地球を、開けよう。

2010-07-01

まだまだ熱い!上海万博 〜出張インタビューつき〜

こんにちは、キャシーです。

世間の注目の的はすっかりワールドカップ一色ですね。

でもまだまだ熱い世界的イベント、それは上海万博です!

国際交流基金もこの機会に日本を知ってもらうべく、いくつか上海で事業を行っています。

そのうちのひとつが邦楽公演「日本のうた囃子 〜唄、笛、三味線、太鼓による日本の響き〜 」。日本館イベントステージにて、現代日本の若手アーティストによる邦楽実演が披露されました。

The Worldcup is the center of global attention at the moment, but let's not forget the most expensive event in the history of the world's fairs, the Shanghai Expo 2010! Concert by Japanese Young Musicians, "Essence of Japanese Folk Music" (photos shown below), is only one example of several events the Japan Foundation is involved in. Today I have interviewed Monica from Visual Arts Section who has just come back from her business trip to Shanghai. She is busy preparing for two brand-new road show exhibitions (one is about Japanese popular characters, and the other is about Japanese architecture) to be opened to the public in Shanghai this September.

日本館外観

f:id:japanfoundation:20100629203350j:image


公演の模様

f:id:japanfoundation:20100629203452j:image

f:id:japanfoundation:20100629203441j:image



幻想的なステージですね。中国のお客さんの目にはどのように映ったのでしょうか?


さて、基金上海万博事業はこれだけではありません。

つい先日上海出張から戻ってきたばかりのモニカさん(造形美術チーム)にインタビューを行ってみましょう。

―出張お疲れ様でした。本題の前に、万博の感想を教えてください。

実は日本館は4時間待ちで入れず、イタリアフランス中国へは近寄ることさえできませんでした!結局私は万博自体の見学は出来なかったけど、人がたくさんいたことはわかりました(笑)


ディズニーランドもびっくりの待ち時間ですね!それは残念でした。ところでズバリ、今回の出張の目的は?


巡回展の現場視察です。実は今、新しく「キャラクター大国・ニッポン」そして「都市と建築(仮)」という2つの巡回展を制作しています。巡回展は文字通り、世界中をぐるぐる巡るわけですが、記念すべき最初の巡回地が上海なんです。今回は、実際に展示を行う場所の視察をしてきました。


―なるほど。今年特に注目されている上海は巡回展のデビューを飾る場所として最適な気がします!


そうですね。「上海万博記念特別巡回展」として大々的にアピールする予定です。


―ところで「キャラクター大国・ニッポン」とはどのような企画なのでしょうか?

アトム、ガンダムキティエヴァせんとくん、なみすけなど、日本を代表するキャラクターの紹介や、それらキャラクターと日本人との関わりなどについて、パネルや立体物で紹介するものです。


―面白そうですね。では「都市と建築(仮)」とは?

60年代に斬新な発想で脚光を浴びた日本の建築家磯崎新氏、丹下健三氏など)の50周年記念として、作品を精巧な模型やパネルで提案するものです。シンポジウムも予定しているんですよ。50年前は斬新すぎて受け入れられなかった建築物も、今では実現して評価されていることに、先見の明を感じますね。


―楽しみです!ところで現場の視察とは、具体的にどんなことをするのですか?

現地の方と顔合わせをしたり、展示スペースの照明や導線をくまなくチェックしたり。普段はパソコンでの遠隔操作なので、この機会に現場でしかできないことをやってきました。でもまだまだ作業は山積みです。9月のオープニングまであっという間・・・。引き続き準備にとりかかります!


―巡回展というと一見華やかですが、実際は細かく地味な作業の積み重ねなのですね。最後に、上海での国際交流基金のイメージはどうでしたか?


今回訪問した企業でアルバイトをしている日本語学科の学生さんに名刺を差し出したところ、「あ!日本語能力試験をやってるところだ〜日本語学科の生徒はみんな知ってます」と言われました。やはり国際交流基金は日本語のイメージが強いんだなあと実感しました。


中国日本語能力試験の受験者が一番多い国ですからね。ぜひ巡回展にも遊びにきていただきたいですね。モニカさん、どうもありがとうございました。

2010-06-02

ロサンゼルスで「こどもの日」??

