Hatena::ブログ(Diary)

うさぎとちょこれいと このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-01-25

janvier2012-01-25

[]家族の庭 家族の庭 - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 夫婦の心温まるお話ですよ〜、ということを強調した予告編とか、「ここに集まれば、悲しみは半分に、幸せは倍になる」というキャッチコピーは、「心温まるお話詐欺だね。「心温まるお話詐欺にひっかかって来ていたお客さんは(レディスデーのためか、けっこう多かった)このブリザードが吹き荒れるような映画をどう見たのか気になるところ。

 冒頭は、ジェリーのもとに中年女性カウンセリングに来るところから始まる。長いこと不眠で悩まされているという。いかにも多くの悩みを抱え込んだような顔をしている女性ジェリーは問う。「あなた人生は、10点満点でいうと何点?」女性は答える。「1点」だと。

 冒頭のエピソードはそのまま放置されて、トムとジェリー幸せな家庭と、彼らの家に訪れてくる友人たちに、話の焦点は移る。友人たちのなかでも強烈なのがメアリー。己の寂しさを見栄で覆い隠すかのように、とにかく饒舌に喋る喋る。離婚歴あり、不倫歴ありの不幸な女性で、いい男を見れば秋波をおくるが、容姿が衰えてしまった今となっては、なびいてくるのは自分が及びじゃない男ばかり。若いときモテていた(ただし、メアリー内面がアレなので、寄って来るのも、またアレな男性ばかりだったのではないか)と思われるぶん、理想だけは高い。トンデモ勘違い女。言動すべてが、「うわあぁっ」となるほどイタイタしい。「私、何歳に見える?」とか、答えにくいこと聞くんじゃねぇ!

 対してジェリー夫婦仲良好。休日ガーデニングに勤しみ、夜は読書を楽しむインテリ夫婦。料理がいっさいダメメアリーに対して、トムもジェリー料理が得意。なにもかもが、煙草と酒に依存して生きているメアリーとは大違い。ジェリーが「中年太りしちゃって」と言えば、夫トムは、「バカを言うな。君は完璧だよ(チュッ)」てなもんである。おいおい、高齢独身女が横にいるところで、見せつけるのはやめてくれたまえ、と私がメアリーなら言うね。

 もともと、よく20年も友人やってるよな(こんなに生活階層が違い過ぎるのに…)、という感じの夫妻とメアリーなのだが、ある出来事を境に、夫婦メアリーの仲は決裂する。そして、問題のラストシーンとなるのだが……。

 ひとの感想を見てまわっていて、ラストシーンの捉え方が本当に人それぞれなのが面白かった。「残酷」という人もいれば、「これから希望が持てる」というひともいる。「圧巻」という人もいれば、「えっ、これで終わり?」という人もいる。

 個人的には、人生は優しくはないけれど、メアリー、頑張れ!という監督からメッセージだと勝手に受け取った。ただ突き放すためだけに、ダメな人の映画を撮ったりするわけないじゃん?というのコミで。きっと、マイク・リー監督は、負け組の横面を張り倒しながら応援してるんだよ!

 冒頭の女性自分人生は「1点」だと言っていたけれど、自分人生の点数なんて日々変わっていく。ひとはそう簡単に「変われる」ものではないけれど、あのラストシーンメアリーが、いくらかでも変わる契機になるのかもしれない。とにもかくにも、メアリーは「家族の庭」に闖入することは止めるだろう。自分孤独もっと真摯に向き合うようになるだろう。……自分のなかの「メアリー」がそう願う。

 余談だが、この映画のなかでは、「料理」が重要モチーフになっている。察するに、ジェリー母親料理得意だったんだろうなぁ。対して、メアリー母親テイクアウトで済ませるダメ母。子は親を見て育つからね。その段階から人生にこれからつくだろう点数に差がついちゃってるわけです。きつっいなぁ。

2012-01-18

[]ヒミズ ヒミズ - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 原作未読。予備知識ほぼゼロの状態で観に行く。予告は観ているので、DVな父親や母親に虐げられた少年少女の話ですね、くらいの認識原作は古いので、映画用に改変したのだろうけど、初っ端から東日本大震災直後のストーリーだということを知って、あぁ、1月17日の翌日にこの映画か……と、しんどい気持ちになる。まぁ、どの時期に観たとしても、瓦礫津波震災連想させずにはおかない映像が続くのは、被災地とは無縁なところに住んでいても気が滅入るだろうが。

 原作が気になって、映画館を出たあと、本屋をうろうろしたが、見つけられず。ググっていたら、原作の重大なネタバレを知った。しかし、2011年があぁいう年だったからこそ、映画ラストはアレで良かったんじゃないのか。絶望限界までいったら、もう希望持っちゃうしかない(と、言えるのも映画からかもしれないけど……)。

no title

 監督インタビューも、とてもいい。

2012-01-04

[]エンディング・ノート エンディング・ノート - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 とりあえず、まだ大切な肉親を亡くしたことがない私の第一感想は、「なんという勝ち組人生!」というのに尽きる。ある種の中高年、老年にとっては、「見ると鬱になる」「死にたくなる映画」かもしれないぞ。鬱屈した青春を過ごした若者にとって、「耳をすませば」がそうであるように。仕事でも成功し、家族も円満で、子供たちもみな成功し、たったひとつの不幸といえば、若くして末期癌になってしまったことくらい。砂田家の裕福ぶり、「無縁社会」という言葉とはあまりにも無縁な家族の絆。まだまだ死は遠いところにあると思っている私にとってさえ、「いやー、私の場合はアパートの一室で孤独死してるかもしれんなぁ……」という方向に気持ちが持ってかれました。まぁ別に死ぬのはひっそりで全然かまわないんだけどね!(つながりの薄い甥やら姪に最低限のことを頼んで死ぬだろう)

