Hatena::ブログ(Diary)

ジャポニカ忍法帖 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007/10/23

synergyではなくteleportを使ってみる

前のエントリsynergyiMacを使ってiBook G4を操作できたって書いたけど、その後に存在を知ったteleportを使ってみた。

軽くハマった。原因はiBook G4でファイアウォールを有効にしていたこと。単純ですね。あと、気をつけるのはShare this Macのチェックは操作される側のMacでチェックを入れること。まあ、両方にチェックをつけたりするとiBookからiMacを操作できるようになるだけで害はないと思うのですけど。

動作は大体問題ないけど、synergyの方がなめらかにカーソル移動できたような気がする。あとは、英語配列のキーボードで日本語配列のiBookを操作しようとするとiBook側では日本語配列に認識されてしまう。どうせiBookを直接操作するときは日本語配列を使わないといけないからさほど問題ではないけど、synergyでは英語配列がそのまま使えていたので惜しい。MacのノートPCのキー配列を変更できないかとちょっと調べてみたけど、今のところ見つかっていない。逆にsynergyではできなかったExpert Mouseのスクロールリングを使ったスクロールがteleportだとできた。

Macの設定画面で設定しておくだけでいいし、動作も安定しているのでこのままteleportを使い続けようと思う。

2007/10/22

synergyを使って、iMacのキーボードとマウスでiBook G4を操作する

iMacに接続されているHHK Pro2とExpert MouseでiBook G4を操作したかったわけです。イメージとしてはデュアルディスプレイ状態。マウスカーソルをiMacの画面の左端に持って行くと、そのままiBookの左端にカーソルが移動する感じ。そのタイミングでキーボードの入力先もiBookに切り替わる。下記ページを参考にしながらiMacをサーバとして設定。

Macをサーバーにする場合のSynergyの設定方法

ただし、最新のMac用バイナリはBus Errorが発生するので、iMacのサーバ側には最新のバイナリではなく下記ページから対応版をダウンロードして使う。

IntelMacでSynergy2を動かす

通常の環境ならこれですんなり行くはずだけど、うちのiMacは [環境設定]→[共有] で表示される名前とターミナルを起動したときにプロンプトに表示される名前が違っていて、ターミナルのプロンプトに表示されている名前を使わないとsynergysが起動しなかった。

iBook側は最新のバイナリをダウンロードして解凍。synergycをコマンドラインから起動し、パラメータにサーバであるiMacのアドレスを指定するだけ。

作業時間は30分かからなかったかな。意外とすんなり動いた。Windowsのときはもっと苦戦した気がしたけど、やっぱりiMacをサーバにするときにBus Errorの問題とマシン名の問題がキモかな。

ちなみにiBook G4は日本語配列のキーボードがついてるけど、synergy経由でHHK Pro2で操作する時はちゃんと英語配列のままで入力できました。AppleScriptでサーバ用とクライアント用のスクリプトを書けば起動も簡単で、かなり快適に使えます。

まあ、ついったーに逐一報告しながら作業してたわけですが、遅延中のついったーでid:t_traceさんにteleportというツールを教えてもらいました。Mac同士なら専用のツールがあってもおかしくないだろうとは思ってたけど安易にsynergyに頼ってしまったなぁ。今日はもう寝るけど今度試してみよう。

2007/10/21

iBook G4+アドエスでUstream.tvの配信

前のエントリでTODOだったiBook G4でアドエスをモデムにしてBIGLOBEにダイアルアップ接続することに成功した。

以下は設定で参考にしたページ。

MacBookのモデムとしてアドエスを利用する - 伊藤浩一のW-ZERO3応援団

電脳Gadget!: W-ZERO3[es]をMacのモデムにする

Mac-OS X v10.3 Internet Connect 設定方法:My BIGLOBE会員サポート

まあ、普通にアドエスをモデムとして認識してくれたんだけど、そこから少しハマった。ダイアルアップ接続とか経験せずにADSLからネット生活を始めた俺はダイアルアップ慣れしてないわけで。上記のBIGLOBEのページでダイアル先とかを確認してたんだけど、ここから全国共通アクセスポイントを見に行って一般電話/ISDN64用の番号を指定したけど繋がらない。携帯電話/PHSの0035-054-100-200を設定しても繋がらない。何度か試してからちゃんと確認したらWILLCOM用の接続先があったorz

