Hatena::ブログ(Diary)

KBDAHOLIC - やぬすさんとこ

2008-11-28(Fri)

status bar 最適化計画そのよん ( clock.js )

http://d.hatena.ne.jp/janus_wel/20081127/1227812752 で status bar がかなりいい感じになって最適化も終了かと思ったそのときおれに電流走る。「時計だ。時計を表示しよう。」ゴメンどうしてそうなったのかおれもわかんない。

http://coderepos.org/share/browser/lang/javascript/vimperator-plugins/trunk/clock.js

設定できる変数は以下の 3 つ。

  • clock_position
    • 表示位置を示す目印要素の id 。 migratestatusbar.js の position と同じ。 default は 'liberator-commandline-command' 。コマンドラインの右側。
  • clock_after
    • clock_position で指定した要素の後ろに表示するかどうか。これも migratestatusbar.js の after と同じ。 default は true 。
  • clock_format
    • 書式。特殊な指定として下表の 3 つがある。他は書いたとおりに出力される。 default は '[%t]'
tokendescription
%t時間表示。 24 時間表記で hh:mm 形式。コロンが点滅する。
%d月日表示。 MM/DD 形式。
%y年表示。 YYYY 形式。

うちの設定は

let clock_format='[%t %d]'

てしてる。 prompt の前に出したい場合は以下のようにすればいいけど見づらいのであまりオススメしない。

let clock_position='liberator-commandline-prompt'
let clock_after='false'

あと時計部分は id="liberator-plugin-clock-box" な hbox として生成されるので :style コマンドで見た目の変更も可能。以下のようにすると緑で表示するようになる。 font-family とかもいじるとより見やすくなるかも。

" clock style
style -name clock chrome://* <<EOM
#liberator-plugin-clock-box > * {
    color: green !important;
}
EOM

" vim: sw=4 sts=4 ts=4 et

というわけで以下のように変わった。

  • before
    • f:id:janus_wel:20081128040243p:image
  • after
    • f:id:janus_wel:20081128141315p:image

これにて最適化完了。ッしたァ !!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証