皆さんこんにちは。mioです。

あっっというまに六月になってしまいましたね。

さて、アメリカロサンゼルスから、

過ぎし5月を思い出すすてきな記事が届きました!

こどもの日、お祝いするのは日本だけじゃないようです…

LAの潮風さん、お願いしまーす!




----------------------------------

気がつけば6月…ゴールデンウィークも、とおーい昔の話

次のお休みは7月か・・・

なーんて、みなさん5月病は大丈夫でしたか?

こんにちは、ロサンゼルスの潮風です。

幸い、私の場合は祝日サイクルが違うため、何とか持ち堪えていますが、

GWを少し思い出させる、「こどもの日」イベントがロサンゼルスで行なわれました。

もう既にこのブログでも何度かご紹介していますが、

ロサンゼルス日系人社会は本当に歴史が長く、豊かです。

こどもの日イベント“Children’s Day Celebration”もその日系人社会の中心、

ロサンゼルスのリトル・トーキョーにある日米文化会館の広場で行なわれました。

f:id:japanfoundation:20100602122618j:image

f:id:japanfoundation:20100602163802j:image


建物の左右には気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼり

都会住まいだと日本でもこんなに立派なのはなかなか見られないですよね。

広場では様々な市民団体によるワークショップが行なわれていました。


f:id:japanfoundation:20100602122658j:image

桃太郎の玉いれ。

f:id:japanfoundation:20100602122714j:image

手作りの風車や凧に挑戦。

f:id:japanfoundation:20100602122731j:image

金魚のこねぶた作り。



また会場内のステージでは日本舞踊や太鼓といったものから、ハワイアンダンスやヒップホップダンスと様々な出し物が。

f:id:japanfoundation:20100602122754j:image

みんなでラジオ体操


そして潮風が一番興味深々だったのは、並んでいた屋台たち。


f:id:japanfoundation:20100602122810j:image

DOGZILLA・・・? HOT DOGとGOZILLAをかけたんですね(笑)

メニューはホットドックにおかかや海苔がのってたり、やきそばパンだったり、なかなか面白いフュージョン

横のタイ・チャイニーズ・テリヤキなんてグローバルすぎです。

潮風はDOGZILLAを食べました。なかなかソースが利いてて美味しかったです。

f:id:japanfoundation:20100602122826j:image

f:id:japanfoundation:20100602122837j:image

   

これら以外にも、こどもたちのバスケ3on3大会やマラソン大会があり、大変な賑わい。

ゆったりとロサンゼルスで受け継がれている日系社会の奥深さを

また一つ体感した、土曜日でした☆


-----------------------------

DOGZILLA…食べたい…

そんなすてきな潮風さんのいるロサンゼルス日本文化センターは、

ここにも事業の紹介が掲載されてます!

世界のこどもの日レポートでした!

2010-03-18

「コウカシタ」:1年3ヶ月に亘る物語が完結した夜☆

みなさんこんにちは、オレペコです。

タイはまたもや政情不安、、、前回は黄色シャツで今度は赤シャツ。色でどっちのグループに属しているかを区別するってわかりやすいっちゃわかりやすいけれど、、、


それはさておき、今日はまず写真をご覧ください↓。1月にチェンマイとバンコクで実施した、コンテンポラリー・ダンス・日タイ共同制作作品「コウカシタ」の一場面なのですが、、、(以下、写真はすべて(c)The Japan Foundation)

f:id:japanfoundation:20100317210432j:image

f:id:japanfoundation:20100318021536j:image:w500


双子ちゃんが、2組も???

