って処理するよう設計されたアプリケーションであることが前提です。

例えば動画の編集処理だとか、DTPだとかの重い処理の場合、数時間単位の差になります。

まぁメールとかWebの閲覧しかしない人には、あんまり関係ないですね。





調べていると Core i9 には排熱処理に問題があって、高負荷時にパフォーマンスが低下(CPU周波数を下げ回路を保護するサーマルスロットリングという機構が作動)してしまい、Core i7 より遅くなるとかいう記事を発見してしまった。

APPL CH.:MacBook Pro (2018) 15インチのCore i9モデルは排熱問題によりパフォーマンスが低下する?

2018年7月時点のパッチで解消されているとは言うが、大丈夫かこれ?

性能的には大差ない Core i7 の 6コアの方が無難なのかも知れないな。値段についても8万円以上の価値があるとは思えない。


【結論】

という訳で、 Core i9 は現状では不要と判断しました。

Macは後から自分で構成をカスタム出来ないので、今不要な物は将来においても不要なのです。

今回も4〜5年使うことを考えると、コストパフォーマンスは今の所 6コアの2.2GHzか2.6GHzあたりが1番良いような気がしています。

しかし、30万か…。うーーん。ヤフオクで売るか…。



いじょ。