Hatena::ブログ(Diary)

asa nisi masa RSSフィード

2016-01-15 chrome + silverlight で動画を見る

chrome + silverlight で動画を見る

Chrome で silverlight を使ったサイトをみたい。以前、ChromeIEのTab を開くプラグインを使っていたのを思い出して探すと、IE-On-Chrome と IETab の2つが見つかったので、比べてみた。

結果、直観なのだけど、IETab のほうが、高速だし、安心して使えそう。ログインが必要なサイトを IE-On-Chrome で見るのは抵抗があるなあ。リクエストやレスポンスを確認してみよう。

IE-On-Chrome

IETab 機能拡張

環境

2016-01-05 [書評] 会社のITはエンジニアに任せるな

会社のITはエンジニアに任せるな

最近、備忘録はほぼ EverNote だったのではてダを離れていたけど、久しぶりにメモを書いてみる。書評と付けたが、読みながら考えたことを書き連ねるメモである。


この本は、ITに詳しくない(多分苦手意識のある)経営者/業務部門の人向けに、ITとの付き合い方を説く本。逆の立場(ITの提供者の立場)から見ると、ITの利用者に寄り添って、利用者が必要としているITを提供することをきちんと考えようね、という本。

タイトルは少し刺激的なのだが、「任せるな」とは「任せきりにするな/我がこととして考えろ」という意味のようなので、実はマイルドなタイトルなのかもしれない。ざっくり説明してしまうと、経営/業務部門IT部門がビジネスの中でのITの価値を考え、個々の企業の強みを生み出すプラント型システム(基幹システム)を作っていくことが必要、というストーリー。

ビジネスにとって、ITは欠かせない存在になっている点は否定できない。あらゆるプロセスコミュニケーションITが浸透しているので、以前のようにナントカ管理システムをパッチワークのように繋ぎあわせて業務プロセスをこなすのでは非効率だし、スピードにも対応できない。プロセスの秀逸さがビジネスの品質(価値)につながる。秀逸なプロセスにはよくできた組織と秀逸なITが寄与する。つまり、ビジネスでどんな品質(価値)を提供するか、そのためにどんな業務プロセスが必要か、どんな組織が必要か、どんなITが必要か、ビジネスに関わる全ての人がじっくり考えていく必要がある。


確かにそうなのだ。

しかし、読みながら今の自分自身とのギャップを感じる点があった。


この本で中心として扱う "IT" は基幹系システムであるために、ITは取り扱いに注意が必要なものであり、十分な時間をかけて作るものである。こういうタイプのITはビジネスで非常に重要な位置付けを占めるし、先に述べたように、秀逸なプロセスを生み出す原動力だ。

しかし、このように大切に生み出し、大切に守り育てていくものであるために、ITを変化させようとする動きは緩やかになり、業務プロセスを変更する際の足枷になるおそれがあるのではないか。自社のプロセス、自社の顧客、自社の組織に最適化されたシステムであるために、企業の合併、組織の見直し、市場の変化に合わせてビジネススタイルを変化させることが難しくなるのではないか。

できあいのパーツ(ナントカ管理システム群や、システム部品*)を組み合わせたとしても、その組み合わせ方や、組み合わせたことによって新たな価値を提供できるのではないか。可能な範囲で既製品を活用することで変化のスピードを早くできるとしたら、それは大きなメリットなのではないか。*ところで、SOAって、あまり聞かなくなったよね。。

もちろん、企業の規模によるし、企業が扱う製品やサービスの種類によるから一概には言えないが、マスから個に極端にシフトしている現在では、変化にどれだけ対応できるかがビジネスの価値を決めていくように思う。そうである以上、その変化を経営/業務/ITがきちんと認識し、方向を定めてビジネスのあり方を変えていく必要があるし、それに合わせたIT(や道具立て)は必要だ。ただし、用意すべき IT は個々のビジネスや組織に最適化されたものではないかもしれないし、重厚長大である必要はない。もっと身近で、様々な活動にITが融合している姿が望まれるのではないか。