いえいえ、上の写真の左二人は正真正銘の双子のタイ人ダンサー、EggちゃんとOutちゃん、下の男性ふたりは、今回の作品の振付・演出をしてくださり、自らもダンサーとして踊った井手茂太さん(左)と、タイ人ダンサーのBubbleさんです*1。背丈も肉付きもよく似ていらっしゃるお二人。 「国境を超えた奇跡の双子」なんて呼び声も高く・・・笑。


f:id:japanfoundation:20100318022955j:image:right

オレペコと彼らとの出会いは、実は、井手さんとフェスティバル・トーキョー(以下F/T)のスタッフさんがタイ人ダンサーのオーディションのために来タイした2008年10月にさかのぼります。当時はまだ、基金のバンコク日本文化センターに約200名収容の自前のホールがあったので、そこをワークショップ&オーディション会場として提供したのでした。


タイの演劇・ダンス関係者を通じて呼びかけたところ、予想を超える70名以上の人が集合。井手さんの口から次々飛び出すシチュエーションやリクエストにしたがっていろんな体の動きを即興で演じているタイの人たちの楽しそうな様子と、「テスト対策」的な準備だけでは絶対に化けの皮がはがれてしまいそうな課題をユーモアを交えて与え続ける井手さんのオーディション・スタイルに関心しながら、客席から眺めていたのを覚えています*2


そんな熾烈な競争を勝ち抜いて選ばれたのが、個性あふれるダンサーたち(写真前列。ちなみに皆さんが手にしているのは、タイ公演のチラシ)。

f:id:japanfoundation:20100318023714j:image


2008年12月には、日本のダンサーたちがタイにきてクリエーションワークショップを行い、明けて2009年2月には今度、タイ人ダンサーたちが一ヶ月に亘るクリエーションのために日本へ。3月のF/Tでのプレミア公演を経て、「せっかくのコラボ作品なんだから、ぜひタイでも公演しよう!」ということで実現したのが今回のチェンマイ・バンコク公演でした。


約10ヶ月ぶりの感動の再会と、その後の当地でのお稽古の様子などは、F/Tさんのブログに詳しいのでそちらに譲るとして、、、


私がすごく印象に残ったのは、ツアーマネージャーさんが「この作品はここタイで漸く完成を見ましたね」という言葉。上記F/Tブログにもあるように、タイでの制作と公演は、決して順風満帆だったわけではありません。お決まりの「頼んでいた荷物が時間通りに届かない」「機材は届いたけど、壊れてて使えない」などなどなどなど(苦笑)、テクニカル面で大変なことは挙げればキリがないほど。けれど、自分の国で公演する緊張感からか、より一層気合の入っていたタイ人ダンサーたち、十分なクリエーション期間のおかげで細かい発展的なツメが出来たこと、、、などのおかげで、たち稽古をみた瞬間に、「これはおもしろい!」と入り込めるような、そんな舞台ができあがったのでした!

f:id:japanfoundation:20100318030243j:image

f:id:japanfoundation:20100318030821j:image


そのパワーが伝わったのか、チェンマイは、キャパを大幅に上回る人が通路にまであふれる大盛況、バンコクもほぼ満席。そして、バンコク公演を見に来てくれた演劇評論の方が、新聞で「普通、共同制作というと、参加者同士が学びあう過程自体が最も重視され、結果としての作品の質などはあまり問われないことが多い。だが、この作品は違った!」と、作品自体が優れた出来であったことを指摘してくれ、さらには、照明やコスチューム、音響などの技術の高さにも言及してくれました。普段なかなか表に出ない、技術のかたがたの功績に触れてくれたのは、いつも裏方としてサポートしているオレペコとしてはとってもうれしかったです!記事はこちらから見られますので、ぜひ読んでみてください!


さて、バンコク公演終了後。

長い長いひとつのストーリーが完結した夜。


f:id:japanfoundation:20100318030951j:image

いつの間にか、これまで取りためた写真をまとめて、感動的なスライドに仕立てあげていたタイ人ダンサーたち。打ち上げの場で、思わず笑いと涙が!


f:id:japanfoundation:20100318031304j:image

ひとつの家族のような空気感。素敵な笑顔があふれていました。

*1:タイ人って本名がすごく難しいのでみんなニックネームがあるのだけど、面白い名前が多いんですよー。英語から取ったニックネームも多く、アップルのプルを使った「プン」ちゃんとか、芸術家でアートくん、なんて名前の子も・・・(^^;)

