Hatena::ブログ(Diary)

KBDAHOLIC - やぬすさんとこ

2011-01-05(Wed)

Vim 7.3 on CentOS 5.5 once more

mercuriallua, lua-devel は RPMforge から install する。下記の command で install できない場合は RPMforge が repository に加わってることを確認して --enablerepo=rpmforge option をつけてもっかい実行。

もっかいもっかいもっかい。なんか checkinstall について勘違いしてたらしい。 rpm さえあればいいような package をつくってくれるのかと思ってたんだけどあくまで rpm command で管理できるだけということらしい。 rpm の file size が 14KiB しかないので気づいたというオチ。

ついでに mercurialvim の source を引っ張ってくるようにしてみた。 patch あてなくて済むので楽。

  1. # yum install mercurial
  2. # yum install ncurses-devel
  3. # yum install lua lua-devel
  4. > cd
  5. > mkdir -p work/install/vim
  6. > cd work/install/vim
  7. > hg clone https://vim.googlecode.com/hg/
  8. > cd hg
  9. > ./configure --disable-selinux --enable-luainterp --enable-perlinterp --enable-pythoninterp --enable-python3interp --enable-tclinterp --enable-rubyinterp --enable-multibyte --disable-gui --with-features=huge
  10. > make ARCH=x86_64
  11. # checkinstall
  12. # rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/Vim-20110105-1.x86_64.rpm

これで終了。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証