地球を、開けよう。

2012-10-31

f:id:japanfoundation:20121031112658j:image

Hello everyone!

It’s been a while since my last entry, welcome to all the new members of this international community!

みなさんこんにちは!

前回の投稿からご無沙汰していましたが、新たにこのブログを読み始めて下さっている皆様、改めて、ようこそ「地球を、開けよう」へ!

Rome is starting to be cold and the 50th anniversary of the Japan Cultural Institute is approaching. It will be in December, and lots of events are soon to be scheduled for next year.

ローマは、寒くなり始め、12月のローマ日本文化会館の50周年記念日もいよいよ近づいています。来年は、たくさんの記念イベントを開催する予定です。


Meanwhile, a couple of very interesting and successful nights have been held here.

A very famous Ikebana Master Instructor took part in a wonderful conference/demonstration last October 5th. Mrs. Koka Fukushima came here to celebrate the 25th anniversary of the Ranson Study Group, the Italian branch of the Japanese Ikebana Sogetsu School.

さて、先月のローマ日本文化会館は、面白いイベントをいくつか開催しました。まず一つ目、草月流ランソン・スタディ・グループ創立25周年を記念して10月5日に行われた、華道家福島光加氏による生け花カンファレンス/デモンストレーションは、大変な盛り上がりを見せました。


Ikebana is one of the most appreciated Japanese traditional arts, well-known in Italy as well, and with a lot of supporters and amateurs. The peculiarity of Sogetsu School, one of the many different schools of Ikebana, is the great modernity and the attention paid to the materials. The founder, Sofu Teshigahara, with his revolutionary approach, had broken traditional ties with his contributions to the world of ikebana.

生け花は、今もなお語り継がれる日本を代表する伝統文化・美術のひとつです。イタリアでもたくさんの人々に親しまれ、多くのサポーターや、アマチュア華道家もいます。草月流は、素材ひとつひとつへのきめ細やかな注力、そして非常に現代的な作風が特徴です。創立者の勅使河原蒼風氏の革命的なアプローチは、伝統を更に進化させ、生け花界に大きく貢献しました。


The conference was a celebration of the Italian Ranson Study Group, founded in 1987 by Master Lina Alicino. As a special guest, Mrs. Koka Fukushima enchanted the audience making wonderful ikebana compositions and talking about her method and experience.

このカンファレンスは、Lina Alicino氏により1987年に創立されたランソン・スタディ・グループの25周年の記念イベントとして行われました。スペシャルゲストの福島光加氏による生け花デモンストレーションは、観客をあっという間に魅了し、また、彼女独自の生け花術、ご経験談など貴重なお話を伺うこともできました。


f:id:japanfoundation:20121031111931j:image

f:id:japanfoundation:20121031111932j:image

f:id:japanfoundation:20121031111933j:image

©Mario Boccia

Two weeks later an old friend of the Institute came along with two fellow musicians to give an amazing concert. We had the privilege to have the great jazz pianist and composer Makoto Kuriya as our guest for the third time, together with Keisuke Torigoe (doublebass) and Hiroki Murakami (drums). The concert was held on the occasion of the European tour “Makoto Kuriya Piano Trio” and was a great success.

その二週間後、ゲストとしてお呼びするのは三回目になるクリヤ・マコト氏(ジャズピアニスト作曲家)が、今回は二人の音楽家、鳥越啓介氏(コントラバス)と村上広樹氏(ドラム)と共に、素晴らしいコンサートを開きました。コンサートは”Makoto Kuriya Piano Trio”ヨーロッパツアーのローマ公演として行われ、大盛況のうちに終了しました。


f:id:japanfoundation:20121031111934j:image

f:id:japanfoundation:20121031111935j:image

©Mario Boccia

The next scheduled events are a conference about humanoid robots developed in Japan and the concert of Tadashi Tajima, a famous shakuhachi player.

次回、ここローマで予定されているイベントは、日本で開発されたヒューマノイドロボットについてのレクチャー/デモンストレーションイベントと、著名な尺八奏者、田嶋直士氏によるコンサートです。


See you next time with new reports and news!

