Hatena::ブログ(Diary)

じゃがの日記

2015-06-22

[][]

 『アイドルマスターミリオンライブ』の2周年記念CD「765プロライブシアター記念パーティードラマCD」が届きました・・・昨日。配送はもっと前で再配送ですがね。

f:id:jagabata:20150623014445j:imagef:id:jagabata:20150623014443j:image

 765プロと言っても、AS組はいないミリオン組だけですが・・・なんと37人が全員集まって収録したという豪華仕様です。キャストコメント辺りではその状況が垣間見えますが、とてもカオスそうではありました。収録風景を見たいというか、どこかで公開してくれないものか、と思わざるを得ませんでした。

 って事で、2枚組のCDとなっておりますが、1枚目はミリオンメンバーのパーティー中のシーンを描いたもので、2枚目はキャストコメンタリーとなっています。まあ、後者だけでも作品以外ではあまり聞かれない方々が登場しているという点だけでも価値はありましたな・・・入手する為の課金がかかっただけにね。
 ちなみにキャストコメンタリーの順番は、琴葉、恵美、まつり、星梨花、杏奈、百合子、志保、茜、ロコ、エレナ、沙代子、亜利沙、海美、育、環、桃子、瑞希、麗花、ジュリア、朋花、エミリー、歩、ひなた、可奈、奈緒、美奈子、千鶴、このみ、風花、美也、可憐、莉緒、のり子、昴、翼、静香、未来な順。

f:id:jagabata:20150623014512j:imagef:id:jagabata:20150623014525j:image

 で、1枚目はメンバー的には全員集まってという体裁ではあったものの、出番は少し偏っているかなあ、と思わなくもありませんでした。まあ、全員平等というのはまず無理なので仕方ないですし、こうやって楽しそうにしているのを聞いているだけでも満足ではありましたがね。

2015-03-12

[][][][]

 書籍:『THE IDOLM@STER MILLION LIVE!(1) オリジナルCD付き特別版』
 店舗ゲーマーズ秋葉原
 特典春日未来のカード。

f:id:jagabata:20150313013712j:image

 書籍:『THE IDOLM@STER MILLION LIVE!(1)』
 店舗アニメイト秋葉原
 特典春日未来最上静香のジャケットカード

f:id:jagabata:20150313013726j:image

 感想:雑誌『ゲッサン』で連載中であるため、既読ではありますが、カラーページがカラーでなくなっている、キャラ紹介がある、ラストにおまけ2ページがあるという差がありました。ちなみに限定版と通常版に中身に差はないようでした。

 でもって、ドラマCDに関しては・・・45分程の大ボリューム。歌部分は未来&静香の「GO MY WAY‼」と静香の「蒼い鳥」が収録されているのみとなっていて、基本はドラマCDという分類のようです。

f:id:jagabata:20150313013748j:image

 出演しているメンバーは、春日未来(CV:山崎はるか)、最上静香(CV:田所あずさ)、伊吹翼(CV:Machico)、横山奈緒(CV:渡部優衣)、田中琴葉(CV:種田梨沙)、島原エレナ(CV:角元明日香)、永吉昴(CV:斉藤佑圭)となっています。琴葉とエレナが出ているのあれば、やはり恵美も出て欲しかったかなあ、と。

 何気、未来と静香のごまえは、原作では本来静香と翼が歌う所を静香が病気で倒れて未来と翼が歌って静香が焦りを口走ってしまうのですが、こちらのドラマCDは未来と静香が歌うのは何故? と思ったが、なんだ練習か、と。

 それにしても、ごまえも良かったけれど、静香の蒼い鳥も歌い方がちょっと気になるものの何気に良かった。

2013-12-29

[][]

ぶちギレコンゴウ〜」(マヤ)
 今月号の『ヤングキングアワーズ』の付録『蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-』のスペシャルドラマCD「メンタルモデルも電気羊の夢を見るのではないか?」。

f:id:jagabata:20131230011437j:image

 内容は、
1、硫黄島到着前(3:08)」・・・硫黄島に到着するまでの千早群像とイオナの会話。唯一の真面目パート。
2、タカオ、愛のリベンジ大作戦(23:38)」・・・タカオが千早群像に告白&料理話。影に隠れてのメンタルモデル群の会話が面白い。ハルハルの「タグ添付、分類・・・記録」の連発が笑えて面白い。そして、ハルハル、見事なまでに過保護な母親っぷり。結構長い・・・でも、オチが最高でした。
 なんちゅうか恋の告白指南が、沼倉さんの影響もあってか『恋愛ラボ』に被ってしまう。
3、タカオの部屋1(1:33)」・・・タカオが艦長とのプロポーズをシミュレーションする話・・・ってか、一人芝居かよ。キャラ崩壊。
4、CM(1:22)」・・・アニメBDのCM。しかも、このドラマCDの最中にやっているという設定。
5、押忍!アルペジオ学園(16:06)」・・・私立アルペジオ学園。ヒュウガがコンゴウとマヤを学園生活に巻き込んで説得しようとする話。「お・も・て・な・し」(ハルハル)。タカオがアイドル目指すとか中の人もあって笑えてしまう。ちょっと流行ネタに走り過ぎているきらいがなくもありませんでしたがね。
6、タカオの部屋2(1:40)」・・・新婚生活についての一人芝居。
7、ご挨拶(7:48)」・・・フリー過ぎるフリートーク。