*2:ちなみに右の写真は、チェンマイ公演の会場に住み着いていた猫ちゃん。癒〜☆ 

2010-03-05

 こんなところでも日韓交流、日韓連携で文化交流を

こんにちは。大変ご無沙汰しております。

ロサンゼルスの潮風です。


ロサンゼルスではいよいよアカデミー賞授賞式が1週間後に迫りました*1。映画の都・ハリウッドの近くの住民として、潮風もこの1ヶ月、ノミネートされている作品をせっせと観ています。中には、メジャーな映画館では既に上映が終了している作品もありますが、さすが映画大国アメリカ。古い映画を上映してくれる映画館もちゃんとあって、なんと週末行ったところは格安の3ドル25セント(≒300円)。いや〜ありがたい*2

さて、そんなハリウッドと並ぶ、日本人にとってのLA観光地の1つが「リトル・トーキョー」ですね。そこで今回は、このLAを代表するキーワード、「映画」と「リトル・トーキョー」を盛り込んで2月はじめに開催された、とっておきのイベントを紹介します。

その名も!!『Little Tokyo Korea Japan Festival』

f:id:japanfoundation:20100226231506j:image



ん?


Korea??



と思ったあなた。

ココの意外性が今回のイベントのミソです。


アメリカは言わずと知れた「人種のるつぼ」ですね。そして日韓は、最近はだいぶ近くなったような気はしますが「近くて遠い国」なんて言われています。そんな中、リトル・トーキョーは古くは日系人が多く住み、作り上げた街ですが、最近では日系人以外の多くの文化的背景をもつ人々で賑わっていて、韓国系の住民も増えているんです。


そんな現代のリトル・トーキョーで、いろいろな文化的背景をもつ人たちが集い、アメリカにおける日本の文化、韓国の文化を楽しむ場を作れないか・・・?両国の文化を知って、理解することで、アメリカにおけるこの「米」×「日」×「韓」の連携ケミストリーがより盛り上がるのではないか・・・?

この期待から、今回のイベントの企画が始まりました。


主催者の構成を見ても、この“「米」×「日」×「韓」ケミストリー”は満載です。今回は、日本のカウンターパートとしての国際交流基金とともに、韓国のカウンターパートとして韓国文化院LAオフィス、米国側カウンターパートとしては日米文化会館とJapan Korea Societyが主催者となってイベントが実現しました*3

幾度となく重ねた主催者合同ミーティング。お互いの事業のやり方、魅せ方を勉強することでより洗練されたものに、そしてお互いのコネクションを活用してより盛大で効果的に・・・事前のメディア露出は他のJF事業に比べて類を見ない多さになり、連携の醍醐味が存分に発揮されたイベントになったと思います。


イベント自体は、映画、パフォーマンス、食、そしてリトル・トーキョーのドキュメンタリー・フィルムの4本立て。韓国映画「Rough Cut (邦題:映画は映画だ)」、日本映画「椿三十郎」(主演:織田裕二)、それぞれの国の太鼓演奏、リトル・トーキョーの歴史を振り返るドキュメンタリー・フィルムと盛りだくさんでした。さらに、総合司会を務めていただいたのは、ハリウッドで活躍する日韓のスター、ジェームズ・カイソン・リーさんと田村英理子さん*4!!

まさにリトル・トーキョーはFestivalと呼ぶにふさわしく、日韓の文化を楽しむアメリカの人たちで賑わいました。



f:id:japanfoundation:20100226231016j:image

開場前に列を作る人たち


f:id:japanfoundation:20100226231012j:image

太鼓パフォーマンス (前方:韓国、後方:日本)


f:id:japanfoundation:20100226230945j:image

会場前の広場に集まる人々


f:id:japanfoundation:20100226230939j:image

素晴らしい司会者


また、今回交流を楽しんでいたのは、実はお客さんだけではありませんでした。当日、100名近いボランティアの人たちが協力してくれましたが、彼らは主催者がそれぞれ集めた人たち。よって、日頃はそれぞれ主催者がつくるコミュニティでの付き合いが中心って人たちが多かったんですよね。それが今回のイベントで、「日系」や「韓国系」、もっと広くアジア系に興味を持つ、同年代のアメリカ人の仲間たちとめぐり合う機会になったようです。実際に話した何人かも、「カラオケに行く仲間が増えた〜☆」「Facebookで早速お互いを探した!」なんて、楽しそうに言ってくれました。