またのローマからのニュースとご報告をお楽しみに!

2012-03-16

 Old Meets New 新旧アーティストの交差点

Hello everyone!

It’s been a while since my last entry in this blog!

Spring is coming in a few days, honestly I can’t wait for it. Winter in Rome has been tough this year, we have even seen the SNOW!! It never happens!! Well, it lasted a couple of days but still... amazing!

Take a look at the Istituto Giapponese covered with snow!

みなさん、こんにちは!

前回のブログからご無沙汰していました〜!

春はもうそこまでやって来ています。もう待てない!というのが本音でしょうか。ローマの今年の冬の寒さは厳しかった・・・。雪も降ったんですよ!!そんなこと今までなかったのに!!雪は2、3日しか続かなかったのですが、今でも驚きです!雪に覆われた日本文化文化会館の様子をご覧ください!

f:id:japanfoundation:20120316095523j:image

f:id:japanfoundation:20120316095524j:image


I’m going to report about a couple of events held here at the Institute in the last months.

In January we had the pleasure to hosting Michiko Nojiri Sensei for a conference on the “Chado”, the Tea Ceremony.

Nojiri Sensei is living in Rome since 50 years and during this long time she has been one of the greatest Japanese personalities in Italy. She is the founder and director of the Urasenke Center in Rome that represents the Japanese traditional culture abroad. After the lecture, based on her personal travelling experience in Europe, Nojiri Sensei gave a demonstration of Chado, to show the power of non-verbal communication.

最近の日本文化会館でのイベントを報告しますね。1月には、Michiko Nojiri先生をお招きして「茶道」のイベントを開催しました。Nojiri先生は50年もの長い間ローマにご在住で、イタリアでは著名な日本人です。先生は裏千家ローマ出張所の創始者であり、所長で、日本の伝統文化である茶道を海外に紹介する活動をしています。ご自身のヨーロッパにおける体験をもとに講演をされた後、Nojiri先生は茶道のデモンストレーションをされ、言葉を使わないコミュニケーションの力を示してくださいました。

f:id:japanfoundation:20120316095525j:image

f:id:japanfoundation:20120316095526j:image

f:id:japanfoundation:20120316095527j:image

It was a really moving lecture, I think it’s a big honor having the chance to listen to a person with such an awesome life, spent carrying on the tradition of the Chado among the European cultural movements.

In February we hosted a wonderful classic concert, starring a ridiculously young violinist, the 16 years old Kazuhito Yamane. This extremely talented boy played for more than an hour accompanied by the also young pianist Tomoaki Yoshida (but he’s 28, very old if compared to Yamane!).

The audience had a totally enthusiastic reaction, not only for the skill of the two musicians but also for their nice attitude

先生の講演は本当にすばらしい講演でした。ヨーロッパ文化の中にあって、茶道の伝統を維持することに人生を捧げている先生のような方のお話を聞く機会を得られたことは、私にとってとても光栄なことでした。

2月には弱冠16歳のヴァイオリニスト Kazuhito Yamaneさんをお招きして、クラシックコンサートを開催しました。この才能溢れる少年は、同じく若手(といっても28歳なので、Yamaneさんに比べると年を取っていますが!)のピアニストTomoaki Yoshidaさんの伴奏で1時間以上ヴァイオリンを演奏しました。観客の皆さんは、お二人の演奏技術はもちろんのこと、その振る舞いの良さにも熱狂的な賞賛を送っていました。

f:id:japanfoundation:20120316095529j:image

f:id:japanfoundation:20120316095528j:image

f:id:japanfoundation:20120316095530j:image

It’s a quite weird sensation being able to compare a Chado Sensei with her long life filled with experience and stories to tell, with such a young violin Sensei, that in spite of his age shows an incredible maturity and a very professional ability.

In March the Institute is being monopolized by the first anniversary of the terrible Tohoku Earthquake of 2011, we will hold a couple of conferences and a photographic exhibition to remember.