 出演は、
千早群像(CV:興津和幸)・・・イケメン過ぎる。
イオナ(CV:渕上舞)・・・地味すぎる。
タカオ(CV:沼倉愛美)・・・変態過ぎる。ヒロイン過ぎる。
ハルナ(CV:山村響)・・・不思議ちゃん過ぎる。あざと過ぎる。
キリシマ(CV:内山夕実)・・・クマ過ぎる。
ヒュウガ(CV:藤田咲)・・・ツッコミ過ぎる。煽り過ぎる。
コンゴウ(CV:ゆかな)・・・友達いなさ過ぎる。マヤに弱過ぎる。キャラ崩壊し過ぎる。 
マヤ(CV:MAKO)・・・天衣無縫過ぎる。
蒔絵(CV:原紗友里)・・・ハルハルとのコンビは最高過ぎる。

 と言う事で、アニメから入ったファンとしてはとても満足できる内容でありました。CD中でも連呼しているが、あざと過ぎるとは思いましたがね。ちょっと流行ネタとかはやりすぎかな、と。

2013-06-30

[][][][]

 『学園天国パラドキシア』の限定版は、ドラマCD付。ドラマCDは二度目。

 ドラマCDの内容は、予算の関係で声優は5人だけという点をぶっちゃけた内容で、更にネタにしたオリジナル作品。ドラマCD部分とコメンタリーを足しても15分に満たないんですけどね。前回からの継続は、錬司役の杉田智和さん、聖役の石田彰さん、凛役の植田佳奈さんで、不動の守二人として立花慎之介さんと羽多野渉さんが参加されておりました。前回は、折笠富美子さん、井上麻里奈さん、釘宮里恵さんと女性声優多めな布陣であったのに対して、今回は女性客向けにシフトした? メインキャラのQ子すら出ないぐらいですからねえ。

 そして、前回と同じネタ。

f:id:jagabata:20130701004043j:image

 過去blog
 2010年03月09日:学園天国パラドキシア5巻限定版ドラマCD

2012-07-03

[][]

 『デススマイルズ』のドラマCD初回生産版1巻〜3巻を購入すると応募できる特典プレゼントが届きました。

f:id:jagabata:20120704001810j:image

 1、クリアファイル
 2、下敷き・・・ドラマCD1巻〜3巻、後幻となった4巻のジャケ絵を集めたもの。
 3、シール(4枚)・・・ドラマCD1巻〜3巻、後幻となった4巻のジャケ絵を集めたもの。

 となっておりました。
 うーむ、もうちょっと珍しいものが、と期待しなくもなかったけれど、3巻で終わってしまったのだから仕方がない? まあ、4巻まで出ても特典は変わらなさそうですがね。
 せめて、井上淳哉さんの描き下ろしがあってくれれば嬉しかったのですが・・・。

2012-06-03

[][]

 上記サントラが届いて、そう言えば『デススマイルズ』のドラマCDの件はどうなったんだろう、と確認をしたら・・・。

 既に先月25日の段階で告知されていた!

 結局、3章分までで、4章は発売されないのか・・・ローザ(涙)。

 って、締め切り6月14日ということは、それなりに急がないとなあ、とCD探索をしてみたのですが・・・。
 うーむ、やばい、簡単に確認できる所の何処にも無い。『ケイブのうた』とかはあったのに・・・。

2011-12-15

[][][]

 書籍:『アイドルマスター2 眠り姫(1) ドラマCD付き特装版』
 店舗とらのあな(秋葉原
 特典:4ページの限定小冊子。

f:id:jagabata:20111216001818j:image

 店舗アニメイト秋葉原
 特典:千早ファンクラブ会員証。

f:id:jagabata:20111216001846j:image

 感想:『月刊コミック電撃大王』に連載中の如月千早メインの話。既読済みで感想は記載済みですが。
 ファンの方には申し訳ないけれど、連載開始前は絵柄から敬遠しそうになっていたが、読んでいるとそんな事は気にならなくなるんですな。ちょっと男性キャラが少女漫画っぽいと言うか、なよっとし過ぎているのが難ですがね。
 物語自体は、千早の成長を感じられるアイドルものっぽい作品となっておりました。三人ユニットを組んでからの苦悩は、次巻以降へ収録されるようです。

f:id:jagabata:20111216001908j:image

 でもって、ドラマCDは、
トップアイドルになるため、ご奉仕します」(如月千早)
 と言うことで、メイド喫茶で営業する事になったアイドル達の話。
 菊地真、四条貴音、双海真美・亜美も登場で、ジャケットには「双海真美」としか記されていなかったけれど、亜美もしっかり出ていた・・・よな(初っ端だけ)。
 ちなみにプロデューサーの声は、浅沼晋太郎さんでした。

 まあ、無理あるって訳ではないけれど、なんちゅうか聞いていてこっぱずかしい内容となっておりました。
 そう言えば、真美の「真美じゃダメなの」のセリフは、「由実じゃあかん」をつい想起してしまった。
 ってか、貴音の接客力は破壊力があり過ぎて、あんなメイド喫茶なら行ってみたくなりますなあ・・・行った事はないけど。
 千早の接客は・・・。

f:id:jagabata:20111216001930j:image

 そして、やはりメイド服を着られると喜び勇むも執事服になる不憫な真。