Hatena::ブログ(Diary)

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)のブログは移転しました

ブログの移転先はhttp://jcej.hatenablog.com/ です

2016-03-14

外部の視点で「石巻らしさ」の発信を-ジャーナリストキャンプ2016石巻を開催します

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、4月29日(祝・金)から2泊3日の日程で「ジャーナリストキャンプ2016石巻」を開催します。

ジャーナリストキャンプは、記者が新たな表現や取材の方法を学ぶトレーニングの場です。全国から媒体や組織という枠組みを超えて集まった記者と指導役のデスクが地域で合宿をしながら、記事を執筆します。「何のために発信するのか」「もっと伝わる切り口、表現はないのか」など、質が高い記事を求めて夜を徹した議論を行います。「中央」に偏りがちなニュースに対し、地域からの情報発信にこだわり、キャンプは島根県飯南町や高知県高知市などで開催してきました。

f:id:jcej:20110406084154j:image
写真:東日本大震災直後の石巻

▽2013年には福島県いわき市で開催

キャンプを東日本大震災の被災地で開催するのは2度目です。2013年に福島県いわき市出身の社会学者開沼博さんの問題提起により、固定化されつつある「フクシマ」のイメージをどう壊すのかをテーマに行いました。震災から2年を過ぎたいわきの状況を14人の記者が執筆し、「震災後の福島に生きる」としてダイヤモンドオンラインに掲載されています。

今回の開催地は宮城県石巻市です。震災から5年が経ち、被災地の報道をめぐっては、「記念日報道」と言われるように「3・11」の前後に思い出したように集中的に報道されるだけではないか、といった批判があります。「風化」が進む中で、5年を区切りとしてさらに報道が減ることが懸念され、伝わるべきことが伝わっていないという声もあります。

5年前の震災直後には、テレビ・ラジオ局と動画サイトが協力したり、テレビ、新聞が安否情報を検索サイトに提供したりと、ジャーナリストによる「伝えたい」という気持ちが組織や媒体を越えた取り組みを促しました。しかし、5年が過ぎ、今はどうでしょうか。あのときの「伝えたい」という気持ちを忘れてはいないか。もう一度、被災地と向き合う機会をつくりたいと考えました。

このような問題意識を共有した、石巻日日新聞やヤフー石巻復興ベースを拠点に持つヤフーの協力を得て、キャンプを開催します。

▽課題解決の行動を促す記事を期待

石巻日日新聞記者の石森洋史記者は「石巻では復興に向かって新しい街づくりが始まっています。震災の伝承や街づくりの進めるためにも一人ひとりが情報の正確性を見極め、正しく伝えるスキルが求められています。外部の視点で石巻人に『石巻らしさ』を教えてもらいたいと思います」と話します。

また、掲載媒体となるYahoo!ニュースの有吉健郎サービスマネージャーからは「求めるのは課題の発見や問題の提示にとどまらず、課題解決のための行動を促す記事です。多くの読者に届き、読者の理解を深め、議論を喚起するための表現手法へのチャレンジにも期待しています」とのコメントをいただきました。

3月16日(水)23時59分までにお申し込みの場合は早割が適用されますので、お早めにお申し込みください。最終締切は3月21日(月・祝)23時59分です。皆さまのご応募をお待ちしております。

f:id:jcej:20140427232129j:image
写真:ジャーナリストキャンプ高知2015の様子

【概要】

◆日時  :2016年4月29日(祝・金)〜5月1日(日)
◆会場  :ヤフー石巻復興ベース(宮城県石巻市千石町4-42)
◆主催  :日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ
◆掲載先 :Yahoo!ニュース
◆対象 :原則キャリア3年以上の情報発信経験者。組織や立場の壁を超え、記者、ライター、編集者、PRパーソン、研究者、NPOや企業の広報担当など、情報発信に関わる人を幅広く募集します。
◆費用 :3万5千円(宿泊、食事別)
     ※3月16日(水)23時59分までにお申し込みの場合は早割適用で3万円になります
◆締切 :3月21日(月・祝)23時59分
◆定員  :15名(選考があります)


【デスク】

開沼博(かいぬま ひろし)  <社会学者、福島大学特任研究員>
亀松太郎(かめまつ たろう) <ジャーナリスト。 弁護士ドットコムニュース編集長>
苅田伸宏(かりた のぶひろ) <Yahoo!ニュース 編集部。前職は毎日新聞社記者>
與那覇里子(よなは さとこ) <沖縄タイムス社デジタル局デジタル部記者、ウェブマガジン「W」編集長>
依光隆明(よりみつ たかあき)<朝日新聞社記者。 「プロメテウスの罠」取材班の前キャップ>

【スケジュール(予定)】

4月2日(土)キャンプ事前準備会、懇親会(東京都内)
4月28日(木)前夜祭(石巻にて現地の方と交流会)
4月29日(金・祝)日中取材し、夜に企画発表、議論
4月30日(土)日中取材し、夜に企画発表、議論
5月1日(日)取材、各自解散
5月7日(土)原稿のブラッシュアップ・ワークショップ(東京都内)
5月16日(月)朝、締め切り(厳守)
6月11日(土)報告シンポジウム(東京都内)

【ご応募はこちらから】
http://jcej.info/jc2016/

【注意事項】
・応募締切後、実務経験や応募フォームの内容をもとに、選考を実施、連絡いたします。
・希望デスクはあくまで参考で、最終的なチーム分けは事務局で決定します。希望チームに配属されないという理由でのキャンセルは受け付けません。JCEJでは異なる立場や経験を持つ参加者が一つのチームで取り組むことが成長をもたらすと考えているためです。
・合宿中は深夜まで議論が行われます。また、記事の執筆は合宿後に行います。
・交通手段、宿泊先は、各自確保していただきます。ご注意ください。

【問い合わせ先】
jcejinfo[at]gmail.com(担当:田中)