ブラウジングとかはとても快適で、データ定額を契約しているので4xの256kbpsで最大でも6,300円/月。一通り確認してからUstream.tvの配信が行えるかどうかを確認した。これができれば外出先で憧れのLOOX U+emobileのような環境ができる。もちろんiBookは重くてかなわんわけだが、マシンとしては使いやすい。ただし、iBookにはiSightもついてないので映像を配信するにはWebカメラが必要。しかし、実際に配信を試してみてわかったのはCPUパワーの不足。音が途切れるのだが、回線の遅さよりも、ずっとCPU使用率100%になってるiBook側に問題があるみたいだった。LOOX U恐るべし。

MacBook欲しい!

追記:

Webカメラ購入した。一応Macでも動作可能らしい。

ロジクール キューカムプロフォアノートブック QCAM-200V

ロジクール キューカムプロフォアノートブック QCAM-200V

リトラクタブルケーブル・デュアルとバッテリーも買った。

ミヤビックス リトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es] RCAWZR3ES

ミヤビックス リトラクタブルケーブル・デュアル for Advanced/W-ZERO3[es] RCAWZR3ES

ダイヤテック PowerBank Slim 2.0 FPS440U

ダイヤテック PowerBank Slim 2.0 FPS440U

2007/10/20

iBook G4をWILLCOMのデータ通信でネットに接続

MacBookを買う金がないのでiBook G4をモバイル端末として活用する計画。とりあえずWILLCOMの回線経由でネットに接続したい。

アドエスでデータ通信するために、まずこれを試す。

Life with Mac OS X @rNote - W-ZERO 3 Modem Driver 1.3.4

データ通信用のケーブルは標準で添付されてるUSBケーブルでいいのか。アドエスはUSBでの給電にも対応してるらしいけど、Windowsとの通信機能が有効になってないと給電されないらしい。

ここが知りたい「Advanced/W-ZERO3[es]」(3):USB端子から充電できるか――「Advanced/W-ZERO3[es]」 - ITmedia +D モバイル

だからリトラクタブルケーブル・デュアルが必要になるということかな。あと、もうすぐダイヤテックからUSB充電ケーブルが発売されるらしい。とりあえずデータ通信の確認だけできればいいからまだ買わない。もしかしたら前述のMac用ドライバでUSB給電できるかもしれないし。

もしもアドエスだけでiBook G4がネットに繋がらなかったらWS002IN ”DD”を買えばいいだろう。アドエスW-SIMを挿せば使えるのかな。あと、新規契約とかせずに本体だけ購入とかできるんだろうか。

WILLCOMでの接続ができるようになったら速度とかを確認してUstream.tvができるかどうか確認したい。大丈夫そうならWebカメラも調達したい。emobileを新規契約する余裕とかないし。

ZEROProxyを使っても通信できると思うけどバッテリー食うだけなのでやらない。iPod touchが届いたらZEROProxyでの通信と、iBook G4+WILLCOM経由での通信を試す。

もろもろ要チェックや。

2007/10/19

EmacsのMark Set

.emacsなんかではset-mark-commandがマークするコマンド。で、このキーは切り貼りするときによく使うからC-SpaceとかC-@とかじゃなくてもっと使いやすいキーにしたい。C-Spaceは他のキーバインドで使いそうだし、markなんだからC-mでいいじゃんって思う。しかしC-mをset-mark-commandに割り当てるとEnterキーを押したときにMark Setされてしまう(;´Д`)

この辺も考慮してEmacsキーバインドは結構いじる予定。

2007/10/18

とりあえずFastladderとlivedoor Readerのキーボードショートカットを変更するGreasemonkey書いた

前のエントリIMEのオン/オフにCtrl+Shift+JとCtrl+Shift+'を使ってるとFastladderlivedoor Readerで設定されてるショートカットキーとかぶって嫌な感じになってしまうことを書いたけど、早速、そのショートカットキーを無効にするGreasemonkeyを書いてみた。