f:id:japanfoundation:20100226230936j:image

ボランティア同士の交流

f:id:japanfoundation:20100226230912j:image

お客さんへの配付物を準備するボランティア


普段はバリバリの日本を紹介している国際交流基金ですが、ロサンゼルスの特性を活かした、このような国と国とで連携する事業も、今後もやっていけたらいいですね。

*1:授賞式は3月7日です。

*2:普通の映画館は大人12ドルくらいするので、実は日本と大差ありません。でもこうやって選択肢があるのはいいですよね。

*3:韓国文化院は東京本部もお隣で、何回かこのブログでも紹介されてますね。LAにもオフィスがあり、2006年度にもアニメフェスティバルとして共催事業を行ないました。そのときのタッグが再び実現したわけですが、米国側のカウンターパートを入れたのは今回が初の試みです!

*4:日本でも人気のNBCドラマ「HEROES」への出演はじめ、お二人ともテレビ・映画で活躍中!

2010-02-24

旧正月で願うことは…(クアラルンプール発)

さーおなかがすいてくる時間ですね。

残業には間食がつき物、mioです。


さてさて、今日は海外特別記者を勝手にお願いした、クアラルンプールのこたきよさんから、

クアラルンプールの旧正月事情を送っていただきました!


ところで先日、旧正月の話をしようとして、はて、英語でなんていうんだろうと思い、

とっさに「Old NewYear」とわけのわからないことを口走ったら、無事何のことかは伝わったのでした。*1


では、私のおなかをぐーぐーならせたレポート、どうぞ!

-----------------------------------------------------------


マレー系、中国系、インド系など、他民族が共に暮らすマレーシアでは、それぞれの民族・宗教のお祝い事が全国民の祝日となります。ということで、2月14日は中国正月!1月末頃から、街中のショッピングセンターは赤、赤、赤の飾りつけとみかんの木(橙のような小さいみかんが一杯ついた鉢植え)そして中国正月の歌で、お正月ムード満点に。直前の週末などは、大勢の買い物客でごった返していました。一般家庭も赤、赤、赤の飾りつけ。家の軒先には提灯などがぶら下がっています。

f:id:japanfoundation:20100222185636j:image


ところが、いざお正月がやってくると、クアラルンプールの街は静か〜になってしまいます。それは、中華系に限らず、クアラルンプールに暮らしているマレーシア人の多くが、田舎に帰るか、休暇に出かけてしまうからなのです。実は私がマレーシアに暮らし始めてとても驚いたのは、皆田舎(実家)に帰るのがとても好きなこと。ちょっと長めのお休みがあれば、当然のごとく田舎に帰ります。家族を大事に思うからこそ、のマレーシア人のこの習慣、私結構好きなんです。



さて、中国正月といって思い浮かぶものは、なんといっても赤、Gong Xi Fa Cai(恭喜發財)という言葉と、ライオン・ダンス、そして、マレーシア中国正月名物料理、魚生(イーサン)です。

f:id:japanfoundation:20100222185703j:image







魚生は言わば和え物のようなもの。

基本的な材料は、スナックのような小麦粉を揚げたものと、紅生姜、ザボンの果実、魚の刺身で、その上から、5種類のスパイスが混ざったものと、梅ソース、ハチミツ、油などからできた甘酸っぱいソースをかけて、皆で一斉に混ぜ合わせます。

f:id:japanfoundation:20100222185743j:image




この時、全員が一緒に魚生を持ち上げる箸が高く上がれば上がるほど、その年により多くの富に恵まれるとされています。健康や長寿を願うのではなく、あくまでも優先順位は富・財産にあります。

これが日本のお正月との一番大きな違いなのでは?

今月28日まで15日間続く中国正月。今週末はまた別のショッピングモールにライオン・ダンスを見に行ってきま〜す!

-----------------------------------------------------------


いってらっしゃーい!

というわけで、いやーおなかすきましたね。


クアラルンプールのおもしろ現地事情は、こちらもどうぞ!

■[世界からの]こけし@クアラルンプール

*1:Chinese New Year, あるいは Lunar New Year というんですね。後者はともかく、前者は確かに…笑