ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

新Jay’s時事英語研究

2010-01-20

gotcha の名詞用法

17:55

口語表現や俗語は非常に困るものです。IT 系の文書を訳しているとオーサーが極めて口語色の強い表現を使用しているため、解釈および訳出に困ることがあります。その一つが gotcha です。この表現は got you (=I've got you) に由来するものですが、その類推から名詞用法は通常、「逮捕」や「かすり傷」くらいの訳になります。しかし、下記のような英文ではこの訳はまったく通用しません。

No 'gotchas' that I've found. As long as you have the software running on the system, you should be good to go!

これは「現段階で問題は発生していない」などの訳が可能です。この gotcha は、「潜在的な問題」「トラブルの元」などの意味を表し、ときに「禍根」を表すこともあります。ちなみに Wiktionary では下記のように説明しています。

(colloquial) A potential problem or source of trouble. Review the work thoroughly and make sure there are no gotchas. (Wiktionary)

口語色の強い表現は、Wiktionary (英語版) が非常に便利です。うまく利用して、解釈に役立ててください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/jay0123/20100120/1263977706