LDRKeyCustomize.user.js

Ctrl+Shiftを使うのはあんまり気持ちよくないので他のキー設定を模索中だけど、とりあえずこれでデメリットは解消されたかな。

参考:

via:livedoor Readerとは - はてなダイアリー

最速インターフェース研究会 :: livedoor ReaderのショートカットキーをカスタマイズするGreasemonkeyスクリプト

2007/10/17

最速キーバインド研究

一人でやってるので研究会ではなく研究ということで。

仕事でWindows、家でMacを使っていて、両方を一つのHappy Hacking Keyboard Pro2でコントロールしている自分にとって、キーバインドの問題は大きい。さらに家でも仕事でもサーバをSSHで操作し、Emacsで開発する。そんな状況で最も効率的で快適なキーバインドを追い求めて行きたい。

以前のエントリからしばらく経って、英語配列やFnキーを組み合わせた十字キーとか、ほとんど問題なく操作できるほどに慣れた。しかし日本語入力のオン/オフ切換えは未だに問題を解決できていない。

いちいちIME Watcherことえりのモードを目視で確認したり、数文字入力してみてから気付いてBackspaceなんて使い方は非効率なのでなんとかしたかった。で、Ctrl+Shift+JでIMEオン、Ctrl+Shift+'でIMEオフという方法をとった。これはMacのことえりで入力モードをひらがなと半角英数にするキーで、別々のショートカットで確実にオン状態を指定したりオフ状態を指定できるのがいい。日本語を入力し始める前にIMEの状態を気にせずにCtrl+Shift+Jを押しておけば確実にIMEがオンの状態で入力を始められる。逆にIMEオフの入力を開始するときにはCtrl+Shift+'を入力しておく。慣れるとIMEの状態にいちいち悩まされることはなくなる。

しばらくはこの状態で問題なく使えていたのだが、唯一、俺が使っているFastladderや人気のlivedoor ReaderではCtrlを押してからShiftを押すと前のフィードへ、Shiftを押してからCtrlを押すと次のフィードに移動してしまう。まあ、キーバインドをいじるグリモンとかなんとかすればいいのかもしれないけど、IMEがオンの状態だとキーボードショートカットが効かないのでオフにしようとCtrl+Shift+'を押すと別のフィードに移動してしまう。ここだけの問題だからやっぱりグリモンとかでなんとかした方がいいのかなぁ。しかし、Ctrl+Shiftというのもちょっとめんどうでできれば一つの修飾キーと特定のキーで変更したいところ。Macの標準キーボードならスペースキーの左右に一つのキーでオンとかオフを指定できるキーが用意されてる。Windows環境でも変換・無変換にオンやオフを指定すれば同じようなことができる。しかし、残念ながらHHK Pro2にはそのキーがないし、仮に違うキーボードでもキーボードによって位置が微妙に違ったりする。

HHK Pro2を買ったときはちょっと焦ったけどデフォルトのCtrl+Shiftを使うキーボードショートカットを見つけて安心した。Windowsを使う場合はIMEのプロパティから設定してIMEのオン/オフを別のショートカットキーに割り当てる。このときCtrlとShift以外の修飾キーは普通では使えないが、Macと同じCtrl+Shift+JとCtrl+Shift+'を設定できるので問題なし。Xkeymacsではキー配列は変えることができてもショートカットキーに使えるのは結局CtrlとShiftだけ。AltやWindowsキーを修飾キーにできればかなり設定の自由度が上がるのだがそれをするには窓使いの憂鬱とかを使わないといけないし、開発は終了しているっぽいので避けたい。

それ以外にMacだとCommandキーの存在がWindowsと同じキーバインドを目指す場合に問題になる。Windowsアプリにおいてショートカットキーのメインの修飾キーはCtrlだけど、Macの場合はCommandキー。そしてターミナル上ではCtrlキーを使う。CtrlをCommandキーとして使うと足りなくなる予感。設定をいじれる部分も限られてるし。メインのブラウザにしているFirefoxはWindowsとMacで同じ操作ができるからずっと使ってるけど、CtrlキーとCommandキーの違いは未だに戸惑うことがある。CommandキーをCtrlキーと入れ替えることは考えてない。Emacsで使うし。