Time flies, already a year, unbelievable.

人生経験豊かな茶道の先生と、年齢的には若いにも関わらず、成熟とプロフェッショナルな技術を兼ね備えた若きヴァイオリニストを比較する機会を得たことは、なんとも不思議な体験でした。

3月には、2011年東日本大震災から1年を迎えたことを記念したイベントが、ローマ日本文化会館にて目白押しです。震災の記憶を留めておくために、セミナーや写真展などを開催する予定です。あれから1年、時が経つのは早いものですね。信じられない思いです。

All the pics are copyright ©Mario Boccia

写真はすべてMario Boccia撮影

2011-12-28

Music beyond Borderline 音楽はボーダーラインを越えて

Hello everybody! Christmas is coming OH! OH! OH!

Rome is extremely COLD right now, although here it never snows (I wonder how many degrees there are in Moscow... and in Sydney?!)

Today it's my last working day before Christmas and お正月 holidays, I'll be back at my desk on January 4th. YAY!

Before leaving I'd like to share some picture with you, they're from the concert held here on December 7th.

The event, called BORDERLINE, was a cross-over between contemporary music and Noh Theatre, with the involvement of the Italian band Alter Ego (flute and two clarinets) and the Noh performer Ryoko Aoki. It was really a "borderline show" but the audience (around 120 people) had an enthusiastic reaction.

みなさん、こんにちは!クリスマスがやってくる〜♪Oh!Oh!Oh!

ローマは今と〜っても寒いです。雪まではさすがに降りませんが・・・。(モスクワやシドニーではいったい何度なんでしょうか?)

今日は年末年始の休暇の前の最後の出勤日です。仕事始めは1月4日です。Yay!

休暇に入る前に、12月7日にローマ日本文化会館で開催されたコンサートの写真を何枚かご紹介しますね。

「BORDERLINE」というタイトルがつけられたこのイベントは、イタリアのバンドAlter Ego(フルートとクラリネットデュオ)と能楽師 青木涼子さんによる現代音楽と能謡の音楽のボーダーラインを越えたコンサートでした。それはまさに「ボーダーラインを越えたパフォーマンス」で、約120名の観客は熱狂的な反応をしていましたよ〜。


f:id:japanfoundation:20111222100346j:image

(© Mario Boccia)

f:id:japanfoundation:20111222100347j:image

(© Mario Boccia)

f:id:japanfoundation:20111222100348j:image

(© Mario Boccia)

This month we had also a couple of visits from a senior high school and a junior high. The kids came to see the exhibition (the one I wrote about in my previous entry) and had a lot of fun making origami with my colleague Daniela. I took one picture but I have to put a black "mask" on the faces because of privacy laws. Here it is.

今月は中高生のゲストも何人かお迎えしました。生徒さんたちは展覧会(前回のブログで私がご紹介したものです)を見に来て、私の同僚のDanielaと折り紙を楽しそうに折っていましたよ〜。写真を撮ったんですが、プライバシー保護のために顔に黒い「マスク」をつけています^^;


f:id:japanfoundation:20111222100349j:image

Young generations learning how to make a 鶴!

鶴の折り方を教えてもらっている生徒さんたちです!


And that's all folks, sorry for the short entry but I have to finish some work before going to vacation.

I leave you a picture of the traditional Italian Christmas dessert. It's called PANETTONE and is a kind of sweet soft bread filled with raisins and candied fruit. It's DELICIOUS!

今日はここまでです。短くてごめんなさい。休暇に入る前にもう少しお仕事を片付けなくっちゃ・・・。こちらは伝統的なイタリアのクリスマスデザートです。PANETTONEというもので、レーズンと砂糖漬けのフルーツがたくさん入っている甘くて柔らかいパンのようなものです。おいしいですよ〜!

f:id:japanfoundation:20111222100350j:image


I wish you all a wonderful Christmas and a more-than-wonderful 2012!

ステキなクリスマスと、よりすばらしい2012年を迎えられますように!よいお年を!