私事だが、数年前に SI の終焉が囁かれ始めた頃、こういう疑問をもって中堅規模のSI企業を退職し、転職後、独立をした。

コンサルティングしてきっちりとしたビジネスプロセスを定義し、顧客の望み通りの IT を用意することにより顧客の足枷を大きくしているのではないか、顧客の望み通りに業務の標準化を進めることにより動きの遅く「考えない」組織作りに加担しているのではないか、という思いが大きくなったのだ。ITの価値とは何なのか。ITが必要な箇所はそれほど多くないのではないかと感じた。その後、IT の利用者の近くでIT施策の効果のフィードバックを受け、コンシューマとしてシステムを利用してよさを実感することで、ITは実は役に立つのかもしれないと思い直した。


結局のところ、IT は、従来できなかったことをできるようにするツールである。しかも、非常に柔軟性のあるツールである。

質でも、量でも、新しいアイディアでも、これまで諦めていたことができるようになる可能性がある。また、これまでなかった発想を生み出すきっかけとなり、新しい価値に気づかせてくれる。発展途中のツールかもしれないが、それぞれの段階で使いようによってビジネスは面白くなり、個人の体験も豊かになるはずなのだ。何のために、どんなものが欲しいのか、何ができるのか、じっくり話して練りあげてみると、それだけでも面白いはずだ。

2014-09-28 PIWIK を試す(その1:インストール)

PIWIK を試す(その1:インストール)

Piwik とは、オープンソースアクセスログ解析ツール。

OSS であること、データベースがローカルに置かれるという特徴に惹かれ、試してみることにする。


ダウンロード、配置

Download - Analytics Platform - Piwikよりダウンロード

解凍し、apache に配置。

例えば、C:\Bitnami\redmine-2.5.1-1-2\apache2\htdocs\piwik

設定する

ブラウザでアクセスする。

http://localhost/piwik/

設定を開始する

f:id:january:20140928210909j:image

システムのインストール状況を確認する

f:id:january:20140928210910p:image

f:id:january:20140928210911p:image

データベースを設定する

予め MySQLデータベースとユーザを作成しておき、設定する

mysql> create database piwik;

mysql> create user 'xxx'@'localhost' identified by 'yyy';

mysql> grant all on piwik.* to 'xxx'@localhost;

f:id:january:20140928210912p:image

テーブルを作成する。

f:id:january:20140928210913p:image

テーブルが作成された。

+-----------------------------+
| Tables_in_piwik             |
+-----------------------------+
| piwik_access                |
| piwik_goal                  |
| piwik_log_action            |
| piwik_log_conversion        |
| piwik_log_conversion_item   |
| piwik_log_link_visit_action |
| piwik_log_profiling         |
| piwik_log_visit             |
| piwik_logger_message        |
| piwik_option                |
| piwik_report                |
| piwik_segment               |
| piwik_session               |
| piwik_site                  |
| piwik_site_url              |
| piwik_user                  |
| piwik_user_dashboard        |
| piwik_user_language         |
+-----------------------------+
18 rows in set (0.00 sec)

