基本へ帰ろう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-27

zshell アゲイン

去年ちょっと使って、あまりつかて来なかった zshell 。。。やっぱ便利だよね・・と見直し。再トライ。


実行環境

% cat /etc/redhat-release 
CentOS release 5 (Final)

install

yum install zsh

確認

$ rpm -qa | grep zsh
zsh-4.2.6-3.el5

/etc/shellsを確認

/bin/zsh があるこおとを確認します。

$ cat /etc/shells 
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/ksh
/bin/tcsh
/bin/csh
/bin/zsh

ログインシェルをチェンジ

chsh コマンドでシェルをチェンジします。

$ chsh
Changing shell for admin.
Password: 
New shell [/bin/bash]: /bin/zsh
Shell changed.

これで、次回ログインするときからは zsh が利用できます。なので、一度ログインし直しましょう。



.zshrc

.zshrc を設定してzshの恩恵を受けましょう。

参考 : no title

cd ~
touch .zshrc

.zshrc の中身(githubにもあります)

## This file encoding:utf8
## This file line feed code:LF

## 文字コード
export LANG=ja_JP.UTF-8
#export LANG=ja_JP.eucJP 

## 色を使う
setopt prompt_subst

## ビープを鳴らさない
setopt nobeep

## 補完機能
autoload -U compinit
compinit
## 補完候補を一覧表示
setopt auto_list
## 補完候補を詰めて表示
setopt list_packed

## プロンプト
PROMPT="%/%% "
PROMPT2="%_%% "
SPROMPT="%r is correct? [n,y,a,e]: "

## 履歴の保存先
HISTFILE=$HOME/.zsh-history
## メモリに展開する履歴の数
HISTSIZE=100000
## 保存する履歴の数
SAVEHIST=100000
## 直前と同じコマンドをヒストリに追加しない
setopt hist_ignore_dups

## cd 時に自動で push
setopt auto_pushd
## 同じディレクトリを pushd しない
setopt pushd_ignore_dups

## cd したあとにlsが実行される
function chpwd() { ls -la }

.zshrcを変更したら、読み込みましょう。

source ~/.zshrc

まとめ

これからは、ちゃんとzsh使う。便利な機能あったら紹介してくださいm(_ _)m