ただ、MacにはCommand+Spaceで入力モードを順番に切り替えるという機能がある。システム環境設定の言語環境、入力メニューで日本語の入力モードをひらがなと半角英数のみにしてしまえばCommand+Spaceでオン/オフを切り替えるようになる。この設定は変更できるのでCtrl+Spaceに設定している。Option(Alt)+SpaceをSpotlightに設定している。一応Command+Spaceが空いてるからQuickSilverに割り当てる余裕もあるけど、QuickSilverは使わずにSpotlightを使うようにしてるので空いてる状態。Ctrlを使ってるのはWindows環境でも標準の修飾キーとして使えるからWindowsでも同じようにCtrl+Spaceでオン/オフを切り替えられるようにしている。これを使うとFastladderを使ってる時の問題とかにも対処できる。IME Watcherでカーソル近くにIMEの状態を表示してるとこっちの方が楽な時もある。体が勝手にCtrl+SpaceかCtrl+Shift+[J']のどちらかを使う感じ。

以上のような試行錯誤の末、Ctrl+Spaceでのオン/オフ切換えと、Ctrl+Shift+Jでオン、Ctrl+Shift+'でオフを臨機応変使うのが現在のスタイル。しかしこれも使いにくい。

とかなんとか色々考えてると、MacかWindowsのどちらかに作業環境を統一した方が早い気がしてくる。それが無理でも、HHK Pro2をやめてRealforceにするとかね。しないけど。Unixに特化した配列ゆえの問題か。だけどキータッチとか色々気に入っちゃってるからしょうがない。

Enterキーを;に割り当てるとかっていうキーバインドも話には聞いてる。試したことはないけど一度は試してみた方がよさそうだ。ただし、自分が求めてる環境というのはシステムのデフォルト設定からの近さというのも重要視していて、Enterを;に買えるのはあまりに標準からかけ離れてしまう気がして敬遠している。他の環境を触ったときにミスりまくりそうだし、プログラム書く時は;使うしね。

結局のところ、ひとつのキーボードでの最適なキーバインドを研究したところで、全ての環境でそれが使えるわけじゃない。ノートパソコンについてるキーボードはHHKではないし。日本語配列を使わなければならない状況も出てくる。とはいえ自分のメインの環境だけでも最速のキーバインドを手に入れたい。だからこれからも俺なりの最速キーバインドを研究して行きます。Emacsもからんでくるとさらに追求し甲斐が出てきたりするはず。

おまけ:

このエントリーを書いてるときに体が勝手にEmacsのキーを使っていて気付いたこと。

Macのテキスト操作にCtrl+[fbpnaedh]などのショートカットキーが使える!!

これはマジ衝撃だった!!!!

そして日々悶々と考えてることをいざエントリにすると長文になりすぎてダメだ。日本語むずかしい。

2007/10/16

2007/10/12

アドエスでGmail

無線LANを有効にしてるとpdx.ne.jpのWILLCOMメールは送受信できない。電源刺しっぱなしで無線LAN繋げっぱなしなスタンスなので、メールチェックのためにわざわざ無線LANをオフにするのも変な話。で、Gmailをメインの携帯メールにしようとして試行錯誤してたけど、ここ見ながらやったら一発で設定できた。

しかしまだ新しい携帯の番号とメアドを連絡先に登録してある人たちに教えてない。まだauも使える状態だから急ぐ必要もないのだけど、だからこそ必要性が弱い。実家でWILLCOM携帯だけになると連絡取れなくなる可能性もあるからその辺を確認できるまではauは解約しないつもり。なので暇を見て連絡先を徐々に伝えていこうと思う。というか携帯用のメアドとしてGmailのアドレスを教えてしまいたい。

結局のところアドエスiPod touchも遊び道具でしかないんだよね。普通の携帯電話があればことは足りるんだから。でも欲しいものは欲しい。ついったー界隈で人気のLOOX Uのようなモバイル端末も欲しいけど、そこはMacBookの小さいのが出るという噂に期待。名古屋でもイーモバが入ることは確認できてるけど、公衆無線LANすらろくに使わないひきこもりには必要ないというのが結論。MacBookも買ったはいいけど使わないってオチになりそうだからよく考える必要があるな。現行の一番小さいMacBookでも十分欲しいのだけれども。

