Hatena::ブログ(Diary)

じゃがの日記 Twitter

2018-02-06

 休みが星井。

[][][]

我が名はダークシーカ!」(詩花(CV:高橋李依))
 明日発売故の本日発売『アイドルマスターステラステージ』のCD「THE IDOLM@STER STELLA MASTER 01 Vertex Meister」(通称、SM)を購入しました。
 とらのあな購入であったので、スリーブケースを頂きました。このシリーズは、ジャケットを覆う用紙があるのでケースがないとつらいんですよねえ。

f:id:jagabata:20180207021038j:image

 でもって、今回の登場アイドルは、如月千早(CV:今井麻美)、秋月律子(CV:若林直美)、菊地真(CV:平田宏美)、四条貴音(CV:原由実)、我那覇響(CV:沼倉愛美)の5人。それと萩原雪歩(CV:浅倉杏美)、詩花(CV:高橋李依)の2人が、それぞれ楽曲、ドラマパートに出演されておりました。

 って事で、収録曲は、
「1.Vertex Meister(M@STER VERSION」(歌:如月千早秋月律子菊地真四条貴音我那覇響)・・・クール系の様で熱い曲で好き。まだ、ゲームでDLはしてません。
「2.オリジナル・ドラマ」(出演:如月千早秋月律子菊地真四条貴音我那覇響)・・・17分に及ぶ内容で戦隊ものとなっておりました。安定の面白さでありました。
「3.オリジナル・ドラマ おまけトーク その1」(出演:詩花)・・・ゲスト出演の詩花が、めぐみんするのでした。
「4.オリジナル・ドラマ おまけトーク その2」((出演:如月千早秋月律子菊地真四条貴音我那覇響)・・・予告編。
「5.Vertex Meister(M@STER VERSION」・・・オリジナル・カラオケ

「6.inferno SQUARING」(歌:如月千早萩原雪歩)・・・「inferno」ですが、はっきり言って別曲といっても良い程の出来栄えでカッコ良過ぎて最高でした。ところどころ「inferno」をリスペクトしつつなのもよいですな。しかし、この二人の歌声は映えますなあ。セリフシーンもありますしね。特に2番が至高でありました。
「7.inferno SQUARING」・・・オリジナル・カラオケ

[][][]

 明日発売故の本日発売『アイドルマスターミリオンライブ』の新CDシリーズ「THE IDOLM@STER MILLION LIVE! M@STER SPARKLE 06」(通称、MS)を購入しました。
 とらのあな購入であったので、前回のMTG04と連動のスリーブケースを頂きました。

f:id:jagabata:20180207021120j:imagef:id:jagabata:20180207021140j:image

 今回の登場アイドルは、ジュリア(CV:愛美)、二階堂千鶴(CV:野村香菜子)、福田のり子(CV:浜崎奈々)、舞浜歩(CV:戸田めぐみ)、横山奈緒(CV:渡部優衣)の5人となっています。

 って事で、収録曲は、
「1.WE ARE ONE!!」(歌:のり子)・・・のり子コールのカッコ良い曲。
「2.Home is a coming now!」(歌:奈緒)・・・よしもと新喜劇で始まる大阪ソング。タイトルも英語だけど、「ほんもかいな」らしいでしいしね。
「3.Oli Oli DISCO」(歌:歩)・・・カッコいい曲。オーマイガッとか笑えるのに。
「4.ムーンゴールド」(歌:野村)・・・他の収録曲が特色あり過ぎて目立ちづらいのですが
「5.スタートリップ」(歌:ジュリア)・・・バラード的カッコ良さ。

 次の「07」は、3月7日発売予定。ひなた、可憐、恵美、育、亜利沙の5人・・・ラスト08のメンバーは発表されておりませんが、ぷっぷかさん、エレナ、朋花様・・・そして琴葉の4人。さすがに琴葉無しの3人はないだろうから、復帰か。まあ、曲の少ないつむつむと歌織さんの二人が再度という事もなくはなさそうですけどね。人数的にも5人になるし・・・。

[][]

 『バジリスク〜桜花忍法帖〜』の第5話「桜花、狂奔す」を視聴する。
 OP:有 ED:有 メイン: 保存:△ 見所:

 敵のボスが登場して八郎と響に絶望を見せつけて、子供編が終わる話。
 って事で、次回からは成長した状態になるらしい。
 ラストで二人の技が共鳴とかしたのか、結局語られないために何をしたのかは不明。『大神』かよ、と思わなくもない展開になるのかと思いました。

[][]

まったく、小学生は最高だぜ」(九頭竜八一)
 『りゅうおうのおしごと!』の第五局「天衣無縫」を視聴する。
 OP:有 ED:有 メイン: 保存:△ 見所:

 ツンデレの弟子を新たに得る話・・・1話でもその片鱗を見せてはいたのですが、あいはヤンデレ要素を更に強めておりました。ちょっとやり過ぎかな、と思われるほどでありました。
 結局、この作品はロリキャラが可愛い・・・というだけになりつつありますな。将棋部分は面白くなりそうなんだけれど、良く分かりませんしね。