地球を、開けよう。

2012-04-18

Final Fantasyのキャラクターはいかにして生まれたか。

How was Final Fantasy born to this world?

  • Lectures by Yoshitaka Amano @ GAME WORLD 2012

みなさん、こんにちは!

東京からyuiです。

Hi everyone! This is yui from Tokyo!


新年度もはじまり、日に日にあたたかい日差しが増えてきました!

春ですね!!

The new fiscal year has started, and it's getting warmer and warmer in Japan.

Spring has come!


新社会人、という方も多いでしょうか?

みなさんはご自身のお仕事にどんな思いをもっていますか?

Some of you are newly employed?

What kind of vision do you have on your work?




「ひとつの世界観が何処かに存在するのではないか。

それは頭の中に誰もが持っているものだと思う。

その世界観は架空ではない。

頭の中にある世界ではそれが現実であり、

その世界を小説家は文書で、ダンサーは踊りで、

映画監督は映像で表現するように僕は絵描きだから絵で表現する。

それが僕の役割であり仕事である」

There may exist a perspective of the world somewhere. You must have it in your mind. The perspective is not a fantasy. The world in your mind is the reality. Novelists express the world with sentences, dancers do with dancing, movie directors with films, and I do with drawings as I am an artist. It is my role and work.


f:id:japanfoundation:20120405105739j:image

世界的に大人気のゲーム「Final Fantasy」シリーズのキャラクターデザインなどをはじめ、数多くの作品を世に送りだしている、超有名アーティスト・天野喜孝さんのことばです。

These are words by a renowned artist Yoshitaka Amano, who has been producing a number of works such as characters of world-famous “Final Fantasy” series.



2012年のサンパウロで開催されたGAME WORLD 2012でゲストとして講演会と作品展示を行った天野さん。

彼の講演会には本当にたくさんのファンがつめかけ、アツいまなざしを送っていました。

Amano san participated in the lecture as a guest speaker and showcased his works at GAME WORLD 2012 held in Sao Paulo in 2012. A lot of fans rushed into his lecture and listened to his story earnestly.

http://fjsp.org.br/agenda/yoshitaka_amano/

f:id:japanfoundation:20120405105852j:image

GAME WORLD入り口

Entrance of GAME WORLD

f:id:japanfoundation:20120405105851j:image

新作ゲームに挑戦する来場者たち

Visitors challenging new games


f:id:japanfoundation:20120405105850j:image

天野さん講演会が行われたホール。ファンがたくさん!

A lot of fans at the event venue!



天野さんはゲームがまだ、今日のように一般的に受け入れられていないころから、ゲームの制作に関わってこられました。

当初、ゲーム制作に関わっていた若い世代は、本当は映像を作りたかったり、アニメーションを作りたかったり、他のものを作りたかったけれどそれがかなわなかった人が多かったそうです。

でも、ゲームはそれ自体がひとつの世界観をもつものです。しかも、映画や絵画とは違って、見る人が参加できる。それはそれは魅力的です。

きっと制作に関わっていた当時の若い人たちもどんどん夢中になっていたことでしょう。

Amano san has been engaged in game production since the time when games were not as popular as they are today. Most of the younger generation of game creators at that time was sort of people who wanted to produce videos, animations and others to be honest but were unable to do it for some reason. However, I can easily imagine that those young creators became increasingly absorbed in game production as the game itself has its own unique perspective of the world. In addition, games are different form films or pictures in a sense that viewers can participate in their world. It is a big advantage!


f:id:japanfoundation:20120405110041j:image

ゲームはテクノロジーと切っても切れない関係にあります。新しい技術が開発されることでゲームは飛躍的に進化します。

10年前のゲームと、今のゲームを見たら、一目瞭然ですよね。

でも、そのテクノロジーの開発にはお金がかかります。

しかも、ゲーム業界はとてもシビアな世界。売れれば生き残る。売れなければそれで終わりです。

結局、最後に必要なのは「作りたい」という熱い思いなのだと天野さんは語ります。

Games have close relations with technologies. As a new technology has been developed, games advance dramatically. It is clear if you compare the games of 10 years ago to those today. It costs a lot of money to develop a new technology. There are, furthermore, tough competitions in the game industry. You can survive if your products are sold, but you can’t if they are not. In short, the most important thing for creators is passions to “create” something, Amano san says.


天野さんや多くの制作に関わった方々が情熱をもって生み出したゲームは現在、日本という枠を超えて世界中で多くの人たちの心を動かし、愛されています。

そこには、制作に携わる人たちの才能と、「表現したい」という強い思いがこめられているのですね!

Games created by Amano san and many others who have been involved in game production with such passions are now widespread and loved by many people beyond national borders.

f:id:japanfoundation:20120405110115j:image

作品展示スペースでテレビの取材に応じる天野さん

Amano san interviewed by a TV station at the exhibition space



私自身、ゲーム「Final Fantasy」シリーズとともに育ってきました。

実はゲーム制作会社を受けてみたこともあったりします。笑

「ひとつの世界をつくる」。

それを見事に実現し、多くの人に影響を与えてきた天野さんはすごいなぁ、と思います。

I myself have been growing up with “Final Fantasy” series. To tell you the truth, I applied for a job interview at a game production company. Haha. I admire Amano san since he has actually crystallized the idea of “Create a world” and been giving a great influence on people.


絵描きや小説家ダンサーにはなれないけど、自分の世界をもって、何か自分なりの方法でそれを表現できる人になりたいな、と目標を与えてくれる、とっても素敵な講演会でした!

The lecture was stimulus enough to bring me an idea that I want to be someone who can express his/her own world in his/her own way though I am not a painter, novelist or dancer.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/japanfoundation/20120418/p1