最近の生活

プライベートでやることが溜まってきている。色々と片付けないといけないことが増えてきた。朝起きてから仕事行って帰ってきて飯食って、寝るまでに自由な時間は3〜5時間といったところか。しかし、TwitterしながらUstream.tv見ながらSkypeしながらIRCしてたら他に何もやってないことに気付く。Macの環境が充実して快適にはなったけどあんまり前には進んでないな。とりあえずドメイン取ったりとかUstream.tvのビューアとか作ったりはしている。サーバ立ち上げないといかんし、頼まれてるサイト作らないといかんし、とあるサーバの管理もしないといかん。フィードも溜め込んでるし。それなのにWILLCOMアドエスを買ってしまったり、iPod touchを注文してしまったり物欲がTODOを増やす結果に・・・

いつになったら落ち着けるのやら・・・

2007/10/02

Apple Mini DVI-DVI アダプタでデュアルディスプレイ

アップル Apple Mini DVI-DVIアダプタ M9321G/B

アップル Apple Mini DVI-DVIアダプタ M9321G/B

iMac持っててディスプレイ余ってる人はやったほうがいい。4000円くらいの出費でデュアルディスプレイ環境ができる。最近は液晶ディスプレイも安いから、ディスプレイが余ってない人は勢いでディスプレイも買っちゃえばいい。自分の場合はWindows機で17インチの昔から持ってたディスプレイを使っていて、Windows機はVGAで繋がってた。DVI端子が余ってたけど、今回iMacをそのDVI端子に接続することでiMacデュアルディスプレイにする状態と、WindowsとiMacを使う状態をディスプレイの入力切換ボタンひとつで使い分けられるようになった。基本的な作業は全部iMacの方でやるからHHK Pro2とExpert Mouseで両方のディスプレイを操作する。iMacの画面の左端が17インチディスプレイの右端に繋がっている。

ペンタブレットはどうなるかというと、自分が使っているFAVOの場合、[システム環境設定]→[ペンタブレット]→[ペン]の[座標検出モード]を"ペンモード(絶対座標)"にし、[詳細設定]の[表示エリア]を"モニタ1"に設定することによってiMacの液晶ディスプレイ全体がタブレットの描画面と一致させることができた。勢いで図解してみた。

f:id:japo99:20071002222359p:image:w400

途中で後悔し始めたが描ききった。とりあえず写真載せた方がわかりやすいか。

f:id:japo99:20071002213830j:image:w400

今回は17インチディスプレイのDVI端子を使ったけど、VGAしかない場合や、テレビのようなアナログ端子に接続する場合は下記を使う。

[asin:B0000DKBIA:detail]
アップル Apple Mini DVI-Videoアダプタ M9319G/A

アップル Apple Mini DVI-Videoアダプタ M9319G/A

WindowsとiMacで別々のキーボードを使ってるせいでキー入力がしにくくてしょうがなかった。synergyの導入も考えたけど、WindowsとMacの差異を吸収するように設定するのが面倒だったし、Windowsを使ってる意味があまりなかった。ふと思いついてやってみたけど、あまりの快適さに驚愕。これでiMacHHK Pro2とExpert Mouseでデュアルディスプレイという環境が実現できた。ずっとこの17インチディスプレイを放置してたので半年くらいは損していたことになる。

ついでに紹介してなかったケンジントンのExpert Mouseも紹介しておく。いわゆるトラックボールというやつだけど、大きいボールとスクロールリングが特徴。他のトラックボールを使ったことないけど、そこかしこで評判だったので高かったけど勢いに任せて買った。

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 】 ExpertMouse(OpticalBlack) 64325

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 】 ExpertMouse(OpticalBlack) 64325

使ってみると、カーソルコントロールのしやすさというか気持ちよさに驚愕。評判どおりスクロールリングの操作感はイマイチだけど、もう普通のマウスを使う気にはならないかな。デザインも左右対称で左利きの人でも使いやすいかも。ボタンは設定にもよるけど結構快適。パームレストがついてきて、これの評判も高いみたいだけど、見た目と感触が気に入らなかったから使ってない。

以上、駆け足だけど快適なPC環境実現のご報告でした。

追記:

肝心の設定方法デュアルディスプレイの設定方法書き忘れたけど、接続して[システム環境設定]→[ディスプレイ]見れば、Appleお得意の一目でわかるような設定画面が用意されてます。