Hatena::ブログ(Diary)

じゃがの日記 Twitter

2012-06-30

 明日は外出予定・・・運動会?

 雨が降らなければ良いのだけれど・・・。

 それよりも溜まったアニメの消化もしないといけないし、ゲームもしなければならないし・・・なのに未だにライブの余韻に浸ってセットリストを聞く日。

[]

 暑め。

ゲーマーズ
 店頭に人が集まり始める・・・列が形成され始めたところで、店員に何の列なのかを確認。
 なんでも、『恋と選挙とチョコレート』のショッパーとチラシを配るそうで、無料とのことだったので並ぶ。名前は聞いた・・・と言いましょうか、夏の新作アニメとして下調べをした際、中村さんと今井さんが出演されているという情報だけ知って視聴するか悩んでいた作品。
 暑い中、配られるのを待っていたが、10分位待ったところでもういいかと列を抜けるか思案し始めたところで配布開始。

f:id:jagabata:20120630235158j:imagef:id:jagabata:20120630235156j:image

 ショッパーだけでなく、作品を紹介する小冊子と、手紙の様なカードを頂きました・・・このカードはキャラ毎っぽいので数種類あった、のか? 自分は、東雲皐月というキャラでした。

ボークス ホビー王国
 「ぷよフェス」(サイト)なるものが行われておりました。
 アルルなどのフィギュア・・・と言うか、ガレキが売っておりました。自分もガレキは一回位作ってみようか、と思わなくもないので購入を思案。大まかな色は付いているので、多少苦労は軽減されるようでしたがね。
 女性が次から次に・・・と言うほどでもないが、購入していく姿を見て、普通のフィギュアと勘違いしているのか、今や普通に作れる時代なのか、と謎。

 午前中、秋葉原のショップを回った限りでは、『ぷちます!』のキャラクターチャーム第二弾の入手は困難ではなかったという事でしょうか。値段の安いソフアミュ館は売り切れでしたが、多少安いエックスではみうらさんは売り切れておりましたが、いおもちっちゃんもありましたしね。逆にボークスではいおが売り切れとか、最初に見た時はなかったゲマズ1階も昼には仕入れておりましたしね。
 『アイドルマスター2』のねんどろいどぷちに関しては、どこも箱から置いてありました。しかし、サーチと言いましょうか、配置がほぼ固定であると思われる為、(自分の購入した2BOXは全て同じでした・・・ダブりですら)人気と思われるキャラは抜かれている、またはシャッフルされている可能性が潜んでいて怖くて開いているのは買えません。店員がBOXを開けた瞬間を狙う以外ありません。

[][]

 いつの間にやら7月も近づきましたので、MOON PHASEさん(サイト)のアニメ予定表を(勝手に)参考に情報を吟味させて頂きました。
 今期の継続作品は『AGE』『エウレカAO』『AW』。
 基本は千葉テレビ準拠ではあるものの、被り具合によってはMXを視聴エリアとして、週の予定は下記結果となりました。

日曜
17:00 (継)『機動戦士ガンダムAGE』 TBS
23:30 (新)『ココロコネクト』(サイト) 千葉 7/8〜
25:05 (新)『織田信奈の野望』(サイト) テレ東 7/8〜
 『ココロ』は、大沼心監督というのもありますが、ちょっと落ち着いた感じの作品も観ようかなあ、なんて思ってみたりした。
 『織田信奈』は、原作未読。《信長の野望シリーズ》好き(と言っても、旧作止まりだが)としては、タイトルから気になってしまうわけで・・・絶対、ダメと分っていても、時には視聴せざるを得ない。斎藤道三と義龍の親子だけ妙にリアルなのも楽しみではある。

月曜
25:00 (新)『境界線上のホライゾンII』(サイト) 千葉 7/9〜
25:30 (新)『超訳百人一首 うた恋い。』(サイト) テレ東 7/2〜
 『ホライゾンII』は、原作未読も1期視聴済故。上の『信奈』と同じ楽しみ方でもあるんですけどね。
 『百人一首』は、なんか気になった。

火曜
25:30 (新)『輪廻のラグランジェ season2』(サイト) 千葉 7/3〜
 『ラグラン』は、1期視聴済故。また、しつこいほどの鴨川推しを楽しむ為、千葉テレビで視聴予定。

水曜
25:30 (新)『人類は衰退しました』(サイト) 千葉 7/4〜
 『人類』は、原作未読。音楽が大谷幸さん。妖精さんが可愛怖い。

木曜
25:25 (新)『恋と選挙とチョコレート』(サイト) TBS 7/5〜
 『恋チョコ』は、原作ゲーム未プレイ。秋葉原でショッパーをもらった縁で・・・というのは半分冗談で、キャストに中村繪里子さんと今井麻美さんの姿がありましたので、元々視聴予定・・・の候補ではありました。シリーズ構成・脚本が高山カツヒコさんであるのもポイント高し。ハーレムものっぽいのは好きではないが、主人公の声が中村悠一さんなので良いや。