 もちろん、画面に映っていないところで修羅場はあっただろう。そこをあくまでさわやかにユーモラスに描いているところは素晴らしいと思う。多分、肉親を同じように亡くしていたら、それだけでガン泣きしてしまうような映画。私も泣けた。でも、それと映画としての評価は別だよねぇ……。

 その足で『リアル・スティール』も鑑賞。

2011-12-28

[]恋の罪 恋の罪 - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 前半50点、後半85点。という感じの映画。マネキンと人体がどうつながってんだかよくわからない(グロいので、このへんの場面は伏し目がちで鑑賞)女性の死体が発見された、というセンセーショナルな始まりには、否応なしに引きつけられざるをえないが、前半は、エロ!変態!おっぱい!の繰り返しで、加えて、出てくる登場人物にも誰ひとりとして感情移入できない(だって、みんな変態なんだもん)ので、いささか退屈。「うーん、よくワカンネ」という状態になってました。

 後半、老婦人が登場してからは俄然盛り上がった。変態映画の本領発揮。映画見たあと、人の感想見てまわったのだが、男の人の感想で、絶対あるよね、っていう感想めっけた。「女性ってそうなの?ドキドキ」……んなわけあるかーーっ。いや、女性もイロイロだし、なかには変態さんもいるでしょうけども。彼はきっと「お金には余裕のある人妻です。私とえっちしませんか」とかいうスパムメールを一応は開いてみるタイプだな!その点、この映画女性はいいこと言ってます。「愛がないセックスするなら、絶対お金は取らなきゃダメ!」

 なんだかいらんシーンもいっぱいあったような気がするし、同じ監督の『冷たい熱帯魚』や『愛のむきだし』より評価は低めですが、人が越えてはならない線を踏みこえてしまった女三人(老女含む)の怪演はそれだけで見応えがあった。そこを越えずに踏みとどまるのが水野美紀の役で、その辺女優としては、見せ場が少なくて気の毒な感じもする。せっかく脱いだのに!私ももっと暴れたかった!(…と、ワタシが女優なら思います)

 それにしても神楽坂恵のおっぱいは立派。おっぱいだけで役とってきてなにあの女〜(と、ワタシが女優だったら、陰口叩きます)。この女優、『冷たい熱帯魚』のときは、うっわ、なにコレ、キタネーなレンジでチン料理つくってたけど、今回はお上品に紅茶を淹れるだけ。夫婦で一緒にものを食わないところが彼らの危うさを体現してるよなー。

[]ジョニーは戦場に行った ジョニーは戦場に行った - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 観たことがないのに、長年トラウマだった映画。高校時代、国語の先生が、詳細にこの映画のあらすじを物語ってくれたんですよね……。うわっ、そんな映画、私には観れない(と思った割には、原作は読んだ覚えがあります)と思った日から××年の歳月を経て、ようやく鑑賞することができました。長く絶版状態だったので、つい最近まで、まさか観られる日が来るとは思ってはいなかったです。しかし、この映画のキモとなる部分はすべて国語教師がネタバレしてしまってるので、そこまで衝撃はなく。とはいっても、十代の頃に、なんの予備知識もなしに、この映画をみせられていたとしたら、相当なトラウマ映画になったでしょうなー。

 かの国語教師は、出身が長崎で、お父様が被爆されていて(生前、父は当時のことは、なにひとつ語らなかった、と仰っていたのが、今でもズッシリと心に残っている)、反戦意識もとても強い人で、『ジョニーは戦場に行った』も、そういう意図があって話されたのだと思うのだけど、いま観ると、戦争の悲惨さよりも、安楽死問題の方に意識がいかざるをえません。

 実際、ALS(筋萎縮性側策硬化症)のような、体は動かせなくなる、じきに意志の疎通さえも困難になる、けれど、残酷なことに意識だけは鮮明──などという病気もあるわけで。

 この映画でなにより怖いのは、実験のために無理やり生かされていること。そういう事例って、原発がらみで近年もあったよね……(「原発 バケツ」とかでググると出てくるやつ)。

2011-11-29

[]マネーボール マネーボール - うさぎとちょこれいと を含むブックマーク

 某さんとこの日記見て、不意に思い立って鑑賞。野球の話だというので、『メジャーリーグ』的なものを想像していたら、まったく違っていた。そうとう渋い映画で、スポーツを題材にした映画から想像される高揚感とは、いささか違うところにある映画だった。選手寄りではないし、野球している場面自体、そんなに出てこない。ほとんど地味なおっさんたちがなんやかや言い合ったりしてる映画です(鑑賞後にシネマハスラー聴いて、「この映画は会話で試合しているのだっ」という発言に納得)。

 残念なことに、前半は地味過ぎてネムネムになってました……。同じ監督の『カポーティ』も自宅DVD鑑賞して寝てたしな……。あぁ、勿体ないことをしてしまった。と、しみじみと後悔するほど終盤は良かったです。