2011-11-04

Old-fashioned Photo Exhibition レトロな写真はお好き?

Hello everyone!

Like Egypt, Italy is getting cooler as well. Rome is starting to get covered with dead leaves and sometimes rainstorms wash away everything. チョーめんどくさい。

I’m really jealous of the wonderful J-POP Salon opened in Cairo, I’m a manga lover and would be great if a similar event could be held here in Rome. Many compliments to Aki san!

No manga for me here at Istituto Giapponese, but an equally awesome photo exhibition called “Metamorphosis of Japan After the War”, the work of 11 photographers who captured images of postwar Japan from 1945 to 1964.


みなさん、こんにちは!

エジプトと同じように、ここイタリアもだんだん涼しくなってきていますよ〜。ローマはそろそろ街が枯れ葉で埋めつくされる季節で、時々やってくる激しい雨風に何もかも洗い流されてしまうことがあるんですよ・・・。チョーめんどくさい。


カイロで新設されたJ-POPサロン、ステキ!うらやましいな〜。私はマンガの大ファンなので、ローマでも同じようなイベントがあればいいのになぁと本気で思っちゃいます。Akiさんグッドアイデアですね!


ローマ日本文化会館ではマンガはありませんが、同じくらいイケてる「戦後日本の変容」展という写真展を開催しています。1945年から1964年にかけての戦後の日本の様子を捉えた11人のフォトグラファーの作品が展示されています。


f:id:japanfoundation:20111103114048j:image

Ken Domon

Children looking at a picture-card show. Tokyo 1953

土門拳

紙芝居 東京 1953年

f:id:japanfoundation:20111103114049j:image

Takeyoshi Tanuma

Dancers resting on the rooftop of the SKD Theatre. Asakusa, Tokyo

田沼武能

SKDの踊り子 浅草国際劇場屋上 東京 1949年


In my personal opinion I find very fascinating this old-fashioned style of photography, with real black&white (not the “fake one” made up using photoshop), real photographic film and no image editing at all. Isn’it incredible? There was an era without photoshop and digital cameras! We should always remember this, and pictures like these will appear in all their magnificence.

Yesterday another big event promoted by the Institute took place in Rome, at beautiful Teatro Olimpico.

It was the RYUKYU DANCE & MUSIC, a gorgeous performance of traditional music and dance from Ryukyu Islands, former name of Okinawa.

Among the dancers and musicians were included several "Living National Treasures of Japan" in performing arts and for sure the show was something unforgettable.


photoshopで作成された「にせもの」ではないオールドファッションなモノクロ写真は、個人的にとってもすばらしいと思います。本物の写真用フィルムで、画像編集はいっさいされていません。信じられないですよね?photoshopやデジタルカメラがなかった時代があったなんて!そんな時代があったことを私たちは忘れてはならないし、そうやって撮影された写真はすべて壮麗さを感じさせるものとなっています。


ローマ日本文化会館が主催したもうひとつのビッグイベントが美しいテアトロ・オリンピコにて昨日開催されました。その名も「琉球伝統芸能 ローマ公演」というイベントで、琉球(現在の沖縄県)の伝統芸能である古典音楽・舞踊の見た目にも豪華なパフォーマンスが展開されました。踊り手や演奏家の中には、日本の芸能部門の「人間国宝」もいて、この公演が観客にとって忘れられないものとなったことは間違いないでしょう。


f:id:japanfoundation:20111104111811j:image

(© Mario Boccia)

f:id:japanfoundation:20111104111812j:image

(© Mario Boccia)

f:id:japanfoundation:20111104111813j:image

(© Mario Boccia)

f:id:japanfoundation:20111104111814j:image

(© Mario Boccia)

Isn'it great?! The audience was totally fascinated, it was a big success.

Last, but not least, I had the chance to watch the latest Ghibli movie at Rome Film Festival last week.

Directed by Goro Miyazaki (Hayao's son), is called "From up on Poppy Hill" (コクリコ坂から) and it's very nice!

