第59回日米学生会議公式ブログ

20070814
Tuesday

[]?8月14日 Nao Takeuchi 00:05

時間の経過はとても早く感じ、ついに最終サイトである京都の2日目に突入した。炎天下、盆地特有の暑さが厳しい京都サイトの2日目の午前中、JASCersはグループに分かれて関西電力、堀場製作所、島津製作所、とそれぞれ企業訪問を行った。私は関西電力の企業訪問で、琵琶湖等を訪れながら関西電力の会社のCSR等のレクチャーを受けることができ、貴重な経験をすることができた。午後は、少ない時間のなか参加者が用意したタレントショーが行われた。タレントショーとは、59回の参加者がダンスや歌、ピアノなどという特技をステージで披露するものである。残念ながら、多くの人が体調を崩してしまっていた中だったので、全員がそれぞれの特技を充分披露することができず残念であったが、それでも多くの参加者がそれぞれの素晴らしい特技を披露してくれた。タレントショーの後は、スペシャルトピックディナーで、私は「日米両方のステレオタイプについて、またJASCによってそのステレオタイプは変化したか」というトピックについて有志メンバーでモスバーガーを食べながら熱い議論をもつことができ、改めてJASCという場が参加者に及ぼす“影響力”を感じた。