 スーパーユーザを作成する

f:id:january:20140928210914p:image

モニタ対象の Web サイトを指定する

今回は、Redmine で構築したサイトを指定する

f:id:january:20140928210915p:image

Web サイトに仕込んでおく Script が表示される

ひとまずメモ。

※事後確認もできる。

f:id:january:20140928210916p:image

設定が完了した

f:id:january:20140928210917p:image


補足

システムの構成

Web サイトの追加、トラッキングスクリプトの確認などは、Piwik ログイン後、「システムの構成」メニューより実施できる。

f:id:january:20140928214422p:image

解析の材料

継続的にサーバのログを読み込んで解析を行う、らしい。

2014-09-23 AWS CLIをインストール/設定する

AWS CLIをインストール/設定する

AWS CLIインストールして、AWS アカウントCLI で接続できるまで。

なにものか

AWS CLI は、AWSコマンドラインインターフェース

aws s3 ls

ってな感じで、aws を操作できる。


参考


概要

インストールした環境
  • ProductName: Mac OS X
  • ProductVersion: 10.9.4
  • BuildVersion: 13E28
インストール結果
  • pip 1.5.6
  • awscli-1.4.2
  • jq-1.3
  • yaji 2.0.4
手順概要
  1. python 用パッケージ管理ソフトウェア PIP を用いて AWS CLIインストール
  2. JSON を扱うために便利なユーティリティ達 ( jq, yaji ) をインストール
  3. IAM ユーザを作成して、AWS CLI で使えるよう、設定する

PIP をインストール

PIP は、python のパッケージをインストールするためのパッケージ管理ソフトウェア *1

pip 1.5.6 がインストールされた。

$ sudo easy_install pip


Searching for pip
Reading http://pypi.python.org/simple/pip/
Best match: pip 1.5.6
Downloading https://pypi.python.org/packages/source/p/pip/pip-1.5.6.tar.gz#md5=01026f87978932060cc86c1dc527903e
Processing pip-1.5.6.tar.gz
Running pip-1.5.6/setup.py -q bdist_egg --dist-dir /tmp/easy_install-4_Taj9/pip-1.5.6/egg-dist-tmp-jEYvwJ
warning: no files found matching 'pip/cacert.pem'
warning: no files found matching '*.html' under directory 'docs'
warning: no previously-included files matching '*.rst' found under directory 'docs/_build'
no previously-included directories found matching 'docs/_build/_sources'
Adding pip 1.5.6 to easy-install.pth file
Installing pip script to /usr/local/bin
Installing pip2.7 script to /usr/local/bin
Installing pip2 script to /usr/local/bin

Installed /Library/Python/2.7/site-packages/pip-1.5.6-py2.7.egg
Processing dependencies for pip
Finished processing dependencies for pip


AWS CLIインストールする

install

awscli-1.4.2 がインストールされた。

$ sudo pip install awscli


Downloading/unpacking awscli
  Downloading awscli-1.4.2.tar.gz (239kB): 239kB downloaded
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/awscli/setup.py) egg_info for package awscli
    
Downloading/unpacking botocore>=0.62.0,<0.63.0 (from awscli)
  Downloading botocore-0.62.0.tar.gz (2.9MB): 2.9MB downloaded
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/botocore/setup.py) egg_info for package botocore
    
Downloading/unpacking bcdoc>=0.12.0,<0.13.0 (from awscli)
  Downloading bcdoc-0.12.2.tar.gz
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/bcdoc/setup.py) egg_info for package bcdoc
    
    warning: no files found matching 'README.md'
Downloading/unpacking six>=1.1.0 (from awscli)
  Downloading six-1.7.3-py2.py3-none-any.whl
Downloading/unpacking colorama==0.2.5 (from awscli)
  Downloading colorama-0.2.5.tar.gz
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/colorama/setup.py) egg_info for package colorama
    
Downloading/unpacking docutils>=0.10 (from awscli)
  Downloading docutils-0.12.tar.gz (1.6MB): 1.6MB downloaded
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/docutils/setup.py) egg_info for package docutils
    
    warning: no files found matching 'MANIFEST'
    warning: no files found matching '*' under directory 'extras'
    warning: no previously-included files matching '.cvsignore' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '*.pyc' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '*~' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '.DS_Store' found under directory '*'
Downloading/unpacking rsa==3.1.2 (from awscli)
  Downloading rsa-3.1.2.tar.gz
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/rsa/setup.py) egg_info for package rsa
    
    warning: no files found matching 'README'
Downloading/unpacking jmespath==0.4.1 (from botocore>=0.62.0,<0.63.0->awscli)
  Downloading jmespath-0.4.1.tar.gz
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/jmespath/setup.py) egg_info for package jmespath
    