The plot is about a young girl in 1963, fighting with her classmates to save from demolition an old building used as a base for all the school clubs.

Of course romance and troubles are involved in the story, one of the best latest Ghibli in my opinion! Strongly recommended!


すごくないですか?観客は完全に魅了されていました。イベントは大成功のうちに幕を閉じました。


最後にもう一つ重要なイベントをご紹介します。私は先週開催されたローマ映画祭で、最新のジブリ映画を観ることができました。宮崎吾朗(宮崎駿監督のご子息)監督作品、「コクリコ坂から」という映画で、とってもよかったです!

ストーリーは、1963年という時代設定で、ある少女がクラスメートと共に学校のクラブ活動の活動場所として利用している古い建物が取り壊されそうになっているのを防ぐために奮闘するというものです。もちろん、ロマンスやハプニングもありますよ。個人的には最近のジブリ作品の中でも最もいい映画の一つと言ってもいいくらいよかったです!ぜひぜひご覧くださ〜い!

2011-08-04

Ciao da Roma!  ローマからこんにちは!

Hello everybody! はじめまして! This is Federica from Rome writing my very first entry in this blog! I'm very excited to start this experience and first of all I wanna send a big ありがとう! to Mio san, for her kind support!

I've been working at Rome Japan Cultural Institute since September 2010, as a member of the cultural office staff and I’m in charge for various activities, such as patronages, database administration, and conferences.

はじめまして!ローマのFedericaです。今回初めてブログに書き込みます!ブログに参加することになってとってもワクワクしています♪まずはいろいろと親切にサポートしてくれたMioさんにありがとう!とお礼を言いたいです。

私は2010年9月にローマ日本文化会館で働き始めました。日本文化会館の職員として、イベント後援関連、データベース管理、会議調整などなどを担当しています。


Unfortunately I don’t have much to say right now, because in July-August the Institute is on summer break with no activities.

The atmosphere is very quiet and the familiar sound of cicadas echoes all around. I love summer.

残念ながら、ローマ日本文化会館は7月8月は夏休み中のため、イベントらしいイベントもなく、そんなに書くネタがないのです。夏休み中はとても静かで、辺りには蝉の鳴き声が響いています。私はそんな夏が大好き!


In September an exhibition about Japanese gardens will be held at the Institute, and here you can see some pictures of the setting.

日本庭園がテーマの展覧会が日本文化会館で9月に開催される予定で、その準備の様子を撮った写真がこちらです↓

f:id:japanfoundation:20110804105306j:image

f:id:japanfoundation:20110804105307j:image

Gardening is one of the most popular aspects of the Japanese culture, a lot of people calls to visit the garden of the Institute, that will be opened from next October 1st for one month (usually the visits are held during October and April-May).

Last spring another Association in Italy (near Milan) borrowed the same exhibition from us and was a great success.

日本庭園は日本文化の中でも特に人気があり、たくさんの人たちから日本文化会館の庭を見学したいとのお声があり、10月1日から1ヶ月間、一般公開されます(通常は10月と4月〜5月にかけて公開されます)。

昨年春には、ある団体が今回の展覧会と同じ内容の展示物を利用して、イタリア・ミラノ近郊で展覧会を開催し、大成功でした!



By the way, at the moment the Institute is 工事中 because next year will be the 50th anniversary of its foundation and a lot of events are in program.

Taking advantage of the summer break, we are renovating the concert hall (above all the air conditioning system) and here's how the hall looks like right now...

ところで、日本文化会館はただいま工事中なんです。というのも、来年は創立50周年の年で、たくさんのイベントが計画されています。

夏休みを利用して、コンサートホール、特にその空調設備を改修中です。現在のホールの様子はこんな感じです↓

f:id:japanfoundation:20110804105308j:image

f:id:japanfoundation:20110804105310j:image

Hopefully in September everything will be ok!

9月までにすべての工事が無事に済んでくれたらいいな〜!

See you next time with new reports!

次回レポートをお楽しみに!