Hatena::ブログ(Diary)

jaz3216 《roughly & about》

2019-01-01 2019年新年明けましておめでとうございます!

恒例の「紅白歌合戦」の後、「ゆく年くる年」の除夜の鐘の音を聞き、


f:id:jaz3216:20190103103257j:image
28日知恩院
重さ約70トンの大鐘を僧侶17人が大晦日に向け豪快に試し突き。

f:id:jaz3216:20190103132011j:image

f:id:jaz3216:20190103132037j:image

17名による除夜の鐘は、1分間隔で鳴らされる。
親綱にぶら下がり、全身を使って鐘を撞く僧侶の姿は必見!


年改まると同時に新年の挨拶を交わし寝室のベッドに収まった。

眠りについたと思う間も無く、簡単に一夜明け正月「元旦」を迎えた。

何となく微睡(まどろみ)の夢の中で、
吉川英治の有名で大好きな言葉を思い出しながら目覚めた。

f:id:jaz3216:20190101135809j:image

f:id:jaz3216:20190101135834j:image


『朝の来ない夜はない』

 《たとえ、いかなる逆境、悲運にあおうとも、希望だけは失ってはならぬ。
 《「朝の来ない夜はない」のだから。


と、もう一つ、

宮本武蔵の言葉との異説論もあるが、

『我以外皆我師⦅われいがいみなわがし⦆』のことばは、
我が人生の座右の銘となり、

現役時代常にクラス担任をした子供たちに語りかけた思い出の言葉である。


 《すべての人から、学べることがある
 《すべての事は、いい経験にできる

 《学ぼうとする心、強い向上心、自己を成長させようという意志があれば、
 《いろんなことから学び、成長していくことができる。

 《自分を育てることは、着実な幸せになる方法ではないでしょうか。

 《幸せになるためには、「自分を知る」ことも大事でしょう。

 《とすると(我も含めて)「皆我師」と考えられるのかもしれません。

(『名言から学ぶ幸せのヒント』から引用転載)


改(新)ためて皆さま

《「2019年新年明けましておめでとう御座います!!」》


目が覚めたのは6時半だった。

TVでは羽鳥慎一の元日morning showがguest commentator総出演で展開され、

富士五湖の一つで千円札の裏面に描かれる「逆さ富士」のモデルとなる、

f:id:jaz3216:20190103094918j:image

「本栖湖」上空のヘリコプターから🚁
富士山の初日の出のライブ映像が配信放映されるというので待つことにした。

f:id:jaz3216:20190103095852j:image

富士山は、初夢の
一富士二鷹三茄子】の縁起の良さはNo.1である。


天体(?)show timeが初まった。

f:id:jaz3216:20190101064851j:image

今話題の4Kか8Kなのだろうか、
新年を寿ぐ眩いばかりの輝きに、
「綺麗だ」とばかりに心に刻み、連写で何枚も撮りまくった。

f:id:jaz3216:20190101065216j:image

f:id:jaz3216:20190101065421j:image

次いで、カメラシャッターを連写すると、押すたびに、
今年一年の吉凶をおみくじ占いで判断するお遊びが展開された。

f:id:jaz3216:20190101065508j:image
最初から大吉の大当たりだった。
f:id:jaz3216:20190101065533j:image

中吉にも当たる。

f:id:jaz3216:20190101065527j:image

f:id:jaz3216:20190101065537j:image

f:id:jaz3216:20190101065544j:image

後半は小吉になったが、かなりの確率で大吉を抽籤し射止めていた。

年末ジャンボ宝くじでも買っておいたらよかったかも、
億とはいわず100万円単位で大当たりをしたかもしれない。

【捕らぬ狸の皮算用】か?
f:id:jaz3216:20190102150346j:image

【後悔先に立たず】か?
f:id:jaz3216:20190102152517j:image

f:id:jaz3216:20190102153328j:image



たとえ「小吉」であったにしても、
f:id:jaz3216:20190101065556j:image

占い大好き人間の気軽で完全なるお遊びの世界である。

が、今年は何か素敵な幸福感に満ち溢れる一年になりそうな、そんな予感がする。

予感は歳を超え、来年へ・・・
2020年の東京オリンピックを元気に迎えることができる。

そんな、自分の【体内時計】が365日、
31536000秒の秒読み段階に突入できそうだ。

f:id:jaz3216:20190102001139p:image

さくら会での手術ミスで膀胱に穴を開け、
入院騒ぎで1ヶ月あまり病院ベッドに拘束された。

生まれて初めて足にむくみが出るほど、弱気だった頃の疲弊からは、
精神的にも肉体的にも完全脱出できている。

入院中は、本当に東京オリンピック迄は無理と思えてならなかった。

歳が一夜明けただけで、
元旦の新聞記事の影響もあり、ボクの頭の中ではオリンピックの話題が動き始めた。

もう来年の7月のことである。

f:id:jaz3216:20190102001849j:image

「来年の話をすると鬼が笑う」

「来年のことを言うと鬼が笑う」

という「かるた」の諺の世界の話ではあるが

f:id:jaz3216:20190102004406j:image

このどこに住み着いているか不明の鬼だが、
赤鬼の左手の手相が3本の線に分かれている。

ボクの左手相とピタリ一致しているのだ。

鬼との手相占いの一致が、

「縁が薄い」と・・・

【 ああ!?!
【 怖い!?!

自分の心に宿っている【六道輪廻】の【108の煩悩】世界なのだろう。

それ故に
「来年を語る」ことは悟空釈迦の掌の中から飛び出せない狭い世界の話。

f:id:jaz3216:20190103083326j:image

赤鬼、青鬼など何人(何匹?)いても足りないくらい笑われそうだ。

この際、正月らしく笑い飛ばし、笑いのめしてもらおう!?


そんなこんなあんな《roughly & about》な実存世界の浮遊空間に遊んでいる。

1日は瞬く間に過ぎて行く。

😪なさい