Downloading/unpacking python-dateutil>=2.1 (from botocore>=0.62.0,<0.63.0->awscli)
  Downloading python-dateutil-2.2.tar.gz (259kB): 259kB downloaded
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/python-dateutil/setup.py) egg_info for package python-dateutil
    
Downloading/unpacking pyasn1>=0.1.3 (from rsa==3.1.2->awscli)
  Downloading pyasn1-0.1.7.tar.gz (68kB): 68kB downloaded
  Running setup.py (path:/private/tmp/pip_build_root/pyasn1/setup.py) egg_info for package pyasn1
    
Installing collected packages: awscli, botocore, bcdoc, six, colorama, docutils, rsa, jmespath, python-dateutil, pyasn1
  Running setup.py install for awscli
    changing mode of build/scripts-2.7/aws from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/aws.cmd from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/aws_completer from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/aws_zsh_completer.sh from 644 to 755
    
    changing mode of /usr/local/bin/aws to 755
    changing mode of /usr/local/bin/aws.cmd to 755
    changing mode of /usr/local/bin/aws_completer to 755
    changing mode of /usr/local/bin/aws_zsh_completer.sh to 755
  Running setup.py install for botocore
    
  Running setup.py install for bcdoc
    
    warning: no files found matching 'README.md'
  Running setup.py install for colorama
    
  Running setup.py install for docutils
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2html.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2s5.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2latex.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2xetex.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2man.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2xml.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2pseudoxml.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rstpep2html.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2odt.py from 644 to 755
    changing mode of build/scripts-2.7/rst2odt_prepstyles.py from 644 to 755
    
    warning: no files found matching 'MANIFEST'
    warning: no files found matching '*' under directory 'extras'
    warning: no previously-included files matching '.cvsignore' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '*.pyc' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '*~' found under directory '*'
    warning: no previously-included files matching '.DS_Store' found under directory '*'
    changing mode of /usr/local/bin/rst2html.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2latex.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2man.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2odt.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2odt_prepstyles.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2pseudoxml.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2s5.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2xetex.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rst2xml.py to 755
    changing mode of /usr/local/bin/rstpep2html.py to 755
  Running setup.py install for rsa
    
    warning: no files found matching 'README'
    Installing pyrsa-encrypt-bigfile script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-encrypt script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-verify script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-sign script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-priv2pub script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-decrypt script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-keygen script to /usr/local/bin
    Installing pyrsa-decrypt-bigfile script to /usr/local/bin
  Running setup.py install for jmespath
    changing mode of build/scripts-2.7/jp from 644 to 755
    
    changing mode of /usr/local/bin/jp to 755
  Found existing installation: python-dateutil 1.5
    Uninstalling python-dateutil:
      Successfully uninstalled python-dateutil
  Running setup.py install for python-dateutil
    
  Running setup.py install for pyasn1
    
Successfully installed awscli botocore bcdoc six colorama docutils rsa jmespath python-dateutil pyasn1
Cleaning up...

Version を確認する

$ aws --version

aws-cli/1.4.2 Python/2.7.5 Darwin/13.3.0


jq をインストール

jq は、軽量 JSON パーサ。結構便利。*2 *3


jq-1.3 がインストールされた。

$ sudo brew install jq


==> Downloading http://stedolan.github.io/jq/download/source/jq-1.3.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> ./configure
==> make
🍺  /usr/local/Cellar/jq/1.3: 7 files, 236K, built in 10 seconds


yaji をインストール

JSON フォーマットのベリファイを行うツール。これ絶対ほしい。*4

homebrew を 使って yaji 2.0.4 をインストールする。

$ sudo brew install yajl


==> Installing yajl dependency: cmake
==> Downloading http://www.cmake.org/files/v2.8/cmake-2.8.11.2.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> ./bootstrap --prefix=/usr/local/Cellar/cmake/2.8.11.2 --system-libs --no-sys
==> make
==> make install
🍺  /usr/local/Cellar/cmake/2.8.11.2: 694 files, 32M, built in 4.0 minutes
==> Installing yajl
==> Downloading https://github.com/lloyd/yajl/archive/2.0.4.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> ./configure --prefix=/usr/local/Cellar/yajl/2.0.4
==> make install
🍺  /usr/local/Cellar/yajl/2.0.4: 15 files, 224K, built in 36 seconds