金曜
25:55 (継)『エウレカセブンAO』 TBS
26:25 (新)『じょしらく』(サイト) TBS 7/6〜
 『じょし』は、原作未読。落語という題材が気になりました。

土曜
23:30 (新)『DOG DAYS』(サイト) MX 7/7〜
24:00 (新)『ソードアート・オンライン』(サイト) MX 7/7〜
25:00 (継)『アクセル・ワールド』 千葉
 『DD』は、1期視聴済故。
 『SAO』は、ファンタジーものをと思ってみた。

[][]

落ち込んだりもしたけど、私は元気」(エレナ・ピープルズ)
 『エウレカセブンAO』の第10話「リリース・ユア・セルフ」、第11話「プラトー・オブ・ミラー」を視聴する。

 10話・・・アメリカ侵攻。つうか、あの州の人々はあれだけの被害が出ても州知事の威光が強いのかと思いつつ、パイドパイパーとしての自覚にアオが目覚める話でした。
 フレアの恋の相手は、やはりガゼルとの出会いはフラグだったのか・・・ガゼルは最初の数話の印象が最悪でしたからねえ。娘はやれん、心境になってしまいそうだ。

 11話・・・ミラーとエレナの謎に迫りつつ、スカパーにやられて皆がおかしくなる話。
 ゴルディロックスの三人娘は、なんとも不幸と言いましょうか、扱いが酷いですなあ。活躍する姿もほとんど見せることなく、パイドパイパーの引き立て役となるんですな。

[][][]

月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2012年 08月号 [雑誌]

月刊 COMIC BLADE (コミックブレイド) 2012年 08月号 [雑誌]

 『月刊コミックブレイド』は、『Robotics;Notes』のポスター付。

f:id:jagabata:20120630234622j:image

 で、本誌は、
 『あまんちゅ!』(天野こずえ)は、合宿続きで、てこが不思議体験する話。
 『Princess Lucia』(瀬尾公治)は、ユタと同じく平成6年6月6日、6時6分6秒生まれの男が転校してくる話・・・まあ、いろいろと裏があるのだけれど、あり過ぎでした。

f:id:jagabata:20120630234712j:image

 そして、ルシアの角と尻尾は見えない設定だったんだっけか、とユタと同じ思いでした。
 『Steins;Gate もっと比翼恋理のスイーツはにー』(原作:5pb.×ニトロプラス、画:筒井大志)は、恋愛しなければいけないが紅莉栖はツンデレのツン状態の為、他の相手を探す(?)オカリンであったが・・・。

f:id:jagabata:20120630234800j:image

 この世界は、ルカ子が女の世界線なんですな。
 紅莉栖の一番良い笑顔・・・ゴールドフィンガーにベッドに押し倒されるオカリンを見て。

f:id:jagabata:20120630234832j:imagef:id:jagabata:20120630234831j:image

 『戦国妖狐』(水上悟志)は、8年後・・・までの話をちょっと簡略気味にして、二人の旅路を多少描き、先月号の続きであるたまとの合流まで。そして、迅火・・・が?

f:id:jagabata:20120630234916j:image

 月湖が良い感じになっておりました。

f:id:jagabata:20120630234938j:imagef:id:jagabata:20120630234936j:image

 『13GAME』(石川マサキ)は、お涙頂戴キャラが登場して、彼を倒す事、すなわちいたいけな少女を不幸にする現実にどう対処するのか・・・まあ、まずは勝利することですがね。

[][]

Another 1998 Graduation Memories

Another 1998 Graduation Memories

 『Another 1998 Graduation Memories』は、アニメ版『Another』のビジュアル本。設定資料っぽいものかと思い、この間購入した4500円と被るとイヤだなあ、と購入を思案しておりましたが、値段も1200円とそれ程高くはなかったので購入しました。

f:id:jagabata:20120630234537j:image

 初っ端の描き下ろしピンナップ・・・水着とパジャマパーティーはともかく、この図だと鳴が一人ぼっちっぽい気が・・・百合百合に挟まれて困惑しているようにしか思えない。

f:id:jagabata:20120630234521j:image

 で、内容自体は、雑誌やポスターなどのビジュアルを集めたものとなっておりました。
 各キャラの紹介、風景に対する突っ込みを入れる鳴など、多少4500円とは異なる箇所もありましたが、資料的な価値は少なめ。
 卒業コメントとして、声優さんのコメント入りメモが見られるのですが、鳴役の高森奈津美さんは、鳴のイラストを自ら描かれたのであろうか、凝り過ぎだろう。
 綾辻行人さんから水島努監督、監督から綾辻さんへの手紙風挨拶なども掲載されておりました・・・綾辻さんが『侵略!?イカ娘』を視聴している姿というのが浮かびづらい。

 ってか、一番最後の惨殺特集は趣味が悪い。でも、こう見ると酷い死に様は初っ端に多かったんだなあ、と。