IAM ユーザを作成する

admin 権限をもつ IAM ユーザに アクセスキーを割り当てる。

手順を書くとこんな感じ。

  1. AWSマネジメントコンソールに IAM 権限を持つユーザでログインする。
  2. IAM グループを作成し、admin 権限を付与する
  3. ユーザを作成する。
    • アクセスキー作成は ON とする(デフォルトは「作成する」。CLI を使わない場合は、アクセスキーの作成を OFF にしておくこと。)
  4. 生成されたアクセスキー、シークレットアクセスキーをメモしておく。
    • f:id:january:20140923141934p:image
  5. admin 権限を持つグループに、先ほど作成したユーザを所属させる。

コマンドラインで利用する際の認証情報ファイルを作成する

Configuring the AWS Command Line Interface - AWS Command Line Interface によると、CLI は以下の順番に認証情報を探すらしい。

  1. 環境変数
    • AWS_ACCESS_KEY_ID
    • AWS_SECRET_ACCESS_KEY
  2. AWS Credential Profile ファイル
    • ~/.aws/credentials
  3. CLI configuration ファイル
    • ~/.aws/config
  4. Instance のプロファイル

参考にした雑誌記事(Software Design (ソフトウェア デザイン) 2014年 06月号 [雑誌])では、3( config )に記載する方法を取っていた。

認証情報だけでなく、CLI で利用したい設定も同一ファイルで定義したいからかな。雑誌の例では、デフォルトリージョンを設定していた。

例に従って、アクセスキー、シークレットアクセスキー、デフォルトリージョンを設定する。

vi とか好みのエディタで編集する場合

~/.aws/config

[default]
aws_access_key_id=xxxxxxxxxx
aws_secret_access_key=xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

region=us-west-1


aws の configure ツールを使用する場合

aws configure コマンドを実行すると、アクセスキー、シークレットアクセスキー、デフォルトリージョン、デフォルトアウトプットフォーマットを入力するように促される。

$ aws configure


AWS Access Key ID [None]: xxxxxxxxxxxx
AWS Secret Access Key [None]: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Default region name [None]: us-west-1
Default output format [None]: 


確認

aws コマンドが実行できることを確認する。

$ aws s3 ls

2014-09-07 23:54:39 test-xxxx-xxxx
2014-09-07 23:52:37 test-yyyy-yyyy


以上

2014-06-17

WindowsServer に Bitnami Redmine をインストールする

aws 上の WindowsServer に Bitnami Redmineインストールする。

ちなみに、該当サーバでは IIS が動いており、80番ポートが使われている。Windows Server にインストールする場合の設定を確認することと、ポートが使われている場合にインストール中にポート番号を変更する機会があるんだろうか、というのが確認事項。

今日はまずインストールまで。

環境

ダウンロード

Install Redmine, Download Redmineよりインストーラダウンロードする。

※該当 URL を「信頼できるサイト」に追加する

バージョンは、bitnami redmine 2.5.1-1。


インストール

ウィザードに従ってインストールするだけなので、淡々と手順をメモ。Apache のポートを指定するダイアログが追加されるところが、これまでと違う。


確認する

サービスが起動しているか

Bitnami Redmine Stack で ManageService を確認する。起動している。

f:id:january:20140611001233p:image

サーバ上のブラウザからアクセスできるか
他のマシンの ブラウザからアクセスできるか

aws セキュリティグループの Inbound の設定を変更し、自分のIP からの TCP 8080 アクセスを許可すること。